假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

ウルトラマン80 7話「東京サイレント作戦」

ファミリー劇場ウルトラマンエイティ』放映開始記念「全話評」連動連載開始!)


『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧

第7話『東京サイレント作戦』 〜評1

騒音怪獣ノイズラー登場

(作・田口成光 監督・深沢清澄 特撮監督・高野宏一 放映日・80年5月14日)
(視聴率:関東14.2% 中部14.2% 関西14.9%)


(文・内山和正)
(1999年執筆)


 防衛組織・UGMがらみの話ではじまり、教師ドラマを並行させながら進み、予想どおり両者が結合する。
 一見UGMの怪獣対策のほうが主なのだが、教師ドラマとしても印象深い。


 生徒たちが自主的に行なっている、生徒のひとりの自宅でのバンド練習への苦情を受けて駆けつける校長と教頭。そこには陶酔してエレキギターを演奏している矢的猛(やまと・たけし)先生の姿が……。


 このシーンの矢的のバカっぽい表情が愉快だ。
 近所のひとびとには事前に許可をとって練習を始めたのに、苦情をよこしてくる身勝手さと(とはいえその立場に立てば我慢もできなくなるのだろうし)、騒音問題のむずかしさをからめつつ(UGM側は音を止めつづけることが現代文明において困難である現実に悩み(救急車のサイレン許可の要請や新宿駅での群衆による電車を動かせとのクレーム)、いわば双方向的な音の苦慮が描かれている)、新しい練習場所をさがす矢的の教師としての姿勢が印象に残る。


 第2期ウルトラシリーズのサブやメインライターであり、本作にはゲスト参加の立場で、教師ものには反対だったという田口成光(たぐち・しげみつ)氏の脚本だが、生徒とともにあろうとする矢的の姿は、頭の硬い前回の第6話「星から来た少年」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100606/p1)の矢的とは違い、理想の教師像を示している。
 それでいて哀れなラストなど、本作の特色である矢的のコミカルなみっともなさ描写も忘れてはいない。


 騒音怪獣ノイズラーはまたまた第2話「先生の秘密」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100507/p1)の羽根怪獣ギコギラー、第4話「大空より愛をこめて」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100523/p1)のだたっ子怪獣ザンドリアスにつづいて翼竜タイプの怪獣で、両足や両耳も両翼のようになっているあたりが格好いい独自色を出しているが、『80』怪獣のなかでもハードな外観の怪獣なだけに、後半でお笑い描写に使われているのがマッチしておらず欠点に思えた。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2000年号』(99年12月26日発行)『ウルトラマン80』大特集・合評8「ウルトラマン80全話評」より分載抜粋)


第7話『東京サイレント作戦』 〜評2

(文・黒鮫建武隊)
(1999年執筆)
 第二期ウルトラの担い手の一人、田口成光氏が執筆した唯一のエピソード。音に反応するという怪獣ノイズラーの特性は、田口脚本回ではないが『ウルトラマンエース』(72年)36話「この超獣10,000ホーン?」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070109/p1)の騒音超獣サウンドギラーなど確かに第二期ウルトラ怪獣を彷彿とさせる。


 猛が生徒たちと共にバンドを組み、彼らに欠ける集中力と持続力を養おうとする話だが、はっきり言ってそのドラマは付け足し。
 バンドの音に怪獣が引き付けられる展開が後半にあるおかげで、怪獣の話との分離現象は一応回避しているものの、学校側ドラマの印象は、他に類を見ないほど薄い。
 事件解決後の生徒たちの描写(バンドをやめて勉強熱心になった)も唐突で、猛自身が首をかしげるほど説得力が無かった。


 田口氏は講談社発行「ウルトラマン大全集II」(87年・ISBN:4061784056)でのインタビューで「先生という設定だけはあまり感心しませんでしたね」と語っておられるが、その辺が作品に反映してしまったのだろうか。


 ただ、この7話をはじめ『80』教師編後半では、


・悩める生徒
・その指導に尽力する猛
・生徒のマイナスの感情に引かれるように出現する怪獣


 という6話「星から来た少年」までのパターンがあまり見られなくなる点にも、注目しておきたい。
 今回のノイズラーにしても、マイナスエネルギー云々(うんぬん)という『80』怪獣特有の陰性のイメージが、まるで感じられない。


 そう、今回の話はバンドだの何だのよりも、怪獣ノイズラーの大暴れと、それに対抗するUGMの「東京エリア・サイレント作戦」こそ主たる見せ場なのだ。
 新幹線をノイズラーが襲う場面は、特撮も本編(新幹線車内のエキストラを多数使用したパニック描写)も共に力が入った出来映えで、オーソドックスな怪獣ものの楽しみが味わえる。


 サイレント作戦進行中の模様は、銃器をかついだ多数の自衛隊の隊員たちやトラックが怪獣の周辺に配備されるなど細かい映像の積み重ねで見せ、臨場感があると共に、この作戦がいかに大規模なものか、スンナリと伝わってくる。堅実な演出のなせる技だ。


 音を出さずに怪獣に接近する手段として、気球を選ぶあたりも気が利いている(気球に乗って射撃の任に当たるのがタジマ隊員というのも、「射撃の名手」という彼の設定に忠実だ)。


 最後に「事件は解決したが、又、東京に騒音が戻ってきた」などという教訓めいた蛇足を付けなかった点も、評価したい。



 怪獣の大暴れと、奴の特性の描写。その特性を利用した人間側の作戦。
 最後に怪獣が助けられることも含め、『ウルトラマンタロウ』(73年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20071201/p1)に近い雰囲気を持つエピソードといえるだろう。


 この話自体は、比較的アラが目につくことと、何より学校側のドラマが中途半端なこともあり、傑作だ佳作だ等とは言い難いが、本作13話「必殺! フォーメーション・ヤマト」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100725/p1)以降のUGM編でこういう怪獣の特性描写と作戦中心のエピソードをもっと見たかった気がする。



(重箱のスミ)
・予告編で「超特急新幹線」というナレーションがあるが、「超特急」という表現は、この当時でも既に死語でした。
・猛が隊員服姿で変身した、初めての回。
・カラータイマーの音が苦手なのに、その音を発するエイティにくっついて行ってしまうノイズラーって一体?


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2000年号』(99年12月26日発行)『ウルトラマン80』大特集・合評1「ウルトラマン80教師編・各話評」より分載抜粋)


[関連記事] 〜音に反応する怪獣エピソード

ウルトラマンエース#36「この超獣10,000ホーン?」 〜騒音超獣サウンドギラー・長坂秀佳脚本第3弾!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070109/p1

ウルトラマンエース#37「友情の星よ永遠に」 〜鈍足超獣マッハレス・大人ゲストの人間ドラマ編

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070114/p1



『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