假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

幻星神ジャスティライザー1話「出現! 幻星獣ライゼロス」 〜序盤賛否合評


『超星神』シリーズ評 〜全記事見出し一覧

幻星神ジャスティライザー 〜序盤評1

(文・T.SATO)
(04年10月2日執筆)


 OP冒頭で『超星神シリーズ』とのテロップが!
(『タイムボカン』(75年)シリーズみたいなものかな?・笑)


 ♪ 迫り来る悪、ズバッと〜
   光のカベを、破って〜
   揺るぎない勇気、持って〜
   行くよ〜


 ……芸もなく、OP歌詞をつい引用。
 作品名を連呼する、オトコのコらしい勇ましい主題歌がグー(←死語か・汗)。
 同日放映開始の『ウルトラマンネクサス』(04年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20041108/p1)とは異なり、いわゆるフツーの特撮変身ヒーロー番組。それゆえキラクに安心して見られた。


 前作『超星神(ちょうせいしん)グランセイザー』(03年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20041104/p1)初期編同様、巨大ロボや巨大怪獣はもっとあとでの登場だろうと思っていたのだが……。


 悪の幹部怪人のみならず、宇宙から光体が墜落するや、#1からスペースゴジラみたいな両肩が突起している、悪い巨大怪獣が出現!
 地球の危機に即応して、正義側の超古代ならぬ450年前の宇宙人の遺志により、宇宙の結晶状物体に隠しておいた(目立つんじゃねーか?・笑)、メカゴジラ(&ガイガン)ばりの正義側ロボット怪獣も出現!
 この、鳴き声までもがメカゴジラみたいな正義側ロボが、自律した意思で動いて、スペースゴジラもどきと特撮巨大戦をくりひろげてくれる!


 グランセイザー14人目の戦士みたいな(笑)正義側の等身大ヒーローも登場。正義側の意思に選ばれた主人公はコレまた高校生! いわゆる繊細美少年でないところが、イケメン特撮の文脈からはビミョーだが、コレはコレで正統派ヒーローものの文脈からはイイだろう。
 精悍な面構えの主人公だが、声は甘くて少年ぽくて、子供ウケ的にも女性ウケ的にも一安心。これで声まで野太かったら、松村雄基みたいになってしまう(笑)。
 本作は、とにかく手堅く、フツーに仕上げていってくれるだろうと見た!?


(※:13人目の戦士とは、『グランセイザー』終盤の敵・ボスキートを指します・汗)


 後日付記。だれもが思うことやもしれないが、現行TV特撮の平成『ライダー』『戦隊』『ネクサス』の中では、後発のハズの本作がもっとも王道・正統派のヒーローものに私的には思える。
 『戦隊』は『秘密戦隊ゴレンジャー』(75年)のむかしから、ヒーローや怪人がオチャラケていたワケで、今となってはそれこそが王道だとも云ってイイけど、でも古典的なイミではキマジメ誠実ストイックヒーローの王道ではないワケで(笑)。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2005年準備号2』(04年10月3日発行)〜『仮面特攻隊2005年号』(04年12月30日発行)所収『幻星神ジャスティライザー』合評1より抜粋)


幻星神ジャスティライザー 〜序盤評2

(文・sugi)
 ユカにろくすぽ声もかけられず「いきなり地球を守れといったって……」とかぶつくさいいながら、次週からしっかりトレーニング開始とやる気マンマン、しかも仲間についた瞬間からやけに馴れ馴れしい態度な翔太(ライザーグレン)。
 「あたしは、普通の17歳の女の子でいたいの!」とかなんとかいいつつ、翔太の方からは大した説得ナシの状態で、友人が怪人に襲われたから即参戦決定するユカ(ライザーカゲリ)。
 自分のほうからは正体あかさないそぶりで接していたのに正体が割れても、しっかりそれが当たり前みたいな接し方に変えている真也(ライザーガント)……


