假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

ウルトラマン80 15話「悪魔博士の実験室」 〜怪獣レクイエム・広報班セラ登場

ファミリー劇場ウルトラマンエイティ』放映開始記念「全話評」連動連載!)
『ウルトラマン80』 再評価・全話評! ~序文
『ウルトラマン80』#13「必殺! フォーメーション・ヤマト」 〜UGM編開始
『ウルトラマン80』#14「テレポーテーション! パリから来た男」 〜急降下のテーマ&イトウチーフ初登場!
『ザ☆ウルトラマン』#12「怪獣とピグだけの不思議な会話」 〜怪獣レクイエム・泣かせる超名編!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧


第15話『悪魔博士の実験室』

実験怪獣ミュー登場

(作・阿井文瓶 監督・広瀬襄 特撮監督・高野宏一 放映日・80年7月9日)
(視聴率:関東11.6% 中部14.0% 関西17.2%)


(文・内山和正)
(1999年執筆)


 UGM広報班の太った容姿が印象的なセラが初登場。


 彼や21話「永遠に輝け!! 宇宙Gメン85」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100919/p1)から登場する気象班の小坂ユリ子が設定されたことにより、『ウルトラマン80(エイティ)』(80年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971121/p1)はほかのウルトラシリーズとは異なる魅力を備えたと思う。


 今回、大型宇宙母艦スペースマミーは六カ月の宇宙巡航から帰ったとの設定になっている。
 二隻あるとは思えないから、13話「必殺! フォーメーション・ヤマト」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100725/p1)で登場してから、少なくとも半年は過ぎているということになる?
 UGM基地の外観セットが当時の基地の玩具に合わせて「U・G・M」のアルファベット型の三棟に変更されて上方から撮った映像に変わったのも今回からなので、時は流れたと考えていいのかもしれない。


 本放送当時は放送日時にあわせてドラマ内の時間も進んでいると判断していたため、1980年12月10日放映の36話「がんばれ! クワガタ越冬隊」(脚本・石堂淑朗)(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110101/p1)で、ウルトラマン80が昨年もいて蜃気楼に騙されたという会話がUGM内でなされたとき、単なる矛盾と思ったものだ。
 が、36話は矢的が教師をしていたのとは別の年。すでに教え子たちを進級させ教壇をはなれた矢的の物語なのだと、そういうふうに納得するのが(僕のようにこだわりを捨てられない人は)良い方法かも。


 前作『ザ・ウルトラマン』(79年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100430/p1)の挿入歌であり、12話「怪獣とピグだけの不思議な会話」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090719/p1)でとても印象的な使い方をされた楽曲「怪獣レクイエム」が、城野エミ(じょうの・えみ)隊員の亡くなった母がエミが子供のころに歌ってくれた歌という設定で登場。
 以後、哀れな怪獣が登場する際の定番BGMとなる。


 また城野隊員の父は生物学の博士であることがわかる。
 (ウルトラシリーズ第1作『ウルトラQ』(66年)主人公・万条目淳(まんじょうめ・じゅん)を演じて以来、シリーズに度々高官役で登場した佐原健二が演じる)


 その助手である中川が、セラが宇宙で捕獲した人間の赤ん坊サイズのおとなしい小動物のような宇宙生物ミューを、自分の研究の実践のために巨大化させてしまうというのが今回のストーリー。
 (中川を演じたのは、『プロレスの星アステカイザー』(76年・円谷プロ)のサタンデモンでもおなじみ悪役役者の山本昌平(やまもと・しょうへい)だが、ジャンルファンには後年の『電撃戦隊チェンジマン』(85年・東映)のレギュラー敵幹部・ギルーク司令官役があまりにも有名で印象的)


 弱っているミューを救いたいと思うセラの心情。それに同情する城野エミ隊員。
 小さくても未知の宇宙生物を安易に持ち込むのは危険だ! と厳しく指摘をしてみせる、前回初登場したイトウチーフ(副隊長)。
 双方を対照的なリアクションで対比することで彼らのキャラも描きつつ、オオヤマキャップは中を取ってエミ隊員の父で宇宙生物の権威である城野博士に預けることを提案する。


 城野博士も中川博士(助手)も知っていた宇宙生物は、ミューという種族であり、巨大化しない安全な生物であると判明する。
 寒がっているミューを火炎バーナーで温めようとして逆に怖がらせてしまうセラの養育センスのなさ。エミ隊員の母性や子守唄にはなつくミューを描いて、話はエミ隊員とミューとの交流に移っていく。
 ここには、UGM編のヒロインであるエミを立てようという作劇意図も看て取れる。


 宇宙生物を巨大化させ、人間のペットのように意のままに動かそうとする中川博士。しかし、その研究は宇宙生物が凶暴化してしまう問題を解決していないと城野博士に責められる。
 中川博士はその忠告を聞かずに、夜間に秘かに薬品と電流で実験を行い、人間大に巨大化してしまったミューは施設を脱走する。


 一度はエミ隊員たちによって保護されるものの、さらに中川博士は違法に実験を重ねて、ミューは怪獣サイズに巨大化した!


