假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

思想

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 ~右vs左ではない!? 一度断念した上での「理想」や「公共」へと至る経路の違い!

「天皇」も「日本」も「国家」も、「共産主義」も「マルクス」も「解放区」も心の底では信じちゃいない冷笑家たちであり、あえて「ベタ」ではなく「ネタ」、ポーズや演技として左右いずれかのポジションを暫定的に採択して演じているだけでもあって……。 イマ…

宇崎ちゃんは遊びたい! ~オタクvsフェミニズム論争史を炎上作品のアニメ化から俯瞰する!?

フェミの見解にも一理はあるのだが、フェミの中でも過激派・強硬派(ラディカル・フェミニズム)とは和解・妥協の余地はウスい。 けれども、公平を期するためにフェミニズムの側も擁護しておくならば、今や東大学長に登り詰めた日本のフェミニズムのドン・上…

この世界の(さらにいくつもの)片隅に ~意外に豊かでモダンな戦前!? 終戦の日の慟哭・太極旗・反戦映画ではない説をドー見る!?

*クリスマスも横文字もある意外と豊かな戦前に、モダンガールなる存在も! *『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』で増量された男女間での不貞も香る機微! *終戦の日の玉音放送で慟哭した当時の人々の心情を推測する…… *終戦の日に掲揚された太極旗(韓…

追悼、保守思想家・西部邁 ~近代に依拠しつつ近代を疑う

我々オッサン世代には80~90年代に『朝まで生テレビ』で活躍した保守系言論人として知られる。 60年安保の全学連リーダーを務めて、逮捕・収監もされた身でもあるけど、左翼も左翼カースト内では相手よりも上位に立とうと、少しでも異なる意見は「保守…

新元号「令和元年」 ~近代・ポストモダン社会における「天皇制」を考える!?

2019(平成31)年4月1日、次の元号である「令和」が発表された。 当日の各局の夜のニュースをいくつか観ていると案の定、学者や論説委員やコメンテーターが「令和」の「令」は「命令」だから「政権が国民に云うことを聞け」という意図を感じるとか、…

「SFマガジン」連載『ゼロ年代の想像力』解読 〜&浅羽通明ミニコミ「流行神」での『ゼロ年代〜』批判!

『嫌オタク流』批判! 〜80年代・フジテレビ・お笑い・ヤンキー・スクールカースト! 拙ブログ・トップページ(最新10記事) 拙ブログ・全記事見出し一覧 [オタク] 〜全記事見出し一覧 [思想] ~全記事見出し一覧 「SFマガジン」連載『ゼロ年代の想像力』 …

「電波男」&「嫌オタク流」&「萌え萌えジャパン」書評

「オタク作品」論から「オタク」論へ。より正確には「オタク人格」論へ。……そりゃ当然の流れだろ。 90年代00年代的なギャルは一切登場せず、ドチラかといえば80年代的なキャピキャピぶりっコ系女のコが多数登場して、でも先行するアニメでも見たような…

嫌オタク流・私評 〜80年代・フジテレビ・お笑い・ヤンキー・スクールカースト!

オタクの性意識やジャンルムービーについての言及など、ところどころに面白い箇所もあるのですが、全体的に双方の陣営がお互いの「腹の中」を探り合っている印象があり、昨今の秋葉原ブームを勢いよく走り抜けるつもりが同じところを延々と足踏みしているよ…