 こいつら割り切りがメチャ早(はや)っ!(笑)
 ただ単に連中に決断力ありすぎなのか、脚本の手抜き、と言われる事を全く恐れていなさそうな文芸陣の気質が表れている(という事にしておこうw)せいなのか……。


 まあ、ちょっと前までが「僕はなぜここにいるんだろう」的ヒーローが多すぎたわけだから、その反動でできた2000年代型スタイルの取り込み、ってやつなんですかね。
 でも戦隊シリーズみたいに時間とともに形態を変化してきたシリーズならいざしらず、まだ2年目、それもどちらかというとストロングスタイル路線の復権を目指している感じを受ける「超星神シリーズ」だと妙に軽すぎて滑ってしまっている印象のほうが先行してしまっているような気が……。あまり文芸性が重視されない番組だからこれでいいとは思うが……不安だなあ(汗)


(了)


幻星神ジャスティライザー 〜序盤評3

「戦いと青春の悩みと…」

(文・内山和正)
 前作『超星神グランセイザー』(2003)のことは一旦頭からしめだして見るべき作品であるのかもしれない。
 『超星神シリーズ』と銘打たれてはいるものの、独創性の薄い「装着!」(変身)、「ダイブイン!」(巨大ロボ搭乗)の掛け声の踏襲や、デザインイメージ、遠い過去に存在した敵の再来に対し味方側ののこした戦力を受けて戦う選ばれた戦士たち、宇宙から飛来する主人公側のロボットやマシーンという程度しか共通性をもたず、異なるイメージのほうこそ強いからだ。


 真の姿があきらかではない首領のもと幹部の指揮により、つぎつぎくりだされる怪人・怪獣・戦闘員とヒーローの戦い……というオーソドックスながら前作や現行の競合作にはなかった王道パターンを採用。
 前作の怪獣型ロボ・ダイセイザーからの連想のため真打ちのようにも見えるメカゴジラ風怪獣型ロボ・幻星獣ライゼロスが怪獣と激闘するところからヒーローもの部分がはじまるという趣向が意表をつく。


 これらから子供にもわかりやすい正統派ヒーロー活劇を展開させるのではと思わせるものの実際にはえらばれた若者たちの悩み・とまどいを淡々と描いていく。
 それが盛りあがれぬ気分にさせ、私事だが食事しながらのふまじめな状態での視聴だったりしたせいもあり放送当初は本作の良い部分を見逃していた。あやまちに気づき1話「出現! 幻星獣ライゼロス」から見なおして本稿を書いているが、たのしめるかどうかはかなり個人差のある作品ではないだろうか。


 ヒーローは高校生。剣道の試合で優勝経験もあり結構人気ある伊達翔太と、みんなのあこがれの存在らしいのに本人はそのことに気づいていないラクロス部キャプテンの真田ユカ。お互い人気者どうしの2人が意識しはじめ、直接的交流のなかった彼らが戦士にえらばれたことでかかわりを深めていく。
 ユカが翔太を意識しはじめるのが、捨てられた空き缶をひろってゴミ箱に捨てる彼を見たせいであることも含めあまりにも古くさい青春ドラマだが、こんな描写がそっと書き込まれているのもなにか良い。
 ユカの友人によると70パーセントの男子が彼女にあこがれているという。そのことを真に受けると前作『グランセイザー』の女性戦士数人分の美しさかカリスマ性を持っていなければいけないのだがそうではない。友人たちが彼女にくらべて著しく見劣りするわけでもない、このあたりの説得力のなさが気になるが、友人のおだて言葉にすぎないと考えるべきか。
 傑出した校内アイドルより「あの子いいな」とちょこっと思われているくらいの少女であるほうがほほえましくて本作の世界観にはあっている。事実、そのあとの展開から受けるキャラクターイメージはそうだ。


