假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

ザ・ウルトラマン6話「燃える深海への挑戦」

ファミリー劇場『ザ★ウルトラマン』放映開始記念「全話評」連動連載開始!)


『ザ☆ウルトラマン』全話評 〜全記事見出し一覧

#6『燃える深海への挑戦』

溶岩怪獣ファイヤバドン登場

(作・荒木芳久 演出・古川順康)
(視聴率:関東11.6% 中部14.7% 関西8.1%。
 以上、ビデオリサーチ。以下、ニールセン 関東12.2%)


(文・内山和正)
(1997年執筆)


 海中から出現した火の玉により、街が廃墟と化した謎の事件を科学警備隊は調査する。
 自分の作った大型戦闘機スーパーマードックに自信を持ちすぎていたトベは現われた怪獣ファイヤバドンを追い、アキヤマの止めるのを聞かず深海へ向かう。
 スーパーマードックが水圧に勝てずヒビ割れして来た。呆然として操縦することさえ忘れてしまうトベ。
 アキヤマの操縦で危機は逃れたが、マルメにののしられたトベは改修プランはできていると告げる。
 しかし実は良いアイディアを思いつけずにいた。水圧に勝つだけでは科学ではないと思っていたからだ……。
(以上、ストーリー)


 キャラクター追求という面ではマルメの大欠陥人間ぶりが印象深いこの番組だが、今回はトベの技術者としての慢心と意地、怪獣説を主張したムツミが資料を調べ、それが数億年前に生存したファイヤバドンであることや、その弱点を調べ出す活躍が描かれている。


 逃げる人々の車を火の玉が焼きつくす冒頭は珍しく残酷で、視聴者の賛否も激しいだろうが、ファイヤバドンは強さが強調されて前述の隊員ドラマを活かしている。


 ただトベの改修成果が、視聴者に対してドラマ的には効果的ではなかったのではないかと思え残念だった。
 今回のドラマの流れからすればマードックウルトラマンと共闘すべきで、陸地へ逃げたマードック内の隊員たちが気を失ったあと、ウルトラマンが登場するのでは話が分断したような印象を与えてしまう。


※:製作No.7『燃える深海からの脱出』


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊98年号』(97年12月28日発行)『ザ☆ウルトラマン』特集・合評③より分載抜粋)



『ザ☆ウルトラマン』全話評 〜全記事見出し一覧