假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

異世界かるてっと ~インター・ユニバースの原典「劇場版 幼女戦記」「この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説」「Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆」「盾の勇者の成り上がり」評

『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』『私、能力は平均値でって言ったよね!』『旗揚!けものみち』 ~2019秋アニメ・異世界転移モノの奇抜作が大漁!
『せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ』『魔法少女 俺』『魔法少女特殊戦あすか』『魔法少女サイト』『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』……『まちカドまぞく』 ~爛熟・多様化・変化球、看板だけ「魔法少女」でも良作の数々!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[アニメ] ~全記事見出し一覧


 15分アニメ『異世界かるてっと』(19年)2本立てと続けて『異世界かるてっと2』(20年)2本立てが、TOKYO MXにて再放送中記念! とカコつけて……
 『異世界かるてっと』の原典作品群である『幼女戦記』(17年)、『この素晴らしい世界に祝福を!』(16年)の映画版『映画 この素晴らしい世界に祝福を! -紅伝説-』(19年)、『Re:ゼロから始まる異世界生活』(16年)のOVA劇場先行公開『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』(19年)、そして『異世界かるてっと2』(20年)で参戦した『盾の勇者の成り上がり』(19年)、および『劇場版 幼女戦記』(19年)評をアップ!


異世界かるてっと』 ~インター・ユニバースの原典『幼女戦記』・『映画 この素晴らしい世界に祝福を!-紅伝説-』・『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』・『盾の勇者の成り上がり』・『劇場版 幼女戦記』評  ~グローバリズムよりもインターナショナリズムであるべきだ!

(文・T.SATO)

異世界かるてっと』

(2019年春アニメ)
(2019年4月27日脱稿)


 ナンと! 異世界転生モノの4大人気深夜アニメ、


・『この素晴らしい世界に祝福を!』(16年)
・『オーバーロード』(15年)
・『幼女戦記』(17年)
・『Re:ゼロから始まる異世界生活』(16年)


 上記4作品のキャラクターたちが作品の壁を越境して共演し、現代日本の学校の教室で授業を受けている(!)という衝撃の15分アニメ! スゴい、スゴすぎる(笑)。なお、4作すべてが小説投稿サイト発祥作品というあたりがご時世でもある。そして、私的にはこの4作すべてが良作だとも思う。


・ヒッキー(引きこもり)の少年が転生した異世界で、水の女神アクアさま(声・雨宮天)&おバカな仲間たちとパーティーを組む『この素晴』
・オンラインゲームの世界(異世界?)に善い魔王(笑)の役回りで閉じ込められたサラリーマン青年&その眷属たちが活躍する『オーバーロード
・同じくヒッキーの少年が異世界で、銀髪の少女エミリア(声・高橋李依)とともに、時間ループで事態を改善しつづけていく『リゼロ』
・リストラ断行の壮年部長の異世界転生である幼女(爆)(演・悠木碧)が、副長(演・早見沙織)とともに率いる魔法使い部隊で、旧独モドキの軍人として戦う『幼女戦記


 各チームが互いに警戒しつつも同席し、彼らのさもアリなんの発言やいつもの言動がこの場だとギャグになる(笑)。


 ただまぁ、キャラデザはSD(今風に云うと「ぷちキャラ」)化された2~3頭身とすることで、リアリティー・ラインも下がって、この作品はあくまでも番外編でコメディでもあることは主張している。


 低予算作品でもあり、激しいアクションなどはナイどころか、口&眼以外はあまり動かず、書き割り紙芝居(笑)といった体になっているけど、絵柄がこうなってしまうと、あえてその部分にツッコミを入れる御仁はいないだろう(多分)。


 とはいえ、登場キャラクターは各作から2~3名といったワケではない。各作から各々のレギュラーキャラが10人近くも登場しているのだ! アフレコ現場は大渋滞なのではなかろうか?
 ということは、ギャラは単純計算で通常作品の4倍にも達していることになる!?――そこが本作のキモではあるから、そこで手抜きはできないだろうけど。しかし、ド新人を揃えた作品ではなく、中堅人気声優を揃えた作品群だから、やはりギャラで予算は喰っているとも推測――


 製作&カントクは5分アニメ『怪獣娘(かいじゅうガールズ)~ウルトラ怪獣擬人化計画~』(16年)などの「スタジオぷYUKAI」&芦田みのる。同作も低予算5分ワクの範疇で手堅く職人ワザ的に仕上がっていた小粒良品でもあったので、本作も同様に笑える小粒良品に仕上がるものと予想する。
ブシロードスリーブコレクション ハイグレード Vol.2447 『異世界かるてっと』

(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.74(19年5月4日発行))


幼女戦記』 ~異世界近代での旧独vs連合国! 新自由主義者魔法少女vs信仰を強制する造物主!

(2017年冬アニメ)
(2017年4月27日脱稿)


 魔法のホウキの代用品で空を飛ぶ「魔法少女」と、「旧ドイツ軍」との組み合わせ。
 現役アニオタならば誰もが思っただろうけど、前クール昨秋の『終末のイゼッタ』(16年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201101/p1)とも内容が力ブるなぁ。両作ともに人気声優・早見沙織がサブヒロインだしィ――アッチは気高き「王女様」、コッチは従順な「二等兵」っぽい副官で、正反対だけれども――。


 健康的なイゼッタ嬢は大型銃器にまたがって劇中内ではほぼ唯一絶対の「魔女」だったけど、本作の幼女は眠そうかつ性格キツそうでもある面妖な声でしゃべるおチビの9歳(!)。
 右足ブーツ底に付けた特製魔法鉄板をホウキ代わりに超高速で空を飛び、ライフル銃を撃ちまくる! 見開いた両眼も爛々、それを隅取る濃ゆいマツ毛もパッチリな、不敵な面構えの金髪ショートの碧眼幼女が魔法使い部隊を鬼隊長として率いるのだ!


 常に重苦しく垂れこめた暗雲と第1次世界大戦を想起させる幾重にも細長く連なる塹壕に、大砲の発砲と着弾の硝煙もただよう草木も粉砕された荒野の戦場。このへんのビジュアルの徹底もスゴいけど、名作反戦映画『西部戦線異状なし』(1930年・79年にリメイク)の時代も遠くなりにけり。
 一昔前の深夜アニメ『戦場のヴァルキュリア』(09年)にも感じたけど、偽史ではあっても前世紀の欧州世界大戦時の古式ゆかしい兵器や軍装や当時の欧州の牧歌的な田園風景に、レトロなロマンを不謹慎にも感じてしまうのは筆者だけであろうか?(汗)


 そして、『イゼッタ』との決定的な相違は、旧ドイツもどきの立ち位置。ナンと、本作における旧ドイツは敵国ではなく自国である! この幼女は定番悪役のために戦っている「悪徳国家の犬」ですよ~(爆)。


 #1は迫力ある陸戦や空戦を見せるだけといった感じで、中身はさしてナイけどそれだけで間が持つので、タイクツはせずに鑑賞ができた。けれど、作画だけ凝っていて中身はスカスカ、あるいは#2からは作画が並レベルになってしまう作品も珍しくはないことから、真価の判定は#2以降にお預け。


 しかし、#2では#1を上回る衝撃が!(笑)
 #2こそサブタイトル通りのメタ時系列を遡った「プロローグ」。現代日本の大企業の人事部長とおぼしき冷徹そうな長身エリートサラリーマンが、容赦なくダメ出しして中年社員をリストラ通知していく姿が延々と描かれる。
 ナンじゃこりゃ? と思いきや。電車待ちをしていた東京駅ホームで、逆恨みしたリストラ社員に背中をドンされて……。
 この小憎らしいエリート男が本作主人公の幼女の前世かよ!?(爆) コレじゃ萌えアニメにならないじゃないか!?――アッ、萌えアニメじゃなかったんですネ(汗)――


 そして、彼を異世界に輪廻転生させる際には、グノーシス主義的な「悪い(?)神さま」も出現!


――この世が不条理に満ちているのは、「天地創造の神」もまた「不完全な存在」であったから……という紀元前からある異端思想。転じて『仮面ライダーアギト』(01年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20011108/p1)などでも引用されたように、我らが住まう「物質世界」を創造したのは「悪い神さま」で、それとは別に「良い神さま」とでもいった存在がこの「物質宇宙」の「外側」にはいて、それが人類の体内にタネをまくように「精神」や「知性」を与えてくれたのだ!(「肉体」や「肉欲」や「劣情」などの物質的なモノの方は「悪い神さま」由来のモノなのだ!)……などのバリエーションもあり――


 基本的に本作は、前世の記憶も引き継いだ反則キャラの幼女が、魔法もアリの異世界近代で孤児院から士官学校に進んで軍人となって立身出世をすることで、身の安泰を図りつつも、かといってムダに戦闘狂でもなく宮仕えの(サラ)リーマンの身だから仕方なく前線に投入されてしまって、その上で勝利を納めていく姿が描かれている――まぁそれでも、幼女の声での「国際法規」に準じた「事前通告」を、敵軍は「子供のイタズラだろう」と思うことを見越して、「国際法規」に反しないかたちで奇襲を仕掛けるなどの悪知恵を働かせたりするあたりで、狂人ではないけど充分に悪人ではある(笑)――。


 それと並行して描かれる幼女と神との対立劇。
 「現代人は、特にオマエは信仰心がウスい。神への感謝が足りない」との理由で「自身を信仰しろ!」と強制してくる神さまに対して、精神のレジスタンスを行なう幼女の方こそ正義なのだ! という内容だったら、個人的には今となっては陳腐凡庸だから鼻で笑うけど、本作ではそーはならない。
 この幼女がまた、畏(おそ)れ多くも神さまに対して「市場原理主義(!)を叩き込んでやる!」(爆)などとホザいてみせる、さすがに前世は現代日本のリストラ・首切り専門の人事部長の出自だけあって、神なき弱肉強食・優勝劣敗の「新自由主義者」であるあたりで、どっちもベクトルは違うけど、双方ともに「正義」とは云いがたい(笑)、独仏戦のみならず、ロクでもない両極端の2者の対立劇でもあって、本作の構図自体が尋常な作劇術ではナイのだ――しかも、劇中では幼女が超魔法を発揮する際の神との交換条件でイヤイヤ形式的に神を讃えているけど、こんなの正しい信仰といえるのか?(笑)――。


 この作品、旧独が大戦で勝っちゃう不道徳な作品なのかと思いきや……。最終回では後年のド・ゴール大統領ならぬ旧仏もどきのド・ルーゴ将軍(笑)の亡命政府までもが登場。
 日独伊が滅びても残ったスペインのフランコ独裁政権も、戦争や革命によらず数十年後には軟着陸して今ではノンポリのサッカーの国なのだから、旧独が勝ってもイイじゃんか!? と小一時間……。
劇場版 幼女戦記 クリアファイルB

(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.69(17年5月4日発行))


『映画 この素晴らしい世界に祝福を! -紅(くれない)伝説-』

(2019年秋アニメ映画)
(2019年12月15日脱稿)


 小説投稿サイト出自の異世界ファンタジーだが、その投稿サイトで流行したシリアス風味な変化球作品などではなく、出版社出自の00年代ライトノベル異世界ファンタジーで主流を占めていたマンガ・アニメ的で楽屋オチも満載なユカイな作風の作品であったのが原典『この素晴らしい世界に祝福を!』であった。本映画は深夜アニメ版が2期(16・17年)も作られたそんな人気アニメの続編劇場版である。


 原典は異世界に転移したヒッキー(引きこもり)でお調子モノの少年や、彼を異世界に転生させるも少年の陰謀(笑)で自分も下界(地上界)に同行することになってしまったオマヌケな「水の駄女神(ダメがみ・笑)・アクアさま」と、「長身の金髪変態女剣士・ダクネス」に、「やや小柄で貧相な黒髪ショートの魔法使い少女・メグミン」。彼女ら使えない仲間たち(笑)を携えた少年一行が、西欧中世ファンタジー異世界で魔物退治、あるいは日々の糧を得るために単なる肉体労働に勤しむ姿(笑)……でもなく、それもまた言い訳で、彼らのそんな日常・労働・冒険の過程で生じるドタバタ喜劇を愛でる作品でもあった。


 今回の映画版でもヘタにキバらずおバカに徹して、なおかつ近年の実力派人気声優・高橋李依(たかはし・りえ)が演じる、ファンの間では大人気らしい魔法使い少女・メグミンにスポットを当てている。
 赤い服に巨大なトンガリ帽子と黒マントを羽織って、その杖から半径数百メートル規模の大爆発を起こす絶大なる威力の火球を放つ「爆裂魔法」を得意とする彼女だけど、その魔法は標的には当たらない。加えて彼女はその一発で力尽きてしまって、仲間にオンブしてもらって戦線を離脱するのがお約束のギャグである(笑)。


 実は日本人女子の半分近くがそーであろう小柄で貧乳な彼女の、媚びずにややキバって背伸びをしようとしているけど安全に回収されてしまう程度のソレと、キンキンとしつつもチョットだけくぐもって未熟さ・弱さ・少々の卑屈さ(笑)をも感じさせる声音で、良くも悪くもギャルや成熟した女性とは釣り合いが取れない弱者男子である我々オタク男子にも手が届きそうに思わせるところが、彼女の人気のヒミツか? と邪推するけどいかがでしょ?


 その伝で、一行がメグミンの故郷に出張って彼女の実家に宿泊し、家族や彼女の妹弟が「姉ちゃんが男を連れてきた!」と大騒ぎ!(笑) 余計な気も回して、メグミンと少年が彼女の部屋で何泊もするのに、お約束で何かアリそで寸止めで何もなく終わるあたりが、本作の胸キュン萌えポイント。


 題材・作風・絵柄的にも、良くも悪くもオタ層に限定された愛玩物に過ぎなくて、一般層やオタの周辺層に越境・浸透することがない作品ではあるけれど、ファンムービーとしては成功したようで、いつものお約束ギャグでドッカンドッカン笑いも取っていたようだ。


 その意味では幸福な作品なのやもしれないけど、筆者個人は好きな作家や作品を、信者的な目線で割り引いて好意的にヒイキして観るタイプではないし(?)、ギャグ作品なりの作劇の巧拙も客観的に観たいと思って、やや冷めて鑑賞してしまうタチなので、本作の評価も悪くはないけどTVシリーズ本編の方が面白かったというモノである。
映画 この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説

(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.76(19年12月28日発行))


『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』

(2019年秋アニメ映画)
(2019年12月15日脱稿)


 異世界転移モノの2クール人気アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』(16年)。時間リープ能力で近過去に戻って事態を改善しつづける作品で、死んでも死なずにヤリ直せるあたりについては倫理的な批判があっても当然なのだけど、その死ぬ際の描写は実にイタくて苦しそうなので、個人的には安直なストーリー展開だとは感じてはいない。……ていうか、キャラやギャグはともかく、劇中内で起きる事件や作戦失敗にまつわる落命描写などについては重たすぎるようにも思えて、2010年前後には毒にも薬にもならない日常系(空気系)といったポワポワまったりな「萌え4コマ」マンガ原作の深夜アニメが流行っていたというのに、こんなシビアな作品がよくも人気が出たなぁ……とも思ったほどである(汗)。まぁこのへんは個人の主観の相違の問題で、本作における生命の扱いを「軽い」と感じた御仁の異論も尊重したいとは思うけど。


 本作も人気アニメにアリがちな出涸らし商法(笑)。語られざる「逸話」や「番外編」に「前日談」などで細かく稼ごうというファンムービー――厳密には中編OVA――の劇場先行公開作品で、本作の銀髪ロングの涼しげで美麗なメインヒロイン・エミリア嬢には、こんなに哀しくて淋しい孤立した人生を送ってきた前歴があったのだ! といったお話である。


 雪深い森林の巨木なのだか洞窟なのだかを小ギレイにして、慎ましやかな生活を送り、時々村落に降りてきては、森林の希少物資を生活必需品と交換するも、村落の人々は彼女に冷淡である。それは彼女の時に暴走してヒトを傷つけてもしまう氷結魔法のせいでもあるらしい。
――往年のTV特撮『帰ってきたウルトラマン』(71年)の名作回である#33「怪獣使いと少年」に登場した被差別選民のごときゲスト少年のような位置付けであり、大勢の庶民が差別的にふるまう仲で、分け隔てなく商品を売ってくれる商人も少数はいる――


 といったところで、観客の彼女への感情移入も喚起しつつ、村落や彼女に対して盗賊が襲ってきたり魔物が襲ってきたりで、中盤や終盤のクライマックスも作っていく……。


 本作の2ヶ月前に公開された『映画 この素晴らしい世界に祝福を! -紅伝説-』でもフィーチャーされたサブヒロイン・メグミン嬢ではキンキンしつつもやや卑屈(笑)な声で見事にキャラを表現した高橋李依(たかはし・りえ)嬢だったが、本作では高貴だけれども弱さも少しだけ残した涼しい可憐な声のひとり芝居作品といった感である。


 人気作にふさわしく美麗な映像も魅せてくれるが、可もなく不可もなしの水準作ではあって、突出してドーコーといったことはない印象。筆者も本作のファンではあるけど信者ではないので、その部分での感慨を語る任にはナイ。
Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆 通常版 [Blu-ray]

(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.76(19年12月28日発行))


盾の勇者の成り上がり

(2019年冬アニメ)
(2019年4月27日脱稿)


 若者が西欧中世ファンタジー異世界へと転移したり輪廻転生する、2010年代には掃いて捨てるほどに勃興している陳腐凡庸なジャンル作品の1本。


 ただし、80年代中盤以降に勃興した純然たる異世界ファンタジーと、コレら21世紀の異世界転生ファンタジーはやや異なるとも思うのだ。こーいう非日常的な世界や物語を好んで没入してしまう我々って、リアルの世界で充実できない「弱者」だからだよネ、ということをオタク読者側でも自虐的に自覚しはじめることで、それを作品側でもメタ的に反映して、異世界に転生するのはフツーの少年ではなく、オタでありニートでありヒッキー(引きこもり)が定番ともなっていく。
 それをまたオタ間で「ニート異世界でチート(万能能力)で最強!」との端的なフレーズでジャンルの特徴を概念化して自覚することで、無自覚な願望発露ではなく確信犯で願望を発露する、メタにメタを重ねるややこしいジャンルともなっていく(笑)。


 本作では西欧中世ファンタジー異世界に、その世界の伝説の存在である「剣の勇者」・「槍の勇者」・「弓の勇者」らとして、4人の日本人少年や青年が召喚されてくる。主人公青年以外は馴れ合わずにカッコをつけてるスカした要領のいいイケメン青年といった感じだけれども、彼らは自身の今の境遇と同じ趣向のライトノベルも山ほど読んでいたのか(笑)、あっさりと状況に適応。この世界で魔物を倒す勇者としてふるまって、国王肝煎りで王宮にて彼らの従者も募ることになる。


 しかし、防御用の「盾」だけが武器である主人公の「盾の勇者」は当然ながら不人気だ。しかし、奇特にも従者に立候補する赤毛の美女がいて、魔王と戦う前にスキルを高めるための冒険の日々が始まる。


 ……と思いきや、この赤毛の美女が実は性悪で狡猾な女で、宿屋で主人公が王から貸与された路銀を奪った末に、自身がレイプされたと婦女暴行の罪までカブせて、主人公勇者は捕縛をされてしまう! 無実を訴えるも、他の勇者たちも王族たちも彼の言い分を信じない(爆)。偽証して内心ビクビクではなく平気の平左どころか「してやったり」と悦に入っている風情の赤毛女。


 ウワァ~、日常生活でも幼少時からこーいう悪女や悪党っていたよなぁ(爆)。私事で恐縮だけど、子供のころに隠れんぼ遊び(笑)をしていて、先に見つかっているのに「鬼」役の男の子に「まだ見つかっていないことにして」との口裏合わせの交渉をしている声が何度やっても聞こえてきて、いつまで経っても「鬼」役をやらないので、糾弾するのもバカバカしくなって無言の抗議の意味も込めて「帰る!」と云って去っていったら、「あーいう子(=筆者のこと・爆)、大ッキライ!」とホザいていた、こまっしゃくれた近所の女の子がいましたヨ(笑)。
 そーいう輩は生来からして、公共心や公平・フェアの精神などは持ち合わせてはいないのだ。仮にそう振る舞うことがあっても、本心からのモノではなく、周囲に多数のそーいう目線があった場合に利害得失を計算した上での「フリ」でしかないという(爆)。


 サヨク的には人間の本質は「性善」であり、「悪」をなすのは「環境」や「格差」や「社会」や「国家」、安倍ちゃんやトランプのせい、昭和後期のころだと「すべては天皇制が悪いからだ」とされていたけど(笑)、筆者はそうは思わない。生まれつきで公共性よりも私的快楽・虚栄心の方を優先し、罰則があるから悪事をしないだけの人間は、いつの時代のどの国でも相当程度にいると私見


 またまた私事で恐縮だけど、筆者は幼稚園に入園数日目にして(笑)、「雨天ではなく晴れの日の始業前は、園庭で遊ぶこと」というルールを破って教室での粘土遊びを誘ってきた悪ガキがいて、情けないことに気弱であった筆者はソレを断れずに、しかもその現場を保母さんに見つかってしまったところで、その悪ガキはサラリと息をするようにウソをついて筆者のことを首謀犯に仕立てあげて、筆者はキビしい叱責を受けることになってしまったことがある(笑)。三つ子の魂、百まで。その子はのちにやはり不良少年となって、小学生のころから突然、同級生に殴りかかったり、風が強い日の冬の公園で枯れ芝生に放火して消防車が来たりもしていた(爆)。でもまた、そーいう不敵なヤツが頼もしくも見えるのか、ある種の女子たちにはモテたりもするのである(汗)。


 ただ、だから周囲に合わせて処世術として自分も「悪」に染まってしまえ! ということでは毛頭なくて、悪党を見抜いてバリアを張れ! あわよくば改悛させろ! たとえ世界が「悪事」に満ちていても、せめて自身の周囲だけは虚栄心より道理や公正が通るような場・空間を作りたい! と主観的にはそうも考えてはいるのだ――そーいうテメェこそが悪党で虚栄心の塊そのものだろうと思っている知己たちも結構いそうだし、筆者も人生途上で相当程度に失態はあったと自覚もしているので、ここで謝ってはおきますが(汗)――。


 閑話休題。まがりなりにも勇者の身分なので、牢獄には入らずにシャバに放免された「盾の勇者」の青年主人公クンは以降、他人を安易には信用しなくなる。しかして非情になりきれもしないので、虐げられている奴隷の亜人少女を見かねて購入。彼女を従者として地道にスキルアップに務めていくのであった……。


 そんなワケで、他人からそうそう虐(しいた)げられることはないであろう平均的な子供たちには、少年マンガや女児向けアニメのように「他人や世界への信頼」を念仏のように唱える作品を鑑賞させることも悪くはないとも思う。
 しかし、他人から侮(あなど)られがちな「肉体弱者」や「性格弱者」に生まれついてしまった筆者もとい我々のような人種は、「顕教」ならぬオタク「密教」として、ナチュラルにイジワルやイジメをしてくる性悪な人間といかに距離を置いたりイナしたり流してみせたりして、隙を見せずに時にはいかに戦ってみせるか!? といった、「理想論」ではナイ実地に使える「処世術」を、もちろん一般ピープルも知ってしまうとアドバンテージがなくなってしまうので、一部オタ間での一子相伝のかたちで、今だとネット上の巨大掲示板の特定板などに蓄積して参照可能な「知恵」としていくような、ここ20年ほどのオタ間であった流れ自体は、とてもイイことだとは思うのだ。そして、本作もまたラノベライトノベル)やアニメといった「物語」の体裁を採った、そーいうモノの広義での一種としても捉えられる。


 なので、本作の主人公青年クンはこのテの異世界転生モノによくある、あからさまな弱者でもあるニートやヒッキーな主人公たちと比すれば、ややタフな人物造形&キャラクターデザインともなっている。


 近年、小説投稿サイト出自の異世界転生モノを「(小説家に)なろう」系として小バカにする風潮があるが、筆者の印象は少し異なる。近年の『ゴブリンスレイヤー』(18年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200209/p1)・『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』(18年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190908/p1)・『灰と幻想のグルムガル』(16年)・『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』(15年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150901/p1)などは、むしろヘビーな作品といった感があるのだ。
 00年代の既成の商業ラノベ異世界転生モノが意識的にか無意識にかマーケティング的にマイルドで口当たりのいいナンちゃって楽屋オチ感や美少女ハーレム感が満載のファンタジーばかりになってきたところで、そのアンチテーゼとして既成の商業誌では通りにくいヘビーでシリアスな異世界転移モノがアングラなネット媒体や新進の弱小出版社を苗床に勃興していったという面もあったのではなかろうか?
 いやまぁ、同じく小説投稿サイト出自でも、『魔法科高校の劣等生』(14年)・『この素晴らしい世界に祝福を!』(16年)・『ナイツ&マジック』(17年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200202/p1)あたりを反証に出されてしまったならば、謝りますけれど(笑)。


 2019年冬アニメでは本作が一番面白いと思ったけど、オタク世間でも同様だったようだ。ダークホースでありながらも開幕してみれば一番人気となり、#1を60分スペシャルとして作った製作陣の自信のほどもダテじゃない! とも云うべきである。
盾の勇者の成り上がり 第1期 DVD-BOX1 (全1-13話, 325分) アネコユサギ アニメ [DVD] [輸入版] [NTSC]

(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.74(19年5月4日発行))


『劇場版 幼女戦記』 ~グローバリズムよりもインターナショナリズムであるべきだ!

(2019年冬アニメ映画)
(2019年4月27日脱稿)


 大企業の人事部で非情なリストラを断行していた冷徹なサラリーマンがその不信心を神さまになじられ、演技派のロリチビ系アイドル声優悠木碧(ゆうき・あおい)が眠たそうで狡猾そうでもある面妖なボイスで演じる金髪ショートの不敵な9歳児の幼女として、西欧近代チックな異世界へと転生。
 前世の知識を持ち越した彼(彼女?)は、生活のために軍人に志願。魔法部隊の部下を率いて敵国と戦い、イヤイヤながらも神を讃える呪文で発動する超魔法の力も借りて(汗)、旧独モドキ国家を勝利へと導いていく……。そんな背徳感にも満ち満ちた深夜アニメの続編が映画で登場だ。


 今度の主敵はソ連ソビエト連邦)モドキ。さすが市場原理主義者(=新自由主義・経済絶対主義)を自称する幼女だけあって、劇中でも自身のポリシーとは真逆な共産主義者や共産イデオロギーへの蔑視や敵視を公然として隠さない(イイのか?)。とはいえこの作品も、主人公幼女を劇中内絶対正義として描く作品ではない。「神」・「新自由主義」・「共産主義」すべてを懐疑してみせる視線がある。


 ちなみに筆者も、90年代以降は「右派」や「左派」よりもグローバリズムな「新自由主義」こそが最大の悪であり、日本のみならず世界中に「競争至上」・「利己主義」・「貧富の格差」・「駅前風景同一化」をもたらしたと考える。「新自由主義」経済による「ヒト・モノ・カネ」の「過剰流動性」に人間一般が適応できるワケがない。持続可能な「地域」・「家族」・「個人」・「職業」の安定性をも毀損する。
 だから、対抗策として「毒には毒を」で、「ナショナル」で「ローカル」で「インディビジュアル(個人)」な「右派」や「左派」を「新自由主義」経済にブツけて、せめてこの風潮に対してブレーキをかけることこそが喫緊であるとは私見する――筆者個人は「右派」「左派」ともに信じちゃいないけど(笑)――。


 「世界」は「人類補完計画」な無個性で均質な溶けたスープとも実質的には変わらない世界統一ルールに基づく「グローバリズム」で統一されるべきではない。粒度が粗い粒立った「インターナショナル」で「インターローカル」で「インターインディビジュアル(インター個人)」な、各々が「個性」や「地域性」や「お国柄(くにがら)」を保ったままで、個別で相互に都度都度で交渉・調整するような世界になるべきで、その伝でアメリカのトランプ大統領現象や各加盟国の「関税」を撤廃するTPPからの離脱、イギリスのEU離脱も大局では正しい! とすら考えているのはココだけの内緒である(爆)。
 上から目線でザル頭向けに書いておくと、「日本は鎖国をすべきだ!」などとは云っていない。「細胞膜」を通して早すぎず遅すぎず、「適度なスピード」で養分を摂取したり老廃物を排出することこそが肝要なのだ。コレが早すぎると経済的にはインフレ、もしくは国内産業や体内器官・内臓の破壊や体液の流出、遅すぎると経済的にはデフレ、老廃物も蓄積してしまうのである。
 「適度なスピード」で「ヒト・モノ・カネ」がバランスよく内外に流動・輸出入をしつづけることが望ましいのであって、「グローバリズム」はコレを急加速する方向性で破壊をしてしまうモノなのだ。


 むろん、人間や生物の「細胞膜」なり「体表」なり「皮膚」に相当する、各国における「国境」なり、自宅と隣宅や道路との「境界線」、自分と他人の「輪郭」それ自体を撤廃することなどは論外ですらある。
 各個や各国が自我やアイデンティティー・個性を保って、各自の必要性に応じて外物を摂取し、自身にとっての毒物であれば排除をする。あるいは、善悪両面があるモノであれば条件を付けて適量で摂取をする。国内の産業や雇用を破壊するモノであれば、「関税」をかけることで産業や雇用は保護すべき、もしくは世代交代に費やす数十年分をかけて退場させるべきモノなのであり、その「関税」収入は「富の再分配」などに回すべきなのだ。
 「自由貿易」それ自体を疑え! 「保護貿易」を再評価せよ! 経済学には元々「幼稚産業保護理論」といったモノまであるのだ! 「グローバリズム(一体化主義)」ではなく「インターナショナリズム(国際主義)」であるべきなのだ! 


 「国家」には「富の再分配」機能が一応は潜在している。しかし、公的な「国家」を弱体化させて私的な「企業」のみを優先させる「グローバリズム」には「富の再分配」機能がそもそも備わってはいないのだ。
 ネット上の巨大掲示板2ちゃんねるの投稿小説出自の深夜アニメ『まおゆう魔王勇者』(13年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200126/p1)終盤では、破綻国家が「変動為替レート制」を導入。自国通貨を「為替安」に誘導して輸出増で稼ぐことで自国経済&国家財政の再建を果たしていた。しかし、ドル通貨を残したイギリスを除くEU諸国は統一通貨・ユーロを採用してしまったばかりに、財政破綻国家・ギリシャはこのテも使えなくなってしまったのだった。EUから離脱してユーロから元の通貨・ドラクマに戻して「変動為替レート制」に戻した方がイイと思うゾ(汗)。


 脱線が過ぎたので本題に戻ろう。


 TVアニメシリーズ『幼女戦記』は神懸かった大傑作であったとは私見する。しかし、この『劇場版』は駄作ではないけどイマ半な感じがする。その理由のひとつは、幼女が本作では終始、苦戦が続いていることで勝利のカタルシスには乏しいこと。そして、幼女を父の仇と付けねらうメリケン義勇兵の少女の描き込み不足にあると私見する。


 実に合理的な戦術・戦略・政略眼で今まで快勝を重ねてきた幼女が、脅しのハズの首都・モスクワ奇襲を、好悪の情からヤリ過ぎてしまったがために、「過ぎたるは及ばざるがごとし」の「窮鼠、猫を噛む」で、ソ連モドキによる人海戦術での大反撃を惹起してしまう。史実の独ソ戦でもいくつかあったようなソ連軍の雲霞のごとき物量投入による、倒しても尽きない絶望感あふれる東部戦線での都市包囲戦が本作では描かれる。


 それと並行して描かれる、前日譚たるTVアニメシリーズでは幼女との連戦の果てに戦死してしまった連合国の魔法軍人の遺児である娘さんの復讐劇! 新大陸(アメリカもどき)へと疎開した清楚であったお嬢さんが、軍規違反を繰り返して幼女を執拗に付けねらう狂気の義勇兵として再登場するのだ。
 しかし、ソ連モドキとは異なる、顔や人格も見える敵役として、彼女が戦う動機や変貌の経緯も相応に尺を割いて描くべきだったと思えるのにコレがウスい。製作予算(=短めの上映時間=約1時間40分)の問題があったのやもしれないけど、ならばなおのことTVシリーズでのその娘さんや、その親父vs幼女との歴戦の映像を本映画の冒頭や端々でそのまま再利用するかたちで尺数を増やして、ベタでも舞台設定や背景設定を説明して、義勇兵と化したお嬢さんに対しても観客にももっと「感情移入」といわずとも何らかの「同情」なり「一理」はあるのだと思わせるべきだったのではなかろうか?


