假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

ウルトラマン80 40話「山からすもう小僧がやって来た」

(「山からすもう小僧がやってきた」という表記は間違い。「きた」ではなく「来た」ですよ・笑)
ファミリー劇場ウルトラマンエイティ』放映記念「全話評」連動連載!)


『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧

第40話『山からすもう小僧がやって来た』 〜脚本家・水沢又三郎の正体!

すもう怪獣ジヒビキラン すもう小僧登場

(作・水沢又三郎 監督・湯浅憲明 特撮監督・高野宏一 放映日・81年1月14日)
(視聴率:関東8.2% 中部10.9% 関西12.7%)


(文・久保達也)
(2010年11月執筆)


 近年では知られるようになってきたが、脚本の水沢又三郎は当時『仮面ライダースーパー1(ワン)』(80年)のメインライターだった江連卓(えづれ・たかし)のペンネームである。


 江連卓氏のデビュー作は漫画家・石森章太郎原作のヒロインものテレビドラマ『フラワーアクション 009ノ1(ゼロゼロクノイチ)』(69年)だが、70年代後半になってから本格的に活動を開始。
 東映の変身ヒーローものにサブで参加しつつ、大映テレビの刑事ドラマ『明日(あした)の刑事』(78年)やその後番組『噂の刑事トミーとマツ』(79年)で多数の作品をものした。


 80年代には大映テレビ作品『不良少女とよばれて』(84年・TBS)、『ヤヌスの鏡』(85年・フジテレビ)、『このこ誰の子?』(86年・フジテレビ)、『プロゴルファー祈子(れいこ)』(87年・フジテレビ)など、70年代の学園ものや青春ものなどの熱血風味を「クサイ」といって茶化す軽薄短小な80年代お笑いブームの真っ最中なのに、時代に逆行するようなアナクロ(時代錯誤)で暑苦しい作品を次々と放った。
 江連ファンの間では、非リアルでも情熱的で勢いがあると評される作風の作品群は大ヒットして一世を風靡する(筆者個人はこれらの作品群をほとんど観ていなくて恐縮なのだが……)。
 メジャーになってからも、子供向けの東映不思議コメディシリーズ『おもいっきり探偵団 覇悪怒組(はあどぐみ)』(87年)、『仮面ライダーBLACK RX』(88年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090726/p1)のメインライターを務めている。


 同じく『80』や東映ヒーロー作品にも参加していた脚本家・土筆勉(つくし・つとむ)氏などとも同様、70年代にはアングラ(アンダーグラウンド)劇団を主宰、テレビ脚本の原稿料を劇団につぎこんでいたそうな。
 自身が脚本も担当したスーパー戦隊シリーズバトルフィーバーJ』(79年)第44話『地獄谷の月影一族』に登場した秘密結社エゴスの怪人・ゲンソウ怪人は、江連が主宰するアングラ劇団・幻想劇場の名前にちなんだもの。月影一族も幻想劇場のメンバーたちだったそうである(笑)。


 水沢又三郎の正体は長らくナゾであったが、同人誌『江連卓 その脚本世界』(96年・本間豊隆)制作における取材ではじめて正体が判明した。
 先の同人誌によれば、TBSのプロデューサーから「とにかく視聴率が上がるものを」と懇願されて参加したそうだ。
 ペンネームは江連氏が私淑する童話作家宮沢賢治の『風の又三郎』(1934・昭和9年)に由来するものであり、「水沢」も宮沢賢治ゆかりの事物にちなんだものである。このペンネームから本エピソードにかけた想いも透けて見えてくるだろう。


 ちなみに『80』のメインライターであった阿井文瓶氏も宮沢賢治に私淑しており、『ウルトラマンタロウ』(73年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20071202/p1)第32話『木枯らし怪獣! 風の又三郎』というジュブナイル・ファンタジー色あふれる佳作でオマージュを全開させている。こちらについても、機会を改めていずれ詳細に語りたいと思う。



 足柄秘境の青葉山に住むといわれ、地元の子供たちに親しまれている「すもう小僧」が、UGM広報班・セラがかつて所属した青葉高校相撲(すもう)部の合宿所に突然現れた。
 「すもう小僧」は子供とは思えない怪力で部員全員と休暇で訪れていたセラを次々投げ飛ばしていく。