 戦いにまきこまれ、命の危機に直面した際、赤い光をからだに受けて自ら意識せずに変身し初戦を終え、戦うワケをきかされた翔太は思う。


 「俺ひとりでどうしろっていうんだよ」


 えらばれても戦いをためらう戦士はこれまでもいろいろいた。
 しかし、戦いそのものをきらうわけではなく、戦う能力に欠けるわけではなく(事実、このあとの2度目の戦いではひとりで勝利をおさめている)、一人戦わねばならぬことの孤独・とまどい・こころ細さをあらわし、結果的にはグループヒーローであることの必要性を視聴者に感じとらせるのは珍しいのではないか。


 自分がジャスティライザーであるらしいことに悩み、一度は翔太をたすけるために変身するも、目前にひかえたラクロスの試合のことを考え普通の少女でありたいと思うユカ。戦士であることを受け入れたあとは自分がラクロスをつづけていてはまずいのではないかと思いつめる。
 3人目の戦士・平賀真也のみは大学生で頭脳派。ときどき見せるはにかみに無器用なところを覗かせる無愛想な彼の真意が「理由を知らされぬまま戦う道具にされるのはいや」であることがわかるのは8話「出撃! 幻星神ジュウライザー」である。
 ユカのラクロスの試合がおこなわれるのが7話「危機! ハデス復活計画」(試合シーンはなし)であることとあわせ、心の問題が回数をかさねていく。
 それはていねいであるのがうれしい反面、展開が遅くて鈍重であるともいえノレるかどうかが鍵となる。ラフなつくりの前作にくらべ生真面目さは評価できるが荒々しいパワーには欠ける。


 もちろん、ヒーローものとしての趣向が忘れられたわけではない。
 負傷したサイバーナイト(怪人)が強化されたり、幹部のドクター・ゾラがみずから出陣してデータをあつめ強力なサイバーナイトをつくりだしたりする。8話において平賀たちが湖にくると突然水上スキーに乗ったサイバーナイト・アーマーガンナーが打ち込んでくるところは実戦らしいいきなり感が魅力的だった。
 ヒーロー側も強化していくのだが、合体はあたりまえのこととはいえ、ライゼロスが鳥型のメカと合体して人間型になったり、亀型のメカとの合体のさいには逆さまになったりするのがライゼロスのイメージとのギャップがあってたのしい。
 ヒーローたちの装着(変身)シーンはインローダー(変身アイテム)を胸におさめるアクションが魅力的だ。ヒーローのコスチュームもはじめ雑誌で見たときはとりたててひかれるものはなかったのだが細部を見ると結構良くて独自性もあり評価をあらためた。


 これまでのところ敵の強化に対しヒーローが増えたり、あたらしい装備が出たりで勝利をおさめ敵を驚かせるというパターンがつづいている。毎回おなじみの技でたおしていくという形ではないのだ。ある意味ではこのつくりかたは正しい。
 しかし、装備がオモチャ発売のためにあることを思えばいつまでもこの形の続行はありえないだろう。おなじみの技で……という方向にながれていくのだろうがドラマ的不自然さを解消するためには敵の弱点をみつけるなどの工夫が必要だろう。はたしてそれをなしていくのか、惰性な戦いとなるのか注目ではある。


 そして9話「オリオン座の秘密」。ゲストをむかえ戦士たちの個人的悩みからはなれた。
 考え方の違いというかたちで個性をいかしながらも軽妙さをあたえ、事件とゲストへの対処という形式のストーリーになった。
 7話からはじまったカイザーハデス(敵首領)を封印している(それによって完全復活はさまたげられている)プレート群をめぐっての攻防が当分つづくものと思われる。
 繊細さがなくなったのは個人的には残念。この方向性のほうが好きという人も多いだろうが、それでヒーロー性が増したという感じでもないし……


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2005年号』(04年12月30日発行)『幻星神ジャスティライザー』合評1〜3より抜粋)


[関連記事]

幻星神ジャスティライザー最終回 〜中後盤評 51話「明日に架ける夢」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060310/p1

劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060712/p1



(#1〜23+特典ディスク)



『超星神』シリーズ評 〜全記事見出し一覧