 亡命先の自由な新大陸でも保守的・敬虔な(狂信的な?)宗教者に徹していた義勇兵少女と、それとは対極的な存在である無神論国家のソ連モドキ。この両者を幼女が同時に敵に回してみせる、「2元論」ではない「3元論」な構図自体はとても魅惑的なのだけど、完成作品ではそのへんのエッジもあまり立ってはいなかった。
劇場版 幼女戦記(dアニメストア)

(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.74(19年5月4日発行))



 2021年9月現在、放映中のTV特撮『ウルトラマントリガー』(21年)に、前作のヒーロー『ウルトラマンZ(ゼット)』(20年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200723/p1)が並行宇宙を越境してきて客演した#7のサブタイトルは「インター・ユニーバース」!
 直訳すると、「宇宙」と「宇宙」間、異なる「宇宙」と「宇宙」相互同士の関係! といった意味になる。「インター・ナショナル」という語句とも同様に、両者が溶け合って混ざって平均化・均質化されてしまうのではなく、互いの個性・特質を保ったままでの併存! もしくは、鎖国ではなく併存しつつも相互で影響は与え合っている! といったことを意味することになるので、実に示唆的でもある。


[関連記事]

2019年秋アニメ評! 『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』『私、能力は平均値でって言ったよね!』『旗揚!けものみち』 ~2019秋アニメ・異世界転移モノの奇抜作が大漁!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191030/p1

2020~13年アニメ評! 『はたらく魔王さま!』『魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』『まおゆう魔王勇者』『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』『百錬の覇王と聖約の戦乙女(ヴァルキュリア)』 ~変化球の「魔王」が主役の作品群まで定着&多様化!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201206/p1

2019~13年アニメ評! 『せいぜいがんばれ! 魔法少女くるみ』『魔法少女 俺』『魔法少女特殊戦あすか』『魔法少女サイト』『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』……『まちカドまぞく』 ~爛熟・多様化・変化球、看板だけ「魔法少女」でも良作の数々!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201122/p1

2017~18年アニメ評! 『魔法使いの嫁』・『色づく世界の明日から』 ~魔法使い少女にコミュ力弱者のボッチ風味を加味した良作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201129/p1

2020年冬アニメ評! 『異種族レビュアーズ』 ~異世界性風俗を描いたアニメで、性風俗の是非を考える!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200327/p1

2019年秋アニメ評! 『アズールレーン』 ~中国版『艦これ』を楽しむ日本人オタクに一喜一憂!?(はしないけど良作だと思う・笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191027/p1



異世界かるてっと』再放送記念! 原典『劇場版 幼女戦記』『この素晴 紅伝説』『Re:ゼロ 氷結の絆』『盾の勇者の成り上がり』評!
#異世界かるてっと #幼女戦記 #劇場版幼女戦記 #この素晴 #紅伝説 #リゼロ #氷結の絆 #盾の勇者の成り上がり



[アニメ] ~全記事見出し一覧
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧

ウルトラマンZ最終回 後半評 ~ネタキャラが敵味方に多数登場だが熱血活劇! 2020年代のウルトラはかくあるべし!

『ウルトラマンZ』序盤総括 ~セブンガー大活躍! 「手段」ではなく「目的」としての「特撮」!
『ウルトラマンZ』前半評 ~ギャグ漫画・ギャグアニメ的なキャラ立て・会話劇での「お遊び」の中に「タテ糸」を挿入
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[ウルトラ] ~全記事見出し一覧


 シリーズ最新作『ウルトラマントリガー』(21年)#7~8に、前作『ウルトラマンZ(ゼット)』(20年)が客演記念! とカコつけて、『ウルトラマンZ』後半評をUP!


ウルトラマンZ』最終回・後半評 ~ネタキャラが敵味方に多数登場だが熱血活劇! 2020年代のウルトラはかくあるべし!

(文・久保達也)
(2021年4月22日脱稿)

*途中退場した巨大ロボット・セブンガー、予定調和されていた復活宣言!(笑)


 さて、『ウルトラマンZ(ゼット)』(20年)第21話~第25話(最終回)の最終章5部作には、往年の『ウルトラマンダイナ』(97年)第49話『最終章Ⅰ 新たなる影』・第50話『最終章Ⅱ 太陽系消滅』・最終回(第51話)『最終章Ⅲ 明日(あした)へ…』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971211/p1)との類似性を指摘する声がかなり多かったものだ。
 それは『Z』『ダイナ』ともにその最終章は、「地球は我々人類自らの手で守らねばならない」とした初代『ウルトラマン』(66年)最終回(第39話)以来のテーマの変化球として、防衛組織の上層部が最強兵器=「人造ウルトラマン」の製造を強行した結果、逆に「地球最大の危機」を招くに至る展開となっていたからだ。


 ただ、たとえば『Z』第21話で筆者が最も印象に残ったのは、地球に大挙来襲した宇宙凶剣怪獣ケルビムの「マザー」としてデタラメにデカすぎる姿で宇宙空間に現れた親怪獣を、ウルトラマンゼット・デルタライズクローが「デスシウムスラッシュ!」と超特大の紫色のビームサーベルでブッた斬る描写だった。
 これに対して『ダイナ』の最終章で最も印象的だったのは、昭和の第2期ウルトラマンシリーズによく登場した横暴な「バカ長官」のごとく、防衛組織・スーパーGUTS(ガッツ)のゴンドウ参謀(さんぼう)がひたすら暴走する姿だった(笑)――「ゴンドウ参謀はホントウは善人だ」などと擁護(ようご)する声が意外に多いのは承知しているのだが、申し訳ないけど本編中の舌っ足らずな描写や演出では個人的にはとてもそうは思えなかった――。


 まぁ、『帰ってきたウルトラマン』(71年)でも「今度の作戦に失敗したら(防衛組織)MAT(マット)は解散だぞ!」と「バカ長官」がよく恫喝(どうかつ)していたが。しかし、『Z』の最終展開ではストレイジが本当に解散させられる(!)など、これまでの明朗快活な作風とは一変してやや陰鬱な描写もたしかに見られたのだ。
 だが、この最終章は本作のタテ軸・連続ドラマの総決算としてよりも、これまで『Z』の人気を支えてきた魅力の数々を総動員させてみたという印象が強く、やはり最後まで「ドラマ性」や「テーマ性」よりも「キャラクター」や「特撮」の魅力の方が主導で描かれていたと思えるのだ。


 第14話『四次元狂騒曲』で特空機3号として新たに装備された巨大ロボット・キングジョーストレイジカスタムにバトンを渡して、セブンガーは5年間の活躍を終えてついに退役(たいえき)、特空機のPR用として地球防衛博物館に展示されることとなった――小学館の幼児誌『てれびくん』2020年12月号掲載の『セブンガー友の会 特別編』によれば、初めて倒したのは火星怪獣ナメゴンだったそうだ!――。
 これには『ウルトラマンR/B(ルーブ)』(18年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180826/p1)の「ネタキャラ」でもある当初の宿敵・愛染マコト(あいぜん・まこと)社長がシリーズ中盤で退場したことを彷彿(ほうふつ)としてしまい、失望を感じた人もいたかもしれない。だが、セブンガーの一時的な退場は、シリーズ終盤で再登場させるためだろうと予測したスレた特撮マニアも相応には多かったことだろうし、実際にも第22話『それぞれの明日(あす)』のクライマックスでのセブンガーの奇跡的な復活をおおいに盛り上げる意図で確信犯的に行われたのだ! と解釈すべきところだろう。


 しかし、その相手はあの「ネタキャラ」であるバロッサ星人の「三代目」であったのだが(笑)。


 ちなみに、バロッサ星人三代目はヨウコが飲んでいたタピオカドリンクに含まれる「でんぷん」(笑)をエネルギー源として巨大化する。コレは『激走戦隊カーレンジャー』(96年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110521/p1)の敵組織・宇宙暴走族ボーゾックの怪人たちが地球の「芋長(いもちょう)」の「芋(いも)ようかん」を喰って巨大化していたのと同じノリだよな(爆)。
 かつてであれば非難必至であった科学的・SF的根拠もヘッタクレもない、こんな描写が堂々と映像化されたこと自体は、それだけマニア視聴者の側がこんなことでイチイチ目くじらを立てたりせずに、良い意味で子供番組らしい稚気満々(ちきまんまん)な描写だとして笑い飛ばせるだけの成熟(せいじゅく)を果たしたことの証(あかし)でもあるだろう(笑)。


 ストレイジが解散させられたことでセブンガー同様に退役状態だった女性隊員・ヨウコが、バロッサ星人三代目が巨大化して都市部で大暴れしたために、退役したハズのセブンガーのコクピットに私服姿で乗りこむ! いつでも出撃できるようにと、セブンガーは博物館に展示されて以降もストレイジ整備班の初老の班長イナバ・コジロー=通称・バコさんによって常に整備されていたと語られることが、退役から華麗な復帰をとげるセブンガーとヨウコのカッコよさに高い「ドラマ性」も与えている!


 ウルトラマンゼットの基本形態・アルファエッジが羽交い締め(はがいじめ)にしたバロッサ星人に、セブンガーがジャンピングキックを喰らわし(!)、その衝撃で精巧なミニチュアの中華料理店の周辺に配置された自転車が吹っ飛び、ブロック塀(べい)の手前にビルの破片が飛んでくる!
 坂本浩一監督お得意の「ガード下アングル」でバロッサVSセブンガー、そして別の男性パイロットが操縦するキングジョーストレイジカスタムが捉えられ、セブンガーが右腕の「ロケットパンチ!」もとい「硬芯鉄拳弾(こうしんてっけんだん)!」を発射する!


 臨場感とカタルシスにあふれる演出が、セブンガーの復活を実にカッコよく描いていた。


 特筆すべきはセブンガー&ヨウコを、ゼットの新武器でもある悪の黒いウルトラマンことウルトラマンベリアルの顔面を持つしゃべる魔剣・ベリアロクとカラませて、それぞれのキャラをさらに掘り下げたことだろう。


「おまえがオレさまを使うことなど、2万年早い!」


 ベリアルの因縁(いんねん)の宿敵であるウルトラマンゼロの定番フレーズ「2万年早いぜ!」をベリアル自身が、もといベリアロクがパクるのはどうかと思ったが(笑)、これは「良いか悪いか」ではなく「面白いかどうか」で行動を決めるベリアロクから見て「2万年早いぜ!」という物言い自体を「面白い」と判断したからこそだろう(爆)。


 「どうせ、できないんでしょ!?」というヨウコの挑発をも「面白い」とベリアロクが感じたからか、魔剣ベリアロクの使い手(!)となったセブンガー=ヨウコは、ストレイジの理系女子=オオタ・ユカが遠隔操作するキングジョーストレイジカスタムの脚部を構成する高性能輸送車・レッグキャリアーにスノーボードのように乗りこみ、バロッサ三代目に突撃する!


「セブンガー・波乗りスラッシュスペシャル!!」


 セブンガーが都心のビル街の奥のバロッサに向けて突っこむさまが、コクピット内のヨウコの主観から捉えられる!
 バロッサが爆発四散した衝撃で窓ガラスが室内に吹っ飛び、机が宙に舞うさまがオフィスのミニチュアを主観に描かれる!
 その大爆発を背景に、セブンガーがベリアロクを手に勝利のポーズをバッチリとキメる!


「なかなか楽しませてもらったぞ」


 ベリアロクは満足げにヨウコにそう語った。我々視聴者も「なかなか楽しませてもらった」のだが、それはその迫力あふれる「特撮映像」もさることながら、それだけでもなかったのだ。
 それは、一応のレギュラー悪・寄生生物セレブロに憑依(ひょうい)されてしまった地球防衛軍・日本支部クリヤマ長官に強引に解散させられたストレイジのハルキ・ヨウコ・ユカ・バコさん、そしてあえてここでは書かないがヘビクラ隊長が退役してもなお、チームとしての結束力の強さを誇っていたことを、セブンガーのカッコよさを通して見せつけられたからだ!


*放映終了後も凋落しない『Z』の「商品的価値」に象徴される「人気」度合い!


 近年のウルトラマンシリーズとしては珍しく(汗)、ネット上の反響や関連商品の売れ行きも比較的好調だった『ウルトラマンZ』が全25話をもって2020年末に放映を終了した。


 たとえば『ウルトラマンR/B』の場合、あまりにコミカル寄りに振り切った作風が第1世代の高齢特撮マニア層から反発を喰らっていたり、一応の敵キャラとしてシリーズ前半に登場した愛染マコト社長=ウルトラマンオーブダークノワールブラックシュバルツ(笑)=精神寄生体チェレーザが「ネタキャラ」としても大評判となるも、シリーズ中盤で退場したことでライト層の関心を少々ウスくしてしまう――このタイミングで同じく円谷プロ製作で放映を開始した変身巨大ヒーローが巨大怪獣と戦う深夜アニメ『SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)』(18年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190529/p1)がアニメ&特撮ファンの間では大人気となったことで、やや話題も奪われた――。
 「ウルトラ」の関連玩具の不調が顕著(けんちょ)となったのはこの『R/B』当時であり、バンダイが『ウルトラマンX(エックス)』(15年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200405/p1)以来発売してきた20センチ強のソフビ人形『ウルトラBIG(ビッグ)ソフビ』と『ウルトラ怪獣DX(デラックス)』シリーズは『R/B』をもって打ち切られたほどだった――『R/B』主人公のウルトラマンロッソとウルトラマンブルの人形は放映終了数ヶ月を経ても売れ残って半額処分されていた(汗)――。


 また、『ウルトラマンタイガ』(19年)は第1話『バディゴー!』冒頭(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190811/p1)でせいぞろいした7大ニュージェネレーションウルトラマンたちの宇宙空間での大活躍を描いたり、ウルトラマンタイガ・ウルトラマンタイタス・ウルトラマンフーマといった3大ウルトラマントリオを主人公格とし、彼らの間でかわされるコミカルなやりとりが「カワイイ」(!)などとコメントされたほどにシリーズ序盤は好調だったのだ。
 だが、作品自体は昭和の時代に逆行したかのようにタテ軸・連続性がきわめてウスい「1話完結」形式の趣(おもむき)が強く、しかもレギュラー悪のウルトラマントレギアにそそのかされた平和的な宇宙人が葛藤(かっとう)の末に悪に走る陰鬱(いんうつ)で湿っぽい話が多発したために、こちらもシリーズ後半は失速したと見てもよいだろう(爆)。
 動画無料配信サイト・YouTube(ユーチューブ)での第1話の再生回数が1週間で100万回を超えていたのに、シリーズ中盤以降は毎回30万回程度に凋落(ちょうらく)したのがそれを端的に象徴する――『仮面ライダー』や『スーパー戦隊』と違って地上波で放映されない地域が多いことを思えば、ネット配信で鑑賞する地方在住の特撮マニアは相応にいたハズなので、コレは同作のファンの方々には非常に申し訳がないのだが『タイガ』の人気の低さを証明してしまう低い数字である――。
 ちなみに、そのYouTubeで『タイガ』シリーズ後半と同時期に週1回で配信されて、しかも『タイガ』の前日譚(ぜんじつたん)として製作された短編『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』(19年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200110/p1)の方が、ネットでしか鑑賞できない作品なので単純比較はできないものの、再生回数では毎回『タイガ』の倍以上を稼(かせ)いでいた(汗)。


 さて、『Z』の後番組として2021年1月から総集編番組『ウルトラマンクロニクルZ ヒーローズオデッセイ』(21年)が放映されている。これは『Z』、そして2021年で放映25周年を迎えた『ウルトラマンティガ』(96年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19961201/p1)・『ウルトラマンダイナ』(97年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971215/p1)・『ウルトラマンガイア』(98年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19981206/p1)の「平成ウルトラ3部作」のテレビシリーズや劇場版などを特撮名場面を中心に再編集して構成した番組だ。
 同枠の同じく総集編番組『ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE(ザ・クロニクル)』(17年)以来、毎年1月~6月の半年間にかつての『ウルトラマン列伝』(11~13年)や『新ウルトラマン列伝』(13~16年)と同様の形式で過去作の傑作選や名場面集を流す番組が放映されている。しかし、前年末に放映が終了したばかりの作品がメインで扱われるのは『Z』が初である! まぁ特撮場面が占める割合が近年のウルトラマンではダントツで高い『Z』ならワザワザ再編集せずにそのまま半年間再放送しても充分にイケるかと思えるくらいだが、やはり『クロニクルZ』自体が『Z』の反響の高さから企画された番組だと解釈してもよいだろう。


 そして、もうひとつ、注目すべき動きがある。
 先にバンダイのソフビ人形『ウルトラBIGソフビ』の発売が『R/B』で打ち切られたと書いた。しかし、その新商品として2021年5月29日に『Z』の主役ウルトラマンであるウルトラマンゼット・オリジナルと特空機1号のセブンガーが発売されるのだ!
 たとえばお金持ちのマニアを対象とした高額ブランド「プレミアムバンダイ」などでは『光る! 鳴る! 特空機1号セブンガー』なる高額な合金玩具など、ウルトラマンにかぎらず放映を終了した特撮やアニメの関連商品をネット限定で通販するのはまぁフツーに行われている。だが、一般の玩具店で販売される本来のターゲット=就学前の幼児に向けた商品として、すでに打ち切られたシリーズ展開がこのようなかたちで復活をとげるのはきわめて異例のことだろう。
 バンダイにそれを決断させたほどに『Z』、そしてセブンガーの商品としての価値はいまだに大きいのではあるまいか?――実際、セブンガーをはじめ、バンダイのソフビ人形『ウルトラ怪獣シリーズ』はきわめて好調で『Z』の放映中にすでにプレミア付きとなる商品まであった!――


 そうした動きがあとから余波として見られるほどに、『Z』は相応の評判を世間から得たと解釈してもよいだろう。


 2010年代以降のニュージェネレーションウルトラマンシリーズでは、最終章の撮影と並行して例年7~9月の時期に撮影されてきた来春公開用の最終回後の後日談でもある『劇場版』は、新型コロナによる2020年4~5月の緊急事態宣言に伴なう撮影一時中断の余波によって、『Z』にかぎらずこの手のテレビドラマの現場スタッフとは「作品」単位だけでなく拘束「期間」も込みでの契約であるために、やむなく流産させざるをえなかった……と捉えるのが妥当な推測だろう。しかし、『Z』のこの勢いがあれば興行収入も例年よりも高く行けそうなのだし、改めての製作Goサインを出してほしいところだなぁ……
――後日付記:かの庵野秀明(あんの・ひであき)監督による映画『シン・ウルトラマン』と公開時期がカブる可能性があったために、今回は最初から製作予定がなかったという情報もある――


 シリーズ後半で失速して当初は得られていた支持層を次第に失ってしまった前作の『タイガ』や前々作の『R/B』とは異なり、『Z』が放映終了まで、いや終了後もいまだに根強い「人気」を誇っているのはナゼなのか!? 今回は『Z』第2クール=シリーズ後半を振り返りながら、それを検証することで『Z』の総括としたい。


*敵にも味方にも視聴者がイイ意味でツッコミできる「ネタキャラ」(笑)たりうる珍妙なキャラクターを投入!


 ぶっちゃけ云わせてもらえば、『R/B』と『タイガ』がシリーズ後半で失速したのはコミカルな「ネタキャラ」を廃したのが大きな要因だったと思える。
 『R/B』の「ネタキャラ」はもちろん愛染マコトだったが、『タイガ』の「ネタキャラ」はタイガ・タイタス・フーマ、つまりウルトラマンたちそのものだったのだ(笑)。
 先述したように、『タイガ』のシリーズ序盤ではふだんは彼らが主人公青年・工藤ヒロユキ(くどう・ひろゆき)の周囲でミクロ化した半透明な姿と化して、ボケとツッコミの掛け合い漫才のようなやりとりを繰り出すのが本編場面での大きな見せ場となりえていた。
 だが、シリーズ中盤以降はそんな描写が極端に少なくなったどころか、タイタスまたはフーマが一度も登場しない回もあったために、タイタスが初変身の直後に延々と繰り出して大評判となったマッスルポーズもほとんど拝(おが)めなくなったのだ(笑)。


 さて、『Z』でも「ネタキャラ」はやはり主人公ウルトラマンであるゼット自身が務めている(笑)。第21話『D4(ディー・フォー)』~最終回(第25話)『遙(はる)かに輝く戦士たち』に至る最終章5部作ではさすがにそれまで通りとはいかなかったものの、地球防衛軍・日本支部の対怪獣ロボット部隊・ストレイジに所属する主人公青年=ナツカワ・ハルキ=ウルトラマンゼットとの間でかわされる、敬語とタメ口の区別もできないデタラメな日本語(爆)による会話はシリーズを通して描かれつづけた。
 また、ある意味ではゼット以上の「ネタキャラ」として、ストレイジの隊長であるヘビクラ・ショウタ=『ウルトラマンオーブ』(16年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170415/p1)のライバルキャラ=ジャグラス・ジャグラーも最後まで健在だった。そういや、ハルキはジャグラーの変身態を「トゲトゲ星人」と呼んでいた。これはジャグラーの「ネタキャラ」ぶりや『Z』のコミカルな作風を象徴させるのには実に的確な呼称だったと思うのだ(笑)。


 ちなみに、第23話『悪夢へのプレリュード』ではヘビクラ隊長は銭湯(せんとう)で腰に手を当ててラムネを飲んでいた(笑)。この仕草(しぐさ)は『ウルトラマンオーブ』でも風来坊(ふうらいぼう)主人公のクレナイ・ガイ(ウルトラマンオーブ)の日々の楽しみとして描かれてきたものだ。映画『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆(きずな)の力、おかりします!』(17年・松竹・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200406/p1)のラストで、ガイが銭湯でジャグラーに出くわして仰天(ぎょうてん)する場面があった。別世界といえど、ジャグラーはあれ以来、銭湯通いが習慣になったようであり(笑)、今回の銭湯の描写はかつて対立していたガイとの関係性が現在では良好なことまで暗示しているのかもしれない微笑(ほほえ)ましい演出だった。


*ゼットの新武器でおしゃべりする魔剣ベリアロクや、宇宙海賊バロッサ星人2代目も「ネタキャラ」だった!(笑)


 そして、『Z』ではシリーズ後半に入って以降、さらに新たな「ネタキャラ」が加えられたのだ。


 第15話『戦士の使命』には、第6話『帰ってきた男!』~第7話『陛下(へいか)のメダル』の前後編につづいて朝倉リク=ウルトラマンジードがまたまた再登場を果たし、『ウルトラマンX』の最終回前後編(第21話~第22話)に登場した強敵・虚空(こくう)怪獣グリーザを相手にゼットとの共闘が描かれた。
 この回ではウルトラマンジードとウルトラマンゼロの強化形態・ゼロビヨンドとウルトラマンベリアルの強化形態・アトロシアスのウルトラメダルを使い、ゼットが最強形態=ウルトラマンゼット・デルタライズクローの姿を初披露する。しかし、その専用武器となる剣からして「ネタキャラ」なのだ(笑)。


 宇宙からグリーザを追ってきたウルトラマンジードはグリーザの体内に取りこまれてしまう。しかし、その中にあった「宇宙の穴」を縫(ぬ)う「針」にジードの体を構成するジードの父でもあったベリアル因子(いんし)がふれたことで、持ち手の部分がまんまウルトラマンベリアルの顔(爆)をつけた黒い幻界魔剣(げんかいまけん)・ベリアロクが誕生する!
 映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE(ザ・ムービー)』(09年・ワーナー・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101224/p1)でデビュー以来10数年、敵キャラとして登場するのみならず、近年ではウルトラマンの変身や強化アイテムにまで使われるほどのウルトラマンベリアルはすっかり「便利屋さん」キャラと化した感がある(笑)。ただ、今回は実の息子・ジードの体内に含まれる因子からの再生だったので、一応は疑似(ぎじ)科学的な説得力もあり、ジードがたしかにベリアルの息子だと改めて実感させてくれたのは好印象だろう。


 大地に突き刺さったベリアロクを引っこ抜くことでゼット=ハルキがその使い手となるのは、ちょうど同時期にスタートした『仮面ライダーセイバー』(20年)の第1章『はじめに、炎の剣士あり。』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201025/p1)で主人公の小説家で書店も経営する青年・神山飛羽真(かみやま・とうま)=仮面ライダーセイバーが、炎の中に出現した長大なる聖剣・火炎剣烈火(かえんけん・れっか)を引き抜くことで「炎の剣士」=セイバーに変身するに至る描写も彷彿(ほうふつ)としてしまう。


 ただ、火炎剣烈火とは違い、


「オレさまを手に入れて、おまえは何をする?」
「オレさまは斬(き)りたいときに、斬りたいものを斬る!」
「オレさまの使い手は、オレさま自身が決める」


などと持ち手にあるベリアルの顔で主張する(爆)ほどに意志をもつベリアロクは、一筋縄(ひとすじなわ)ではいかなかった。


「この野郎! すみやかに抜けやがりなさいよ!」(大爆)


 史上最大のデタラメすぎる日本語でくやしがるゼットへのハルキのまじめすぎるツッコミが、その「ネタキャラ」ぶりにさらに拍車をかける!


「これからいっしょに戦うんだから、あいさつくらいしないと失礼っスよ!」(大笑い)


 ウルトラマンの最強形態、そして新必殺ワザ登場の前段としては通常ありえない描写だ。しかし、ベリアロクの行動の動機はあくまで「面白いかどうか」であり、面白くなければひたすら非協力的で、面白ければたとえ敵でも使われてしまう、いくらでも「立ち位置シャッフル」が可能なキャラなのだ。
 まぁウルトラマンジャックのウルトラブレスレットとかウルトラマンタロウのキングブレスレットとかウルトラマンレオのレオマントなどと違い、刀=「武器」のクセに「人格」がある(爆)ベリアロクには隔世の感があるが。


 ちなみに、特撮ジャンルで「人格」があってベラベラとおしゃべりもする剣の第1号は、『五星(ごせい)戦隊ダイレンジャー』(93年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20111010/p1)で6人目の白い戦隊ヒーローである小学生が変身するキバレンジャーが変身や武器に用いていたトラの顔面がついた白虎真剣(びゃっこ・しんけん)である。もちろん、おしゃべりする剣の元祖は西洋の神話か洋ものファンタジーあたりかと推測するのだが、ネットでググってみてもその類例自体が発見できなかった――まさか、『ダイレンジャー』が世界初だったということはさすがにないよね?(汗)――。
 国産テレビゲームでは今もつづく西欧中世ファンタジー風ゲームの古典『テイルズ オブ』シリーズ(95年~)の第2作『テイルズ オブ デスティニー』(97年・ナムコ)という作品が元祖らしい。その後はあまたのマンガやライトノベルやアニメに登場しているそうだ。


 このベリアロクは『仮面ライダー鎧武/ガイム』(13年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20140303/p1)や『魔法少女まどか☆マギカ』(11年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200329/p1)のメインライターでも有名な虚淵玄(うろぶち・げん)が手掛けた日本と台湾の合作による中華ファンタジーの特撮人形劇の大傑作『Thunderbolt Fantasy(サンダーボルト・ファンタジー) 東離劍遊紀(とうり・けんゆうき)』(第1期・16年(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191109/p1) 第2期・18年(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191110/p1) 第3期・21年)に出てきた、人心を惑わせて天下を乱す魔剣・妖剣・聖剣・邪剣を36種もおさめた「魔剣目録」に含まれている、おしゃべりもする剣たちの1本なのかもしれないが(爆)。


 これほどまでに「ネタキャラ」として描かれても、「デスシウムスラッシュ!」と叫んで「Z」型の光跡を残してグリーザを一刀両断する「カッコよさ」自体はしっかりと描かれてはいたのだ。


 しかし、第17話『ベリアロク』でベリアロクは自身と同じ「ネタキャラ」と対決することとなった(笑)。第10話『宇宙海賊登場!』にて『ウルトラマンレオ』(74年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090405/p1)などに登場したサーベル暴君マグマ星人のマグマサーベルや暗黒星人ババルウ星人の鉄球付き刺股さすまた)などを強奪したほどの強敵として描かれるも――『ウルトラマンメビウス』(06年)第16話(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060928/p1)に登場した宇宙剣豪ザムシャーの刀・星斬丸(ほしきりまる)も含まれていたそうな!――、ひたすら「バロッサ、バロッサ」とワメくだけ(笑)だった海賊宇宙人バロッサ星人の「9999人」もいる弟(爆)のひとりがさっそく復讐(ふくしゅう)にやってきたのだ!


 先の第10話ではロシアの作曲家・ハチャトゥリアンのバレエ楽曲『剣の舞』で踊っていたバロッサだったが(笑)、第16話『獅子の声』のラストで宙から舞い降りてくるバロッサ星人を地上からの目線で捉えたカットでは、ウォルト・ディズニーのアニメ映画『ファンタジア』(1940年・アメリカ)や日本に空前のディスコブームを巻き起こした映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(1977年・アメリカ)をはじめ、往年の特撮怪獣映画『決戦! 南海の大怪獣』(70年・東宝)の予告編にまで流れたロシアの作曲家・ムソルグスキーの手になる『禿山(はげやま)の一夜』が流された!