 たまたま合宿所に盗みに入っていたジンとゴンという2人組がこれに目をつけ、すもう小僧を街に連れ出し、賞金10万円を名目に人々に彼と相撲の相手をさせ、参加料と賭け金で大儲けを企む。
 セラからの連絡を受けたUGMはすもう小僧の正体がすもう怪獣ジヒビキランであると判断、街への進入を阻止しようとするが、すもう小僧の怪力とジンとゴンの妨害に阻まれてしまう。


 だがあまりに大食漢のすもう小僧をジンとゴンは持てあまし、彼を金持ちの家に侵入させ、金ののべ棒の入った金庫と相撲をとらせようとするが(笑)、屏(へい)に仕掛けられていた防犯用の電流に感電したすもう小僧はそのショックでジヒビキランとして巨大化する!
 ジヒビキランを撃退しようとするUGMだが、おとなしく山に帰ってほしいと願う矢的はエイティに変身! ジヒビキランの百番目の相撲相手であるエイティの勝利は如何(いか)に!?



 正直若いころは「いったい何考えとんのや?」と思っていた回であるが(笑)、これを執筆する当日44歳となった筆者からすると、足柄秘境に住むというだけあって「日本昔話」の『金太郎』そのままの赤い腹がけ(つーかモロにマルに(金)と書いてある・笑)姿のすもう小僧が大暴れしている様子を見ているだけで、もう何もかも許せてしまう(笑)。


 すもう小僧がしこを踏むだけで大袈裟(おおげさ)にカメラを揺らし(笑)、怪獣の足音のような効果音を使い、そばに落ちていた大きな岩をパックリと割れさせ、


イケダ「なぁんだ、ただの子供じゃないか」


 とナメてかかっていたUGMを仰天させ、


イトウ「フジモリ、イケダ、セラ、かかりなさいホラ」


 とイトウチーフ(副隊長)までをもビビらせ(笑)、すもう小僧は取り囲んだフジモリ・イケダ・セラを一度に投げ飛ばし、イトウチーフはしこを踏んだ衝撃だけでノックダウンする始末(笑)。


オオヤマ「なんとかならんのか! 大の男が5人もかかって何をしてるんだ! とにかく一刻も早く捜すんだ!」


 と、UGM作戦室でひとりでイライラしているオオヤマキャップ(隊長)がまた笑える。そんなに云うんやったらアンタもかかってみいや(笑)。


 すもう小僧は元は相撲好きな木こりの息子であり、村祭りで行われる相撲に飛び入りで参加しては毎回賞品をかっさらっていたことから、その強さを妬(ねた)んだ村人たちに谷底に突き落とされて
 ――昔話とか童話ってこうした残酷なノリが多いよな。正直ヒーロー作品よりもよほどひどいことをやってるような気がするが。親たちには「アンタらもそういうので楽しんでたんだろ!」と云いたい(笑)――
 ジヒビキランに転じたという設定であり、時折山から降りては人々と相撲を取りたがり、百番取ると満足して10年でも20年でも眠り続けるらしい(笑)。


 機嫌よく相撲をとっているうちは怪獣としての実体を現さず、害のないすもう小僧だが(青葉高校相撲部やUGMの痛みを見る限りではそうとも云えんが・笑)、今回はジンとゴンの悪だくみに利用された結果、ジヒビキランとしての正体を現すこととなったのであり、その意味ではこれとて立派なマイナスエネルギー怪獣=つまり極めて『80』らしい怪獣ともいえるのではないだろうか。


 そのジヒビキラン、ちゃんと腹にマル(金)マークがモールドされ(笑)、青いまわしまで締めているが、筋肉質の赤茶色の身体に頭部の緑色のたてがみ、肩から天空に向かってそびえ立つ金色の装飾など、まさに金剛力士(こんごうりきし)像のような荒々しいイメージであり(顔は可愛いのだが)、個人的には魅力的なデザインに映る。
 また『ウルトラセブン』(67年)に登場するカプセル怪獣ミクラスに似ているように思うのは筆者だけであろうか?
 ちなみに鳴き声は『帰ってきたウルトラマン』(71年)第13話『津波怪獣の恐怖 東京大ピンチ』&第14話『二大怪獣の恐怖 東京大龍巻』に登場する竜巻怪獣シーゴラスの声をそのまま流用している。