 夜の住宅街であばれるミュー。
 手前に人間を配置して巨大感と恐怖感を表現した合成シーン(スクリーンプロセス・フロントプロジェクション)が多数散りばめられた怪獣映画的な作りが、ミューという怪獣が元々はかわいいだけに、事態の深刻さを示している(おそらく人間大のときと同じぬいぐるみなのだろうが、人間大のときのスキップを踏んだりするかわいらしい演技と違って恐ろしく見える)。


 UGM戦闘機での怪獣攻撃命令をためらってしまう矢的とエミ。ついに撃つことができなかったエミ。
 80に必殺光線発射をためらわせ、子守唄を涙ながらに歌うことでミューをおとなしくさせるエミ……と戦闘中にも人間ドラマを継続させている。
 80はミューを縮小化して宇宙へと運び去った。


 ラストは、アニメ『宇宙戦艦ヤマト』(74・78年TVアニメ。77・78・80年に劇場アニメ化・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20101207/p1)のテーマとされ、70年代末期〜80年代初頭のジャンル作品の風潮を規定した、当時としては物珍しくて気恥ずかしくも高尚に思えた“愛”という言葉を、オオヤマキャップ(隊長)に高らかに語らせてシメとする。


 “愛”の崇高さを語りつつ、矢的とエミの肩をたたいたオオヤマキャップのポーズをもう一度、写真撮影のために再現してくれと頼む広報班のセラ、照れつつもやらせポーズを取るキャップと隊員たち……という、正攻法を少し外して引いてから明るく笑って終わるあたりは、70年代の「マジメ一辺倒」のノリではなく80年代に隆盛を極めていく「照れ」や「茶化し」などのまだまだ罪のないその萌芽といった感じもある……



◎今回イトウチーフは未知の宇宙生物にはどんな危険性があるかわからないと主張してミューを捨てるように言ったり、凶暴化したミューに対して攻撃命令を下したりと憎まれ役をつとめる。


◎今回の高野宏一による特撮演出は、UGM戦闘機の機体をカメラの手前に固定して、主観映像に近いかたちで怪獣に徐々に接近させていく、格好いい特撮映像が数カットほど観られるのもポイントだ。


◎冒頭、スペースマミーに搭乗しているセラが、宇宙空間で初代『ウルトラマン』(66年)や円谷特撮『ジャンボーグA(エース)』(73年)や『ザ☆ウルトラマン』(79年)などにも登場してきた「怪獣墓場」を目撃して、写真を撮影するというワクワクさせるサービスシーンがある。
 当時のポピーから発売されていた子供向けの怪獣ソフビ人形・キングザウルスシリーズはリアルな造形ではなかったので、新造のミニチュアだろうか? それともソフビの改造だろうか?
 『帰ってきたウルトラマン』(71年)の怪獣グドン、サドラ、初代『ウルトラマン』の怪獣ゴルドンと思われる個体を視認できるが、他にも数体の怪獣を確認できる。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2000年号』(99年12月26日発行)『ウルトラマン80』大特集・合評8「ウルトラマン80全話評」より分載抜粋)


[関連記事] ~「怪獣墓場」登場編!

ウルトラマンメビウス』#21「虚空の呼び声」 〜&歴代円谷作品「怪獣墓場」話「ザ☆ウル」#27・「80」#15・「ジャンボーグA」#21

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061026/p1

『ザ☆ウルトラマン』#27「怪獣島浮上!!」 〜宇宙の怪獣墓場よりレッドキングと怪獣軍団登場!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091102/p1

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』 ~岡部副社長電撃辞任賛否!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101224/p1

『ウルトラゼロファイト』 ~おかひでき・アベユーイチ監督がまたまた放った大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20140115/p1


[関連記事] ~名曲「怪獣レクイエム」使用編!

『ザ☆ウルトラマン』#12「怪獣とピグだけの不思議な会話」 〜怪獣レクイエム・泣かせる超名編!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090719/p1

『ザ☆ウルトラマン』#16「生きていた幻の鳥」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090816/p1

『ザ☆ウルトラマン』#40「怪獣を連れた少年」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101113/p1

ウルトラマン80』#15「悪魔博士の実験室」 〜怪獣レクイエム・広報班セラ登場

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100808/p1(当該記事)

ウルトラマン80』#29「怪獣帝王の怒り」 〜往年の喜劇人大挙出演!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101113/p1

ウルトラマン80』#44「激ファイト! 80 VS ウルトラセブン」 ~妄想ウルトラセブン登場!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110226/p1