 決してロシアっぽくはない(爆)バロッサ兄弟の双方に、ロシアを出自とする有名楽曲をあえてつけてみせる音楽演出にも、バロッサをあくまでも「ネタキャラ」として描く意図がうかがえる。「バロッサ、バロッサ」としか云わなかった兄とは違ってしゃべりまくる弟の声を、大の「特撮」好きでも知られる声優・関智一(せき・ともかず)に演じさせたのもまたしかりだ。


・バロッサが開口一番、「聞いて驚け!」と自己紹介するのは、『獣電戦隊キョウリュウジャー』(13年)のキョウリュウレッドの名乗りのパクりである(笑)。
・宇宙忍者バルタン星人やどくろ怪獣レッドキングなど、着ぐるみの造形が明らかに異なるのに同一個体とされてきた再登場怪獣や宇宙人を、1978年に起きた第3次怪獣ブーム以来、本邦初のマニア向けムックや子供向けのウルトラ怪獣百科などでは「初代」「二代目」などと区別するのがすでに一般的になっていたのに、『ウルトラマン80(エイティ)』(80年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110108/p1)映像本編などでは再登場怪獣や再登場宇宙人回でいまだにクレジットされていなかった「三代目」や「五代目」などの分類表記を、バロッサ星人の弟は自ら「二代目」と名乗ることで「公式」名称にしてしまったのだ!!(笑)
・「ハデに行くぜ!」だの「コイツは宇宙のお宝、いただいていくぜ!」だのは、バロッサ星人と同じ宇宙海賊だった『海賊戦隊ゴーカイジャー』(11年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20111107/p1)のキャプテン・マーベラス=ゴーカイレッドの決めゼリフの引用だ。氏が同作のナレーションや玩具の音声ガイダンスを務めていたことを意識したメタ的なギャグだが、海賊が海賊からパクるなよ(爆)。
・「ひきょうもラッキョウもあるものか!」は『ウルトラマンタロウ』(73年)第27話『出た! メフィラス星人だ!』に登場するも、兄の悪質宇宙人メフィラス星人・初代が紳士的だったのとは正反対に、バロッサ並みのチンピラ宇宙人(汗)として描かれたためにかつてはさんざんに非難された弟のメフィラス星人・二代目の迷セリフだったが、ここ10数年ほどは真逆の好意的なギャグ文脈で引用されているものである!(笑)――ちなみに、紳士的な初代ではなくチンピラの二代目の方が地球に来たのは、当時の小学館学年誌の記事によれば「(初代が)忙しかったから」だとのことだ(爆)――。


 まぁ、バロッサ星人が『ウルトラQ(キュー)』(66年)第4話『マンモスフラワー』に登場した巨大な怪奇植物ジュランの種(たね)を飲んで巨大化したり、初代『ウルトラマン』(66年)第38話『宇宙船救助命令』に登場した光熱怪獣キーラみたいに相手の目を眩(くら)ます「キーラフラッシュ!」を発射するのは台本にもあったのだろう。しかし、先に挙げたバロッサ二代目のセリフの大半は、自身が特撮マニアであることから「何をすれば我々のツボをくすぐるのか」を完全に熟知した関のアドリブだったのだろう(笑)。


 それは氏ばかりではなく、ひいては『Z』のスタッフが全体として、ここでは良い意味での「マニア」だったからこそ、『Z』を最後まで失速させなかったのではなかろうか!?
 

 一度はバロッサの手に奪われるベリアロクだったが、


「おまえの攻撃はつまらん。オレさまはもっと面白そうなヤツのところに行く」
「風の吹くまま、気の向くままさ」―― ←・風来坊かよ!(爆)――


などと云って、初登場から数週で早くも「立ち位置シャッフル」を見せたのも、スタッフたちの良い意味での「マニアック」さを象徴した作劇だろう。


 クライマックスではゼット=ハルキの逆転描写で、『Z』の作風には実にふさわしい主題歌『ご唱和ください 我の名を!』が絶妙なタイミングで流れはじめて、ゼットがベリアロクから放つ斬撃ワザ「デスシウムスラッシュ!」で「Z」字状にバロッサをブッた斬る!


 敵をやっつける必殺ワザのカタルシスとしてはそこまででも充分なのだが、まだ逃亡をつづけているバロッサをベリアロクから抜け出して巨大化した雲状のベリアルの顔面の幻影(!)が追いかけてきて、その口をバカでかく開けてバロッサをパックンチョと喰ってしまう!(笑)


 それを見たゼットがつぶやく。


「なんてヤツでしょう!?」(爆)


 日本版『アラビアン・ナイト』をねらった『ウルトラマンタロウ』でさえここまでデタラメな描写はなかったが、シリーズの序盤と比べてややテンションが落ちていた『R/B』と『タイガ』のシリーズ後半にこそ、こんなデタラメな特撮映像的ケレン味で、客引きすることが必要だったのではなかろうか!?


*「年上」好みだったヨウコが、「年下」=ハルキ好みに心変わりすることの作劇的な意味あい!?


「今この世界に怪獣の居場所はない。だから誰かに押しつけちゃいけない。命を奪う責任を……」


 これは第11話『守るべきもの』でゼット=ハルキが倒したどくろ怪獣レッドキングA(エー)が暴れたのは、妻のレッドキングB(ビー)が生んだ卵を守るためだったと知り、一時的に戦意を失うほどに意気消沈したハルキの「怪獣はどうしても倒さなきゃならないのか?」との問いにヨウコが第12話『叫ぶ命』で返した言葉だ。
 『ウルトラマンコスモス』(01年)や『ウルトラマンX(エックス)』(15年)など、かつても怪獣との「共存」をテーマとした作品はあったが、『Z』の世界では「怪獣の居場所はない」と云い切った。


ウルトラマンのどんなところが好きなの?」
「怪獣、殺すところ!」(汗)


 これは『宇宙戦艦ヤマト』(74年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101207/p1)や『科学忍者隊ガッチャマン』(72年)のリバイバルブームを機に起きた空前の第1次アニメブームの最中だった1978年夏休みの時期に放送された朝のワイド番組『小川宏ショー』(65~82年・フジテレビ)で、子供たちに好きなヒーローやアニメについてインタビューした際の光景だ――アトラクション用の初代ウルトラマンと『ウルトラマンレオ』(74年)に登場した兄怪獣ガロンとの対決もその場で演じられていた――。
 先のハルキとヨウコの会話はウルトラマン、ひいては変身ヒーロー作品本来の性質を改めて見つめ直したものだ。しかし、「命を奪う責任」を導き出したのは、『Z』が単に勧善懲悪(かんぜんちょうあく)のカタルシスに「原点回帰」するだけではない、テーマ的にも一歩進んだ秀逸(しゅういつ)な結論だと感じられた。


 第11話~第14話まで引きずったこの展開は、明朗快活な作風の『Z』であえてやることはなかったのでは? との想いは正直、個人的にもある。
 ただ、第12話のクライマックスで爆撃雷獣グルジオライデンを前にゼットが両腕を十字に組んで必殺ワザ「ゼスティウム光線!」を放とうとするも、怪獣を倒すことに躊躇(ちゅうちょ)してしまってハァハァと息を荒げるハルキを演じる平野宏周(ひらの・こうしゅう)の演技や、ハルキの躊躇が原因でグルジオライデンに敗れたゼットの姿がアルファエッジから素体のオリジナルへと戻り、光の粒子となって消えてしまう描写などは実に見応えがあったのも確かだ。
 そして、先の会話に見られたように、あくまで仲の良い先輩後輩としてのハルキとヨウコの関係性が劇的に変化する発端(ほったん)としても、第11話のレッドキングの事件は必要不可欠だったかと思えるのだ。


 第13話『メダルいただきます!』ではこの展開にワンクッションをはさむかたちで、ストレイジの基地に突然現れたコイン怪獣カネゴンがハルキのウルトラメダルを全部喰ってしまうコミカルな総集編だった。しかし、その少ない新撮部分の脚本でも、ハルキに先の件をまだ引きずらせるかたちで、彼の苦悩を視聴者に念押しさせている。


 そのラストシーンで映された、ハルキの机に置かれたカップ焼きそばには、


「とにかく食べな ヨウコ」


とのメッセージが書かれた付箋(ふせん)が貼(は)られていた……


 この総集編の冒頭で、「なんかモヤモヤして……」と腕立て伏せをするハルキは「あの一件」以来、食欲がないと口にして、ヨウコは「ほどほどにしなよ」と忠告した。これはその気づかいを端的に象徴するものだ。
 ここでもし、出前で注文した重たそうで胃もたれもしそうな「カツ丼(かつどん)」などが机に置かれていたら、ただでさえ意気消沈していたハルキや視聴者からすれば、いくら先輩といえども少々の押しつけがましさを感じたかもしれない(笑)。
 だが、カルめの「カップ焼きそば」ならば、ハルキにそうした精神的な重み・負担をかけることもなかろうと判断したヨウコの人間性には、先の「命を奪う責任」について語ったのと併(あわ)せて、個人的にはお株が急上昇したものだ。


「ヨウコ先輩はオレを助けてくれた。今度はオレが助ける番だ!」


 これは第17話でバロッサ星人二代目の攻撃からヨウコが搭乗するウインダムがゼット=ハルキをかばった際にハルキが叫んだものだ。「助けてくれた」には「カップ焼きそば」に象徴されるヨウコの精神的な支えも含まれていたことだろう。


 第23話の冒頭、ストレイジの解散で地球防衛軍基地の警備員となってしまったハルキは青空を見上げるや、セブンガー・ウインダム・キングジョーストレイジカスタムの形をした雲を見つけて溜め息をつく。私事で恐縮だが筆者も先日、東宝怪獣映画の大スター・ゴジラの頭部から背びれの部分を彷彿とさせる雲を見かけてハルキとは逆に狂喜したが(笑)、日頃の鬱積(うっせき)したものがそんな幻影を見せたとばかりに、ハルキの内面を描いたこの演出は実に秀逸だった。


 そんなハルキのもとに、今は防衛軍の航空隊に所属するヨウコが「お昼いっしょに食べない?」と現れる。サンドウィッチを食べるハルキに「お昼それだけ? 大丈夫なの?」とヨウコが見せる気づかいも印象的だが、


「最近、目が死んでたよ」(!)


と、冒頭の場面との係り結びとしてハルキを語るヨウコの洞察(どうさつ)力の鋭さを示した多面的な描写も好印象だ。


 そして、これまで点描されてきた、ハルキを含めた男性隊員たちとの「腕相撲(うでずもう)」にこだわるヨウコの動機が明かされる! 曾祖父(そうそふ)の代からつづく軍人一家(爆)を出自とするヨウコは、父から「自分より強い男としか結婚するな!」(汗)との教えを受けたために、実はこれまで男性との交際経験が皆無(かいむ)だったのだ。
 ヨウコがハルキとの腕相撲を重ねてきたのは、自分に勝てるような「強い男」になってもらうため、つまりハルキに対する明確な意志表示と解釈すべきところだろう!


「勝ったら結婚ですか!?」(爆)


 この天然ボケが実にハルキらしいが、ヨウコが「勝ってから云え」(笑)と冷徹に放ったことに「チェスト~!!」とおもいっきり気合いを入れて勝負したことからすれば、決してまんざらでもないのだろう。


 『ウルトラマンティガ』(96年)・『ウルトラマンダイナ』(97年)・『ウルトラマンマックス』(05年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060503/p1)など、主人公の青年と女性隊員が最終展開で急速に進展し、中には結婚にまで至る例もあった。しかし、ハルキとヨウコの関係性の変化に見られた発端となる事件や心の変遷(へんせん)はさして描かれなかったように思えて、個人的には共感しづらいものがあったものだ。
 ヨウコが設定年齢59歳のバコさんや「だいたい5000歳」(笑)のウルトラマンゼットに恋するような「超年上」好みとして当初は描かれたのは、シリーズ中盤以降に「年下」=ハルキ好みに心の変遷をとげるさまをメリハリをもってシンボリックに描くためではなかったか!? その意味でも第11話~第14話のいわゆる「鬱(うつ)展開」は、ハルキとヨウコの関係性の変化を描くには欠かせない要素となりえたのだ。


 そんな淡い恋愛描写と並行して、防衛軍が本作にもゲスト出演したウルトラマンゼロをモチーフにして建造させたとおぼしき特空機4号・ウルトロイドゼロの公開機動テストを強行したために、ウルトロイドゼロを「敵」と認識した『帰ってきたウルトラマン』などに登場したオイル怪獣タッコングと、初代『ウルトラマン』や映画『大決戦! 超ウルトラ8兄弟』(08年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101223/p1)に登場した海獣キングゲスラが湾岸地帯に、『ウルトラQ』などに登場した古代怪獣ゴメスと地底怪獣パゴス、そして『ウルトラマンX』などに登場した溶鉄怪獣デマーガが山間部に現れる!
 ニュージェネウルトラマンでは怪獣が単体ではなく複数で登場する回がもはや当たり前となっている。しかし、同一の着ぐるみを同一種族の複数個体に見立てたのではなく、別種族の怪獣を5体も一気に登場させる「怪獣総進撃」状態(!)はテレビシリーズでは初のことだ! それもタッコング&キングゲスラにはハルキが変身したゼットを、ゴメス・パゴス・デマーガにはヨウコが搭乗するウルトロイドゼロを対戦させることで、本編で描かれてきたハルキとヨウコの関係性の変化をさらにドラマチックに見せる意図もあるのだ! 「ドラマ」と「バトル」の両立・一体化!
 先述した『ウルトラマンダイナ』最終章3部作でも、「ドラマ」と「バトル」が並行するのではなく、こうした大乱戦の怪獣バトルに「人間ドラマ」を挿入・点描する手法をとっていたら、個人的にはその印象はまったく異なっていたかと思えるのだ。


*みんな「大好き」、ジャグラスジャグラー=ヘビクラ隊長の「真意」とは!?


 さて、序盤の第5話『ファースト・ジャグリング』で、視聴者にはすでにヘビクラ隊長の正体がジャグラーだと明かされていた。しかし、ハルキ=ゼットがようやくそれを知るのは第23話のラストシーンのことだ。


「見えるものだけ信じるなって、教えただろ」


 第2話『戦士の心得(こころえ)』で神出鬼没(しんしゅつきぼつ)な透明怪獣ネロンガの攻略に苦慮していたハルキへのヘビクラの助言「見えるものだけ信じるな」との見事な係り結びとして、ヘビクラがハルキの眼前でジャグラー怪人態に変身する描写がまた実に絶妙だった。


 ところで、第20話『想い、その先に』でユカがすっとんきょうな叫び声を上げたために、ヘビクラ隊長が盆栽(ぼんさい)の枝を誤って切り落としてしまう描写があったように、これまでストレイジの基地内でヘビクラが盆栽を手入れするさまが点描されていたことに注目していた人は多いことだろう。そして、鋭い人はそれがさりげないかたちでヘビクラ=ジャグラーの行動の動機を描いた演出だと気づいていたのではなかったか?


「むかし、大きな樹(き)を斬ったことがあってな……」


 第24話『滅亡への遊戯(ゆうぎ)』で唐突にジャグラーが切り出したこんな話にハルキは困惑した。これは『ウルトラマンオーブ』の放映終了直後からAmazon(アマゾン)プライム・ビデオで週1回の更新で全12話が配信された『オーブ』の前日譚『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA(ジ・オリジン・サーガ)』(16年)episode(エピソード)7『くるる~眩る~』で描かれた出来事を指している。
 『THE ORIGIN SAGA』の前半は地球から7万光年離れた緑豊かな星・王立惑星カノンを舞台としていた。そこには北欧神話に登場する超巨大な末広がりの世界樹ユグドラシルのような「命の樹」なる大樹が太古から存在し、これを失うとカノンに滅びが訪れるとの伝説があったのだ。
 だが、その「命の樹」こそカノンが戦乱に明け暮れる元凶だと見なしたジャグラーは、「命の樹」をかばおうとするアマテ女王が巨大化変身した戦神(いくさがみ)ともども斬り倒してしまい(汗)、惑星カノンの王族を敵に回してしまう。
 しかも、その行為をアスカ・シン=ウルトラマンダイナから「光の戦士の戦い方じゃない!」と否定されたことから、ジャグラーは良き相棒だったガイに別れを告げてひとりカノンを去っていく……


 ちなみに、『THE ORIGIN SAGA』には、アスカ以外にも『ウルトラマンガイア』の高山我夢(たかやま・がむ)=ウルトラマンガイアと藤宮博也(ふじみや・ひろや)=ウルトラマンアグルや『ウルトラマンコスモス』の春野ムサシ=ウルトラマンコスモスも並行宇宙を越境してきて、ほとんどレギュラーとして登場している。そういう先輩ヒーロー客演イベントはWeb(ウェブ)ドラマだけでなく地上波放送でもやってください!(笑)


 『THE ORIGIN SAGA』当時はまだ、後年とは正反対に冷静で任務に忠実なエリート戦士だったジャグラーが後年に「闇」に支配されるに至ったのは、この出来事で自身の「正義」を否定されたのが発端(ほったん)だったのだ。
 そんな苦い過去から、自身の「正義」を絶対視する人類とセレブロに「正義」の「危(あや)うさ」を思い知らそうとして、ジャグラーは双方を常に監視可能なストレイジの隊長となり、セレブロに踊らされた人類がつくった「正義」の象徴=ウルトロイドゼロを奪うために、これまで「立ち位置シャッフル」を繰り返してきたことが判明するのだ!


「見返してやれ。エラそうな能書きだけで人の生き方を否定するヤツらを。オレもそうするつもりだ」


 人生途上でさんざん自身の「生き方」を否定されてきた筆者としては、とても共感するセリフである(爆)。これはストレイジの解散から間もない第22話のラストでジャグラーがヘビクラ隊長の姿でハルキに語りかけたものだ。『Z』は『THE ORIGIN SAGA』、ひいては『オーブ』の間接的な続編でもあるのだとジャグラー自身が雄弁に物語っていたといえよう。


 『Z』の視聴者の大勢としては、通販サイトの最大手・Amazonのプライム会員(月額500円で見放題・笑)にしか視聴できなかった『THE ORIGIN SAGA』を観ていない人の方が圧倒的大多数だったかと思われる。特撮マニアでその作品の存在やアラスジを知ってはいても実際には観ていない御仁も多いだろう(汗)。そんなきわめて狭い層しか知らない作品で描かれたキャラのバックボーンを、現行の最新作で導入しても通じないとの批判は当然あろう。
 これは往年の70年代の小学館学年誌の特集記事のみに記載されていた、映像本編では語られなかったウルトラシリーズのウラ設定の数々にも通じる問題である――当時の学年誌は数百万部の発行部数を達成していたが、それでも子供たちの全員が学年誌を読んでいたワケではないのだ――。


 ところで、実は前日談『THE ORIGIN SAGA』もまた、厳密にいえばテレビシリーズの『オーブ』にはそのまま直結してはいないそうだ(汗)。


 マニア諸氏はすでにご存じだろうが、実は『ウルトラマンオーブ』の物語は、メインだった田口清隆(たぐち・きよたか)監督とメインライターの中野貴雄(なかの・たかお)によって『THE ORIGIN SAGA』の製作後、映像化されなかったウラ設定も含めた全10章からなる「エピソード10」が構想されていた。


・第1章『命の樹』編
・第2章『俺は銀河の渡り鳥』編
・第3章『ブラックホールを盗んだ男』編
・第4章『激闘! イシュタール文明』編
・第5章『ルサールカより愛をこめて』編
・第6章『さすらいの太陽』編
・第7章『宇宙魔女賊ムルナウの逆襲・サデスの帰還』編
・第8章『超空大凶獣デザストロ』編
・第9章『冥府魔道の使者』編
・第10章『渡り鳥、宇宙(そら)を行く』編


 「エピソード10」構想では、第1章が前日譚『THE ORIGIN SAGA』、飛んで第6章がテレビシリーズ本編『ウルトラマンオーブ』、第7章が映画『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』、第8章が映画『劇場版 ウルトラマンX きたぞ! われらのウルトラマン』(16年)のラストと『劇場版 ウルトラマンオーブ』のラストで言及された怪獣デザストロとの戦い、第9章が『ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE』の枠内で放映された短編『ウルトラファイトオーブ』(17年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170603/p1)と、時系列に沿った位置づけが巧妙になされているのだ。
 そして、第2章でオーブはのちに『劇場版オーブ』の悪役として登場した宇宙魔女賊ムルナウとガピヤ星人サデスと初めて出会い、第5章ではテレビシリーズのタテ軸のカギとして回想されてきた過去話である西暦1908年における出来事であったロシア人(北欧人?)の美少女・ナターシャと光ノ魔王獣マガゼットンが登場するのだ。
 余談だが、第3章のサブタイトルは、歌手の沢田研二が主演した中学教師が原爆を製造する退廃的な名作カルト映画『太陽を盗んだ男』(79年・東宝)から「盗んだ」ものだろう(爆)。


 なので、『Z』を「エピソード10」構想につづく『オーブ』の第11章以降の物語として連続性を持たせて、ウルトラマンシリーズの「大河(たいが)ドラマ」の一端として「世界観」を拡大させたのは、視聴者の興味を持続させるのにはきわめて有効な設定的なお遊びだっただろう。
 そして、仮に『THE ORIGIN SAGA』で描かれたジャグラーの出自を知らなかったとしても、「正義」に懐疑(かいぎ)的なそのキャラクター自体は決して視聴者の理解を超えるものではないのだ。マニア誌やネット媒体であとから『THE ORIGIN SAGA』や『オーブ』ネタの挿入や作品の存在を知って、それからそれらの作品をさかのぼって鑑賞するようなライト層や子供たちも確実にいるだろうことを思えば、長大なるウルトラマンシリーズそれ自体に関心を持ってもらうという意味でもバンバンザイなのである。



涼「現実に耐えきれない人間もいる」
翔一「どうしてですか? こんなに世界はキレイなのに。ほら、空も雲も木も花も虫も鳥も家も草も水も……」
涼「世界は美しいだけじゃない」
翔一「そうかな? そういうのって見方によるんじゃないですか」
涼「人間が皆、自分と同じだと思わない方がいい」


 これは2021年で放映20周年を迎えた『仮面ライダーアギト』(01年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20011108/p1)の第12話における津上翔一(つがみ・しょういち)=仮面ライダーアギトと葦原涼(あしはら・りょう)=仮面ライダーギルスの会話だ。
 基本的には「いい人」だが、自分の価値観を絶対視する翔一に対し、何に対しても懐疑的な(汗)涼は多面的なものの見方を提示している。……個人的にもたしかに世界なんてキタナイものだらけだとは思うけど(爆)。


 「正義」のヒーローが「絶対悪」を倒せばよかった昭和の時代とは異なり、「正義」を疑う観点もが示された平成仮面ライダーが放映されて早20年が経過し、多様な価値観を群像劇を通じて描く手法は特撮変身ヒーロー作品では今やすっかりスタンダードとなっているのだ。
 この20年間さんざんに面白い『仮面ライダー』を観てきたハズなのに、いまだに『アギト』が超面白いと思えるのは――個人的にはリアルタイム以上に!――、やはりその作劇やテーマ自体も実に優れていて普遍性もあったからだろう。


 第11話~第14話にかけての、自身の卵を守るという「正義」を示したレッドキングを倒さなくてはならない「正義」を、ハルキが疑いつづけた展開はたしかに少々陰鬱ではあった(汗)。しかし、そうした観点は特撮変身ヒーロー作品ではもはや必要不可欠な要素であり、それを提示するキャラは本作『Z』では、やはり善悪があいまいで揺れているがゆえに物事を多面的に見られたり、悪に落ちてしまう人間にも一理を認めてあげられる視点があるジャグラーこそが最もふさわしかったのではあるまいか?


 第24話でクリヤマ長官に憑依したセレブロに「選択肢(せんたくし)はふたつだ」と脅迫されて、当初の目的であったハズのウルトロイドゼロを奪うことよりも、ハルキの命を救うことを優先してしまったジャグラーが、


「また、やっちまった……」


とボヤくのも、一方では非情に徹しきれない彼の「人間性」を象徴するものだ。


 ジャグラーは単に「ネタキャラ」として消費するだけでは実にもったいない、背景に高い「ドラマ性」をもっており、「善悪の多様性」や「物事の多面性」といった「テーマ面」でも有効に活用することができるキャラクターとして我々は再認識をする必要があるだろう。


 その意味では、ふだんはノーテンキなユカが第23話で放った、「正義」が守るべき範疇(はんちゅう)に「地球」や「怪獣」も含めるか、「人類」だけに置くかで変わってくる、以下の嘆きも高く評価されるべきだ。


「地球を守るんじゃなくて、人類が人類、守ってるだけじゃん!」


*魅力的なラインナップの「怪獣軍団」と魅惑的なセレクトの「合体怪獣」までもが「最終章」には登場!


 第24話で『ウルトラセブン』(67年)に登場した発泡怪獣ダンカン(!)、『帰ってきたウルトラマン』(71年)ほかに登場した凶暴怪獣アーストロン、『ウルトラマンタロウ』(73年)ほかに登場した火山怪鳥バードン、『ウルトラマンレオ』(74年)に登場した宇宙昆虫サタンビートル(!)、『ウルトラマン80』(80年)第1話(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100502/p1)に登場した月の輪怪獣クレッセント、『ウルトラマンG(グレート)』(90年)に登場した昆虫怪獣マジャバ(!!)などの怪獣たちが「世界各地」でいっせいに目を覚ます怪獣ファン狂喜必至の描写は、第22話で「人類が人類を守るだけのウルトロイドゼロ」に対する反乱として「日本各地」で怪獣が出現した一連を、異なる怪獣たちで反復することでいっそうドラマ性やテーマ性を深めていた。
 その怪獣たちがウルトロイドゼロに吸収されて、それらの各部位が装甲を突き破るように露出した「合体怪獣」である「殲滅(せんめつ)機甲獣デストルドス」が誕生する!


 2010年代のニュージェネレーションウルトラマンの最終章に個人的にはいまひとつの感があったのは、初代『ウルトラマン』の宇宙恐竜ゼットン、『ウルトラマンA(エース)』(72年)最終回(第52話)(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070429/p1)の合体超獣ジャンボキング、『ウルトラマンメビウス』(06年)最終章3部作(第48話~第50話)の暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人などの最終回登場怪獣に匹敵するほどにインパクトの高い怪獣が登場しなかったことが大きい――強(し)いて挙げれば『ウルトラマンR/B』の最終章に登場した、ハデな原色のケバケバしいデザインで『A』の超獣を彷彿とさせた怪獣「コスモイーター・ルーゴサイト」は魅力的に感じていた――。
 やはり「合体怪獣」という存在はそれぞれの怪獣のパワーが結集して倍増したようにも思えて強そうに見えるものなのだし、ウルトラマンシリーズの「合体怪獣」としてはジャンボキングに次ぐ二番手となる『ウルトラマンタロウ』に登場した暴君怪獣タイラントがいまだに根強い人気を誇っているのを思えば、それらを彷彿とさせる「合体怪獣」を最終章で登場させた『Z』の方法論はやはり正しいものだろう。
 第1期ウルトラシリーズの美術デザイナー・成田亨(なりた・とおる)は古代ギリシャ神話の神獣キメラ(キマイラ)のような「合体怪獣」には否定的だったが、先人には敬意を表しつつも個人崇拝のような原理主義にもなってはイケナイとも思う。今後のウルトラシリーズでも終盤などではこのように強そうな「合体怪獣」を登場させてほしいものである!


 ところで、ウルトロイドゼロは第11話で救われたレッドキングBをも吸収してしまっており(!)、ハルキのトラウマを誘発するかのようにデストルドスの右肩にレッドキングの首が伸びている(汗)。カオス的であるのみならず、セレブロの頭脳戦・心理戦をも象徴する形態であるのもデストルドスの大きな魅力だろう。


*ハルキとバコさん、そしてウルトラマンゼットとの感動的な「別れ」が描かれた!?


 さて、主人公青年がウルトラマンとしての正体を最終章まで決して明かさなかった昭和以来の伝統が『ウルトラマンメビウス』で途切れて以降、シリーズの序盤から主人公の正体が主要キャラには公然となっている『ウルトラマンジード』(17年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200523/p1)のような例も見られるようになったが、『Z』では最終回の1本前である第24話でハルキがその正体を告白する。
 先述した流れからすれば、その相手がヨウコでもドラマチックに描けたことだろう。なにせヨウコが熱を上げたゼットの正体がハルキだったのだから(笑)。
 だがこのとき、ヨウコはセレブロに憑依されて、ウルトロイドゼロのコクピットでラリった表情でエキセントリックに絶叫していたために(汗)――ヨウコ役の松田リマの明確に差別化した演技が絶品!――、実際にハルキが告白した相手は意外や意外、バコさんだったのだ!


 防衛軍の整備班がクローズアップされるのは故・綿引勝彦(わたびき・かつひこ)が演じるアライソ整備班長が登場した『ウルトラマンメビウス』第15話『不死鳥の砦(とりで)』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060924/p1)以来かと思うが、特空機なる架空のロボット兵器に現実感を醸(かも)し出すために、『Z』では整備班は大人数の隊員が所属する重要部署との位置づけがなされていた。
 登場しない回もあったが、バコさんは決して「周辺キャラ」にとどまらず、戦闘飛行メカを「もっとていねいに扱え!」などと『メビウス』の防衛組織・GUYS(ガイズ)の隊員たちを怒鳴り散らしていた一本調子の印象が強いアライソ班長とは対照的に、格闘技やトランプ手品にマグロの解体(爆)などの多彩な特技を持ちながらも「むかし…… ちょっとな」と多くを語らないバコさんは、ハルキからしても真実を明かしやすい相手ではあったろう。


 だが、特筆すべきはそのシチュエーションの描き方である。


「ちょっとドライブ、行かないか?」


 この緊急事態時にバコさんがハルキをドライブに連れ出すのはもちろんそれなりの意図があってのことだ。ウルトラマンゼットの正体をウスウス気づいていたであろうバコさんがハルキから話を引き出すための有効な手段だったのは想像に難(かた)くない。


 だが、ハルキもバコさんも車中ではひたすら「黙して語らず」。やがて……


「やっぱオレ、行きます!」
「行くって、おまえ……」


 この場面でのハルキのセリフはそれっきりだ。「実はオレ、ウルトラマンゼットなんです!」とはひとことも云っていない! だが、バコさんをひたすら見つめるハルキの表情だけで、自身の予感が的中したことを確信したバコさんもまた


「そうか…… 行ってこい」


と声をかけるのみだった。


 運転席でやや呆然(ぼうぜん)としたバコさんの横顔の背景に、車外へ駆けだしたハルキが変身直前に入る直方体の「光の異空間」に突入するさまが車窓越しに描かれる特撮合成演出がまた絶妙だ!


「最近のウルトラマンはしゃべりすぎだ! 神秘性がなくなる!」


 『ウルトラマンR/B』第8話『世界中がオレを待っている』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20181104/p1)でのウルトラマンオーブダークによる、この旧態依然としたオールド特撮マニアのような否定的文脈での主張にはまったく賛同しないし、ウルトラマン自身がベラベラとしゃべって彼ら自身のドラマを展開していくことにウルトラシリーズの新たな鉱脈すらある! くらいに個人的には思っているのだが(笑)、たとえ「多くを語らず」とも通じ合えているハルキとバコさんの関係性を端的に描いたこの場面がサイコーにカッコよく感じられたのもまた事実なのだ。


 「むかし…… ちょっとな」というセリフの「むかし」という語句には、メタフィクション的にはバコさんを演じた橋爪淳(はしづめ・じゅん)が、特撮マニアには映画『ゴジラVS(対)スペースゴジラ』(94年・東宝)の主人公・新城功二(しんじょう・こうじ)役や映画『ゴジラ FINAL WARS(ファイナル・ウォーズ)』(04年・東宝http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060304/p1)の国連事務総長秘書官役、『大江戸捜査網』(90年)や『若大将天下ご免!』(87年)などのテレビ時代劇の主演などを務めてきたことまでダブル・ミーニングがされているのだろうが、先述したバコさんの静的なカッコよさは、ロマンスグレーの頭髪に白いヒゲがめだつ熟年俳優だからこそ成しえた必殺ワザだろう。


 ハルキとバコさんの別れの場面も哀愁(あいしゅう)が漂(ただよ)う演出だったが、デストルドスに敗れたゼットがガラスのように砕(くだ)け散り(!)、一心同体だったハルキと分離してしまう場面もまたしかりだ。ここでは『ウルトラマン』最終回(第39話)『さらばウルトラマン』でゼットンに敗れた初代ウルトラマンを迎えに来た宇宙警備隊の隊長でウルトラ兄弟の長男・ゾフィーと初代マンが、赤い球体の中で会話する描写のオマージュがなされた。
 初代マンに変身していた防衛組織・科学特捜隊のハヤタ隊員と初代マンがゾフィーによって分離され、長い「別れ」となったように、ゼットとハルキも「別れ」のときを迎えたのかも!?――最終回ラストはまだなので、そんなことになるハズはないのだが(爆)――と視聴者に衝撃を与えるミスリード演出としては絶妙だった。


「こういうとき、地球では……ウルトラさびしい気持ちでいっぱいでございます」


 ゼットがいつもながらのウルトラデタラメな日本語(笑)でハルキに「別れ」を告げても、それを笑った視聴者は誰ひとりとしていなかっただろう。むしろこんなウルトラ非常事態でさえゼットの「らしさ」を貫いた演出こそが、視聴者の涙をより誘ったのではなかったか?