 登場するやオープンでのあおり撮影で「どすこい」をしながら進撃する様子や、しこを踏むや日本住宅の屋根の瓦が崩れていく描写など、力強さがみなぎり、なかなか迫力にあふれている。


 今回はエイティとの対戦は当然光線技なんかは披露されないが、対戦前に両者が準備運動をしたり
 ――その様子をロングでとらえ、奥に向かって進む道路やブロック屏の上にそびえる住宅を手前に配したカットが距離感にあふれ、画面に奥行きが感じられてマル――、
 ジヒビキランが砂利(じゃり)を撒(ま)いたり、エイティが「待った!」をかけるなど(笑)
 ――今回エイティは矢的の声で対戦中に『スペクトルマン』(71年・ピープロ フジテレビ)並みにしゃべりまくる! 欲を云うならタロウの声が東光太郎と同一でありながらも少々エコーをかけていたようにしてほしかったが――、
 基本的には相撲技を踏襲しながらも、ジヒビキランの張り手攻撃に吹っ飛ばされたエイティが宙を回転して着地したり、ジャンプして向かってきたエイティに突っこもうとしてジヒビキランがビルを崩してしまうなど、いつもながらのアクロバティックな妙技も楽しめる。


 エイティが豪快に投げ飛ばして勝利するや、ジヒビキランはすもう小僧の姿に戻り、矢的に弁当の入った風呂敷包みを手渡され、


すもう小僧「ごっちゃんです!」(笑)


 と機嫌よく青葉山に帰っていく。それを手を振って見送る子供たちに青葉高校相撲部、そして矢的とエミ。



 そうそう、今回は矢的とエミがずっとペアで行動していたのもマル。二人はジンとゴンによって木に縛りつけられてしまうのだが、それを発見したイケダが、


イケダ「いやぁ、お似合いですね〜」


 などと道化るのも、第43話『ウルトラの星から飛んで来た女戦士』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110219/p1)での悲劇性を一層強くする伏線にも感じられるのだ。


 まぁ1年間のテレビシリーズで人類批判やエコテーマを何度も繰り返されるくらいなら、こんなキッチュ(通俗)なノリの作品が1回くらいあってもええやないか!
 もっとも、第1期至上主義者なら50代に達していても許せないのかもしれないが(笑)。



<こだわりコーナー>


*今回からオープニング主題歌が『がんばれウルトラマン80』(ASIN:B000H30GTA)に変更となる。より低年齢層にアピールした優しいメロディラインと歌い口が印象的な曲だが、子供路線への変更にはピッタリとマッチした。この年になるとこんな歌が実に心地よくてならないものがある。


*ジンを演じた及川ヒロオは、『魔法少女ちゅうかなぱいぱい』(89年・東映 フジテレビ)と次作『魔法少女ちゅうかないぱねま』(89年・東映 フジテレビ)の竜神会組長ヒロオ、次々作『美少女仮面ポワトリン』(90年・東映 フジテレビ)の緋牡丹組(ひぼたんぐみ)の組長、『勝手に! カミタマン』(85年・東映 フジテレビ)の佃煮博士、『もりもりぼっくん』(86年・東映 フジテレビ)のサムシングの声など、いわゆる「東映不思議コメディシリーズ」によく出演していた俳優であるが、『光速エスパー』(67年・宣広社 日本テレビ)では小林清志加藤精三(奇(く)しくも二人とも『スペクトルマン』で宇宙猿人ゴリの声を演じている)とともにレギュラー悪のギロン星人の声を演じていた。


