假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

陸上防衛隊まおちゃん再放送記念! 今さら2003〜04年春季アニメ評!


[アニメ] 〜全記事見出し一覧


(文・T.SATO)
 なぜか美少女アニメ陸上防衛隊まおちゃん』(02年)が、本年07年4月よりオープニングとエンディング主題歌を差し替えて再放送開始!(って関東UHF局だけだよな)
 5年前のアニメがなぜに今!?
 ああ、人気アイドル声優堀江由衣の新曲CDを売るためですか、そーですか。
 って、堀江由衣ってもう30歳なの!? 今年07年には31だって!?
 いや、まあ筆者より年下だし、今どきの30歳は5年前、10年前の30歳に比較したら全然若いし、もうオッサンのオレには30歳でも若さで輝いて見えるので、全然オッケーなんですが(笑)。
 

 あの、脳ミソが溶ろけ落ちそうな怪作『陸上防衛隊まおちゃん』。
 3人の8歳の小学生が防衛隊直属で、美少女戦士に変身して、敵の通称「かわいいエイリアン」とトロ〜く大奮戦して、TVのワイドショーで中継されちゃう『まおちゃん』。
 ……次回も、ユルユル!(笑)


 本放映終了の翌03年にも、本作は再放送されてますが、それにカコつけて、過去に執筆した『まおちゃん』を含む2003〜2004年のTVアニメ評を、今さら! 過去日付の日記にUP!
 (1クールアニメ全盛の時代に、3〜4年前のアニメなんて、もう太古のむかし、地層のはるか下の方で、だれがその作品感想を読むんだよ!?ってな感じですけど・汗)


 筆者個人も実は美少女アニメファンとは云いがたいのですが(?)、しかし世の美少女アニメ評を読んでると、しょせんは美少女アニメなんだから、もっと気の効いたこと云え!
 クソマジメか、ボキャ貧の萌え言語の両極端じゃなく、もっとそのあわいで、作品感想やりつつ、こんなバカアニメ観てるオレっていったい……。
 てな自己懐疑や自己相対視を交えつつの、両極端との往還運動がない美少女アニメの感想なんてイミねーよな?
 てな問題意識から、作品を観てないヒトにもわかるよう、作品世界やビジュアルの特徴やそのイビツさ(笑)をも説明しつつ、美少女アニメへの愛情と同量の蔑視(汗)にあふれた視線で、美少女アニメの本質の何たるかをエグリ出す!(ホントか?)
 まあヒマなヒト、ご奇特な方は、どうぞご一読くだせえ……。



2003年冬季アニメ評 〜『ストラトス・フォー』『ガンパレード・マーチ 〜新たなる行軍歌〜』『MOUSE[マウス]』『ぱにょぱにょ デ・ジ・キャラット』『陸上防衛隊まおちゃん』『朝霧の巫女』『らいむいろ戦奇譚

 http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040402/p1

2003年春季アニメ評 〜『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』『成恵の世界』『宇宙のステルヴィア』『ASTRO BOY 鉄腕アトム

 http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040403/p1

2004年春季アニメ評 〜『鉄人28号』『花右京メイド隊』『美鳥の日々』『恋風』『天上天下

 http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040407/p1(2007.9.30(日)追加!)



カレイドスター 新たなる翼』(03年) 〜女児向け・美少女アニメから、真のアニメ評論を遠望する〜作家性か?映画か?アニメか?〜絵柄・スポ根・複数監督制

 http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040408/p1(2007.9.30(日)追加!)



CSにて懐かし舶来アニメ『ドラ猫大将』(61年)放映! 〜40年ぶりの再会。ベトナム戦争直前の黄金時代のアメリカ〜今では大家の豪華喜劇人による失われし江戸弁での吹き替え!

 http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040409/p1(2007.9.30(日)追加!)



『假面特攻隊2003〜04年春のアニメ号』編集方針 〜余はいかにしてUHF深夜アニメ視聴者となりしか

 http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040401/p1(2007.9.30(日)追加!)