*「タテ軸」「連続もの」要素よりも「ウルトラ面白カッコよさ」の方が優先!?


 デストルドスが世界の主要都市を次々に破壊する中、セレブロの「正義」に鉄槌(てっつい)をくださんと、ジャグラー=ヘビクラ隊長によって解散したハズのストレイジが整備班のメンバーも含めて再結集する!
 そして、キングジョーストレイジカスタムにハルキが、ウインダムにヘビクラが、セブンガーにバコさんが搭乗して全特空機が出撃、デストルドス撃退とヨウコ救出のためにストレイジが総力戦を展開した!


 平成の『ウルトラマンティガ』以降のウルトラマンシリーズの最終回は3部作や前後編などの連作形式によって全世界的な危機が描かれ、主人公側が総力戦で挑(いど)むのが恒例(こうれい)となっている。それは『Z』でも踏襲(とうしゅう)されたのだが、先述したハルキとヨウコの関係性の変化が最終回のクライマックスで頂点に達することで、本編の「人間ドラマ」と「特撮バトル」の双方を渾然一体(こんぜんいったい)にして盛り上げた作劇的技巧は、ニュージェネウルトラマンの最終章の中でも突出して完成度が高かったかと思える。


 ウルトロイドゼロのコクピットで、ヨウコはハルキとの「腕相撲」の日々を回想した末に、


「よっしゃぁ~~! やっと勝ったぁ~~!! ……あ、結婚しなくちゃいけないのか?」(爆)
「アンタ、なんで泣いてんのよ!」


と、ハルキがついにヨウコに勝利するさまを夢に見る。


 この場面は『帰ってきたウルトラマン』最終回(第51話)『ウルトラ5つの誓い』の冒頭で、触覚宇宙人バット星人に捕らわれた『帰ってきた』最終第4クールのヒロインである女子大生・村野ルミ子が主人公の郷秀樹(ごう・ひでき)=ウルトラマンジャックと結婚式を挙げる夢を見る描写を彷彿とさせる。
 最終展開で侵略宇宙人に拘束(こうそく)されるヒロインが「主人公と結ばれる夢を見るシチュエーション」がまったく同じなので、おそらくは『帰ってきた』のオマージュも入っていたのだろうが、これはヨウコがバコさんやゼットのような「超年上」好みから「年下」のハルキに心変わりしたさまの何よりの証(あかし)となっている。


 キングジョーをロボットモードに変型させて高空でデストルドスと組み合ったハルキは、デストルドスの腹部からヨウコを抜き取ることに成功する!
 しかし、乱気流の中でヨウコは宙をまっ逆さまに落下! 救出に向かうハルキが空に飛び出す!


 アニメ作品などで時折り見るような、まさにナマ身でのランデブー落下飛行の状態で向き合うハルキとヨウコの背景に、「光の異空間」内での変身シーンのバンク映像でハルキの真後ろに出現する際のようなウルトラマンゼットの巨大な姿が「実景」の大空の中に現れた!


 そして……


ゼット「ご唱和ください、我の名を!」
ハルキ「ウルトラマン、ゼぇぇ~~ット!!」


 ハルキだけではなくヨウコも、そして地上でこれを見守っていたストレイジの隊員たち全員が「ウルトラマン、ゼぇぇ~~ット!!」と唱和して熱く叫ぶ!!


 これには『ウルトラマンA』のシリーズ前半で描かれた主人公の防衛組織・TAC(タック)の隊員・北斗星司(ほくと・せいじ)と南夕子(みなみ・ゆうこ)の変身時の掛け声「ウルトラ・タッチ!」のように、ハルキとヨウコがウルトラマンゼットに合体変身をとげるのか!? とおもわず錯覚したほどだった。
 また、『ウルトラマンメビウス』最終回(第50話)(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070505/p1)やその後日談であるオリジネルビデオ作品『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』(08年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080914/p1)で主人公のヒビノ・ミライ=ウルトラマンメビウスとともに「メビウ~~ス!!」と叫んだGUYS隊員たち全員が、ウルトラマンメビウスの最終強化形態であるウルトラマンメビウス・フェニックスブレイブに合体変身した描写をも彷彿とさせた。
 『ウルトラマンティガ』最終回(第52話)(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19961207/p1)で世界中の子供たちの「光」がウルトラマンティガを復活させ、ティガと合体して体内で共闘する描写もそうだったが――正直、個人的には『ティガ』にあまり良い印象を持っていないのだが(汗)、最終章単独では高く評価している――、こうした演出こそ視聴者が劇中キャラとの一体感を得られて、感情移入をより高める効果を発揮するのだ。


 主題歌のタイトルでもある「ご唱和ください、我の名を!」なるゼットのウルトラ変な定番セリフは、最終章を盛り上げるために逆算して考案されたのではなかったか!? と思えてくるほどである。


 バトルシーンには実にふさわしい、『Z』の主題歌『ご唱和ください 我の名を!』が流れる中、


「まだまだイケますね、ゼットさん!」
「もちろんでございますよ!」


と、最終決戦の最中でさえハルキとゼットがそんなやりとりをしてしまう「ウルトラ面白カッコいい」作風こそ『Z』最大の魅力なのだろう。


 デストルドスを撃破して、「宇宙で困ってる人を助けに」とゼットとともに地球を離れることとなったハルキとヨウコの「別れ」の場面すらもが、


「盆と正月には帰ってきますね!」
「実家みたいに云うな!」(笑)


なんて調子だったのだから。


 セレブロの方は最後は虫取り網(あみ)で捕獲(汗)されたほどにラスボスとしては小物感が拭(ぬぐ)えず、そもそもセレブロに憑依された青年・カブラギが登場しない回も多かったとか、怪獣を狂暴化させる要因とされた宇宙全体に飛び散っている「ベリアル因子」でもある「デビルスプリンター」の件は結局、文字通り「回収」されずに終わったなど、タテ軸的には「?」な欠点もたしかにあった――最終回のラストでゼットが「これからハルキとデビルスプリンターを回収する旅に出るのでございますよ!」などというセリフでも入れてくれれば言い訳がついたであろうに――。


 だが、そういった欠点がありつつも、「キャラクタードラマ」としての面白さを優先した作劇こそが、『Z』が最後まで子供たちやマニア層からの支持を離さなかった大きな要因かとは思えるのだ。


 平成ウルトラ3部作はリアルタイムではテーマやドラマ的な部分で当時の年長特撮マニアたちの注目を集めたり、そこを中心に論じられたりもしたものだ。しかし、それとは別に防衛組織の隊員たちやそれを演じる役者さんたちにも熱い視線を送るファン層も一定数は存在していた。
 当時の筆者は特撮番組をそんなミーハーな視点で語るのは邪道だと考えていたのだが(汗)、実際に商業的には久々に成功したといえる『Z』に対する若いファンたちの盛り上がりぶりを見るにつけ、もう21世紀に入ってからはとっくにそのようにも考えを改めてはいたのだが(笑)、ヒーローや登場人物のキャラクター人気が主導するような『ウルトラマン』作品こそが実は充分に魅力的な作品でもあるのだ! という結論を再確認の意味でも噛みしめているのであった。


*エースからゼットの手に! ウルトラマンエースウルトラマンゼットに、先輩ヒーロー客演編の普遍性を透かし見る!


 さて、『Z』がマニア層から支持された要素について考察してきた結果、本来ならば筆者が最も語りたかった、昭和のウルトラマンエースが客演した第19話『最後の勇者』について語る紙幅がなくなってしまった(汗)。ここではその最も重要な部分のみについてふれさせていただこう。


ヤプール! かつておまえは云った。『勝った者は負けた者の怨念(おんねん)を背負って生きるんだ』と。それでも私は、ウルトラマンは戦いつづける! この宇宙に真の平和が訪れるその日まで!」


 『ウルトラマンA』の名作回である第48話『ベロクロンの復讐』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070402/p1)での女ヤプールの捨てゼリフに対する返答にもなっている、この熱血少年マンガ的な超カッコいい名セリフは、この『Z』第19話にも登場した『A』第13話『死刑! ウルトラ5兄弟』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060803/p1)~第14話『銀河に散った5つの星』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060805/p1)の前後編が初出である殺し屋超獣バラバの創造主である、というか今回のバラバの正体でもあるらしい、バラバの姿で不完全な復活を果たしている異次元人ヤプールに向けてウルトラマンエースが放ったものなのだ。これとの係り結びとしてラストでウルトラ意外な事実も明かされる!


「ゼット(=Z)にはなぁ、地球の言葉で『最後』という意味がある。おまえがこの宇宙から戦いをなくして平和をもたらす『最後の勇者』となれ……」


 マニアや怪獣博士タイプの子供であれば、『ウルトラマンZ』というネーミングに昭和の『ウルトラマンA』のネーミングとの共通項を誰もが連想したことだろう。しかし、『A』と『Z』のアルファベットの最初と最後から採った名前つながりで、エースとゼットがすでに旧知の仲であったのだとした描写自体がまずは秀逸である。そして、そこに後付けでも意味やドラマ性を持たせるために、エース自身がまさにゼットの名づけ親だったとしてみせる! もちろんそれは点描でしかない。ナマ身の人間によるドラマではなく宇宙人・仮面ヒーローたちによるドラマではある。しかし、それであっても高いドラマ性を与えることはできるのだ!


 なお、『Z』第19話は動画無料配信サイト・YouTubeで配信当日に「急上昇ランキング」の第29位にランクインし、1週間で再生回数が150万回を超えていた!――この時期の通常回の再生回数は80万~100万回前後――
 往年の昭和のレジェンドヒーローがゲストで登場するサプライズ回でも、世代人ではない若年層やライト層までもが支持をするのだという厳然たる事実があることに、もはや疑いの余地はないだろう。ウルトラシリーズにかぎらず各社のシリーズヒーローものでも、積極的にレジェンドヒーロー客演回や客演映画を製作するべきなのである!

2021.4.22.


(了)
(初出・当該ブログ記事)


[関連記事]

ウルトラマンZ(ゼット)』序盤総括 ~巨大ロボ・セブンガー大活躍! 「手段」ではなく「目的」としての「特撮」!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200723/p1

ウルトラマンZ(ゼット)』前半評 ~ギャグ漫画・ギャグアニメ的なキャラ立て・会話劇での「お遊び」の中に「タテ糸」を挿入!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210828/p1

ウルトラマンZ(ゼット)』最終回・後半評 ~ネタキャラが敵味方に多数登場だが熱血活劇! 2020年代のウルトラはかくあるべし!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210905/p1(当該記事)


『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』 ~ヒーロー大集合映画だが、『タイガ』最終回でもあった!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210704/p1

ウルトラマンタイガ』最終回「バディ ステディ ゴー」 ~タロウの息子としての物語たりえたか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1

ウルトラマンタイガ』『ウルトラギャラクシーファイト』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』 ~奇しくも「父超え」物語となった各作の成否は!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200112/p1

ウルトラマンタイガ』中盤評 ~レギュラー&ゲストの人間ドラマのみならず、ボイスドラマで描かれた3大主役ウルトラマンのドラマも本編に導入すべき!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200108/p1

ウルトラマンタイガ』序盤総括 ~冒頭から2010年代7大ウルトラマンが宇宙バトルする神話的カッコよさ! 各話のドラマは重めだが豪快な特撮演出が一掃!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190811/p1

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』中間評 ~パチンコ展開まで前史として肯定! 昭和~2010年代のウルトラマンたちを無数の設定因縁劇でつなぐ活劇佳品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200110/p1

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』最終回 ~戦闘連発でも多数キャラの動機・個性・関係性は描破可能! 物語よりも点描に規定される作品の質!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210620/p1


[関連記事]

特撮意見2 怪獣デザイン ~今こそ成田3原則の絶対化を止め相対視を!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060409/p1


[関連記事] ~ウルトラシリーズ最終回評

ウルトラマンティガ』(96年)最終回 最終章三部作 #50「もっと高く!~Take Me Higher!~」・#51「暗黒の支配者」・#52「輝けるものたちへ」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19961207/p1

ウルトラマンダイナ』(97年)最終回 最終章三部作 #49「最終章I 新たなる影」・#50「最終章II 太陽系消滅」・#51「最終章III 明日へ…」 ~賛否合評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971211/p1

ウルトラマンネオス』(00年)最終回「光の戦士よ永遠に」 ~「種の存続」に殉じることの是非!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20120513/p1

ウルトラマンネクサス』(04年)最終回 ~中後盤評 #37「Final Episode 絆 ―ネクサス―」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060308/p1

ウルトラマンマックス』(05年)最終回 ~終盤評 #33、34「ようこそ地球へ!」バルタン星人前後編

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060503/p1

ウルトラマンメビウス』(06年)最終回 最終三部作 #48「皇帝の降臨」・#49「絶望の暗雲」・#50「心からの言葉」 ~ありがとう!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070505/p1

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO』(08年)最終回 #12「グランデの挑戦」・#13「惑星崩壊」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100331/p1

ウルトラマンギンガ』(13年)最終回 ~タロウ復活! 津川雅彦もキングに変身すべきだ! ウルトラ怪獣500ソフビを売るためには!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200827/p1

ウルトラマンオーブ』(16年)最終回「さすらいの太陽」 ~田口清隆監督の特撮で魅せる最終回・ジャグラス改心の是非・『オーブ』総括!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170415/p1

ウルトラファイトオーブ』(17年)完結評 ~『オーブ』・『ジード』・昭和・平成の結節点でもある年代記的な物語!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170603/p1

ウルトラマンジード』(17年)最終回「GEEDの証」 ~クライシスインパクト・幼年期放射・カレラン分子・分解酵素・時空修復方法はこう描けば!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180213/p1

ウルトラマンタイガ』(19年)最終回「バディ ステディ ゴー」 ~『ウルトラギャラクシーファイト』『スカイウォーカーの夜明け』『仮面ライダー令和』 ~奇しくも「父超え」物語となった各作の成否は!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200112/p1

ウルトラマンタイガ』(19年)最終回「バディ ステディ ゴー」 ~タロウの息子としての物語たりえたか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』(19年)最終回 ~戦闘連発でも多数キャラの動機・個性・関係性は描破可能! 物語よりも点描に規定される作品の質!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210620/p1

ウルトラマンZ(ゼット)』(20年)最終回「遙かに輝く戦士たち」・後半評 ~ネタキャラが敵味方に多数登場だが熱血活劇! 2020年代のウルトラはかくあるべし!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210905/p1(当該記事)


ウルトラマンエース』(72年)最終回「明日のエースは君だ!」 ~不評のシリーズ後半も実は含めた集大成!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070429/p1

『ザ☆ウルトラマン』(79年)最終回 #47「ウルトラの星へ!! 第1部 女戦士の情報」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100328/p1

『ザ☆ウルトラマン』(79年)最終回 #48「ウルトラの星へ!! 第2部 前線基地撃滅」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100404/p1

『ザ☆ウルトラマン』(79年)最終回 #49「ウルトラの星へ!! 第3部 U(ウルトラ)艦隊大激戦」 ~大幅加筆!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100411/p1

『ザ☆ウルトラマン』(79年)最終回 #50「ウルトラの星へ!! 完結編 平和への勝利」 ~40年目の『ザ☆ウル』総括!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20200508/p1

ウルトラマンZ前半評 ~ギャグ漫画・ギャグアニメ的なキャラ立て・会話劇での「お遊び」の中に「タテ糸」を挿入!

『ウルトラマンZ』序盤総括 ~セブンガー大活躍! 「手段」ではなく「目的」としての「特撮」!
『ウルトラマンZ』最終回・後半評 ~ネタキャラが敵味方に多数登場だが熱血活劇! 2020年代のウルトラはかくあるべし!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[ウルトラ] ~全記事見出し一覧


 シリーズ最新作『ウルトラマントリガー』(21年)#7に、前作『ウルトラマンZ(ゼット)』(20年)が客演記念! とカコつけて、『ウルトラマンZ』前半評をUP!


ウルトラマンZ』前半評 ~ギャグ漫画・ギャグアニメ的なキャラ立て・会話劇での「お遊び」の中に「タテ糸」を挿入!

(文・久保達也)
(2020年9月下旬脱稿)
(2021年1月中旬改稿)

*ハルキ&ウルトラマンゼット=主人公で「遊ぶ」(笑)


 ウルトラマンゼットに変身する主人公のハルキといえば「オッス!」「チェストぉ~~!」が毎回の定番セリフであるように、一見すると熱血体育会系のキャラのように描かれてはいる。ただ、よく観るとそれは特空機(巨大ロボット)を操縦したりウルトラマンゼットとしての怪獣との戦闘時に顕著(けんちょ)となる姿であり、普段はむしろややポ~ッとした天然ボケが強いキャラとして描かれているのだ。
 地球防衛軍日本支部のロボット部隊・ストレイジのヘビクラ・ショウタ隊長やヨウコ隊員&ユカ隊員、バコさんにクリヤマ長官らとの基地内でのやりとりでは彼らにイジられるのを喜んでいるような表情が見られるが(笑)、そんなキャラ造形はいわゆる体育会系の特徴であるアツ苦しさや強引さが苦手な我々のような人種からしても好感がもてるだろう。


 ゼットも地球に来たばかりとはいえ、敬語とタメ口を混同して話すほどに(笑)地球語、いや日本語があまりにデタラメな歴代ウルトラマンでは通常あり得なかったキャラとして初登場時から描かれてきた。そして歴代ウルトラマンを「師匠」だの「兄さん」だの「先輩」と呼称して上下関係を重んじる姿勢は、ハルキ同様の体育会系の気質を端的に表している。
 そんな似た者同士のハルキとゼットの関係性は、彼らの天然ボケぶりを最大限に活かして毎回描かれているボケとツッコミの掛け合い漫才的なやりとり抜きに語ることはできず、これも『Z』の「お遊び」演出を最大に象徴するものだ。


「ウルトラ緊急事態だ! おまえの身体を借りるぞ!」


 「ウルトラマンZ(ゼット)』(20年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200723/p1)第7話『陛下(へいか)のメダル』では、往年の『ウルトラセブン』(67年)そして『ウルトラマンティガ』(96年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19961201/p1)以降に時折見られるようになったウルトラマンの等身大バトルが描かれた!


 この際、ゼットはハルキに等身大での活動制限を「地球時間で50秒」と語る。


 おもわず笑ってしまうセリフではあるものの、ウルトラマンの地球での巨大戦闘時は制限活動時間が3分間であることからすれば一応の説得力も感じられはするだろう(笑)。
 こうしたSF作品としての疑似(ぎじ)科学性をもまずはコミカルに見せることこそが、つづく一連の描写で面白さとカッコよさを両立させたのではあるまいか?


「ゼットさま、小さくもなれるんですね!」(笑)


 かなり年上の男性が好みでハルキからゼットの年齢を「だいたい5000歳」と聞いて以来、ヨウコは「ゼットさまぁ~~」と序盤からゼットに熱を上げてきた。自身の年齢を「だいたい」などと正確に答えられないアバウトさもまたゼットのキャラを端的に象徴しているが、実際5000年も生きていたらカウントするのも大変だろうと、これも「地球時間で50秒」と同様に一応のリアルさと説得力を感じられるものではある(爆)。
 それよりもただでさえ笑えるハルキとゼットの関係性に「ゼットさまぁ~~!」と時折ヨウコが割りこむことが、その抱腹絶倒演出にさらに拍車をかける効果を上げているのは確かだ。


「お会いできて、光栄です!」


 最敬礼したヨウコのヘルメットが、ゼットの胸にある「Z」字状のカラータイマーを直撃(!)してゼットが苦しんだり(笑)。


 この回を演出した坂本浩一監督ならではだが、ゼットがヨウコをかかえながらのペアダンスバトルを披露し、「ウルトラきつい」となげいてみたり(爆)。


「使い方は、え~と……」
「忘れたんスかっ!?」


 第9話『未確認物質護送指令』で、ウルトラマンコスモスウルトラマンネクサスウルトラマンメビウスのウルトラメダルを入手したにもかかわらず、その使い方はどうだったのかゼットは宙を見上げて考えこみ、そのスキに背後からキングジョーに張り倒される(爆)。
 「力には力で」とゼットは初代ウルトラマンウルトラマンエースウルトラマンタロウのメダルでパワータイプのウルトラマンゼット・ベータスマッシュにチェンジするも、キングジョーにかなわない。


「ダメだ、どうしよう……」
「オレに聞く!?」(大爆)


 地球人・ハルキに相談してしまう情けないウルトラマンゼットは完全に三枚目として描かれていた(笑)。


*ヘビクラ隊長(ジャグラスジャグラー)の描写も「遊び」になっている!


「オレ、隊長だったりするんだよな。似合うだろ」(笑)


 映画『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』(18年・松竹・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180401/p1)ですでに対面していた朝倉リク=ウルトラマンジードに、『Z』第6話『帰ってきた男!』で再会してオドケてみせたように、ヘビクラ隊長の正体は『ウルトラマンオーブ』(16年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170415/p1)のライバルキャラ・ジャグラスジャグラーだった!
 『ウルトラマン』シリーズにかぎらず、『仮面ライダー』や『スーパー戦隊』シリーズでも、かつてのヒーローを演じた役者が後年のシリーズでまったく別の役を演じるのは昭和のむかしからよくあったことだ。
 これまでのニュージェネレーションウルトラマンシリーズの各作が、基本的には個々に別次元の世界とされてきたこともあり、『オーブ』でジャグラーを演じた青柳尊哉(あおやぎ・たかや)氏が『Z』でヘビクラを演じるのは、当初は『Z』の世界観は『オーブ』とは別次元なのだと明確に印象づけるためのキャスティングだとさえ個人的には思ったほどだった。


 しかし、そのキャスティング自体がミスリード演出であり、実際にはまったく逆でコレはうれしい誤算だったのだが、序盤では基地のモニターでゼットや対怪獣用ロボットの特空機1号・セブンガーの戦況を見守るユカに「ちょっとトイレ」(笑)とヘビクラが席をハズす描写が何度も描かれていたことで、「もしや!?」と期待した向きは相当数にのぼったことだろう。
 そういえば、『Z』第1話『ご唱和(しょうわ)ください、我の名を!』では、冒頭で描かれた古代怪獣ゴメスとの戦闘中にセブンガーの活動の邪魔(笑)をしてしまったハルキをクリヤマ長官が叱責する中、ヘビクラが謝罪をうながすためにハルキの尻をつねる描写があった。
 コレは先述した映画『劇場版ジード』でも、テレビシリーズの『ジード』でウルトラマンゼロが体を借りていたサラリーマン・伊賀栗レイト(いがぐり・れいと)を相手にジャグラーがやらかしたことだった。


 これを踏襲(とうしゅう)したのだとすれば、第1話の時点ですでにヘビクラの正体はほのめかされていたのだ(爆)。


「戦士の戦い方ってぇのを見せてくれよな」


 そう云いつつ、第8話『神秘の力』ではハルキの頬(ほお)にキスをするなど(大爆)、腐女子(ふじょし)大喜び的な描写が多いこともジャグラー人気の秘訣(ひけつ)なのだろう。


 『オーブ』で青柳氏が「子供がトラウマになるような悪役」をめざして演じたものの、結果的には「ネタキャラ」となってしまったジャグラー(笑)を再度引っぱりだしたことこそ、ある意味『Z』最大の「お遊び」であり、若い世代を中心としたライト層――といっても今となっては彼らこそが特撮マニアの中での主流派で、視聴や知識収集の熱心さの度合いでいえば新コア層だともいえる――の誘致にもおおいに貢献したともいえるだろう。


 ちなみに、講談社が2020年7月から月2回刊行し、全40号で円谷プロ作品を紹介する分冊百科マガジン『ウルトラ特撮 PERFECT MOOK(パーフェクト・ムック)』の刊行順は2019年7月18日に刊行されたプレ創刊号(vol.0・ISBN:4065164826)で募集した作品の人気投票を基準としているが、『オーブ』はvol.12(20年12月26日発行・ISBN:406520934X)として刊行、つまり人気投票で第12位だったワケだ。
 このベストテン企画では恒例のことながら、昭和ウルトラの第1期&第2期ウルトラマンシリーズや『ウルトラマンティガ』(96年)に『ウルトラマンメビウス』(06年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070506/p1)、そして『怪奇大作戦』(68年・円谷プロ TBS)などが並ぶ結果となっている。
 しかし、なんと『オーブ』はこれらに次ぐ人気で、ニュージェネシリーズの中ではダントツ首位なのだ!――ちなみに第13位は『ミラーマン』(71年・円谷プロ フジテレビ)、第14位は『ウルトラマンガイア』(98年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19981206/p1)、第15位は『ウルトラマンジード』(17年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170819/p1)だった――


 この事実からしても、ジャグラーの再登板はきわめて妥当(だとう)な英断だったといえるだろう。なので、『ジード』の伏井出ケイ(ふくいで・けい)=ストルム星人とか『ウルトラマンR/B(ルーブ)』(18年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180826/p1)の愛染マコト(あいぜん・まこと)=精神寄生体チェレーザなどの「ネタキャラ」悪役たちも、今後の作品でジャグラーのようにシレッと復活させて『Z』と同様の成果をねらうべきかと思えるのだ。


 もっとも第13話『メダルいただきます!』で、ストレイジの基地に突然現れたコイン怪獣カネゴンをかくまおうとしたハルキと、それに気づいてしまったヘビクラ隊長とで交わされた、


「なんだ、コイツ?」
「バレました?」
「気づくわ!」(爆)


などのやりとりで見せたヘビクラのコミカルな一面は、同じコミカル演技でも、ジャグラーの「ネタキャラ」ぶりとは明確に差別化されていた。
 単にキャラ人気に頼るのではなく、ヘビクラとジャグラーがまったくの別人格であるかに装う、あるいはホントにヘビクラとしての人格も新たに誕生しつつあるジャグラーの、青柳氏による演技や演出もまた見事といえよう。
 第10話でヘビクラがジャグラーであるとも知らずにユカが「解剖したい!」とのたまった際、ヘビクラが飲んでいたお茶をプッ! と吹き出す描写もサイコーだったが(笑)。


 ただ、これまでに述べてきた「お遊び」的な要素も、


・特空機の出撃場面で『帰ってきたウルトラマン』(71年)の防衛組織・MAT(マット)以降の伝統となった「ワンダバ」を連呼する男性コーラスと、『ウルトラセブン』(67年)の防衛組織・ウルトラ警備隊の戦闘機発進時の基地内アナウンス「フォース・ゲート・オープン!(第4隔壁門・開扉!)」が流れたり!
・特空機が単体ではなく、セブンガーとウインダムがコンビで活躍するさまが多く描かれたり!
・ハデな戦闘のみならず、第9話『未確認物質護送指令』ではヘビクラとユカがホンモノのウルトラメダルを輸送するヨウコのオトリ役となり、宇宙ロボット・キングジョーの分離・合体を駆使してこれを奪おうとするバロッサ星人との間で頭脳戦・スパイ戦・追撃戦が演じられたり!
・そのキングジョーの残骸から特空機3号として新生したキングジョーストレイジカスタムが、ロボットモード・セパレートモード・タンクモードの3形態に合体・分離・変型して戦ったり!


