假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

ウルトラマン80 22話「惑星が並ぶ日なにかが起こる」 〜古代怪獣ゴモラII登場

(「惑星が並ぶ日何かが起こる」という表記は間違い。「何か」ではなく「なにか」ですよ・笑)
ファミリー劇場ウルトラマンエイティ』放映記念「全話評」連動連載!)


『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧

第22話『惑星が並ぶ日なにかが起こる』

古代怪獣ゴモラII 女王イーナス 地底人登場

(作・阿井文瓶 監督:湯浅憲明 特撮監督・佐川和夫 放映日・80年8月27日)
(視聴率:関東9.5% 中部15.5% 関西16.2%)


(文・内山和正)
(1999年執筆)


 地上人の金銀採掘や地下水採取が原因で地底の構造がゆるみ、2年後の1982年の太陽系9つの惑星が一直線に並ぶ惑星直列の際には潮汐力(ちょうせきりょく)の上昇で、天変地異が起こり地下の世界が崩壊してしまうという。


 実は地上人とほぼ同じ約40億人もの人口を誇る地底人たちは地上での生活を考えて、白色で巨大な球形の人工衛星(厚さ1メートルの超合金で中身はほぼ空洞と解析される)を死火山とされていた中部山岳地帯の最高峰・大ヶ岳(おおがたけ)の火口から噴火とともに打ち上げ、自身らの命をおびやかす太陽の光をさえぎって皆既日蝕を起こす。
 しかも、セリフのみではあったが人工衛星を多数打ち上げて、地球の各地を彼らの生存に適した闇にしようというのだ。
 当然、地上の人々はミサイルでの人工衛星爆破を計画する。


 皆既日蝕下での火山の調査中に白衣を着て徘徊する地底人多数を目撃し追跡していたUGM隊員のイトウチーフ(副隊長)・ハラダ・タジマたちを、地底人は洞窟の中で地割れを起こして落下させてこれを捕らえる。
 パルテノン神殿のような柱が林立する白色の地底宮殿で、正体を隠した宇宙人(ウルトラマン80)の矢的猛(やまと・たけし)がいることに気づいた地底人の女王イーナスは、彼だけは釈放して宇宙に帰ることを促(うなが)す。
 しかし矢的による地上人と地底人の共存共栄の主張を聞き、女王イーナスは彼に交渉係を頼むが……


 すでにミサイルでの人工衛星撃破という地底人への宣戦布告にも等しい処置を地上の人々は決定していた。
 定刻をすぎてもミサイルを発射しないUGM司令室に17話「魔の怪獣島(じま)へ飛べ!!(前編)」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100822/p1)以来の再登場である地球防衛軍・極東エリアのナンゴウ長官とイシジマ副官が押し掛けてくる。


 しかし、通信および地上に戻った矢的の懇願に防衛組織UGMのオオヤマキャップ(隊長)は困惑するも上層部への説得を決断。
 ミサイル発射ボタンを押させないようナンゴウ長官もUGM司令室に陣取り、国家最高会議の初老のおエライさんたち多数の人々もオオヤマの説得についにうなづく。


 物分かりの良い長官と悪役の副官というポジションは前作『ザ・ウルトラマン』(79年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100430/p1)の桜田長官と宮井副官の踏襲(学園ものの校長と教頭なども大抵そうだが)。
 このあたり、劇中でもそのものズバリ、「戦争」か否かと語られている通り、その駆け引き・一進一退は、ポリティカルフィクション(政治劇)の様相を呈してくる。


 女王イーナスも含めて物分かりが良すぎるものの、一度は善意が勝利して危機が去る。
 そのことがむしろ気持ち良く感じられる。


 だが、イシジマ副官が、城野エミ隊員から銃器を奪って一般職員たちの制止もふりきり、ミサイル発射を勝手に命令してさらに中部山岳地帯に地球防衛軍の戦闘機群による爆撃を開始させてしまう。
 人工衛星さえ打ち上げる地底人の科学力に危惧を示して先手必勝、すでに戦争ははじまっていると主張していた、最後に交渉をフイにするイシジマ副官が単なる悪役でなく、幽霊のような白い衣装に不気味な白面の地底人が皆既日蝕下の地上でキャンプしている人々を襲撃(?)する姿の生中継のモニター映像に恐怖を感じて半狂乱になって……というあたりがリアルで、他の人物たちの和平に向けてのあまりに理性的・理想的にふるまう非リアルさと折り合いをつけているともいえる。


 これからどうなるのかというところで、怪獣ゴモラが戦闘機の爆撃で地中で眼を覚まして、地底宮殿のある地底空洞に片脚を突っ込んでくる。
 女王イーナスは別れの言葉とともに退避して、交渉が結果を示すことなく、結論が惑星直列時の未来に先伸ばしにされて終わるのはズルイけれど。



 怪獣ゴモラは、初代『ウルトラマン』(66年)26話「怪獣殿下 前篇」〜27話「怪獣殿下 後篇」や、映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』(日タイ合作・74年・79年日本公開・ASIN:B00005KVC8ASIN:B00005ES1UASIN:B00005ETK0ASIN:B000064FZS)の怪獣帝王ゴモラ以来の登場。
 顔の左右に長大に開いて上方に反ったツノが特徴的なゴモラだが、この2代目(3代目?)ゴモラことゴモラIIは、左右のツノの後方にさらに2本の長大なツノを伸ばしている。


