假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

マクロス

マクロスΔ & 劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ ~昨今のアイドルアニメを真正面から内破すべきだった!?

三角関係でなくアイドルユニットたちに焦点を当てており、彼女たちの友情・紐帯・回想での過去の苦労・個性・可愛らしさを主体に見せていく。三角関係もゼロにはしないけど、アイドルらの周辺にあった人間模様としての点描に留めることで、甘え下手でクール…

マクロスF最終回 〜キワどい最終回を擁護!

個人的に高く評価するけど、理詰めで……、あるいは放映終了後に冷静に振り返ってみると、いくらでもツッコミの余地があるすばらしい最終回だった!(笑) ある意味、作品自体の根本にある倫理性を崩壊させかねない、マクロスフロンティアとは別の宇宙移民船団…

マクロスF第1話 〜先行放映版とも比較!

先行放映版とは随分違う。短縮版のテンポゆえか、ボクらの坂本真綾のノリのイイ主題歌と、それにカブるポップでライトな女性キャラいっぱいの映像が作品カラーを規定し直すゆえか? てか、アラスジは同じでも追加は多数。 主人公が女性みたいと評されてイラ…

創聖のアクエリオン  〜序盤寸評

[アニメ] 〜全記事見出し一覧 [マクロス] 〜全記事見出し一覧 『創聖のアクエリオン』序盤寸評 (05年4月季放映作品) (文・T.SATO) 「♪ 1マンネンと、2センネン前から、 ア、イ、し、て、るぅ〜〜〜!」 「♪ 8センネン過ぎた〜ころから、もっ…

劇場版 エスカフローネ 〜いまさら「まったり」生きられない君へ……

対するに劇場版は、誠実なほど直球勝負な「剣と魔法の異世界ファンタジー」に開き直った感がある。 TV版のツイストぶり(ひねり)が希薄なことは少々残念だが、人物関係や舞台背景が整理され、物語的には見易い作品に仕上がったことは否定できない。 もち…

天空のエスカフローネ  〜賛否合評 皇帝ドルンカーク=万有引力の発見者アイザック・ニュートン!

放映時期的に『新世紀エヴァンゲリオン』(95年)と『機動戦艦ナデシコ』(96年)にちょうど挟まれる形となった。 現在(2000年)のアニメ業界に今なおその爪痕と後遺症を残す2作品のインパクトに押されている印象もあるが、そのコンセプトと堅実な…

マクロス7 〜序盤&中盤評

マクロスF最終回「アナタノオト」 〜キワどい最終回を擁護! [マクロス] 〜全記事見出し一覧 [アニメ] 〜全記事見出し一覧 (文・T.SATO) マクロス7 〜序盤評・晩秋にTV評! (94年11月執筆) 『マクロス』と聞いては世代人の血が騒がずには…

マクロスプラス MOVIE EDITION

マクロスF最終回「アナタノオト」 〜キワどい最終回を擁護! [マクロス] 〜全記事見出し一覧 [アニメ] 〜全記事見出し一覧 (95年10月7日封切) (文・T.SATO) (04年1月執筆) 減らず口でワンパク小僧あがりのイサム。見た目無骨だが芯は熱…

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 〜シリーズ概観 & アニメ趣味が急速にダサいとされる80年代中盤の端境期

『マクロスΔ』&『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』 ~昨今のアイドルアニメを真正面から内破すべきだった!? 『マクロスF』最終回「アナタノオト」 〜キワどい最終回を擁護! [マクロス] 〜全記事見出し一覧 [アニメ] 〜全記事見出し一覧 [オタク] 〜…