 声優としては『ハクション大魔王』(69年)『昆虫物語 みなしごハッチ』(70年)、『いなかっぺ大将』(70年)、『科学忍者隊ガッチャマン』(72年)、『樫(かし)の木モック』(72年)、『一発貫太くん』(77年)、『タイムボカンシリーズ イタダキマン』(83年)など、なぜかタツノコプロ製作・フジテレビ放映のアニメにレギュラー・ゲスト問わず数多く出演しているが、『フランダースの犬』(75年・日本アニメーション フジテレビ)では主人公のネロ・ダース少年の祖父であるジェハン・ダースの声を演じていた。
 また映画『サンダーバード』(66年・ユナイテッド アーティスツ)や、映画『サンダーバード6号』(68年・ユナイテッド アーティスツ)が80年代半ばにバンダイ・エモーションレーベルからビデオソフト化された際に、ヒロイン・ペネロープの運転手・パーカーの声を吹き替えていた。


 95年9月25日に60歳の若さで亡くなっているが、奇しくもその日は『ザ★ウルトラマン』(79年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100430/p1)の主人公・ヒカリ超一郎や、『タイガーマスク』(69年・東映動画 よみうりテレビ)の主人公・伊達直人(だて・なおと)、『宇宙戦艦ヤマト』(74年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101207/p1)の主人公・古代進、『UFO(ユーフォー)ロボ グレンダイザー』(75年・東映動画 フジテレビ)の主人公・宇門大介(デューク・フリード)などの声で知られる声優の富山敬(とみやま・けい)が他界した日でもあった。


*町に降りて、神社の境内(けいだい)ですもう小僧と相撲をした力士を演じたのは、なんとあの松崎真
 長寿お笑い番組笑点』(66年〜)の大喜利(おおぎり)コーナーで、71〜84年まで座布団運びを演じていたので、世代人にはおなじみだろう。


*すもう小僧を演じた田辺潤(たなべ・じゅん)はゲスト主役であるにもかかわらず、子役のせいかなぜかオープニングにクレジットされていない。あまりに強烈なキャラクターのために、まさか本人や家族から「名前を出さないでくれ」なんて申し出があったとか?(笑)
 なお第39話『ボクは怪獣だーい』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110122/p1)評の中で触れた映画『ウルトラマン物語−ストーリー−』(84年・松竹)の円谷プロ製作の実写併映作品『アニメちゃん』にもガキ大将の役で出演していたらしいのだが、公開当時に観たきりなので一切記憶に残っていない。マジで『アニメちゃん』のDVD化希望!


*「こうなったら千代の富士にでも出てもらわねばならなくなった」「千代の富士も驚くほどの相撲技だ」と予告編ナレーションで繰り返された千代の富士(ちよのふじ)とは、『80』放映開始直前の80年大相撲春場所から幕内(まくのうち)上位に定着して人気となった力士であり、この第40話が放映された直後の81年大相撲初場所の千秋楽(1月25日)で当時の横綱北の湖(きたのうみ)を上手出し投げで下し、初優勝を果たして大関昇進となった。
 ちなみにこの際の大相撲中継の視聴率は52.2%、瞬間最高で65.3%にも達しており(ビデオリサーチ調べ)、2010年現在に至るまで大相撲中継の最高記録となっていることから、いかに当時千代の富士の人気が高かったかがうかがい知れるだろう。
 子供や女性の支持も多く、「ウルフ」という愛称で親しまれた。当時『週刊少年ジャンプ』に連載された人気マンガ『キン肉マン』(原作・ゆでたまご)に登場したウルフマンなるキャラクターは、まぎれもなく千代の富士をモデルにしたものである。


 81年夏場所の優勝で横綱に昇進後は数々の新記録を打ち立て、89年秋場所では通算勝ち星の新記録を達成し、相撲界で唯一国民栄誉賞を受賞するなど、まさに80年代を代表するスポーツ選手となったが、91年夏場所の初日に貴花田――たかはなだ・兄の若花田(わかはなだ)とともに、90年代に若い女性層の間で相撲ブームを巻き起こした――に敗れたことを機に「気力・体力の限界」を理由に現役を引退した。


 なお彼が88年夏場所7日目から同年九州場所14日目にかけて達成した53連勝の記録は、2010年秋場所にて、横綱白鵬(はくほう)に破られている。


(了)
(初出・『仮面特攻隊2011年号』(2010年12月30日発行)所収『ウルトラマン80』後半再評価・各話評より分載抜粋)



『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