 そうした超兵器を有する防衛組織ならではのカッコよさや勇ましさがシリーズ序盤からしっかりと描かれていたからこそ、微笑(ほほえ)ましく思えるギャグ演出となりえていたのであり、そのサジ加減を誤ると印象は一変してしまうのだろう。


 ところで先日、YouTubeで配信された『ウルトラマンマックス』(05年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060503/p1)第31話『燃えつきろ! 地球!!』を、本放送以来15年ぶりに視聴した。内容はほぼ忘れていたのにもかかわらず、防衛組織・DASH(ダッシュ)の隊員たちが挑発星人モエタランガによって往年の野球アニメ『巨人の星』(68~71年)の主人公・星飛雄馬(ほし・ひゅうま)のように目が炎と化して燃える熱血キャラとなって暴走する場面で、リアルタイムでいっしょに観ていた当時5歳の甥(おい)が「なにコレ? アホみたい」(大汗)とアキレていたのを思い出してしまった――『激走戦隊カーレンジャー』(96年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110521/p1)でも、目に炎がやどるギャグ演出回があったと記憶している(笑)――。


 まぁもちろん甥がそうであったというだけであって、その一例をもってして全国の子供たちも同様の反応を示していたのだとはいえないが。改めて当時のネット上の超巨大掲示板2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)での反応を調べてみると、のちに『仮面ライダーフォーゼ』(11年)やロボットアニメ『天元突破グレンラガン』(07年)に深夜アニメ『キルラキル』(13年)などのメインライターを務める中島かずきが脚本を手掛けたこのギャグ回は、否定的な感想ももちろんあったのだが概して評価は高かったのだった(笑)。
 この2004~2005年は、それまでの特撮マニア間でのハード&シリアス志向が草の根(主に2ちゃんねる・笑)で急速に相対化が果たされてきて、子供向けのギャグ路線もおおいにOKだろう! むしろシリアス志向こそが今でいう「中二病」に過ぎないだろう! というようになり、特撮マニア間での価値観が大きく地殻変動した時期だった――その数年前である2001年ごろだとまだ、子供間では大ヒットしているのにも関わらず、『百獣戦隊ガオレンジャー』(01年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20011113/p1)の熱血B級ノリが、2ちゃんねるに集う年長マニア間では「リアルではない! 軽躁的である!」として酷評されていた時代であったのだ(汗)――。


 なので、往年の『帰ってきたウルトラマン』第48話である怠け怪獣ヤメタランスが登場する『地球頂きます!』などのギャグ回などもビミョーなところがあるのだが、防衛隊にしろウルトラマンにしろ、フザケすぎても子供たちの憧憬対象にはならなくなってしまう危険性はたしかにあるのだ。


*宇宙海賊バロッサ星人は「宇宙の神秘」とは真逆な「チンピラ宇宙人」として「遊ばれる」!(笑)


 ウサギのような金色の長い耳にまんまるな青い目をした一見可愛らしいデザインに見えた、第10話『宇宙海賊(うちゅうかいぞく)登場!』に登場したバロッサ星人。だが終始、「バロッサ! バロッサ!」とエキセントリックに叫ぶばかりで地球語を話すことができず、人間の頭をつかんで意思を乗っ取ることで会話をするあたり、地球人を「下等生物」と呼んでいたワリには自分がそうではないのか?(笑)


 なにせゼットのタイプチェンジ形態・ガンマフューチャーとの巨大戦では、ロシアの作曲家・ハチャトゥリアンによる有名なバレエ楽曲『剣の舞』に軽快に身を踊らせながら(笑)、背中から次々に剣を引っ張り出して、名作映画『七人の侍』(54年)や『仮面ライダーゼロワン』(19年)終盤(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200921/p1)のように大地に突き刺していく!
 その中には『ウルトラマンレオ』(74年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090405/p1)が初出で、ニュージェネウルトラマンシリーズでも再登場を繰り返してきたサーベル暴君マグマ星人のマグマサーベル(!)や、暗黒星人ババルウ星人の武器である巨大なトゲ付き鉄球(!)が付いた刺股さすまた)までもが含まれていた!
 たしかにバロッサのどチンピラぶりは、『レオ』初期に登場した通り魔的宇宙人を彷彿とさせる。こいつは「宇宙人」ではなくて「星人」である!(爆)


 ちなみに、ゼット・オリジナルとの等身大戦では全身を透明化するマントを使っていたが、コレは『帰ってきたウルトラマン』第19話『宇宙から来た透明大怪獣』に登場した忍者怪獣サータンの毛でつくったのだとか(笑)。まぁコレらは昭和世代大喜びの「お遊び」ではあるのだけれど、一見お笑い系のバロッサがそんな歴代の強敵を次々倒して武器を奪ってきたとして描くのは、その圧倒的な強さと「海賊」らしさを印象づけるには実に効果的だった。


 しかもバロッサは断末魔に弟たちが復讐(ふくしゅう)に来ると叫び、「何人でもかかってこい!」とゼットが挑発するや、その弟は「9999人」もいるのだとか(爆)。


 『仮面ライダー』や『スーパー戦隊』ではこんなコミカルな敵が登場するのがすでに当たり前となっているだけに、『ウルトラマン』シリーズでも『ウルトラマンマックス』あたりからはそのようなキャラが登場するのも不思議ではないのだけれど――先の『マックス』第31話『燃えつきろ! 地球!!』などはその典型!――、昭和の第2期ウルトラマンシリーズに大挙登場したチンピラ宇宙人たちが、20世紀の年長マニアたちから糾弾(きゅうだん)された70~90年代を知る身としては、やはり感慨を深くせずにはいられない。


 「9999人」もの弟たちの復讐が今から楽しみだ(大爆)。



 抱腹絶倒だった第10話につづいて、第11話『守るべきもの』、そして第12話『叫ぶ命』はハルキに試練が訪れるかなり重い話だった。それを乗り越えて成長するハルキを描くために、この鬱(うつ)展開は第2クール初頭までひっぱられるようだ――紙幅の都合もあり、これについてはハルキの成長を無事見届けてから語ろうと思う――。


 ただ、第1クールがこれまでに述べてきた「お遊び」演出に満ちあふれた明朗快活な作風であり、特撮場面の方が本編よりも尺数の比率が高いのでは? と思えるほどに見せ場が充実していたことからすれば、それだけが理由で視聴者が『Z』から離れる事態には至らないと思える。ほぼ総集編のコミカルな第13話『メダルいただきます!』――もちろんこのサブタイトルは先の『地球頂きます!』へのオマージュである(笑)――をワンクッションはさんでから第2クールにつなげる、緊張感をほぐす配慮からして象徴的である。


 まぁその第13話からして史上最大の「お遊び」があったのだが……


カネゴン「赤いアイツだ!」


 ゼット・ベータスマッシュの姿を見上げたカネゴンはあわてふためく。ネット配信されたことで若い特撮マニア間でも有名になった、全身赤を基調として両目をゴーグル状の部分が覆(おお)うベータスマッシュのデザインは、早朝の子供向けバラエティ『おはよう! こどもショー』(65~79年・日本テレビ)の枠内で放映された『レッドマン』(72年・円谷プロ 日本テレビ)の主人公ヒーロー・レッドマンに酷似していたからだ(笑)。
 『レッドマン』は造成地や採石場レッドマンと怪獣が戦うだけの3分ほどの帯番組として製作されたが、その中でカネゴンは原典『ウルトラQ』(66年)での「善良」なる怪獣役とは異なり「悪役」として登場してしまい(爆)、槍状の武器「レッドアロー!」で串刺しにされてしまったのだった(大汗)。
 レッドマンは2008年ごろからネット配信を観た若い特撮マニア間で「赤い通り魔」(爆)なる新しい異名を頂戴し、2012年に開催された企画展「館長庵野秀明 特撮博物館」での音声ガイドでもそのように言及されてしまったりして、人口に膾炙(かいしゃ)したものなのだ。老若に関わらず相応のマニア諸氏であれば、このセリフにはきっと爆笑したことだろう(笑)。


*『Z』には「タテ糸」もあるが、まずは「お遊び」で魅せている!


「『ウルトラマンオーブ』では遊び回ではなく縦軸回をきちんとやれ、みたいな話になりましたが、そもそもこのシリーズでは縦軸回とか遊び回とかを分けず、「基本的に遊ぼう」と主張しました」

講談社シリーズMOOK『ウルトラ特撮 PERFECT MOOK vol.12 ウルトラマンオーブ』(講談社 2020年12月26日発行) 監督・特技監督 田口清隆「君にも見えるウルトラの証言」)



 『ウルトラマンZ』のみならず『ウルトラマンオーブ』でもメイン監督だった田口清隆(たぐち・きよたか)監督の発言にもあるとおり、『新ウルトラマン列伝』(13~16年)の枠内で放映され、その期間も短かった『ウルトラマンギンガ』(13年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200819/p1)、続編の『ウルトラマンギンガS(エス)』(14年)、そして『ウルトラマンX(エックス)』(15年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200405/p1)とは異なり、やっと一枚看板の作品として放映された『ウルトラマンオーブ』以降のウルトラマンシリーズは、昭和以来の伝統である一話完結形式を継承しつつも、そのタテ糸がしっかりとした連続ドラマ性や、各作で作品世界は異なるとはいえ並行宇宙を越境できる概念の導入で、他のウルトラシリーズともつながっている趣(おもむき)が強かった。


 それらの連続ドラマ性や作品越境性を踏襲したかのように、主人公のウルトラマンタイガがウルトラマンタロウの息子であるとか、タイガの仲間でトライスクワットなるトリオを組んでいるウルトラマンタイタス&ウルトラマンフーマが、それぞれ『ザ☆ウルトラマン』(79年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200508/p1)や『ウルトラマンオーブ』と『ウルトラマンR/B』の主人公ウルトラマンたちと同じ星の出身だとか、敵であるウルトラマントレギアがウルトラマンタロウと古くからの因縁(いんねん)がある関係だとか……
 そうしたキャラたちの出自をめぐるナゾ解きをタテ糸に人物相関図の激変ぶりを描いたならばきっと面白くなったであろう前作『ウルトラマンタイガ』(19年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1)は、実際にはそんな大河ドラマ的なシリーズ構成よりも各回の単品としての物語を重視したつくりになっていた。
 それも地球での平和な暮らしを望む宇宙人たちがトレギアにそそのかされ、葛藤(かっとう)の末に悪事に走るような陰鬱(いんうつ)で湿っぽい話を連発したためか、ネット上での特撮マニア諸氏の反響を見るかぎりでは、序盤ではたしかに楽しんでいた若年(じゃくねん)層やライト層が次第に離れてしまう残念な結果となっていた。


 最新作『ウルトラマンZ』の作品世界や作劇は『タイガ』とは一転して、先述したような近年のウルトラマンシリーズに顕著な連続ドラマ性や作品越境性を強く感じさせるものだ。しかし……


*師匠・ウルトラマンゼロに「遊ば」れるウルトラマンゼット!(笑)


ウルトラマンゼロ「おまえなんか3分の1人前だ!」(爆)


 第1話『ご唱和(しょうわ)ください、我の名を!』の冒頭でウルトラマンゼロウルトラマンゼットにそう吐き捨てるに至ったほど、先輩ウルトラマンのゼロは新米ウルトラマンのゼットから弟子入りを志願されるもさんざん邪険に扱う(笑)。
 だが、宇宙警備隊の若き隊員たちのためにウルトラマンヒカリが開発した歴代ウルトラマンたちの力を秘めたウルトラメダルと、それをハメて用いるパワー召喚用アイテム・ウルトラゼットライザーを、ウルトラ一族の故郷であるM78星雲・光の国を襲撃した凶暴宇宙鮫(ざめ)ゲネガーグが飲みこんでしまう! ゼットとともに宇宙でゲネガーグを追跡していたゼロは、ゲネガーグが口から吐き出した、初代『ウルトラマン』(66年)に登場した四次元怪獣ブルトン(!)によって異空間に飛ばされ、行方不明となってしまう!


「オレの心配するなんざ、2万年早いぜ!」


 第7話『陛下のメダル』で、『ウルトラマンジード』にも登場したベリアル融合獣である巨大怪獣ペダニウムゼットン、そしてそれが変身したスカルゴモラにゼットとジードが苦戦していたそのとき、「シャイニング・スター・ドライブ!」で時間を逆行させ、ワームホールから脱出できたゼロが颯爽(さっそう)と駆けつける!
――『ウルトラマン列伝』(11~13年)の枠内で放映された短編『ウルトラゼロファイト』第2部『輝きのゼロ』(12年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200314/p1)の終盤で、ウルトラマンベリアルの亡霊に憑依(ひょうい)されて全身が黒い姿のゼロダークネスと化してしまい、自らの手でウルティメイトフォースゼロの仲間であるグレンファイヤー・ミラーナイト・ジャンボット・ジャンナインたちを葬(ほうむ)ってしまったウルトラマンゼロが、彼らを復活させるために使った時間逆行能力の再使用!――


 美しい夕陽を背景にゼット、そして『ジード』ではゼロの後輩ウルトラマンとして描かれたジードとゼロ、3大ウルトラマンの共闘が実にカッコよく描かれることになったのだ!


 ただ、それは決してビジュアル的にカッコいいばかりではない。


「オレの弟子を名乗るなら、根性見せやがれ!」


 あいかわらずのヤンキー口調ではあるものの(笑)、このセリフは第1話では「3分の1人前」などと罵倒(ばとう)していたゼットの「弟子」入りを、ゼロが暗に了承したと解釈できるシャレたものなのだ!


 ゼロ&ジード&ゼットの3大ウルトラマンが第7話のクライマックスで見せた共闘は、ゼロとゼットの関係性の変化を最大限に象徴するからこそ盛り上がったのである。これも近年のウルトラマンシリーズでようやく見られるようになった、バトル場面に仮面キャラクターたちの人間ドラマも挿入する作劇的技巧なのだ!


・『ウルトラマンガイア』(98年)のウルトラマンガイアとウルトラマンアグル
・『ウルトラマンメビウス』(06年)のウルトラマンメビウスウルトラマンヒカリ
・『ウルトラマンギンガS』(14年)のウルトラマンギンガとウルトラマンビクトリー


 「1号ウルトラマン」と「2号ウルトラマン」の関係性の変化を描いたかつてのシリーズのように、ゼロとゼットの関係性の進展を描いた『Z』も、キャラの群像劇を描く「連続ドラマ」としての印象を序盤の時点で強くさせたのだ。


 第1話でゼットに倒されたゲネガーグの体内から各地に散らばってしまい、『Z』の防衛組織・地球防衛軍日本支部がひそかに回収したウルトラメダル。それらをねらう怪獣研究センターの青年カブラギ・シンヤに寄生した本作のレギュラー悪である寄生生物セレブロとの「お宝争奪戦」は、古くは『南総里見八犬伝』や『指輪物語ロード・オブ・ザ・リングス』、戦前でも吉川英治の名作時代小説『鳴門秘帖(なるとひちょう)』にはじまり、TVの時代になってからは『隠密剣士(おんみつけんし)』(62年・宣弘社 TBS)や『仮面の忍者 赤影』(67年・東映 関西テレビ)など、脚本家の故・伊上勝(いがみ・まさる)氏らがテレビ草創期の1950年代後半から1960年代前半の時代には「連続もの」として製作されるのが当然だった、超人ヒーロー時代以前の覆面ヒーローや時代劇ヒーロー作品で得意としてきた手法の継承でもある。


 そのセレブロとは別に、『Z』の世界では先述したウルトラマンジードの実の父親で、この10年ほどの劇場版やテレビシリーズでは常連の敵キャラとなっているウルトラマンベリアルの細胞の因子・デビルスプリンターが次元を超えてさまざまな宇宙に拡散して怪獣を凶暴化させており、ゼロやジードをはじめとするウルトラ一族が集っている宇宙警備隊がそれらを捜索して消去しているとされている。
 このデビルスプリンターはセレブロ=カブラギがそれを利用してウルトラマンベリアルメダル(!)を独力で生成する描写などの伏線として有効に機能するのみならず、作品世界のスケール感を中心となる舞台の地球から宇宙全体へと拡大させている。


*『Z』には「タテ糸」もあるが、まずは「お遊び」で魅せている! その2


 いろいろと挙げてきたが、もちろんこれらの「連続もの」としての要素も、『Z』を面白くさせている要因ではある。


 ゼットが名実ともにゼロの弟子と成りえた第7話のラストで、カブラギが身分証明書を落としたのを発端(ほったん)に、第8話『神秘の力』以降に描かれた、カブラギを不審がる地球防衛軍日本支部のロボット部隊・ストレイジのヘビクラ・ショウタ隊長=ジャグラスジャグラーによるカブラギの正体解明を旨(むね)とするサスペンス展開。そして、カブラギがセレブロとしての本性を表すのみならず、ヘビクラもまたジャグラーにたびたび変身しては繰り出されたウルトラメダル争奪戦は、まさに「連続もの」としての真骨頂と呼ぶべきところだろう。


 たとえば第2話『戦士の心得(こころえ)』に登場した透明怪獣ネロンガの放電ヅノを、第4話『二号ロボ起動計画』でストレイジが地底怪獣テレスドンへの有効な攻撃手段として転用するのは、「連続もの」ならではの面白さである。


 だが『Z』の場合、そういった「連続もの」要素よりも、ストレイジ装備研究開発班に所属する理系女子で怪獣出現や怪奇現象発生に狂喜するオオタ・ユカ隊員がよりにもよって冷蔵庫(笑)でネロンガの放電ヅノを保管したために、主人公ナツカワ・ハルキ隊員が入れていた焼きプリン(笑)がダメになってしまい(爆)、ハルキが落胆する……といった「面白さ」の方を強調して演出している印象が強いのだ。


 先に挙げたインタビューの中で、『ウルトラマンオーブ』ではしっかりとしたタテ糸を据えるという命題を課しながらも、そこに基本的な方針として「遊び」を挿入した田口監督は、『Z』では逆に「遊び」にあふれる演出の方を「主」として、そこに「従」として「タテ糸」を挿入しているといった感がある。


 田口監督が自ら起用したメインライターで『Z』の放映直前に37歳の若さで他界した脚本家の故・吹原幸太(ふきはら・こうた)氏は、学生時代に劇団を旗揚げし、主宰(しゅさい)する劇団の舞台を中心にテレビドラマや映画などの脚本も幅広く手がけていたそうだ。


 特撮評論家の故・竹内博氏が70年代半ばに主宰した特撮同人・怪獣倶楽部(クラブ)をモチーフにした深夜ドラマ『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』(17年・毎日放送http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170628/p1)も実は氏の脚本作品であり、それ以外にも、


・『動物戦隊ジュウオウジャー&手裏剣(しゅりけん)戦隊ニンニンジャー スーパーライブ』(16年)
・『宇宙戦隊キュウレンジャー 究極の選択! 天秤(てんびん)にかけられた友情!!』(17年)
・『快盗戦隊ルパンレンジャーVS(ブイエス)警察戦隊パトレンジャー 華麗なる新戦士! ルパンエックス・パトレンエックス!!』(18年)
・『騎士竜戦隊リュウソウジャー シアターG(ジー)ロッソに現る!!』(19年)


など、氏は東京ドームのシアターGロッソで開催された近年のスーパー戦隊のアトラクションショーの脚本をも手がけていたのだ。


 ところで田口監督といえば、映画『劇場版ウルトラマンオーブ 絆(きずな)の力、おかりします!』(17年・松竹・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200406/p1)のクライマックスで、怪奇現象追跡サイト・SSP(エスエスピー)のメンバーたちが、


「みんなでウルトラマンを応援しよう!」
「行くよ! せ~~のっ!」


と観客に呼びかける、夏休み恒例のイベント『ウルトラマンフェスティバル』でライブステージの進行役を務めるお姉さんの役目をまんまパクった演出が、個人的には強く印象に残っている。
 学生時代からマニアックな自主映画を大量に製作してきた田口監督はプロの現場に入ってからもなかなかマニアックな感覚から抜け出せなかったそうだが、たまたま観た『ウルトラマンフェスティバル』のステージショーに対する、特撮マニアたちのツボとは異なる子供たちの熱狂ぶりに接したのを契機に、以降は我々のように偏向した特撮マニア向け(笑)ではなくフツーの標準的な子供を強く意識してウルトラマンを演出するようになった旨を同映画のパンフレットで語っていた。なるほど、それは実に正しい選択である。スーパー戦隊のアトラクションショーを多数手がけた実績を持つ吹原氏を田口監督が指名したのは、そんな心の変遷(へんせん)と決して無関係ではあるまい。


 ちなみに吹原氏は、『仮面ライダージオウ』(18年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191020/p1)のオリジナルビデオ作品で、小学館の幼年誌『てれびくん』の愛読者全員サービスDVD『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダービビビのビビルゲイツ』(笑・19年)の脚本も担当しており、漫画家の故・水木しげる氏の代表作『ゲゲゲの鬼太郎(きたろう)』に登場する人気キャラ・ビビビのねずみ男とかけあわせたそのタイトルは実に「遊び」心にあふれていた。
 そんな吹原氏の「遊び」の心にシンパシーを感じ、それこそが『Z』、ひいては「新時代」のウルトラマンに最も必要だと田口監督が考えたからか、『Z』は全体的に前作の『タイガ』とはまったく異なる明朗快活な作風となったのだ。


*防衛組織の隊員やカプセル怪獣でも「遊ぶ」!


 先述した『ウルトラマンオーブ』は、毎回の中心となるレギュラーキャラが怪奇現象追跡サイト・SSPに所属する若者たちであり、当初は実作品とは異なり怪獣攻撃専門の防衛組織は完全に出さないとの案もあったそうだ。だが、田口監督がそれはさすがにリアルではなかろうと強硬に反対したことから、折衷(せっちゅう)策としてヒロインである夢野ナオミの叔父(おじ)・渋川一徹(しぶかわ・いってつ)が所属する防衛組織・ビートル隊をセミレギュラー的に出すかたちに落ち着いたそうである。以降は、


・『ウルトラマンジード』では、主人公少年&ヒロインやその仲間と正義の宇宙人組織が協力して悪側と対決、
・『ウルトラマンR/B』では、主人公の青年兄弟と女子高生の妹、アパレルショップを経営する父と行方不明から帰還した母による家族組織(!)が悪と戦い、
・『ウルトラマンタイガ』では、主人公青年と宇宙人男性、終盤ではその正体が宇宙生まれのアンドロイドだと発覚した若い女性らが、元警察組織にいた地球人女性が結成した民間の警備会社に所属して共闘する


といった調子であり、昭和の初代『ウルトラマン』から平成の『ウルトラマンメビウス』に至るまで、主人公が地球の大規模な防衛組織に所属するという『ウルトラマン』シリーズとしては当たり前だったパターンを破る変則的な設定がつづいてきた。これは近年の子供たちの「メカ離れ」により、劇中で防衛組織のカッコいい戦闘機や特殊車両などのメカを大活躍させても、それらを商品化したバンダイ発売の合金玩具が売れなくなった背景事情が大きな要因として考えられる。


 そして、やはり田口監督がメインを務めた『ウルトラマンX』以来、実に5年ぶり(!)に本格的な防衛組織をレギュラーとして復活させるにあたり、スタッフ陣は『ウルトラマンZ』では戦闘機や特殊車両のカッコよさではなく、それ以外の要素で防衛組織が視聴者に魅力的に映るような方策を次々に繰り出している。


 『Z』に登場する地球防衛軍・日本支部のロボット部隊であるストレイジは、


・設定年齢34歳のヘビクラ・ショウタ隊長
・主人公青年でウルトラマンゼットに変身するナツカワ・ハルキ
・作戦班所属パイロットのナカシマ・ヨウコ
・装備研究開発班に所属する科学者のオオタ・ユカ


 以上の男女各2名が主要メンバーとして所属するのみだ。


 だが、整備班リーダーの還暦(かんれき)間近で白髪まじりのイナバ・コジロー=通称・バコさんが率いる整備班の隊員たちがメカの格納庫や作戦現場に多数配置されたり、ロボット部隊の基地とは別に所在する怪獣研究センターの描写や、ストレイジを創設した日本支部長官・クリヤマセミレギュラーで登場するなどにより、予算が少ない中でもその組織のスケールの大きさを醸(かも)し出すことには成功している。
――ちなみに、クリヤマ長官を演じるのは、ちょうど『Z』の放映期間中に動画無料配信サイト・YouTube(ユーチューブ)で配信されていた『仮面ライダーウィザード』(12年)では、主人公側のキャラで骨董(こっとう)品店・面影(おもかげ)堂を経営する「輪島(わじま)のおっちゃん」を演じていた小倉久寛おぐら・ひさひろ)氏だった――



 本部で通信を担当するのが女子隊員の主な任務だった昭和ウルトラとはさすがに時代が違うとはいえ、『Z』での女子隊員の大活躍ぶりには目を見張るものがある。


 曾祖父(そうそふ)の代からつづく軍人一家を出自とするヨウコが、ストレイジに配備される対怪獣用ロボットの


・特空機1号であるセブンガー
・特空機2号であるウィンダム
・特空機3号であるキングジョーストレイジカスタム


などのコクピットに乗りこんで毎回怪獣とカッコよく戦うさまは、昭和ウルトラにたとえれば初代『ウルトラマン』の防衛組織・科学特捜隊のアラシ隊員や『ウルトラセブン』の防衛組織・ウルトラ警備隊のソガ隊員、『ウルトラマンA(エース)』(72年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070429/p1)の防衛組織・TAC(タック)の山中隊員など、「射撃の名手」として設定された隊員たちの役回りを継承しているともいえる。


 まぁリアルに考えたら特空機のコクピット内にいるヨウコの戦闘時の掛け声や悲鳴が、エコーのかかった大音量で外部に聞こえたり外部に流したりするハズはないのだけれど(爆)、これは往年のロボットアニメ『マジンガーZ(ゼット)』(72年・東映動画→現・東映アニメーション フジテレビ・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200119/p1)の時代からのお約束でもあるし、ハルキとウルトラマンゼットの関係性のようにヨウコが特空機と「一心同体」と化しているかのような描写によって、そのキャラを立てるための演出でもあるのだろう。


 第6話『帰ってきた男!』では、冒頭からハルキが操縦するセブンガーとヨウコが操縦するウインダムが模擬(もぎ)戦闘を繰りひろげる! 『Z』での特空機の導入は、昭和から平成にかけてはウルトラマンの戦闘場面といえば大抵はクライマックスの1回だけだったウルトラマンシリーズに(除く『レオ』)、ようやく冒頭や中盤でも特撮戦闘場面を描くようになってきた近年の作品群に見られる、子供たちや視聴者へのツカミを増やためのすバトル演出をさらに発展させた手法として高く評価されるべきだろう。


 ただ、そればかりではなく、この回では映画『劇場版 ウルトラマンジード』に登場した白亜のロボット怪獣であるラストジャッジメンター・ギルバリスが再来し、その光線からウインダムがセブンガーをかばって倒れる描写があったのだ。
――なお、この映画にも登場したジャグラー=ヘビクラが「(ギルバリスが)復活したのか!?」とつぶやく描写で、その映画とこの回の双方を演出した坂本浩一監督は、マニアよりも怪獣博士タイプの子供たちの方が気にするだろう、『劇場版ジード』と『Z』第6話に共通項がある登場人物がいることをキチンと念押しさせていた――


 ところで、第10話『宇宙海賊登場!』に登場したチンピラ宇宙人(笑)、もとい海賊宇宙人バロッサ星人のような等身大宇宙人の攻撃からヨウコがハルキをかばうよりも、ギルバリスみたいな巨大怪獣の攻撃からハルキが操縦するウインダムをかばってヨウコが操縦するセブンガーが盾(たて)となる描写の方が、後輩のハルキに対する先輩のヨウコの想いの描写としては、格段に印象強く残るのではなかろうか? 先にヨウコは特空機と「一心同体」として描写されていると書いたが、それはハルキとの「関係性の変化」を描くための効果的な手段にも成りうるのである。



 さて、ヨウコとは対照的な理系女子(リケジョ)のユカは、初代『ウルトラマン』の科学特捜隊でいうならば各種光線銃や宇宙語の翻訳機、地底戦車に至るまでのメカ開発を担当したイデ隊員や、『ウルトラマンA』のTACで兵器開発専任だった梶(かじ)隊員的なポジションだろう。
 また、同じTACの巨漢でややお人好しの今野(こんの)隊員や、『ウルトラマンタロウ』(73年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20071202/p1)の防衛組織・ZAT(ザット)の常にスットボケた印象で怪獣の捜索中に釣りに興じたこともある北島隊員(笑)らに見られたギャグメーカーとしての役回りも与えられていた。
 ユカはこの双方を兼ね備えていたイデ隊員を彷彿とさせるが、やはりかつては男性隊員の役割だった兵器開発とギャグメーカーを兼任する女性隊員として、そのキャラは立ちまくっている。


 たとえば第8話で行方不明になったハルキを捜すヨウコが、街中で買い出し帰りのユカに出くわす場面。


「ハルキ見なかった!?」
「そんなことより、コレ見てよ!」


 後輩のハルキを心配するヨウコに対し、ユカは買い出しの途中でひろったハルキがウルトラマンゼットへの変身に使用するアイテム・ウルトラゼットライザーを得意げに示したあげく、それが地球外物質でできているなどと大喜びする(笑)。
 この両極端な対比でキャラを掘り下げる演出は実に見事だったが、仲間の安否(あんぴ)よりも自身の趣味嗜好(しこう)を優先してしまうユカの姿は、ほぼ同じ人種の我々オタクたちからすれば「あるある」(汗)的なリアルすぎる描写であり、苦笑するしかなかったものだ。


 『帰ってきたウルトラマン』の防衛組織・MAT以来の伝統である武道場での稽古(けいこ)場面でヨウコにいとも簡単に組み伏せられるさまにはじまり、買い出し中に超古代怪獣ゴルザ・超古代竜メルバ・宇宙戦闘獣超コッヴが合体した合体怪獣トライキングを見かけて、


「3怪獣合体、超激レア!」


と喜んだり、あげくはこの回の敵役として登場した変身怪人ピット星人の美人姉妹とのバトルもそっちのけで


「お願い、研究させて!」(爆)


と頭を下げてみたりと、この第8話でユカを我々のような人種とほぼ同族として描くことで一気に感情移入を集める演出はあまりに秀逸(しゅういつ)であった(大爆)。


ウルトラマンゼロウルトラマンジード=「師匠」&「先輩」関係でも「遊ぶ」!


 これらの方法論が最大限に活かされたのが、「師匠」のウルトラマンゼロ、そして「先輩」のウルトラマンジードとウルトラマンゼットとの関係性を描いた第6話&第7話だろう。


 『ウルトラマンジード』で「師匠」のゼロと共闘関係にあったジードはゼットにとって


「ウルトラすごい兄弟子でございますよ!」(笑)


であり、ハルキはハルキでジードに変身する朝倉リクのことを


「リクくん先輩」(笑)


と呼ぶのだ。ゼットもハルキもいかにもな表現だが、これではジード=リクのことを尊敬しているのだかコケにしているのだかよくわからない(爆)。
 だが、ジード=リクをゼットやハルキが称したとおりに描くことで、「ウルトラすごい兄弟子」だの「リクくん先輩」などと云ってしまう「面白さ」を「カッコよさ」へと昇華させる作劇的技巧にこそ注目すべきだろう。


「(ウルトラマン)ヒカリがこれをキミにって……」


 第6話&第7話では、『ジード』で元々「星雲荘」なる古アパートでリクと同居していたことから共闘する仲間となったマスコットキャラ・ペガッサ星人ペガも、近年は円谷プロの専属になったのか? と思えるほどの人気若手声優・潘めぐみ(はん・めぐみ)氏が声をアテることで再登場した――まぁ新人とはいえ顔出しの役者さんとは異なり、着ぐるみキャラや声優さんなのでギャラが安いからこそ可能な処置なのだろう(汗)――。
 第6話の回想では、映画『劇場版 ウルトラマンジード』にも登場したジードと因縁が深いロボット怪獣=ギルバリスとの戦闘でリクが変身に使用していたアイテム・ジードライザーが破壊されてしまったことが判明する。ペガはその代わりにとウルトラマンヒカリから託された、ハルキがゼットへの変身に使うゼットライザーを、そしてウルトラマンギンガ・ウルトラマンエックス・ウルトラマンオーブのウルトラメダルをリクに渡すために地球に来訪したのだった――ペガもそんな重要な任務を与えられるほど、ウルトラマンヒカリから信頼を得ているのだと、怪獣博士タイプの子供たちや我々マニア視聴者たちに思わせるのが秀逸!――。



 『Z』のキーアイテム・ウルトラメダルと変身アイテムのゼットライザーは、M78星雲の宇宙科学技術局に所属するウルトラマンヒカリが若き宇宙警備隊員たちのために開発した設定になっている。思えば『ジード』でも、リクがジードへの変身に使用した歴代ウルトラマンの力を秘めたウルトラカプセルは実はヒカリが開発したという設定になっていた。
 要はただの玩具まるだしのオモチャで、昭和ウルトラの世界観とはかなり異なるトンデモな属性をもったアイテムの数々でもあるのだが(笑)、そこに少しでも必然性を与えるためにも、昭和ウルトラ世界のウルトラ一族であるウルトラマンヒカリがつくった超科学アイテムだということにしておけば許せてくるどころか、けっこうな説得力&昭和ウルトラ世界直系の由緒の正しさも醸せてくるのだ!(笑)


 ちなみに、映画『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦! ウルトラ10勇士!!』(15年・松竹・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200404/p1)の続編として製作され、『新ウルトラマン烈伝』の枠内で放映された短編『ウルトラファイトビクトリー』(15年)にもウルトラマンヒカリは登場していた。そして、ここでは宇宙の帝王や悪霊を封印する力を持つ魔笛封印剣(まてきふういんけん)・ナイトティンバーを、『ウルトラマンギンガS』の2号ウルトラマンであるウルトラマンビクトリーに与えていた。
 『ジード』や『Z』もそうだが、この『ファイトビクトリー』にも本来は『ウルトラマンメビウス』の2号ウルトラマンだったヒカリのみが登場して、1号ウルトラマンウルトラマンメビウスは登場していない――YouTubeで配信された短編の最新作『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀(いんぼう)』(20年)ではヒカリとともにメビウスも登場したが――。
 ただ、最新ヒーローをパワーアップさせるには打ってつけの存在として、ヒカリを良い意味での「便利屋」として機能させるに至った『メビウス』での「M78星雲・宇宙科学技術局」所属という設定は、将来的な展望を見据えたすばらしいものだったのだ。……いや、当時は絶対にそこまで考えてはいなかっただろうが(笑)。


 むしろしょせんは商品点数を増やすための「2号ウルトラマン」にすぎず、フツーであれば『メビウス』前作の『ウルトラマンマックス』の2号ウルトラマンであるウルトラマンゼノンのようにとっくに埋もれてしまっていたであろうヒカリの存在を、最新ヒーローの変身アイテムや武器の背景=バックボーンとして最大限に活かして、ウルトラシリーズの世界観の再確認にもつなげている、近年のスタッフたちにも敬意を表すべきなのだ。ヒカリが露出をつづけることで、必然的にその出自である2021年で「15周年」を迎える『メビウス』にも世間の関心の目は向けられるのだから。


 第6話のクライマックスではギルバリスに破壊されて大炎上したコンビナートの紅蓮(ぐれん)の炎を背景に、


・ギンガ&エックス&オーブのウルトラメダルとゼットライザーでリクが変身したウルトラマンジードの最新形態・ギャラクシーライジン
ウルトラマンゼットのパワー形態であるベータスマッシュ


 両者が「ウルトラすごい」共闘を繰りひろげた!