 特撮面では、監督・特撮監督が同じことから前話分と2本まとめての1本撮りだろうが、21話「永遠(とわ)に輝け! 宇宙Gメン85」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100919/p1)の怪獣ガモス同様、屋外でのオープン撮影で下から見上げて怪獣の巨大感を強調したアングルを多用。
 ゴモラは両腕を突き出して両手の甲からミサイルを発射し、左右に開いたツノから同一のかたちの光のブーメランを多数投げ飛ばす。
 おなじツノからは雷撃も放ち、光の輪も投げ飛ばしてウルトラマン80を金縛りにもする。


 このあたり、あくまでも古代の恐竜ゴモラザウルスであった初代ゴモラとは異なり、むしろ超常的な“怪獣念力”(当時の映画のパンフレットより)を有しツノから電撃光線を放っていた『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』のゴモラの方を踏襲しているようだ。
 本話の特撮監督は、『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』でも特撮監督を務めた佐川和夫。


 超能力を発揮するゴモラは、これはこれで今はよいと思えるものの、当時勃興したマニア論壇での年長マニア間の風潮はリアル至上主義であったため、往時はあまりよい印象を持たれなかったものと思われる。


 そして、視聴者の注目の的である人気怪獣ゴモラの再登場が本話の目玉・中心の作劇にはなっていないあたり、当時の怪獣ファンの不満を募らせたかもしれないのは本話の弱点かもしれない。
 それを差し引いて作劇とテーマのみで見れば、異人種との共存か? 全面戦争の脅威か? をポリティカルサスペンスとして描いた佳作でもある。



◎1982年に起こるという惑星直列。70年代の子供向けオカルト系書籍などの記述でわりと有名ではあった。
 実際には、直列に近いかたちに並ぶというだけであって、かなりバラけており、本当に一直線に並ぶわけではなかったが。
 同様の例に、1999年8月に9つの惑星が十字型に並ぶというグランドクロスがあり(実際にはやはりバラけている)、その前月の1999年7の月のノストラダムスの大予言での人類滅亡の月日に近いこともあってか、次いで有名である。
 こちらは今年1999年の『救急戦隊ゴーゴーファイブ』(99年)の中盤の展開にて題材とされた。


◎女王イーナスを演じた加山麗子は、日活ロマンポルノ出身の清純派女優として活躍したあと、一般のテレビドラマにも進出した御仁。
 ゴモラⅡが出現して地下宮殿から避難する別れ際に発する「さようなら……」のセリフ廻しが、気が抜けているようにも聴こえて少し残念。


◎ウルトラワールドでの地底人には、


・初代『ウルトラマン』22話「地上破壊工作」の地底人
・(『ウルトラセブン』(67年)17話「地底GO!GO!GO!」の地底ロボット・ユートムを作った、姿を見せない存在も宇宙人でなければ地底人の一種かもしれない)
・『帰ってきたウルトラマン』(71年)の原始地底人キング・ボックル
・『ウルトラマンエース』(72)5話「大蟻超獣対ウルトラ兄弟」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060604/p1)の地底エージェント・ギロン人
・おなじく29話「ウルトラ6番目の弟」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061120/p1)の地底超人アングラモン
・そして本話の地底人一族。


 …・・・などが登場したことになる。


 地底世界も一枚岩ではなく群雄割拠であるあたり、勢力図や抗争などもあったりするのかと、小学生の怪獣博士的な幼い妄想をそそられたりもする。
 海底には『ウルトラQ』(66年)20話の「海底原人ラゴン」も棲息し、かつては海底原人ノンマルト(『ウルトラセブン』42話「ノンマルトの使者」)が地上の王者でもあったわけで、そのような想像をするのは、本話の深刻なテーマからはかけ離れてしまうものでもあるのだが楽しい。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2000年号』(99年12月26日発行)『ウルトラマン80』大特集・合評8「ウルトラマン80全話評」より分載抜粋)



(編:地底人や地球の先住民族といえば、近年の平成ウルトラシリーズでは、『ウルトラマンティガ』(96年)の3話「悪魔の預言(よげん)」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19961201/p1)や25話「悪魔の審判」、最終回3部作(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091211/p1)に登場した炎魔人キリエル人(びと)などがあるだろう。
 奇しくも本話と同じテーマを描いた、高度な文明を誇る地底人との衝突と和解を描く『ウルトラマンマックス』(05年)最終回前後編(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060503/p1)も記憶に新しい)


[関連記事] 〜怪獣ゴモラが正義の味方の主役シリーズ!

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル#1「怪獣無法惑星」 〜第1シリーズ序盤合評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080427/p1

ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス1 〜「大決戦!超ウルトラ8兄弟」に向けて

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO#1「レイオニクスハンター」 〜第2シリーズ!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091230/p1

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO#2〜4 敵宇宙人の劇画的なキャラ立ち!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100128/p1

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO#9〜11 ペダン星人ダイル死す!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100312/p1

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO最終回 〜終盤評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100331/p1



(#29〜50(最終回)・2010年9月24日発売!)
(#22はPART1の方に収録されております・汗)



『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