假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

ウルトラマン80 6話「星から来た少年」 〜大島明男編

ファミリー劇場ウルトラマンエイティ』放映開始記念「全話評」連動連載開始!)
ウルトラマンメビウス#16「宇宙の剣豪」 〜大島明男クンが発見したオオシマ彗星登場!
ウルトラマンメビウス#18「ウルトラマンの重圧」 〜オオシマ彗星B群登場!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧


第6話『星から来た少年』 〜合評1

UFO怪獣アブドラールス登場

(作・広瀬襄 監督・湯浅憲明 特撮監督・高野宏一 放映日・80年5月7日)
(視聴率:関東12.3% 中部13.9% 関西16.3%)


(文・内山和正)
(1999年執筆)


 口笛を吹くと風が吹く能力を持ち、自分を宇宙人だと信じこむ大島明男生徒。ベランダでの天体望遠鏡での天体観測が大好きな彼がUFO(ユーフォー)を見て、自分を迎えに来てくれたと思いこむ。
 矢的猛(やまと・たけし)先生は、彼自身は宇宙人ではなくまぎれもない地球人であるのだと諭(さと)そうとするが……という話ではあるのだが。


 明男が宇宙人である可能性を少しも検討しようとしない矢的の態度には、彼自身の正体が宇宙人(ウルトラマン80(エイティ))であることを思えば少し疑問が残る。これでは普通の地球人の頭の硬い大人と変わりないだろう。


 歴代ウルトラシリーズの主題歌を手掛けてきた東京一(あずま・きょういち=円谷一つぶらや・はじめ))氏・阿久悠(あく・ゆう)氏に変わる作詞家として、1960年代から歌謡曲の作詞家として大活躍されてきた山上路夫(やまがみ・みちお。テレビ時代劇『水戸黄門』(69年〜)の主題歌がもっとも有名だろう)氏を起用した主題歌「ウルトラマン80」(ASIN:B00005ENKAASIN:B000H30GTAASIN:B00005ENF5ASIN:B0001A7VC4)の歌詞や、拙稿「『ウルトラマン80』全話評 〜序文」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100501/p1)でも語ったヒーローのデザインコンセプトにも強く表れている「人間ウルトラマン」であることが原因なのかもしれないが、宇宙人の視点を(適切な場所では)忘れてはいけないと思う。


 もっともこれまでのウルトラシリーズ作品で、人間(地球人)に化けたり乗り移ったりしている宇宙人同士が、地球人の姿をしていてもお互いの正体を見抜いているように、宇宙人であるかないかは見ればわかるという解釈なのかもしれないが。
 (しかしそう判断すると、同じ広瀬襄脚本の12話「美しい転校生」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100718/p1)とは矛盾が生じるが。12話については美少女宇宙人による擬態(?)が巧妙であったと好意的に解釈すべきか?)


 矢的は彼の悩みの真の原因に頓着したそれではなく、理科の授業の時間に生徒の能力は「因果関係が逆である。風が吹きそうなことを肌で察知して、それで口笛を吹くのだ」(大意)とも喝破してみせる。
 しかし、たとえ正論でもそんな表層的な科学的議論で、少年の「苦悩」や精神のバランスを取るための裏返しとしての「プライド」(たとえ虚構であっても心の拠り所とせざるをえない、自分が宇宙人であった場合の「優越感」や「特権感」)が解決するわけでも心が癒せるわけでもない。むしろ最後の踏ん張りどころを破壊してしまいかねない残酷な行為にすらなりうる。「自分のことを判ってくれない」とばかりに生徒は沈みこんでしまうのだ。


 してみると、矢的を完璧な人格者・理想の教師としてではなく、第2期ウルトラシリーズの主人公たちのように、あくまで未熟で欠点もある発展途上の人格として描いたということか?
 このへんの一捻りを加えたディスコミュニケーション作劇は、大人になってから視聴すると感心させられる(と同時に良くも悪くも小さな子供には理解できない高度な描写でもあるだろう。もちろんワンシーンなのだから、少しくらいならばこういう描写が子供向けドラマにもあっても良いと思う)。