 先端がトガった青い目が特徴のジードのマスクをそのままに、濃紺をベースに赤や金が配色されたアーマーを全身に装着したギャラクシーライジングの必殺技は、全身を発光させて巨大な炎を放つ「レッキングフェニックス!」だ!
 そして、ゼットは第5話『ファースト・ジャグリング』で、太古にウルトラマンが冷凍怪獣ペギラを封印したとして語られた槍(やり)状の新武器・ゼットランスアローから炎の力「ゼットランスファイヤー!」を放った!


 コンビナートを手前に勝利のポーズをキメる両雄の背景には炎が上がるさまは、東映製作のメタルヒーロー時空戦士スピルバン』(86年)にはじまるヒーローものお約束の定番演出なのだが、実にカッコいい!



 さて、序盤で語られたように、『Z』の世界では次元を超えてさまざまな宇宙に拡散して怪獣を凶暴化させる元凶・デビルスプリンターなる存在が設定されており、その調査のためにジードはこの世界の地球に飛来するに至ったのだ。そのデビルスプリンターは『ジード』のレギュラー悪のみならず、映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE(ザ・ムービー)』(09年・ワーナー・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101224/p1)から『Z』に至るまで、この十数年もの間にウルトラマン最大の宿敵として描かれつづけてきたウルトラマンベリアルの細胞の因子なのだ!
 このベリアルもまた先述したウルトラマンヒカリと同様に、近年ではすっかり「便利屋さん」と化したかの印象が正直、個人的にもある。ただ、新作がつくられるたびにベリアルを引っぱりだすことで近年の作品に連続性を与えて、しかもそれらを基本的にすべて別次元での出来事として描くことで、むしろ宇宙規模どころか並行宇宙規模での世界観拡大の効果を上げているのは確かだろう。


 ひさびさの地球なのに、いやだからこそなのか、第7話の冒頭でリクがカップラーメンを食いまくる描写はたしかに「リク先輩」ではなく、「リクくん先輩」(笑)と呼びたくなる一見オチャメな演出ではある。
 だが、第6話のラストに回想として挿入された映画『ウルトラ銀河伝説』からのベリアルVSウルトラマンタロウの場面――原典の映像ではベリアルの体皮がハガれ飛ばされていないので、実は改めて撮り直したものだったそうだが――、そして映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国』(10年・松竹・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20111204/p1)以来、定番で流れているベリアルのテーマ音楽が象徴するように、この回ではカブラギ=セレブロが高純度のベリアル因子からベリアルメダルを精製し、『ジード』ではベリアル融合獣として登場したスカルゴモラ・サンダーキラー・ペダニウムゼットンの3体に自ら変身してジードとゼットに挑戦するのだ!


「これ以上、ベリアルを……、父さんを……」


 『ジード』最終回(第25話)『GEED(ジード)の証(あかし)』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180213/p1)でジードの実の父親であるウルトラマンベリアルの満たされない想いに心を寄せ、「もう終わりにしよう」と浄化して葬ったハズのベリアルの細胞がいまだに宇宙に悪影響をおよぼしている……
 『ジード』では戦闘を控えたリクが、「腹が減っては戦(いくさ)はできぬ」とばかりにカップラーメンを食べるコミカルな定番描写があったものだ。だが、今回は父のベリアルがいまだ宇宙の脅威であることに対するリクの焦燥感・切迫感といった、おもわずヤケ喰いせずにはいられなくなるリクの心象風景としても機能しているのだ。


*ヘビクラ隊長(ジャグラスジャグラー)の描写も「遊び」になっている! その2


「正義にめざめたって云ったろ」(←・ウソつけ!(笑))


 そして、映画『劇場版ジード』では、リクをはじめとする正義側のキャラとして登場したジャグラーが、髪型もメイクも服装も異なるもののそのエキセントリックな語り口調はほぼ同じ(爆)なストレイジのヘビクラ隊長の姿でリクとの再会を喜び合う(?)描写は、やはり『ジード』と『Z』世界の間接的な関係性が強調されるばかりではなく、視聴者にジャグラーの行動の真意についてより洞察させる効果も発揮しているのだ。


 第7話のクライマックスバトルではカブラギがベリアルメダルで自らベリアル融合獣に変身! 夕焼けに染まる工場街でジード&ゼットとの大激闘が展開される! 平成以降のウルトラマンのタイプチェンジのように、ベリアル融合獣が


・どくろ怪獣レッドキングと古代怪獣スカルゴモラが合体したスカルゴモラ
・宇宙怪獣エレキングと異次元超人エースキラーが合体したサンダーキラー
・宇宙ロボットキングジョーと宇宙恐竜ゼットンが合体したペダニウムゼットン


へと自在に姿を変える演出がまた、『ジード』にしか登場できない設定の怪獣たちかと思わせておいて、ここで再登場させてくれたことのファンサービスへの喜びとともに、『Z』における3つのメダルの力をウルトラゼットライザーを使用して起動させるという基本設定的にも、あってしかるべき設定的整合性もあるクレバー(利口)な描写だったのだ!


 ところで、『オーブ』から『Z』に至るまで、ジャグラーは宇宙恐竜ゼットンと双頭怪獣パンドンが合体した合体魔王獣ゼッパンドンに何度か変身してきたが、ジャグラーは歴代怪獣をカードで召喚する際、


ゼットンさん」「パンドンさん」


などと、ウルトラシリーズ初期作の人気怪獣は「敬称」(笑)をつけて呼んでいた――一方で、マガオロチなどの近作の怪獣は「呼び捨て」にする差別化された演出も秀逸だった(笑)――。


 これに対して、カブラギはたとえばスカルゴモラに変身する際は


「どくろ怪獣」「古代怪獣」


などと、怪獣を名前ではなくその「別名」で呼んでいるのだ。コレは普段から無表情・無感情なカブラギ=セレブロのキャラをいっそう念押しして、ジャグラーとの対比でキャラの明確な違いを印象づけるには絶妙な演出だ。


*ゼット・ゼロ・ジード、3大ウルトラマン共闘は超カッコいいけど「遊び」要素もある(笑)


 『Z』ではハルキは立方体型の異空間内でゼットに変身するが、この第7話ではそれが宙から舞い降りてくる描写にまず目を惹(ひ)きつけられた!
 つづいて夕陽をはさんで、工場街に並び立つジードとゼットの目とカラータイマーが、夕陽からの木漏れ日に照らされて輝く華(はな)のある演出!
 そして、巨大ロボットアニメもとい巨大変身ヒーローアニメ『SSSS.GRIDMAN(グリッドマン)』(18年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190529/p1)並みにミニチュアセットに多数張られた電線を画面手前にナメながら、工場街を進撃するスカルゴモラをカメラが横移動で追いつづける!
 さらに、ジード&ゼットとスカルゴモラの激突は地上にいる人間の目線から見上げているかのように、画面手前に歩道橋や信号機を配置しながらの超煽(あお)りアングルで周囲360度の全包囲から回転して捉えられる!
 この大激闘を高速道路のガード下から捉えたカットでも、画面手前に歩行者用の信号機が配置されているほどであり、こうした遠近感・臨場感を醸し出す演出こそ、視聴者に「ウルトラすごい!」と実感させるのだ!


 なお、近年のウルトラマンにおけるバトル演出に顕著な「ガード下アングル」は坂本浩一監督とか田口清隆監督らが編み出した新しい手法だと若い特撮マニア諸氏は思っているかもしれないが、2021年に「放映50周年」を迎える『スペクトルマン』(71年・ピープロ フジテレビ)第5話『恐怖の公害人間!!』の中で、新宿駅周辺で巨大化した猿人ラーとスペクトルマンが戦うさまをガード下から捉えたカットがあった(汗)。『スペクトルマン』はかなりの低予算だったらしいが、それが逆にこうした斬新(ざんしん)な演出を生み出す契機となったとも考えられ、「ガード下アングル」も実は意外に歴史が古い特撮演出だったのだ。


 スカルゴモラが吐き出した炎でジードとゼットの背景は一面燃えあがり、ゼットの胸中央に「Z」字型でデザインされたカラータイマーが赤く点滅をはじめる!
 最大に危機感をあおりたてる演出が予兆として、第1話以来、消息不明だったウルトラマンゼロの「助っ人参上!」にカタルシスをもたらすのだ!


 ウルトラ6兄弟の赤いブラザーズマントを彷彿とさせる青いマントをなびかせてゼロが宙から着地するや、映画『ゼロ THE MOVIE』以降は定番の、意外に静かなファンファーレによるイントロから徐々に高揚感を上げていくゼロのテーマ曲が流れだす音楽演出がゼロのカッコよさを最大限に高めていく!


「主役は遅れてくるってヤツですね」
「頼もしくなったじゃねぇか」


 映画『劇場版 ウルトラマンギンガS』以降のテレビシリーズ・劇場版・Web(ウェブ)ドラマなどで、ゼロは後輩が危機に陥ると颯爽(さっそう)と駆けつける頼もしい先輩ウルトラマンとして描かれてきた。
 「主役は遅れてくる」はそんなゼロの登場時に定番セリフとしてもすっかり定着しているが(笑)、ゼロがジードのバトルスタイルの進化を見てもいないのに、自身の定番セリフをイジくるようなツッコミを見せたジードに「頼もしくなった」とその成長を即座に感じ取るこの短いやりとりは、端的に先輩後輩関係を描く演出として高いドラマ性を集約させたものなのだ!


「師匠、オレはオレは!」
「ああ、今から見せてもらう」


 ジードが良き後輩としてゼロに認められたのを見て、ゼロを勝手に師匠としてあがめるゼットが「オレはオレは!」と駄々っ子のようにアピールするさまは、まぁこのテの子供向け番組にこそふさわしい、シリーズ最新の新米ヒーロー定番の実に子供的なメンタル描写で笑ってしまうのだが、それは同時に新人ヒーローとしてはキャラが立っていることも意味する。ジョークを放つほどの余裕を見せたジードとは実に対照的であり、だからこそゼロはゼットに「頼もしくなった」姿を実戦での行動で示せと課したのだ。


「なにコレ! ドキドキの展開!」


 ヨウコが狂喜したのは、単にカッコいいウルトラマンが3人揃い踏みを見せたことに対してだけではないのは、もはや明白だろう。
 『Z』ではウルトラマン同士の会話は一般の地球人には聞こえないことになっており、第3話『生中継! 怪獣輸送大作戦』ではゼットがビルの屋上にいるヨウコに初代ウルトラマンのウルトラメダルを投げてくれるよう、必死にボディランゲージで訴える描写があったほどだ(笑)。だが、それでもヨウコがゼロ・ジード・ゼットたちが会話をしているとおぼしき立ち居振る舞いからその関係性を感じとることができたのだと視聴者が解釈できるほどに、ウルトラマンの「人間ドラマ」を演じるスーツアクターたちの所作が見事だったのだ。


 夕陽を背景に中央の位置に陣取るゼロがマントを投げ捨てる実に「らしい演出」を皮切りに、ゼロはストロングコロナゼロへ、ゼットはベータスマッシュへと、ともに赤を基調とした熱血感にあふれるパワータイプへとチェンジ!
 ベータスマッシュが押さえつけたスカルゴモラに、ゼロが必殺の火炎光線「ガルネイト、バスタ~~ッ!」を浴びせかける!
 そしてゼットはゼットランスアロー、ゼロはウルトラゼロランスと、ともに槍(やり)状の武器を手に攻撃をたたみかける!
 ゼットとゼロの関係性に変化の兆(きざ)しが見えてきた端的な象徴として、これらの華麗な連携攻撃が描かれているのは論を待たないのだ。


「そろそろ行きますか!」
「おまえが仕切んな!」


 夕陽を背景にゼットを3人の中央に陣取らせるゼロ! これぞ「おまえなんか3分の1人前だ!」とゼットをさげすんでいたハズのゼロが、ゼットの成長を認めた瞬間だ!


「レッキングフェニックス!」
「ワイドゼロショット!」
「ゼスティウム光線!」


 最初から最後まで、この回のクライマックスバトルにはウルトラマンの人物相関図・力関係の変遷をも点描されていた! といっても過言ではないだろう。


「いつもメダルの力、使わせていただき、ありがとうございます!」
「ハハハ、気にすんな」


 70年代に小学館週刊少年サンデー』に連載された楳図かずお(うめず・かずお)氏原作の大人気ギャグマンガまことちゃん』(76~81・88~89年)の幼稚園児の主人公・まことちゃんのキメポーズである親指・人差し指・薬指の3本だけを立てて「グワシッ!!」と叫んでいたのに酷似したフィンガーサイン(笑)をゼロが示すのもすっかりおなじみとなったが、まさにゼロの上機嫌・絶好調ぶりを表するサインが新米ゼットに手向けられた理由は、もはや書くまでもないだろう。


*ティガ・ダイナ・ガイアら平成ウルトラ3部作の力でも「遊んで」しまうゼットさま!(笑)


「今までで一番タイプかも~~~♪」


 これはゼットが師匠のウルトラマンゼロから聞いたことがある、別次元のウルトラマンとしてハルキに語ったウルトラマンティガウルトラマンダイナ・ウルトラマンガイアのウルトラメダルにより、


「変幻自在、神秘の光! ティガ先輩! ダイナ先輩! ガイア先輩!」


とのハルキの叫びでゼットが第4の形態であるウルトラマンゼット・ガンマフューチャーにタイプチェンジした、第8話のクライマックスでヨウコが叫んだものだ。


 ティガ・ダイナ・ガイアのような頭部がエグれたデザインに昭和ウルトラマンでは見られなかった紫や金を配色したスーツ、プロテクター状の胸部と、まさに平成ウルトラマンの特徴を結集させたかのデザインに貫かれたガンマフューチャー。
 彼はティガ・ダイナ・ガイアと因縁(いんねん)が深い5大怪獣が合体したファイブキングに、頭部からガイアの必殺光線「フォトンエッジ!」を放った!


 ウルトラマンシリーズとしては従来ほとんど見られなかった、熱血系のロック仕様の主題歌『ご唱和ください 我の名を!』が流れる中――作詞・作曲・歌唱を担当した遠藤正明氏は子供向け合体ロボットアニメ『勇者王ガオガイガー』(97年・名古屋テレビ サンライズ)の主題歌で注目を集め、『爆竜戦隊アバレンジャー』(03年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110613/p1)の主題歌は当時の歴代スーパー戦隊シリーズ中で売り上げ首位を記録した!――、魔術師のように指を鳴らす「ガンマイリュージョン」なる合図により、ガンマフューチャーの周囲にティガ・ダイナ・ガイアの幻影――ほとんど実体(笑)――が現れる!
 『ウルトラマンギンガS』でもウルトラマンギンガの強化形態・ギンガストリウムが昭和のウルトラ6兄弟のいずれかの必殺光線を放つ際に、その隣りにそれぞれのウルトラマンの幻影が登場していたが、ティガ・ダイナ・ガイアはまるで本人たちがそこにいる感じで(笑)ファイブキングに必殺光線をいっせいに発射した!
 さらにガンマフューチャーは自身がつくりだした魔法陣(!)で体をミクロ化してファイブキングの体内に瞬間移動した末に、そこから必殺ワザ「ゼスティウム光線!」を放つのだった!



「テイガ・ダイナ・ガイアって20代男子の少年の夢がつまってる!」


 これは第8話がYouTubeで配信された際に寄せられたコメントのひとつだが、『ティガ』も2021年で放映25周年(!)を迎え、当時のメインターゲットの上限はすでに30代に達したことだろう。
 『Z』の後番組として2021年1月から放映が開始された総集編番組『ウルトラマンクロニクルZ ヒーローズオデッセイ』(21年)では、『Z』と『ティガ』を中心に『ウルトラマンダイナ』(97年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971215/p1)と『ウルトラマンガイア』(98年)の名場面を編集して構成している。
 『Z』と平成ウルトラ3部作を毎回対比して観ることで、傍から見れば大同小異なのは重々承知しているものの、評論オタクである筆者としてはそのあまりの作風や作劇の違いを実感させられてしまう――個人的には『Z』的な作劇の方が子供番組として、あるいは21世紀以降のオタク向け作品としても正しい作劇だと考えているが――。


 だが、そうは思わない意見も当然あってよいし、反体制・反権力を気取って、それら平成ウルトラ3部作やリアル志向の作品を賞揚する意見を過剰に敵視したり弾圧するような振る舞いをするような幣にも陥ってはならないのだ。
――だいたい歴史的にも左派の独裁政権の方が右派の独裁政権よりもその約10倍もの人数規模で、右派寄り・旧体制寄り・資本主義者寄りだと目した自国民を死刑にしたり強制収容所送りにしてしまうものなので気を付けないとイケナイ。第2次世界大戦での戦死者数よりも戦後の旧共産圏での粛清で死亡した人数の方がはるかに多いのだ(汗)――


「やっぱウルトラマンはあのころの方がはるかに面白かった」
「ニュージェネウルトラマンは役者はイケメンと美女ばかりだが中身は薄っぺらい」


 これは平成ウルトラ3部作が放映されていた90年代後半当時の第1期ウルトラシリーズ至上主義者たちの意見とだいたい同じであるのと同時に、平成ウルトラ3部作が原体験で最近のウルトラシリーズにはノレないリアル志向のキマジメなマニア青年たちが、2010年代以降のウルトラシリーズに感じている感慨でもあるのだろう。


 まぁ何十年と特撮マニアをやっていると、自身の幼少時にハマったそれぞれの時代のヒーローを「思い出補正」で神格化して、長じてから遭遇した近作のヒーローたちには幼少時のヒーローたちと比較してアレが足りないだのコレが足りないだの、美形役者人気に頼ったミーハー作品に過ぎないだの、『ゴジラ』シリーズでも『ウルトラマン』シリーズでも『仮面ライダー』シリーズでも、あるいは『宇宙戦艦ヤマト』シリーズや『機動戦士ガンダム』シリーズ、欧米でも『スター・ウォーズ』シリーズや『スタートレック』シリーズなどで連綿と見られてきた既視感あふれる光景なのである(汗)。
 筆者も10代のころにはハード&シリアス志向の第1期ウルトラシリーズ至上主義者だったのであり、第2期&第3期ウルトラシリーズを下に見ていたので身に覚えがあるのだ(爆)。


 ただ、テイガ・ダイナ・ガイアのウルトラメダルで誕生したガンマフューチャーが披露した、作品としてはややリアル寄りであった『ティガ』『ダイナ』『ガイア』――まぁ『ウルトラマンネクサス』(04年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20041108/p1)とか『仮面ライダークウガ』(00年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20001111/p1)と比べれば、全然フツーのヒーローものだったのだけど、第1世代特撮オタクたちは「コレぞ待望していたリアル路線だ!」として持ち上げていたのだ――とは実は完全に相反している、ほとんどインチキでナンでもアリでもあるティガ・ダイナ・ガイアがゼットと同時に全4体で出現してしまう特殊能力は(笑)、平成ウルトラ3部作の熱心なマニアたちには違和感が残るものかもしれない――今どき、『ウルトラマン』とはかくあるべし! 平成ウルトラ3部作のウルトラマンを引用するのであればなおさらかくあるべし! などと主張している特撮マニアなどはほとんどいないかな?(笑)――。


 しかし、世代人ではない若い特撮マニアや、世代人でもライトな特撮マニア層であれば、ティガ・ダイナ・ガイアを同時に一挙に召喚してしまうようなゼットの万能性は変身ヒーローとしての普遍的なカッコよさとして受け取られたかと思えるのだ。
――逆にむしろ昭和の時代の方が、ヒーローがここまでインチキな分身ワザを披露してしまったならば、しかも合成などヌキでカメラを止めている間にカメラアングル内にヒーローに入ってもらう原始的なトリック撮影で、80年代の戦隊ヒーローの分身ワザのようなモロに「B級」的で安っぽくも見えてしまうような映像であったならば、マニアも子供たちも幻滅して反発していたかもしれないが(笑)――


 とにかく今の時代はデジタル合成で、こういう分身ワザも実に幻想的にカッコよく描くことができるのだ。ゼット・ガンマフューチャーが指を「パチッ!」と鳴らすフィンガーアクションで、テイガ・ダイナ・ガイアの分身像が現れるような華(はな)のあるカッコいい演出こそが、小難しいことはともかく社会派テーマ・人間ドラマ的な要素などでもなく、「20代男子の少年の夢」を再来させるものとして、往年の平成ウルトラ3部作世代の大きなお友達にも喜ばれたのではなかろか?


 先述したヨウコの「今までで一番タイプかも~~~♪」は、まさに多くの視聴者の声を代弁したセリフとなり、共感を集めたことだろう(笑)。


*「遊び」=「コミカル演出」や「ギャグ描写」を改めてドー見るか!?


 『ウルトラマン』にかぎらず、『仮面ライダー』や『スーパー戦隊』でも近年ではコミカル演出やもうほとんどギャグになっている奇抜な特撮演出が当然のように行われているが、「子供番組」としてはシリアスな展開とのバランスを取るためとはいえ、それまでのドラマやバトルの流れとは関係なく唐突に描かれるギャグが浮いてしまう例が時折見受けられる場合もある。『Z』でも本編ドラマ以上に、特撮場面でもコミカル演出が積極的に導入されている感が強い。
 しかし、ストレイジの隊員たちやゼットを中心としたウルトラマンの関係性に高いドラマ性を与えるために、『Z』のコミカル演出はクライマックスバトルを寸断するどころか、むしろ高揚感をもたらす自然な流れとして機能する作劇がなされていると思える。


 往年の『帰ってきたウルトラマン』の防衛組織・MATの隊員たちのようなリアルでナマっぽい人物描写の方が、作品としては優れているという意見にはもちろん同意する。しかし、やはり今の時代に、いやあの70年代初頭当時であっても、あれらはやや重たすぎる描写ではあっただろう。そう考えると、21世紀のウルトラやライダーや戦隊でのにぎやかで戯画化(ぎがか)されたマンガ的な人物描写は、子供向け番組としては決して間違ってはいないとも思うのだ。

2020年9月下旬執筆
2021年1月中旬改稿


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2020年秋分号』(20年9月27日発行)所収『ウルトラマンZ』合評より抜粋)


[関連記事]

ウルトラマンZ(ゼット)』序盤総括 ~巨大ロボ・セブンガー大活躍! 「手段」ではなく「目的」としての「特撮」!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200723/p1

ウルトラマンZ(ゼット)』最終回・後半評 ~ネタキャラが敵味方に多数登場だが熱血活劇! 2020年代のウルトラはかくあるべし!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210905/p1

『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』 ~ヒーロー大集合映画だが、『タイガ』最終回でもあった!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210704/p1

ウルトラマンタイガ』最終回「バディ ステディ ゴー」 ~タロウの息子としての物語たりえたか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1

ウルトラマンタイガ』『ウルトラギャラクシーファイト』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』 ~奇しくも「父超え」物語となった各作の成否は!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200112/p1

ウルトラマンタイガ』中盤評 ~レギュラー&ゲストの人間ドラマのみならず、ボイスドラマで描かれた3大主役ウルトラマンのドラマも本編に導入すべき!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200108/p1

ウルトラマンタイガ』序盤総括 ~冒頭から2010年代7大ウルトラマンが宇宙バトルする神話的カッコよさ! 各話のドラマは重めだが豪快な特撮演出が一掃!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190811/p1

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』中間評 ~パチンコ展開まで前史として肯定! 昭和~2010年代のウルトラマンたちを無数の設定因縁劇でつなぐ活劇佳品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200110/p1

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』最終回 ~戦闘連発でも多数キャラの動機・個性・関係性は描破可能! 物語よりも点描に規定される作品の質!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210620/p1


[関連記事]

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国(10年) ~大傑作!(なのに不入りで暗澹たる想い・汗)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20111204/p1

劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!(15年) ~第2期ウルトラの「特訓」「ドラマ性」「ヒーロー共演」「連続性」も再考せよ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200404/p1

劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!(17年) ~イイ意味でのバカ映画の域に達した快作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200406/p1

劇場版ウルトラマンジード つなくぜ!願い!!(18年) ~新アイテムと新怪獣にも過去作との因縁付与で説得力!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180401/p1

劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル(19年) ~小粒良品で好きだが、新世代ウルトラマン総登場映画も観たい!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190407/p1

劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス ~ヒーロー大集合映画だが、『タイガ』最終回でもあった!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210704/p1


[関連記事] ~先輩・同族ヒーロー客演編!

ウルトラマンエース#13「死刑! ウルトラ5兄弟」 ~超獣バラバ・マイナス宇宙・ゴルゴダ星!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060803/p1

ウルトラマンエース#14「銀河に散った5つの星」 ~異次元超人エースキラー・裏宇宙・超光速ミサイル№7!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060805/p1

ウルトラマンエース#23「逆転! ゾフィ只今参上」 ~メビウスの名の由来はA#23にあり!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061012/p1

ウルトラマンエース#26「全滅! ウルトラ5兄弟」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061030/p1

ウルトラマンエース#31「セブンからエースの手に」 〜岡村精・監督作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061204/p1

ウルトラマンエース#35「ゾフィからの贈りもの」 ~子供に過ちを犯す主役!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061231/p1

ウルトラマンエース#39「セブンの命! エースの命!」 〜新兵器シルバーシャーク

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070129/p1

ウルトラマンエース#44「節分怪談! 光る豆」 〜M78星雲・光の国初登場!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070304/p1

ザ・ウルトラマン#20「これがウルトラの星だ!! 第2部」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090914/p1

ザ・ウルトラマン#21「これがウルトラの星だ!! 第3部」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090920/p1

ザ・ウルトラマン#27「怪獣島浮上!!」 〜レッドキングと怪獣軍団登場

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091102/p1

ザ・ウルトラマン#31「ウルトラの女戦士」 〜ジョーの妹アミア!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091129/p1

ザ・ウルトラマン#34「盗まれた怪獣収容星(前編)」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091220/p1

ザ・ウルトラマン#35「盗まれた怪獣収容星(後編)」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091227/p1

ザ☆ウルトラマン最終回 #47「ウルトラの星へ!! 第1部 女戦士の情報」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100328/p1

ザ☆ウルトラマン最終回 #48「ウルトラの星へ!! 第2部 前線基地撃滅」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100404/p1

ザ☆ウルトラマン最終回 #49「ウルトラの星へ!! 第3部 U(ウルトラ)艦隊大激戦」 ~大幅加筆!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100411/p1

ザ☆ウルトラマン最終回 #50「ウルトラの星へ!! 完結編 平和への勝利」 ~40年目の『ザ☆ウル』総括!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100418/p1

ウルトラマン80(エイティ)#38「大空にひびけ ウルトラの父の声」 〜イジメられっ子をかばってくれる少女はいるか?(笑)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100115/p1

ウルトラマン80(エイティ)#49「80最大のピンチ! 変身! 女ウルトラマン」 ~ユリアン登場

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210307/p1

ウルトラマン80(エイティ)最終回 #50「あっ! キリンも象も氷になった!!」 ~実は屈指の大名作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210315/p1

ウルトラマンネオス最終回「光の戦士よ永遠に」 ~「種の存続」に殉じることの是非! ゾフィー顔見せ!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20120513/p1

ウルトラマンマックス#13「ゼットンの娘」~#14「恋するキングジョー」 ~ウルトラマンゼノン客演!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060315/p1

ウルトラマンメビウス#15「不死鳥の砦」 ~ゾフィー&アライソ整備長登場!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060924/p1

ウルトラマンメビウス#29「別れの日」、30話「約束の炎」 〜ウルトラマンタロウ客演前後編!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061203/p1

ウルトラマンメビウス#41「思い出の先生」 〜ウルトラマンエイティ客演!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070218/p1

ウルトラマンメビウス#45「デスレムのたくらみ」 〜帰マン(ウルトラマンジャック)客演!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070408/p1

ウルトラマンメビウス最終回 最終三部作 #48「皇帝の降臨」・#49「絶望の暗雲」・#50「心からの言葉」 ~ありがとう!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070505/p1

ウルトラマンX(エックス)#5「イージス光る時」・8話「狙われたX」 ~ウルトラマンゼロウルトラマンマックス客演!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200405/p1

ウルトラファイトオーブ完結評 〜『オーブ』・『ジード』・昭和・平成の結節点たる年代記的な物語!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170603/p1

ウルトラマンジード最終回「GEEDの証」 〜クライシスインパクト・幼年期放射・カレラン分子・分解酵素・時空修復方法はこう描けば!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180213/p1

ウルトラマンタイガ序盤総括 ~冒頭から2010年代7大ウルトラマンが宇宙バトルする神話的カッコよさ! 各話のドラマは重めだが豪快な特撮演出が一掃!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190811/p1

ウルトラマンタイガ最終回「バディ ステディ ゴー」 ~#23「激突! ウルトラビッグマッチ」 ウルトラマンゼロ客演!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1



ウルトラマンZ

ウルトラマンZ』前半評! ゼットが『ウルトラマントリガー』にゲスト出演記念!
#ウルトラマンZ #ウルトラマンゼット #ウルトラマントリガー #ジャグラスジャグラー



[ウルトラ] ~全記事見出し一覧
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧

仮面ライダースーパー1総論 ~江連卓の真骨頂! 草波ハルミはシリーズ初の真正ヒロイン!

『仮面ライダー』初作・総論1 製作前史~全8クール総覧
『仮面ライダーV3』総論 ~変身ブーム下の『V3』全4クール総覧
『仮面ライダーX』総論 ~公私葛藤描写の先進性!
『仮面ライダーアマゾン』 ~初期4話のみが傑作か? 5話以降再評価!
『仮面ライダーストロンガー』総論 ~「ヒーロー」作品における「ダイナミズム」の研究
『仮面ライダー(新)』総論 ~スカイライダーの〈世界〉!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


昭和『仮面ライダー』シリーズ評 ~全記事見出し一覧
『仮面ライダー』シリーズ評 ~全記事見出し一覧


 「東映特撮 YouTube Official」にて配信されていた『仮面ライダースーパー1(ワン)』(80年)が完結2ヵ月(汗)記念! とカコつけて……。
 『仮面ライダースーパー1』評を発掘アップ!


