假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

特撮意見⑤ ウルトラも敵味方でカプセル怪獣を召喚、順列組合せバトルせよ!

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル#1「怪獣無法惑星」 〜第1シリーズ序盤合評
ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO#1「レイオニクスハンター」 〜第2シリーズ
[特撮意見] 〜全記事見出し一覧
『大怪獣バトル』 〜全記事見出し一覧
[ウルトラ] 〜全記事見出し一覧


(文・T.SATO)
 『仮面ライダー響鬼(ヒビキ)』(05年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070106/p1)の“ディスクアニマル”を見て思った。


 打ち切りがウワサされる『ウルトラマンネクサス』(04年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060308/p1)も、悪のウルトラマン“ダークファウスト”や“ダークメフィスト”も、かわいいカプセル怪獣を複数頭保持していて、それがカードから召喚され(笑)、順列組み合わせマッチメイクする番組にでもしていれば、バトル色も強まり、子供たちの怪獣への愛着も深まってオモチャも売れただろうにと……。


 マニア受けや大人の鑑賞にも堪えうる(笑)とかではなく、現代の少年少女たちがスキそうな要素に、円谷プロの作り手たちは、マーケティング的にもっと敏感になってほしいものだ。


 背に腹は変えられない。戦闘機よりも玩具売上が確保できそうだから、いっそ防衛チームも合体ロボットを保持してもイイと思う。
 異空間での巨大戦ばかりでなく、ロケ(実景)での等身大戦、哄笑する大魔王、レトロフューチャー超高層ビル群に透明チューブのメトロポリス、各惑星軌道上に宇宙戦艦が多数配備とかの、映像まずありき。
 本格・リアル志向よりも、多彩でハデな映像の珍奇さや、未来的ビジョンにヒロイックな高揚感をあおる設定で、子供たちをワクワクさせ、関心を喚起してほしい。


 ジャンル作品は、しょせんは特撮やアクション映像を味わうためのものだ。ドラマやテーマはそのための言い訳にすぎない。
 コレを転倒して高尚ぶって、心(内面・人間ドラマ)や癒しに風刺(社会派テーマ)を過大視して、「週刊少年ジャンプ」的な宇宙大に拡大していく大スケール・大バトル・大団円を軽視したことに、マニアと幼児にはウケても、児童には訴求しない、ここ10年のジャンルの惨状の原因がある。


 作り手とマニア双方の意識改革・発想方法の転換を真剣に望みたい。


(了)
(初出・特撮雑誌『宇宙船』Vol.118・2005年5月号・読者投稿)


[関連記事]

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル#1「怪獣無法惑星」 〜第1シリーズ序盤合評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080427/p1

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO#1「レイオニクスハンター」 〜第2シリーズ

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091230/p1

[関連記事] 〜ウルトラ兄弟設定・肯定記事!

★今こそ昭和ウルトラの全遺産を活かせ!★ 〜ドラマやテーマよりも、ウルトラ兄弟・歴代怪獣・世界や年表・児童の神話的年代記やジャンク知識収集癖へ訴求せよ! 武器や鎧・テーマパークな未来都市・2回変身や等身大バトルなど身体性の快楽も!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060415/p1