 ラスト、ケガした明男のために桜ヶ岡中学1年E組のレギュラー生徒たちは輸血に協力する。
 現在のウルトラ作品なら、中学生の採血は許されていないことを考慮して(16歳以上から採血が可能)、このようなことはしないだろうだけに気にかかる視聴者もいるかもしれない(皆おなじ血液型というのも都合よすぎるし)。
 が、宇宙人ゆえに血液を提供できない矢的の二重の苦悩をいかすためにも、明男の変化をうながす理由のひとつとしても、この設定や描写に目くじらを立てなくともよいのではなかろうか?


 矢的はこの回二度目の変身をして、根底に80年前後の当時マニア間で盛大を極めた第2期ウルトラへの批判を持ちつつも、ウルトラマンタロウのリライブ光線(再生光線)など第2期ウルトラからの影響をのがれきれない製作姿勢の象徴と思われるメディカルビームで、ウルトラマン80として明男の命を救う。


 ここでやめておけば感動的だったのだが。
 このあと矢的は、明男が勉強やスポーツが苦手なこと、優秀な兄姉と比較してくる家族への現実逃避から、自分はみんなとはちがう特殊能力を持つ宇宙人なのだと思い込もうとしていたと指摘する。


 そこまで追いつめなくても本人ももうわかっただろうし、視聴者も明男がエリート家庭のなかの非優等生として苦しんでいることを知らされているのだから、わざわざ解説してもらわなくてもいいと思う。矢的がすべきは見守っていてやるか、(明男が望めばだが)これから明男がどうしていけば良いかを考え力添えするか、明男に出世を要求する母親を説得するかだろう。
 明男くんが物の道理をわかった子で、矢的の少しクドくて明男の面子(メンツ)をつぶしかねない説教をも、内心はともかく大人の態度で不快な顔をせず明るく承諾してみせるのが救いだ。


 というわけでストーリー的には少し疑問もあるが、特撮としてやヒーローものとしては見所もあった。
 明男の空想シーンで、夜間に明男がUFOにむかって歩いていくシーンがある。70年代末期に革新的な特撮技術の向上を遂げて全世界にインパクトを与えた『未知との遭遇』『スター・ウォーズ』(77年・日本公開78年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200105/p1)などの海外作品のマネとはいえ、ハイセンスなデザインのUFOと照明で美しい映像だった。


 個人的な嗜好でもあろうが、UFO(ユーフォー)怪獣アブドラールスは恐竜型とは程遠い不定形な形態と電飾に異色なデザインで、本放送時から好きな怪獣。


 ウルトラマン80は3話「泣くな初恋怪獣」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100516/p1)以来ひさしぶり(?)に腹部からバックルビームを使用しアブドラールスを倒し、突き出した両腕先端から放つリング状のウルトラスパイラルビームでUFOを破壊、さらに前述の救命行動と特殊能力を使いまくる。
 ブレスレットなどの付属兵器のない80にとって、バックルビーム(およびバックル)は当時としては似たデザインの初代ウルトラマンとを隔(へだ)てる独自の要素として印象的で、これの使用を見ると敵が特別の相手と感じてしまうのは僕だけだろうか?



◎アブドラールスの名称は、当時の悪役プロレスラー、アブドラ・ザ・ブッチャーから引用したものかと推測される。


◎大島明男くんの漢字名は、矢的が採点するテストの答案用紙のアップ映像で確認できる。


◎柔道で女子生徒に背負い投げされて一本取られてしまう大島明男くん、という70年代までには考えられないような情けない男子生徒の姿も描かれている。
 それを見ていたレギュラーの桜ケ岡中学事務員ノンちゃん――演じる白坂紀子は当時の関東ローカル夕方の子供向け情報番組『夕やけロンちゃん』のサブ司会で、のちに俳優・志垣太郎夫人――いわく、