仮面ライダースーパー1』総論 ~江連卓の真骨頂! 草波ハルミはシリーズ初の真正ヒロイン!

(文・T.HONMA)
(1997年執筆)


 『仮面ライダースーパー1(ワン)』のメインライターを務めた脚本家・江連卓(えづれ・たかし)は、昭和44年(1969年)に石森章太郎の漫画原作で東映製作の1時間枠の実写TVドラマ『フラワーアクション009ノ1(ゼロゼロくのいち)』第1話の脚本で龍達彦名義でデビューして以来、アクションスター・千葉真一主演の『ザ★ゴリラ7(セブン)』(75)、『キイハンター』(68~73)などの東映作品に関わった。


 70年代にはアングラ劇団「幻想劇場」も主宰。自身が脚本も担当したスーパー戦隊シリーズバトルフィーバーJ』(79年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20120130/p1)第44話「地獄谷の月影一族」に登場した秘密結社エゴスの怪人・ゲンソウ怪人は、江連が主宰するこの「幻想劇場」の名前にちなんだもの。月影一族も幻想劇場のメンバーたちだったそうである。


 特に71年から始まった『仮面ライダー』シリーズでは現在までに3シリーズ、


・『仮面ライダー(新)』(79・通称:スカイライダー・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210102/p1
・『仮面ライダースーパー1』(80)
・『仮面ライダーBLACK RX』(88・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20001016/p1))


のメインライターも務めた。


 江連の大ファンでもある筆者は、ご本人に直接インタビューをしてみた。すでに各マニア向けムックでも明かされいる情報も含めて紹介していこう。



「最初、『スカイライダー』でね、伊上勝(いがみ・まさる)さんがメインライターだったんだけど、途中で伊上さんが色々あって書けなくなってメインになったんだよね。視聴率がよくなくてテコ入れというところだった」(江連談)



 『スカイライダー』ではシリーズ後半、歴代の先輩の仮面ライダーが1人ずつゲストで出て、主人公と共同戦線を張るという物語になった。



「あれはね、3日間で10本書くっていう作業だった。パワーがあったからね。12時までに1本書いて、6時までに1本書いて、午前3時までに1本書いてっていう調子だった。それで3日間徹夜……。もうあんなことは出来ないねえ』(江連談)



 『スカイライダー』は終盤で、主人公・筑波洋(つくば・ひろし)(村上弘明)の両親が登場したり、波乱に富んだストーリーだったが……。



「うん、あれは村上弘明がなんか弱々しくて暗いイメージがあったんで、そういう母性愛を込めたストーリーにしたの。荒木しげる仮面ライダーストロンガーこと城茂(じょう・しげる)や佐々木剛(ささき・たけし。仮面ライダー2号こと一文字隼人(いちもんじ・はやと))を出したのも、そういう弱々しい主人公を両脇から支えていくっていうイメージだね」



 その一方で、31話「走れX(エックス)ライダー 筑波洋よ、死ぬな!」~32話「ありがとう神敬介(じん・けいすけ) とどめは俺にまかせろ!」のような少年の心を見せる話が多いのも江連作品の特徴である。
 スカイライダーの宿敵・ネオショッカーに捕らわれた少年たちは、アジトまで石を運ばされる。だが、一番早く運んだ者しか生き残れない。それを見た主人公の筑波洋は物陰から「全員同時にゴールインしろ」とささやく。少年たちは助け合って同時にゴールする。ネオショッカーの怪人・トリカブトロンは全員を処刑しようとするが、そこにXライダーとスカイライダーが現れ、彼らを助け怪人を倒す! 少年たちには友情を固めた喜びと、物事をなし遂げたという感動が残るのだ。
 ここにのちの東映不思議コメディ枠で放映された児童ドラマ『おもいっきり探偵団 覇悪怒組(はあどぐみ)』(87)のひな形を見る思いがするのは筆者だけではあるまい。(中略)



 そして、少年ドラマとしては傑作である『仮面ライダースーパー1』に話を移そう。江連は『スーパー1』では1話からメインライターを務めた。
 『スーパー1』は当初から最強のメカニカルライダーとして子供たちの話題を集めた。シャープなつり目、銀色と黒のメカニカルな体のツートンカラー、そして5つの種類のメカニカルなハンドを持ち2台のバイクを乗りこなす。
 筆者は少年時代、そのカッコ良さに憧れ、早く第1話を見たくてうずうずしていた。だが、その期待はいい意味で裏切られ、1話を見て愕然となった。というのは、1話では闘いの場面がないのである。30分枠前半のAパートこそスーパー1の能力をたっぷり見せてはいるものの、Bパートでは変身システムが破壊され、自ら変身ポーズを模索するという状態だったのだ。


 そして、1話のラストでようやくスーパー1に変身できたのだが、そのための変身ポーズはマスターができていなかった。そのために2話では少林寺拳法を会得する。しかし、それでも主人公は変身ができず、地獄稽古をしてその呼吸法をつかむのだった……。
 闘いの場面が見たくてしょうがなかった少年時代の筆者は、2話のラストのアクションシーンに2週越しの喜びを感じた思い出がある。



「やっぱりメカニカルな設定なら、なおさらメンタリティの強化が必要だと思ったんですね。あれは梅花(ばいか)っていう少林拳の技で、岡田勝(おかだ・まさる)(擬闘・大野剣友会)と主役の高杉俊介(たかすぎ・しゅんすけ)を公園に呼んで教えたんですよね。なんでもない男がいきなり変身しちゃうのはナンセンスだと思いますからね。肉体をいじめていじめてようやく変身できるっていう風にね。僕もね、20代の頃は1日何10キロって走って空手・拳法・柔(やわら)色々やったからね。『スーパー1』の時は高校生に拳法を教えてたんですよ」(江連談)



 そうして始まった『スーパー1』は好評で20パーセント近くの視聴率をとった。



「やっぱり僕は大衆に受けるものが好きだから、視聴率いいと喜んじゃうね」(江連談)



 『スーパー1』のシリーズ後半は敵組織が「ドグマ」から「ジンドグマ」に変わり、小学生たちが隊員である「ジュニアライダー隊」が組織されるなど、より児童番組化してくる。
 だが、ここでこそ江連の少年ドラマ性は、『スカイライダー』や『覇悪怒組』同様、キラ星の如くきらめく。特に38話「危ない! 冷蔵庫怪人の中に入るな!」は特筆すべき作品である。


 ガラクタ置き場に置いてある冷蔵庫の中には無限の道が広がっており、そのトンネルの向こうはパラダイスのような草原が広がっていた。ジュニアライダー隊は勉強をしなくてもよい、遊んでいるだけでいい、そのパラダイスにどっぷりとつかり、元の世界に戻る気すらなくなってしまった。
 だが、そのぬるま湯世界の裏には奴隷として働かされている反逆者たちの姿があった。ジュニアライダー隊は彼らを救うために反逆し、闘うことにした。そこにスーパー1が助けに来て敵怪人を倒し、彼らを元の世界に戻す。少年たちは自分たちの甘えグセを自分たちの手で戒めて戻ってくる。


 江連はご子息がちょうどヒーローものを見る年代だったので、依頼心を拒絶する男になるようにメッセージを与えるつもりだったとも言う。



 また、『仮面ライダースーパー1』はライダーシリーズ初ともいえるヒロインとの恋愛を描いたシリーズでもある。後述する『仮面ライダーBLACK RX』でも同様だが、子供番組に限らず恋愛をやりたがる作家が江連である。


 『スーパー1』のヒロイン・草波ハルミ(くさなみ・はるみ)(田中由美子)はお転婆でおきゃんだが、可憐な面をもつヒロインである。彼女が13話「見つけたり! 必殺梅花の技」では敵に一敗地まみれて修行する主人公・沖一也(おき・かずや)(高杉俊介)におせち料理をもってくる。しかし、一也はそれを吹っ飛ばして怒鳴る。


「奴を倒すまで俺には正月はない!」


 けれど、ハルミは一途に一也に尽くす。シリーズが進むにつれ、子供心にこのふたりの愛の行方が筆者はとても気になった。


 そして最終回。それは見事に結実していた。敵の首領・悪魔元帥の罠によって一度は死んでしまうスーパー1。ハルミはスーパー1を宇宙のチリにしてしまうとのたまう悪魔元帥に、


「私もいっしょに宇宙のチリにして下さい……。一也さん、私はいつまでもあなたといっしょよ」


 そのハルミの凄絶な愛のかたちに、子供だった筆者は目からウロコが落ちる思いだった。何も役に立てないハルミだが、いっしょに死ぬことはできる!


 この最終回を見た東映の吉川進プロデューサー(当時は『太陽戦隊サンバルカン』(81年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20120206/p1)を担当)の奥方に、「その辺のメロドラマより何百倍も感動したわ」と、江連も言われたという。


 しかしそこは子供番組、スーパー1はその後、生き返って(元々酸素のない宇宙でも活動できるため・笑)、ジンドグマを倒して大団円となる。


 だが、一也とハルミはしばし別れなければならなかった。一也には本来の惑星探索の任務があったのだ。スペースシャトルに乗る直前、一也は少年たちに語る。


「正義を愛し、悪を憎むジュニアライダー隊の心を地球の上に広げるんだ。そして大きくなってもその心を忘れるな」


 手を振って一也と別れるハルミとジュニアライダー隊。盛り上がる主題歌。「いつの日か必ずまた会おう」と言う一也。こうして『仮面ライダースーパー1』は幕を閉じた。筆者は江連が手掛けた後年の青春ドラマ『不良少女とよばれて』・『少女が大人になる時 その細き道』(共に84)同様にこのラストで泣いた記憶がある。


 江連はキャラクター子供番組といえども決して手抜きなどせず、全身全霊でうち込んでいたのである。



「当時、『電子戦隊デンジマン』(80・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20120205/p1)のメインライターが上原正三(うえはら・しょうぞう)さんだったんですよ。上原さんの姿勢に学ぶことも多かったですね。本当に全力で打ち込んでやるっていうね。子供番組だからこの程度なんて妥協は全くなかったですね」



 当然とは思いつつも筆者は思わず目頭が熱くなった。


ライダーシリーズ初の真正ヒロイン・草波ハルミ!

(文・T.HONMA)
(2000年11月脱稿)


 『仮面ライダースーパー1』は『仮面ライダー』シリーズ中、最も語られないシリーズになっている。ウルトラシリーズでいえば『ウルトラマンレオ』(74・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090405/p1)のような感じであろうか?
 共にシリーズ第2期のラストの作品であること。まったくの新シリーズ『秘密戦隊ゴレンジャー』(75)や『宇宙刑事ギャバン』(82)の登場直前で、子供たちが新しいヒーローを見たいのに、まだ過去作と同じような『ウルトラ』や『ライダー』が続くということで四面楚歌にあった点なども似ている。空手や拳法を使い、特訓するヒーローであること。そしてヒロインを重視していることなども似ている。


 そして、シリーズが多少の路線変更をしても、その根本のドラマ性自体は貫徹した点も同じである。シリーズ中最も熱血度が高い点も同じである。このへんは戦隊シリーズに例えると、『科学戦隊ダイナマン』(83)のような感じである。


 『スーパー1』も『レオ』も実は完成度は高いのだ。ただ、世間の注目度が「下」なだけなのだ。ただし、『レオ』に関しては近年は再評価が高まってきている。しかし、『スーパー1』だけはライダーシリーズのエアポケットと化している感がある。


 『スーパー1』も序盤は一部の高年齢層のライダーマニアには評価が高かったらしい。それは『スカイライダー』と比すればドラマ重視になったという理由ゆえである。当時は第1次アニメブーム全盛期でもあり、77年に総集編映画が大ヒットしたことで著名になった『宇宙戦艦ヤマト』シリーズ(74・同『2』78・同『Ⅲ』80)などがまだ子供間では人気があって『ヤマトⅢ』も放映中。『スーパー1』が第2クール終盤を放映中の81年3月14日(土)には『機動戦士ガンダム』(79・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990801/p1)の総集編映画の第1作目が公開。それと連動して関東地方では公開前月の2月16日(月)から第1回目となる平日夕方の再放送も高視聴率を獲得。80年1月に放映が終了したばかりの『伝説巨神イデオン』(80)も春休み合わせの平日朝8時半枠で再放送がはじまり、富野喜幸監督によるリアルロボットアニメ2作品が児童間でも急に大人気となり、『ガンダム』や『イデオン』の主役メカや敵メカのプラモデルも爆売れをはじめていた。
 よって、『電子戦隊デンジマン』(80)や『太陽戦隊サンバルカン』(81)や『スーパー1』を見ていた小学生でも、今まさに児童間でも人気沸騰中となっている富野アニメを見るついでに特撮ヒーローものを見る、といったスタンス程度の方が多かったはずだ。


 そして、『スカイライダー』(79)の完成度に首をかしげた、年長で中高生以上の旧ライダーシリーズファンは『スーパー1』の時点ではすでに離れており、家庭用ビデオもまだまだ普及していない時代だったので、現役児童であった我々小学生を除けば、『スーパー1』を見ていた特撮マニアは少なかったのではないだろうか?


 とはいえ、視聴率では『ウルトラマン80(エイティ)』(80・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971121/p1)よりも『スーパー1』の方が倍近くで圧勝ではあったものの、小学3年生から4年生であった筆者個人の周囲では、『80』や『ガンダム』の人気に比べて語る友達が少ないシリーズでもあった。


 しかも、再放送も関東地方では1度もなく、LDもバンダイ発行のマニア向けの文庫本サイズ書籍「EB」シリーズも、第1期ライダーと第3期ライダーシリーズは発行されたものの、『スーパー1』を含む第2期ライダーシリーズ分は発行されずに、単独のマニアムックすらもない。そういう意味では『レオ』よりも不幸なシリーズといえる――『レオ』の場合、否定評も多いが、語られるだけマシである――。


 『レオ』と比べても、なぜ語られないのか? それはあまりにもバランスがよすぎて、そつなくまとまりすぎているからだとも思う。『レオ』の場合、良くも悪くもヒーローのルックスも内容も変わっている異色作だということで注目度はある。しかし、『スーパー1』を見ると、往年の『ライダー』シリーズとの差が、ルックスにしろ内容にしろどこにあるのか一目ではわかりにくい。ただ、スーパー1のルックスや黒と銀といった色彩が、元祖・1号ライダーに近くて、それがシャープでスマートであるといった程度である。


 筆者個人はもちろん『スーパー1』が好きなのだが、それでもマイ特撮ベスト10には入れないと思っている。次点ぐらいにはなってしまう。と思って、最近ビデオを見てみた。なるほど、前作『スカイライダー』での失敗から「石橋を叩いて渡る」くらいに神経が細部に行き届いている。だが、逆に言うと「バランスが良すぎる」ということは、パッと見でのツカみや面白味にはやや欠けるということなのだ。人間も同じである。偏りすぎても困るが、バランスが良すぎても、取っつきが悪くなるのだ。



 本作の文芸陣としては、江連卓(えづれ・たかし)・土筆勉(つくし・つとむ)・鷺山京子(さぎやま・きょうこ)の3人が務めている。筆者にとっては最高のメンバーである。この3人は青春ドラマの大御所でもある。


・『スーパー1』当時の江連は、大映テレビ製作のTVドラマ『明日(あした)の刑事』(80)と『噂の刑事トミーとマツ』(79~81、82)と『デンジマン』を執筆していて充実していた時期。人生で一番忙しい時代だったとも言う。
・土筆は『ウルトラマン80』のサブメインライターもやっていた。
・鷺山は東映製作の30分枠スポ根ドラマ『燃えろアタック』(79~80)とその後番組である少年野球を題材とした『それゆけ! レッドビッキーズ』(80~82)も並行して執筆していたし、『まんがはじめて物語』(78~84)も執筆していた。


 つまり、大映東宝系(円谷)・東映の青春ドラマの主力が合作したのが『スーパー1』だともいえるのだ。
 この頃、ユニオン映画製作の学園ドラマ『あさひが丘の大統領』(80)が終了して、60年代後半から続いてきた日本テレビの学園ドラマが終焉を迎えてしまう。大人気刑事『太陽にほえろ!』(72~87)も若手刑事・ボン(宮内淳)の殉職で、視聴率が裏番組の『3年B組金八先生』第1作(79)に喰われはじめて、青春ドラマの実権が日テレからTBSに移った時代である。『俺はおまわり君』(81)で『俺たちの旅』(75)から流れる「俺たちシリーズ」や中村雅俊の青春ドラマシリーズも終了する。


 一方の当時の大人気アイドル歌手・山口百恵(やまぐち・ももえ)が主演を務めることが多かった、波乱万丈の人間模様を描いたTVドラマ「赤いシリーズ」(74~80)も終了し、大映テレビ製作のTVドラマも伊藤麻衣子堀ちえみといった80年代前半の新世代が台頭する前のエアポケットとなっていた。
 ただし、この1980年のアイドルシーンは、ポスト百恵の松田聖子(まつだ・せいこ)と河合奈保子(かわい・なおこ)や「たのきんトリオ」がデビューして大人気を博した年ではあるが、中森明菜・小泉京子・早見優堀ちえみ石川秀美などの豊作の82年組アイドルを経て、さらにあまたの人気アイドル歌手が登場していく前の充電期であったともいえる。


 坂上味和主演の『刑事犬カールⅡ』(81)もコケて、30分枠の一般ドラマはこれで死滅した。要するに一つの節目の時代といえる。



 そこで考えてみた。『スーパー1』のヒロイン・草波ハルミ(くさなみ・はるみ)(田中由美子)はいったいなんだったのか?


 70年代の特撮ヒロインは「お姉さん」的要素が強かった。吉沢京子(『柔道一直線』・69)も、榊原るみ(『帰ってきたウルトラマン』・71)も、水の江じゅん(『人造人間キカイダ―』・72)も、小野ひずる(『仮面ライダーV3』・73・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20140901/p1)も、松岡まり子(『仮面ライダーアマゾン』・74・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20141101/p1)もみんな「お姉さん」だったのだ。それが『スーパー1』辺りから変わっていくのだ。


 まあ、1980年に放映されていた3作品、『燃えろアタック』の主演・荒木由美子も、『それゆけ! レッドビッキーズ』の主演・斎藤とも子も、『ウルトラマン80』10話「宇宙からの訪問者」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100704/p1)ゲストで銀河共和同盟の惑星調査員・アルマこと遠藤真理子も「お姉さん」だったのだが、主人公ヒーローよりも圧倒的に「年下のヒロイン」はこのハルミが最初、特撮史上初ともいえるのだ。
(『仮面ライダーストロンガ―』(75・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201231/p1)の変身ヒロイン・タックルこと岬ユリ子のような前例もあるにはあるが、「年下」「幼さ」「天真爛漫さ」を強調したキャラクターではなく「女戦士」としてのキャラであった)


 聞けば、草波ハルミを演じた田中由美子は、後年の84年に江連が手掛けた『不良少女とよばれて』や『その細き道』のオーディションにも来て、江連に「あの頃はお世話になりました」とあいさつをしたともいう。しかもこの時点でもヒロインのオーディションに来たのだというのだから、その4年前の『スーパー1』の時は相当に若かったといえる。後年の「年下」「幼さ」「天真爛漫さ」を強調するようになっていく特撮ヒロイン史においては、実質的にはその発端のヒロインだったといってよいだろう。


 『スーパー1』の時はまだセーラー服で東映の大泉撮影所に来ていたという。「ルンルン由美子」という仇名がついていたらしい(笑)。


 つまり、筆者が長年、『スーパー1』に今一つ物足りないと思っていた部分はそこだったようだ。彼女がもう少し年上で、荒木由美子や斎藤とも子、伊藤麻衣子のように「お姉さん」度が高かったら、筆者は『スーパー1』をライダーシリーズ最高傑作だと絶叫していたかもしれないのだ(笑)。
 田中由美子はかなりの美人である。同時期の『太陽戦隊サンバルカン』(81)の嵐山美佐役の根本由美も同じだが、語られる機会が少なすぎるヒロインだといえる。「お姉さん」としては若すぎるのだ。だが、どちらも涙もろく、艶っぽい場面が似合うといえる。スタイルもいい。
 ちなみに当時の子供向け番組『ママとあそぼう! ピンポンパン』(66~82)も2代目お姉さん・石毛恭子(71~75)や3代目・酒井ゆきえ(75~79)はお姉さんだったが、4代目の大野かおり(79~81)からお姉さん度が減っていた。だから『ピンポンパン』は見なくなった(汗)。


 そしてもう一つ、田中由美子は背が低いのだ。まあ、荒木由美子伊藤麻衣子も背が低く、それが背の高い共演者の中で、逆に目立つことになって成功していたのだが、ただでさえ、「お姉さん」度のない彼女が背が低いことは、この手の子供向けヒーローもので男児の憧憬対象ともなるヒロインとしてはマイナスのような気もする。ヒーローが30近いオッサンなのにヒロインが10代なのでは、視聴者側でもロマンスの発生可能性を感じにくくなるからだ。


 そして、田中由美子はギャグメーカーでもあった。『キカイダ―01(ゼロワン)』(73)の途中参加ヒロイン・ミサオの松木聖(まつき・ひじり)や『星雲仮面マシンマン』(84)の葉山真紀(塚田きよみ)など、ギャグメーカーを兼ねたヒロインは存在するが、ハルミの場合は弟の草波良(くさなみ・りょう)とほとんど同格というか、作品内では長幼・上下がない感がある。つまり、「ドジでのろまな亀」的なヒロインのハシリでもあったのだ。良は姉のハルミのことを大好きだとは思うが、尊敬はしていないと思う(笑)。


 良役の早川勝也は『燃えろアタック』でも荒木由美子の従兄弟の清(きよし)役をやっている。あちらは、ヒロイン主人公への尊敬や憧れ度が強い。つまり、色気も感じているし、お尻も触りたい、お風呂ものぞきたい感じなのだ(笑)。それに対して、ハルミは子供っぽい無邪気で明るいドジっ子な色気のないヒロインだったのだ。要するに三枚目のヒロインだった。80年代後半に大流行したバラドル(バラエティ・アイドル)のハシリともいえる。


 じゃあ筆者はハルミのことが嫌いか? と問われれば、ハルミも大好きだし、田中由美子も大好きだ。ただ、水の江じゅんや荒木由美子・斎藤とも子・伊藤麻衣子のようにいっしょになれれば死んでもいい!! と思えるほどではない(笑)。一生の友達になってほしい感じなのだ。


 案外、「結婚するならこんな人」という条件ならば、「恋愛と結婚は別」という感じでいけば、本当に死ぬほど好きな人よりも、そこそこの人のほうが気楽でうまくいくものなのかもしれない。だって筆者の前に『人造人間キカイダ―』(72)のヒロイン・ミツコさんが出てきちゃったら恐らく気を使いまくって死んじゃいそうですけど、ハルミが出てきても気楽に話せそうだから。艶っぽさのある人だから、夕陽の下で噴水の水をすくいながら、図書館で借りた本を片手に難しい話を語り合いたい感じがするのだ(笑)。


 涙もろいあたりも、江連ヒロインの定番。おっちょこちょいで血液型はB型だろう。『マシンマン』の真紀はあまり泣かないヒロインだが、ハルミはよく泣く。根底はウエットなのだ。あと、余談だけど、同時期の同年代の女優・三原順子などとも同様、当時流行りの一輪車がうまい方。運動神経はすごくいいようだ。(17話・24話など)


 加えて、1980年は空前の大MANZAI(漫才)ブームが勃発して、若者間でもそれまでのしっとりとしたフォークやニューミュージックが流行していた70年代の空気が突如として終焉! それらのウェットなノリがダサいこととされて、急速に時代の空気が軽躁的になってきて、『太陽にほえろ!』も同時期のドック刑事(神田正輝)の登場とともに喜劇路線になっていくし、漫才ブームビートたけしが売れまくるし、この流れの果てに明石家さんまが主役のTVドラマ『男女7人夏物語』(86)なども空前の大ヒットを果たすようになっていく。


 といっても、『スーパー1』は内容はあのクサくてタマらないけどカッコいい江連節なので、そういう風潮とは無縁である。江連自身は見ていなかっただろうが、『キカイダ―』と似ている部分も散見される。恋愛要素は激しいものがあるし、ギャグメーカーにはチョロ(佐藤輝昭)というキャラクターがいるし、「姉と弟」の話はあるし、『キカイダ―』のリメイク的な部分もある。というか、『キカイダ―』でやってしまったことを80年代初頭にもう一度やってみたという感もある。だけど、『キカイダ―』よりも軽いし明るい。それはハルミのキャラクターのせいだけでなく、作り手たちが過度に陰気にならないようにわざとウエットな部分を廃していたとも取れるのだ。


 そして、『スーパー1』のシリーズ後半は、ジュニアライダー隊という子役たちが活躍することで、少年野球を描いたヒロイン監督と児童たちの群像劇ドラマ『レッドビッキーズ』的な作風にもなっていく。ヒロイン・ハルミも完全主役になっていく。


 ここで特筆すべきは、途中参加のマサコ(永塚りえこ)という親友の女性キャラとコンビを組むようになったことである。
 筆者が好きなヒロインは、ライバルや脇役に支えられないと輝かないタイプが多い。一人では芸がない人ばかりである。荒木由美子も『燃えろアタック』では中盤、ユカ(中原歩)という親友とコンビを組んで輝き出した。伊藤麻衣子も伊藤かずえという妹分・ライバルによって輝いた。だから、斎藤とも子も『それゆけ! レッドビッキーズ』で、『スーパー1』のマサコのような親友の相棒キャラと組めば、途中降板はせずに継続して出演できたようにも思うのだ。要するに、ちょっと行動力のある登場人物が脇でチームを支えるとかして主役を盛り立てる感じにすれば、総合的なキャラクターシフトでメインヒロインもそのキャラが立ってきたのではないのかとも思うのだ。ハルミ(田中由美子)も斎藤とも子も、そうしてあげることで輝けるタイプなのだ。


 そういう意味でマサコは貴重である。脇役としては120%出ているし、マサコを登場させるために必然的に接点を持つことになるハルミの出番は、シリーズ後半では更に増えている。女の友情物語になってきているのだ。


 ただ、このシリーズ後半をつまらないという人も多い。筆者の場合、ハルミさえ出ていれば大きな不満はないのだが(笑)、妙に対象年齢を下げすぎた感じがある。人間ドラマはあるがターゲットの年齢層は低いというのは『ウルトラマンタロウ』(73・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20071202/p1)に似ている。しかし、もっと「おやっさん」やチョロの人間ドラマ的な側面も出してみせれば……とは思うのだ。


 そういえば、第2期ライダーシリーズまでの『ライダー』各作は、過去を背負っていたりするような影のある人物が主人公以外にはいない。意図的に廃しているのだろうが、マニア層のみならず小学校高学年以降ともなれば、そういうのが見たい人間が多いのだ。『帰ってきたウルトラマン』の坂田健(さかた・けん)とか、『ウルトラマンレオ』のモロボシ・ダン隊長とか……。


 しかし、ハルミのあの明るさも何か過去にあったからだと筆者はニラんでいる。だいたい過去のない人はいないのだ。そう言っているうちに今、放映されている『キカイダ― THE ANIMATION』(2000)のヒロイン・ミツコさんには重厚な過去が肉付けされていくようである。それは嬉しいのだが、ほどほどにしないとしつこくなると思う。
 江連が手掛けた80年代の大映テレビ製作の大ヒットTVドラマなどで例えると、『不良少女とよばれて』(84)・『乳姉妹(ちきょうだい)』(85)・『ヤヌスの鏡』(85)・『プロゴルファー祈子(れいこ)』(87)・『セーラー服反逆同盟』(86)・『テニス少女夢伝説! 愛と響子』(89)あたりだと、ドラマチックな過去設定があっても、しつこくて鼻につく域には至らない寸止めにはなっている。しかし、青春ドラマではないので単純比較はできないものの、江連が手掛けたレディースコミック原作の近年のTVドラマ『凄絶!嫁姑戦争 羅刹(らせつ)の家』(98)などは本誌主宰者氏は絶賛していたけど、個人的にはしつこすぎて失敗していると思うのだ。


 要するに、『スーパー1』のようにあっさりしすぎていてもやや物足りないが、やりすぎていてもつまらなくなるということだ。
 かの脚本家・長坂秀佳(ながさか・しゅうけい)なども同じである。『キカイダ―』や『快傑ズバット』(77)、名作刑事ドラマ『特捜最前線』(77~86)のシリーズ中期は視聴者のニーズと完成度がマッチしていたのだが、『特捜最前線』のシリーズ後期は話が凝りすぎて失敗していると思う。そのバランス感覚も重要なのだ。だから、大映テレビ作品も『特捜』もシリーズ後半では視聴率が落ちているのだ。


 ちなみに、おやっさんこと塚本信夫は後年、チョロ役の佐藤輝昭、ハルミ役の田中由美子と、『スーパー1』の劇中同様にしばらくスナックを開店していたという。(書籍『仮面ライダーが僕の友達だった』(金田一だん平・北宋社・1986)参照)



 そして最終回――。ハルミはスーパー1が死んだ時、「いっしょに死ぬ」と言った。ハルミは本当はスーパー1こと沖一也(おき・かずや)がずっと好きだったのだ。一也の正体は前から知っていたし、最終回1本前の47話で初めて知ったなんて嘘に決まっている!!(基本的に全てのライダーヒロインは主人公たちの正体を知っていたのではなかろうか!?)
 一也が怪人ギョストマに破れた時、おせち料理を作ってそれを吹っ飛ばされても一也に尽くしたハルミ(12~13話)。シリーズ前半の敵幹部・メガール将軍が死んだ回で、その恋人・池上妙子も死んだ時(22話)、いつ自分もあのようなことになるのか? という恐怖と戦ってきたことが、この最終回で分かるのだ! 彼女は往年の東映ヒロイン同様、十字架にハリツケにされることも多かったし、危険は感じていたと思う。
 「いっしょに死ぬ」と言った瞬間、喰い足りない今までのドラマが帳消しになるぐらいに彼女は輝くのだ! ハルミはずっと一也が死んだら自分も死のうと思っていたのだ。その不安と闘って、それ故にわざと道化師を演じてギャグメーカーをやってきたのだ。


 最終回だけならば、『スーパー1』は『キカイダ―』や『ミラーマン』(71)をもしのぐ出来ともいえる! そして、この最終回はライダーTVシリーズ最高傑作ともいえる!(そういえば、ウルトラでも『レオ』の方の最終回も、シリーズ最高という人が近年では一部にいますね)
 どうも「いっしょに死ぬ」とか「愛をつらぬく」とか、そういうシチュエーションが筆者は好きだ。痛みをいっしょにこらえるとか、失明したらおまえがあいつの目になるとか……。だって、世の中半分は男で半分は女なのでしょ。可能であるかはともかく、誰だってつらぬける愛をもつ相手と知り合えるロマンスに酔いしれたいところがあるだろう。男である筆者が人造人間や改造人間をもし好きになったら、『レオ』24話のカロリンや『スカイライダー』4話のサソランジンの美也さんは好きなので、つらぬけるような気がする(笑)。


 この最終回でハルミは完全に主役になったといえる。従来のいるかいないのか判らないようなライダーガールズに比べてハルミの意味は大きいし、あれ以上のことをやったヒロインは西暦2000年時点では『真・仮面ライダー 序章(プロローグ)』(92)の明日香愛(あすか・あい)以外にはいないだろう。


 ところで、『真・仮面ライダー』のヒロイン・明日香愛(野村裕美)は本当に死んでしまうのだ。しかも、ヒーローをかばって……。更にヒーローとの愛の結晶を生んで昇天するのだ。


・『キカイダ―』のミツコは、愛をつらぬけずに苦しんだ。
・『スーパー1』のハルミは、つらぬこうと決意してつらぬけずに生き残った。
・『真・仮面ライダー』の愛は、つらぬいて死んでいった。


 男でも女でも愛をつらぬくのは立派である。どれも美しく、悲しく、筆者の愛したヒロインである。原作漫画家の石ノ森章太郎は実はこの辺のドラマを一番やりたかったのだろう。


長坂秀佳脚本と畠山豊彦(はたけやま・とよひこ)監督のコンビは『キカイダ―』で。
・江連卓脚本と山田稔(やまだ・みのる)監督のコンビは『スーパー1』で。
・宮下隼一(みやした・じゅんいち)脚本と辻理(つじ・まこと)監督のコンビは『真・仮面ライダー』で。


 それぞれの男女ドラマを展開したのだ。そういうことである。


 総括して『仮面ライダースーパー1』は、パワフルなヒーロー性を狙いつつも、『秘密戦隊ゴレンジャー』(75)から『太陽戦隊サンバルカン』(81)までスパイアクション重視で来ていた「戦隊」シリーズに対して、『キカイダ―』(72)・東映版『スパイダーマン』(78)・『がんばれ! レッドビッキーズ』(78)などの人間ドラマ性を合体させており、シリーズ後期の敵怪人やジュニアライダー隊など表層・テイスト面ではチャイルディッシュなところもあるのだが、ヒロインとの関係性描写についてはやや高年齢層の支持を狙ったとも整理できる。シリーズ中盤ではやや失速するが、最終回では盛り返した黄金のパターンでもある。


 そして、ヒロインに関しては、それまでのヒロインにあった成熟した「お姉さん」度を廃し、親しみやすく明るいヒロインを生み出し、特撮ヒロインのアイドル化のハシリとなったといえるのではないだろうか?