 「戦後35年の民主教育は女の子が男の子を一本背負いで投げ飛ばす成果をあげたのです!」(笑)。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2000年号』(99年12月26日発行)『ウルトラマン80』大特集・合評8「ウルトラマン80全話評」より分載抜粋)


第6話『星から来た少年』 〜合評2

(文・黒鮫建武隊)
(1999年執筆)


 異色の第5話「まぼろしの街」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100530/p1)のあとは、再び教師編本来の路線に戻る。


 現実逃避する生徒・大島明男を描く話だが、その現実逃避が具体的には「自分(明男)は宇宙人なんだ」という形で描かれている点が興味をそそる。


 一般の学園ドラマならば


 「こいつ、バカじゃないの」


 で終わってしまうところだがこの番組はウルトラマンシリーズ。


 実際にUFOが飛来、UGMがその存在を確認している状況が併行して描かれているため、妙なリアリティを感じさせ得ている。なおかつ口笛で風を呼ぶ、という明男の特殊能力(?)までが披露される念の入れようだ。
 自分を宇宙人だと思い込みたくなる明男の心情がより理解しやすくなる上、視聴者が「本当に宇宙人かも」と一瞬疑いたくなる効果まであげている。


 こうした工夫により、怪獣事件と生徒の描写の融合、という教師編の話作りのネックも上手にクリアーされた。


 それどころか、


 「怪獣をやっつけて!」


 という明男の叫びに応えてエイティが劣勢を跳ね返す、というヒーローものの十八番シーンの興奮が、ひときわ活かされる好結果を生んだのである。
 この台詞(セリフ)は、一度は怪獣アブドラールスを自分の仲間とみた明男が、それを自ら否定したこと(現実逃避からの脱却)を意味する。それが、エイティこと矢的先生に伝わったからこその形勢逆転なのだ。


 ハカセたちの輸血で助かった明男が、だから


 「僕は確かに地球人だ」


 と語るエピローグも忘れ難い。これが加わったことで、悩む場面が長い割りにアッサリ解消してしまった、という2話「先生の秘密」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100507/p1)や4話「大空より愛をこめて」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100523/p1)で見られた不満も残らずに済んだ。


 明男の心の弱さ、それに真摯に向かい合う猛の姿勢、といった学園ドラマの要素がきちんと描かれている一方で、UFO事件を中心とした活劇性・娯楽性も適度に盛り込まれ、学校編の中でもバランスが抜群に良い。


 特撮も快調。アブドラールスの住宅街破壊やエイティの光線技の乱舞がナイトシーンに映えて美しい。SF映画『未知との遭遇』の宣伝ポスター(夜の闇の中の荒野の舗装道路が地平線の小高い丘の上に向かう、遠近感を強調した長大な一本道)を意識した映像のお遊びもあり、満足度の高いエピソードである。



(重箱のスミ)
・地球人の台詞中(ナレーションを除く)で「ウルトラマン80(エイティ)」という名称が使用されるのは、今回から。これまでは単に「ウルトラマン」と呼ぶのが通例だった。
ハラダたちが電話に出て「(UFOによる)危害は無いと思われる」旨(むね)を言う場面があるが、既にオーストラリアのメルボルンの街を破壊しているUFOがどうして安全なんだ?(笑)
・エイティが二回変身する、初めてのエピソード。二回目の変身に際しては、はじめからカラータイマーが点滅している。夜間の戦闘後、太陽エネルギーを補給していない状態で再変身したからか。なかなか細かい演出だ。単なる撮影の都合かも知れないが。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2000年号』(99年12月26日発行)『ウルトラマン80』大特集・合評1「ウルトラマン80教師編・各話評」より分載抜粋)


[関連記事]

ウルトラマンメビウス#16「宇宙の剣豪」 〜大島明男クンが発見したオオシマ彗星登場!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060928/p1

ウルトラマンメビウス#18「ウルトラマンの重圧」 〜オオシマ彗星B群登場!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061022/p1


ウルトラマンメビウス#41「思い出の先生」 〜80客演!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070218/p1