 設定のハードウェア面では、後年の『超人機メタルダー』(87)に似ている要素もある。ヒーローのメカをチェックするマシーンがあり、敵組織が4大軍団であることなど。マニア間では評価が高い『メタルダー』だが、筆者は着ぐるみキャラによる男クサいだけのドラマはやや好みではなく、ヒロインとの男女の恋愛ドラマ要素が非常にウスい点については個人的には不満を抱いている。この『メタルダー』の設定でも、江連が執筆すればヒロインとの関係性に報われることがない恋情描写を投入してもっとハートフルになったと思うし、個人的にはそういう作品にしてほしかったのだ。


(『メタルダー』のヒロイン・仰木舞(おおぎ・まい)役の青田浩子は、同作前年に放映された『このこ誰の子?』(86)という江連作品にもゲストヒロインとして出演しているので要チェック!)



 では、芥川隆行来宮良子のナレーション風に―――


「この物語は、『仮面ライダースーパー1』の脚本家で昨今の生ぬるいスタジオドラマに嫌気がさした江連卓が、乙女の純愛と少年の友情を80年代に再生できるか否かを問う、壮大なロマンである」


 結論――。『仮面ライダースーパー1』は傑作ではないが、いぶし銀の良作だったのである。


(了)
(前半部分初出・同人誌『江連卓 その脚本世界』(1997年発行)。後半部分初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2001年号』(00年12月30日発行)。共に『仮面特攻隊2001年号』所収『仮面ライダーシリーズ大特集』「仮面ライダースーパー1」合評に個別に掲載した上で両者を抜粋)


[関連記事]

仮面ライダー THE FIRST』 ~原作・TV版初作の再生か? 「仮面ライダー」の本質とは!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060316/p1

仮面ライダー』初作・総論1 製作前史~全8クール総覧

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20140407/p1

仮面ライダー』初作・総論2 ~元〈旧1号至上主義者〉の告白

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20140501/p1

仮面ライダー』初作・総論3 ~旧1号編を今あえて擁護する

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20140601/p1

仮面ライダー』初作・総論4 ~ライダー・ミラーマンシルバー仮面が日曜夜7時に激突! in名古屋

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20140801/p1

仮面ライダーV3』総論 ~変身ブーム下の『V3』全4クール総覧

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20140901/p1

仮面ライダーX』総論 ~公私葛藤描写の先進性!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20141005/p1

仮面ライダーアマゾン』 ~初期4話のみが傑作か? 5話以降再評価!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20141101/p1

仮面ライダーストロンガー』総論 ~「ヒーロー」作品における「ダイナミズム」の研究

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201231/p1

仮面ライダー(新)』総論 ~スカイライダーの〈世界〉!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210102/p1

仮面ライダースーパー1』総論 ~江連卓の真骨頂! 草波ハルミはシリーズ初の真正ヒロイン!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210822/p1(当該記事)

仮面ライダーBLACK』 ~『BLACK』『ZO』脚本家・杉村升論 上原正三杉村升の公私観は真逆か!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20001015/p2

仮面ライダーBLACK RX』 ~肯定論・当時の状況と総論のための序論

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20001016/p1


[関連記事] ~脚本家・江連卓作品!

ウルトラマン80』#40「山からすもう小僧がやって来た」 ~脚本家・水沢又三郎の正体!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110129/p1

ウルトラマン80』#43「ウルトラの星から飛んで来た女戦士」 ~星涼子・ユリアン編開始

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110219/p1

ウルトラマン80』#48「死神山のスピードランナー」 ~妖怪怪獣の連綿たる系譜!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210228/p1

仮面ライダー(新)』総論 ~スカイライダーの〈世界〉!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210102/p1

仮面ライダースーパー1』総論 ~江連卓の真骨頂! 草波ハルミはシリーズ初の真正ヒロイン!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210822/p1(当該記事)

金城哲夫論!? 光の国から僕らのために-金城哲夫伝- ~金城・上原・円谷一の業績を凝縮した良舞台!

『世界』1973年5月号『破壊者ウルトラマン』(大江健三郎・現ノーベル文学賞受賞作家)書評
『ゴジラ評論60年史』 ~二転三転したゴジラ言説の変遷史!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[ウルトラ] ~全記事見出し一覧
[特撮意見] ~全記事見出し一覧


 ウルトラマンシリーズ55周年! ウルトラシリーズ創始者ともいえる脚本家・金城哲夫没後45周年! とカコつけて、舞台『光の国から僕らのために-金城哲夫伝-』(16年)合評をUP!


金城哲夫論!? 光の国から僕らのために-金城哲夫伝- ~金城・上原・円谷一の業績を凝縮した良舞台!

(文・T.SATO)
(2016年2月28日脱稿)

開幕は「米軍追放! 沖縄への自衛隊の誘致!」を主張する1970年代前半の金城哲夫


 開幕早々は意表外なことに、誰でも予想するであろう、初代『ウルトラマン』(66年)を製作中の1960年代中ばの円谷プロを舞台にした、甲斐甲斐しくも頼もしく立ち回る、ウルトラシリーズを立ち上げた脚本家・金城哲夫(きんじょう・てつお)の若き日の勇姿……といったアリガチな導入部にはなっていなかった。


 飛行機に搭乗しての――実は航空自衛隊(!)のヘリコプターだと徐々にわかってくる――、金城のレポートによるラジオ中継の姿が描かれるのだ。そして最後には、


「米軍を追い出して、代わりに自衛隊を沖縄に誘致すべきだ!」(!)


といった趣旨の発言をしてしまうのであった……!


 当然のことながら、沖縄の故地では物議を醸してしまう金城哲夫


 特撮マニア的には沖縄における仕事での光景ということで、コレは金城が円谷プロを退職して沖縄に帰省したあとの1970年代前半のことだろう、という推測はつくのだけど。


 あとでめくった本舞台のパンフレットでの解説や関係各位へのインタビューでの発言を総合すると、コレは1972(昭和47)年を舞台とした一幕である。つまり、太平洋戦争での1945(昭和20)年の日本の敗戦以来、そして沖縄ほかを除く日本本土が1952(昭和27)年に独立を回復したあとも、アメリカの占領下にあった沖縄が日本に返還された年である。


 72年にホントウに起きた出来事であったのかについては、筆者の乏しい調査力ではウラ付けが取れなかったのだけれども、コレは沖縄のローカルラジオ局の番組『トヨタ・モーニング・パトロール』(RBC琉球放送ラジオ)において、自衛隊のヘリに搭乗してラジオ中継を行なっていた際のエピソードであるようだ。


 その結果として、



自衛隊を賛美したと沖縄の教職員に嫌われ、袋叩きにされたみたいですね」

(本作パンフレット「金城の同僚の脚本家・上原正三インタビュー」)



ということになり、このラジオ番組を降板(!)することになってしまったという逸話の舞台化なのであったのだ。



 コレは世間一般でイメージされている「沖縄ナショナリスト」、あるいは沖縄と日本本土との仲介者たらんとしたような「インターナショナリスト(国際人)」としての金城の姿でもない。
 米軍の駐留には反対するけれども、日本の自衛隊の駐留には賛成する! あるいは米軍には出ていってもらうけれども、その代わりに自衛隊には入ってもらおう! などという、当時の日本や沖縄の左派はもちろん、アメリカに奴隷的に屈従するどころか、むしろ安全保障や経済発展のためには米軍に駐留してもらおうとさえする、自主防衛などは可能性としてすら考えもしない御仁が圧倒的な多数を占めるに至っていた当時の右派や政府自民党ともまた異なる、第3の思想的な立場ですらあるのだ(汗)。


 1990年前後からの東西冷戦体制終了後、あるいはアメリカの国力が相対的に低下してホントに有事の際には日本を防衛してくれるのかについてが怪しくなってきた21世紀の日本でならば、アメリカに頼らないかたちでの日本の自存自衛や自立について考える、などといった言説なども表面化はしてきたけれども、コレはそんな言説などはほとんど微塵もなかった、あるいは表面にはなかなか出てこなかった1972年時点での発言なのである。
 金城の右派でも左派でもない、その両者をもはるかに踏み超えて、時代もはるかに先駆けていた高踏派といった感じの発想ではあり、しかもそれを沖縄内での空気も読まずにシレッと発言してしまっているあたりで、筆者には金城の頭脳がやはりイイ意味での「宇宙人」、時代をはるかに超えていた異能のヒトに思えてきてしまう。


 しかも、この金城の発言は、いわゆる特撮評論におけるあまたの金城論での、「近代」や「戦後民主主義」の理念に合致した良心的な御仁であったということにしておこう! というような文脈には合致しない、ある意味では不都合な事実ですらあるのだ。
 おそらく、本舞台の脚本家さんもその取捨選択には迷ったことであろう。しかし、仮にご自身の思想的な立場とは異なっていたとしても、このような歴史的な事実を見て見ぬフリをする……それは自身の思想的な立場とは真逆な陣営を利することになるので、お仲間・身内を守るためにも隠蔽しておこう! なぞといった左右双方で共にアリがちでも実に卑劣なふるまいなどはせずに、金城の発言自体の是非・価値判断はいったん棚上げとして、それをも包み隠さずに舞台劇の脚本としてみせた! といった事実にまず、筆者個人は絶大なる誠意を感じてしまうのであった。


 そんな意表外な短い導入部を経て、本舞台は時代を7年ほどさかのぼっていく……。


ウルトラシリーズを立ち上げた金城哲夫の略歴! 本舞台を公演した劇団民藝


 金城哲夫。1960年代後半の第1期「ウルトラ」シリーズのメインライターにして、同シリーズを製作した円谷プロの企画文芸部の部長を20代後半の若さにして務めた御仁である。といっても、創立当初の円谷プロはあくまでも弱小映像製作会社に過ぎなくて、部員がひとりしかいないような「部」の部長ではあったそうだけど。
 それに「20代後半の若さ」とはいっても、筆者個人の子供時代の記憶でも、1980年前後よりも前の時代における20代後半~30歳前後の人間というのは、1990年前後以降からの昨今とはまるで異なり、今の基準でいったら充二分に見た目もオトナであり、思春期・青年期的なモテ/非モテなどの価値観の内面化などもあまりないことから、そこのあたりに過剰にマウント心や劣等感を持つことなどもなく、メンタリティも含めて早々に落ち着いて成熟もできていたオジサンですらあったと思うのだ。


 そして、劇団民藝(げきだん・みんげい)。筆者のように関心領域が実に狭くて特撮やアニメといった虚構性の高いジャンルしかロクに鑑賞してこなかったような重症なオタクであっても(汗)、マニア向けムックなどでのジャンル作品に登場した役者陣の略歴紹介などは読んできたので、その存在くらいはナンとはなしに知っていた歴史と実績のある「新劇」の一派であるベテラン演劇集団である。
――「新劇」というのは、歌舞伎などの江戸時代以前の歴史時代を舞台とした伝統演劇ではない、明治以降に誕生した近代演劇・現代演劇一般のこと。しかし、1970年前後に誕生した、いわゆる「アングラ劇団」や下北沢の小劇場などで公演している、さらなる新しい演劇集団ともまた別モノとして区分する慣習であるようだ――。


 ほかの「新劇」集団などとも同様に、「劇団民藝」からも有名俳優を多数輩出していたハズだと記憶していたので、試しにネットでググってみると……。奈良岡朋子(ならおか・ともこ)・宇野重吉(うの・じゅうきち)・大滝秀治(おおたき・ひでじ)・多々良純(たたら・じゅん)・加藤嘉(かとう・よし)・佐野浅夫(さの・あさお)・佐々木すみ江(ささき・すみえ)・米倉斉加年(よねくら・まさかね)・吉行和子(よしゆき・かずこ)・中尾彬(なかお・あきら)・山田康雄(やまだ・やすお)・綿引勝彦(わたびき・かつひこ)……と主に昭和後期に活躍していた壮々たるメンツが出てくるワ、出てくるワ。
 このうち、綿引勝彦については、我らがウルトラシリーズである『ウルトラマンメビウス』(06年)#15「不死鳥の砦(とりで)」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060924/p1)において、昭和の歴代ウルトラシリーズの怪獣攻撃隊の戦闘機の整備士だったとして出演を果たして、重厚な演技を見せているのはご承知の通りである。


 そんな由緒もある「劇団民藝」が金城哲夫を主人公とした舞台を2016年2月10日(水)~21日(日)にかけて上演するという。場所は21世紀以降に開拓されたオシャレな新興エリアである、新宿駅は南口正面に横たわる甲州街道の横断歩道を渡ったさらに先、高島屋東急ハンズが南一直線に連なっていく木製テラスの通路の徒歩10分弱の先の果て、紀伊國屋(きのくにや)書店・新宿南口店ビルの7階、数百人は収容可能なサザンシアターである。試しに2月の晴れた暖かい日曜の午後、オタク仲間数名とともに鑑賞に行ってみた。


 「劇団民藝」さまも我々オタク層に媚びやがって! なぞと思わないでもなかったけれども(笑)、実際に出掛けてロビーで待ち合わせをしていると、少なくとも筆者の観劇した回では、同好の士のオタク層がワラワラといるというようなことはまったくなかったのであった。明らかに我らと同類の異形の士(失礼)だと看て取れたのは、2~3人の年輩オタク集団1組だけである。
 してみると、オタク層の誘致には失敗したと見るべきか?(汗) 映画の3.5倍ほどの高額料金がオタクたちを遠ざけているのか? 単に宣伝不足なのか? 意外にも60~70代以上の年輩層の観客がほとんどであり、彼らのみで満席となっているような状況であった。
 彼らは招待客や長年の「劇団民藝」ファンや演劇マニアの方々なのであろうか? パンフレットによると、「民藝」協賛会員で年会費を払えば、年に数回ある毎回の公演に招待券が配布されるようではあるけれど……。


実在の著名人を材に取った舞台を観る際の心構え!


 舞台は15分の幕間(まくあい)休演を挟んで、約1時間ずつの前編・後編トータル2時間ほどの芝居を通じて、金城哲夫の1965年~1976年にかけての10年強、その若すぎる享年37歳の逝去を、簡にして要で手堅くまとめていた。


 筆者のようなスレたロートル・オタクにとっては、金城についての目新しい発見は冒頭の導入部を除けばあまりなかったのも事実ではある。しかし、もちろん我らのようなスレた特撮マニアたちに向けた舞台であろうハズもない。より広くに開かれた、金城哲夫はおろか『ウルトラマン』すらもロクに知らないような一般層――厳密には一般層ではなく演劇マニア層とでもいうべきだろうけど――にも理解ができるように、翻案されて表現された舞台劇であるべきだ。
 もちろん本舞台はドキュメンタリーではなく、ノンフィクションや人物研究・評伝でもない。あくまでもフィクションである。であるからには、細部がことさらに正確である必要はさらさらなく、トータルでの事物や金城とその時代の本質・エッセンスを抽出・凝縮して「事実よりも真実」、そのへんをシンボリックに表現ができていれば、細部の大胆なアレンジも問題はないのである。


 もちろんフィクションとはいえ、金城はマニア間での研究も進んでおり、ある大ワクの中での評価や人物像も確定してしまった実在の人物ではある。その人物の可能性的には充分有り得たかもしれない別の一面を付加してみせる……というようなことではなく、それは有り得そうもない、その解釈はさすがにいかがなモノなのか? といったようなハズしてしまった描写があったのならば、それはたしかに長年の特撮マニアとしての金城への一応の理解からしても「こんなのは金城じゃないやい!」などとイヤ~ンな気持ちになってしまったことだろう。


 しかし、そのような極端な不備などはまったくなかった。そして、金城の性格・人となり・その想いや、その人生の精髄・キモなどを手堅く抽出して、舞台劇として見事に仕上げることができていたとも思うのだ。


遡って穏当に『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』の1960年代後半!


 1965(昭和40)年。本邦初の本格的TV特撮番組『ウルトラQ』(66年)の放映間近、すでに次作である初代『ウルトラマン』(66年)をも企画中であった円谷プロ企画文芸部が描かれる。


 特撮の神様・円谷英二つぶらや・はじめ)特撮カントクの長男にして、兄貴分でもある長身スマートなTBSのディレクター・円谷一つぶらや・はじめ)カントクを前にして、明朗快活・豪放磊落(ごうほうらいらく)にふるまって、『ウルトラマン』の企画を披露している若き日の金城哲夫が登場する。
 ついでにその場で、『ベムラー』⇒『レッドマン』⇒『ウルトラマン』と、特撮マニア間では知られてきた仮題タイトルが連呼のかたちで正式タイトルへと変化していき、一挙に一瞬にして決定していく。そして、興が乗った円谷一も、その場で即興で初代『ウルトラマン』の主題歌を作詞してみせて、金城と肩を組んで仲良く合唱をはじめてしまう(笑)。


 コレらはタイムスケールを極端に縮めてしまったウソである! 歴史修正主義である! なぞと糾弾するヤボな特撮マニアなどは今さらいないだろう(多分)。微笑ましいシークエンスではある。



 同じく1965年。『ウルトラマン』の準備が本格的にスタートする。そこに新たに登場するのが、本舞台の副主人公でもある同郷の沖縄出身の新参脚本家・上原正三(うえはら・しょうぞう)である。


 すでに前作『ウルトラQ』などに登場した怪獣の着ぐるみを流用、もしくは改造した怪獣を用いて、1話あたりの登場怪獣の個体数を増やしてしまうことを着想する金城哲夫たち。しかし、ヒーローに倒されるためだけの存在としての怪獣に早くも疑念をいだいて、そのアンチテーゼとして善良なる可愛らしい小怪獣である友好珍獣ピグモンのキャラクターの着想も同時に得るのだ。


 その着想イメージの舞台演出的な具現化として、実際にスーツアクターが着用したピグモンの着ぐるみまでもがココで登場。可愛らしい挙動をさせることで、劇場の観客までをもナゴませる。なお、本舞台ではピグモンピグマリオン・モンスターの略だとされていた――今では差別用語になってしまったので黒歴史(くろ・れきし)として大声で語るべきことではナイのだろうけど、元々はアフリカの低身長部族の名称から取ったピグミー・モンスターの略称としてのネーミングであったハズである(汗)――。



 飛んで1968(昭和43)年。円谷プロ製作である空飛ぶ空中戦艦が活躍する『マイティジャック』と怪奇現象を科学的に解決する専門チームを描いた『怪奇大作戦』(共に68年)が視聴率的には低迷して、関係各位からのプレッシャーにさらされている金城哲夫が描かれる。
 『ウルトラマン』の視聴率が異様に高すぎたのであって、直前作『ウルトラセブン』(67年)や今作『怪奇大作戦』の視聴率も充分に高いじゃねーか!? と金城はのたまってみせている。この観点はドチラかといえば後世の我々特撮マニア諸氏による後出しの視点のような気もするけれども、そんなメタ視点をも代弁するかのようにグチってみせる金城が描かれることで――観客とのメタ対話だとも受け取れる――、金城の苦悩がセリフや演技としても体現されていくのだ。


1970年代初頭の『帰ってきたウルトラマン』でのゲスト脚本は、上原脚本の名作前後編に刺激されたと解釈!


 さらに飛んで1971(昭和46)年、故郷の沖縄に帰還後――69年の帰郷前後の悶着は描かれない――、ひさしぶりに金城哲夫は上京して顔を出した円谷プロで、子供間で勃興してきた新たな第2次怪獣ブームに乗じて製作されることになった新番組『帰ってきたウルトラマン』(71年)のメインライターとなった上原正三や、円谷英二逝去後に2代目社長となっていた兄貴分・円谷一らと旧交を温めていた。


 人前では子供じみた強がりであろうか、『帰ってきた~』の上原のシナリオを提示されても「フ~~ン」と気のナイ返事で、手をつけないでいた金城を描写する。


 だが、上原と円谷一が席をハズすや、パッと手に取って熟読玩味をしだすのだ(笑)。周囲には誰もいないのだから目撃されたハズがないであろうその光景に対するベタな脚色は、もちろん舞台劇としてのストーリー展開上での都合論ではあるだろう。
 しかし、「そーいうこともあってもイイかも……」「金城ならば、いかにもそーいうこともアリそうだ……」といった感慨とともに、金城個人の陽気でヤンチャな子供性、幼児っぽいところも多分に残っている性格、そしてイイ意味でそれをカリカチュア(戯画的)のかたちで描くことで、そのキャラクター・人物像を立てることもできている。ごくごく個人的にはこーいう描写も許容範囲だし、喜劇的な描写として私的には好印象ですらある。


 けれど、上原が手掛けた『帰ってきたウルトラマン』のシナリオは、金城が手掛けた初代『ウルトラマン』のシナリオとはやや異質な手ざわりを持っていた。そう、それはある意味では牧歌的ですらあった初代『マン』での局所的な怪獣による匿名的な都市破壊の物語ではなかったからだ。
 局地的な怪獣災害ではなく巨大怪獣の大移動を伴なう広域災害ですらあり、2大怪獣が実在の記名的な大東京の各所を荒らしまくって、ついには怪獣攻撃隊・MAT(マット)の上部組織である地球防衛庁の長官たちが1千万都民を避難させて、東京に小型水爆級の火力を持ったスパイナー爆弾を使用することで怪獣を撃滅せんとするストーリーとなっていたのだ。そう、それは上原が執筆した脚本回である#5「二大怪獣 東京を襲撃」~#6「決戦! 怪獣対マット」の前後編であったのだ!


 その内容に深甚なる衝撃・感銘を受けて執筆を決意する金城! 在京中の数日間のうちに、『帰ってきたウルトラマン』#11「毒ガス怪獣出現」を執筆してみせるのであった……。


 金城執筆の動機が『帰マン』#5~6の前後編にあったという逸話は寡聞にして知らないので、このへんは脚色だとは思われる――新たに発掘された新事実に基づいていた描写であったのならばスイマセン(汗)――。


 ドチラかといえば本舞台の脚本家さんが、この舞台を書き起こすにあたって歴代ウルトラシリーズを再鑑賞して、この金城ならぬ上原脚本回である、子供時代にも幾度か鑑賞したハズであろう『帰マン』#5~6が、――我々特撮オタクたちも子供のころはともかく中高生、あるいは青年期の再視聴で改めて絶大なる感銘を受けたように――「太平洋戦争」や「東京大空襲」に「疎開」といった先の大戦での国民的な記憶にもセリフや記録写真でふれてみせている、非常に重厚なる内容であったことを再発見!


 この名作前後編の劇中での、先の大戦がらみのセリフの数々も長々と引用してみせるかたちで、


「ただの子供番組だと思われている『ウルトラマン』シリーズだけど、実はこんな社会派の題材も扱われていたんだゾォ~!」


などというように、ココぞとばかりに一般層にも紹介・啓蒙をしてみせたかった! という気配もプンプンとしてくるのであった……。スレたマニア的には一方で「何を今さら」的な気恥ずかしさもあるのだけれども、むろんそんなごくごく少数の自意識過剰な老害オタクなぞは無視しても問題はないのだ。これらの引用をカンゲイいたします(笑)。


 ただし、舞台作品にかぎらずフィクション・ドラマというモノは、正確性が求められるドキュメンタリーではない以上は、ディテールを超えたエッセンス、「事実よりも真実」を目指すべきではあるのだ。
 金城がナンとはなしに『ウルトラマン』シリーズのシナリオをフワッと再び手慰みで書いてみました! というようなナチュラルなストーリー展開では、劇的ではないのでフィクション・物語作品としてはあまり面白くはないだろう。
 やはりふたたび筆を執るに至るまでのキョーレツなる背景・原因・動機などをウソでも設定してみせたり、あるいはココで『帰マン』の大傑作回である#5~6にも同時にスポットを当ててみせることで、ウルトラシリーズの傑作編自体の紹介やその裏面史などもダブらせるかたちで、ダブルミーニングやトリプルミーニングで事物を全的に一挙にウキボリにもしてみせよう! といった作劇の方が、劇的・ドラマチックでもあり、事物の「事実」ならぬ「真実」にはより接近していけるともいえるだろう。
 そして、その方が観客も金城の変心自体に腑が落ちてナットクもできるだろうし、ストーリー展開自体にもメリハリ・抑揚も出てきて、フィクションの作劇術としては正しいとすら思うのだ。


 なお、本舞台においては、『帰マン』#11の初稿は「毒ガス」が「米軍」由来ということにされていた。そして、TBSのプロデューサー側からそれでは「マズい」というダメ出しが出たことで「旧日本軍」由来の毒ガスとして改稿することになったというストーリー展開になっている。
 浅学で恐縮なのだけど、コレも新発見の実話なのであろうか? たかが一介の子供番組にもTV局側からの介入があったのだ……という「一般論」を、ココで具現化させるための脚色であったのだろうか?――繰り返しになるけど、脚色があっても構わないと考えていることは、くれぐれも念のため――


 本舞台においても、この#11の劇中セリフの数々がコレまたそのまま長々と引用されることになる。この「旧日本軍由来の毒ガス」が、MATのイヤミなレギュラーキャラでありエリート隊員でもあった岸田隊員の父――もちろん旧日本軍のおエライさんだったのだろう――の汚点、そしてそれは岸田隊員の兄の自殺の原因にも関わってくる「家系の恥」でもあったのだ! という一連のシーンでの実に重たいセリフの数々のことである。


 ただし、ヤボを承知で細かいツッコミを云わせてもらえば、「米軍出自の毒ガス」を「旧日本軍由来の毒ガス」として、それを岸田隊員の苦悩や人物像への肉付けともした改稿版の方が、ドー考えてもマイルドな方向には中和されておらず、子供番組としてはよっぽどヘビーでヤリすぎで踏み込みすぎてしまってヤバい方向へと振り切れてしまっているのではなかろうか?(汗) 『帰マン』#11の内容自体もさることながら、金城の劇中初稿の「米軍」出自を「旧日本軍」出自の毒ガスに改訂させてもっとヘビーにして、しかも結局はそれにOKを出してしまった、そのTBS側のザルなチェック体制に至っては、もっとマズいだろ!(笑)


 いやまぁ本舞台では、TV局側を一種の無理解で作品内容にも干渉してくるプチ権力としての「悪役」に割り振って、それであってもウラから抜け道を探し出して、むしろよりテーマを明確にした作品を仕上げて、しかもそれを通してみせる老獪なところもあった金城! といったところでの、物語的に主人公を立ててみせた一連の描写ではあるのだろうけど。


 とはいえ、コレが実話であろうがなかろうが、金城の独力のみならずTBS側の横ヤリによっても、むしろこの『帰マン』#11のドラマ性やテーマ性は格段に高まったことにはなってしまうだろう。小説ならぬ映像作品というモノは集団作業・総合芸術でもあるので、この事実を描いてしまうことで、金城個人の才能の特権性についてはややウスれてしまうやもしれない。そして、創作において多数といわず複数の人間の意向が入り込んでいく過程自体には「船頭多くして何とやら」に陥(おちい)る危険性ももちろんあるのだ。しかし、作品に作家個人の初期構想以上の多層性・重層性をも付与していくという効用があるのも事実である以上は、むしろTV局や玩具会社などの外部からの介入も適宜には肯定されてもイイようには思うのだ。


 ただし、1970年代初頭当時においても、我々日本国民にとってはそこまでアメリカさまが怖かったり、アメリカへの反対意見表明や在日米軍基地批判、日本政府批判や政府自民党批判などがタブーであったことなどはないだろう(汗)。むしろ「米帝批判」(アメリカ帝国主義批判)は常套的なスローガンですらあったハズである。
 それは本作『帰マン』放映直前の1970年秋クールに放映が開始された、我らが初代『ウルトラマン』にも関わった脚本家・佐々木守脚本による、左派的な志向も多大にあったコミカルなホームドラマ『お荷物小荷物』が沖縄問題をテーマに据えており、その最終回では日本国憲法9条が廃棄されて人々が戦地に招集されていくようなストーリー展開を持った作品が平気で放映されて、視聴率も30%を達成していた事実でもわかることである。
 学生運動の成れの果てである連合赤軍が翌1972年に起こした「あさま山荘事件」とその後の取り調べで仲間内での大量リンチ殺人が発覚するまでは、むしろ国民間では相応の規模でこのテの左派的な社会派テーマと共鳴するような空気が良くも悪くもあったのだ。
――もちろん近隣諸国の国際情勢が大きく様変わりした21世紀においては、『お荷物小荷物』などが提示していた問題意識は古びてしまった面があるのも否めない。しかし、それはまた別の議論であるし、全肯定でも全否定でもない是々非々で、各自が個々に判断すべきことではあるだろう――


75年海洋博:「科学の光と影」以前、沖縄の「南海楽園性」と「ムラ世間的因習性」!


 1975(昭和50)年、沖縄で開催された海洋博「EXPO 75」の開会式やその前夜祭、閉会式の構成・演出を務めて、実質プロデューサー&各位への折衝役をも務めることになった金城哲夫


 式での披露に備えて、いかにも沖縄的で南洋の多幸感に満ち満ちた、浅黄色の着物を着た娘たちによるハイテンポな沖縄舞踊の練習光景が相応の長尺を使って描かれる。
 と同時に、この海洋博に特に限定した話でもナイ、どこにでもある話だとは思うので、この出来事を特にヒドい話として特権化することもないとは思うのだけど、日本本土のお役人や主催者側からは「さらにもっとハデに!」「人員を増員して!」「でも、予算の範疇で!(笑)」などとハッパをかけられている、中間管理職的な悲哀に満ち満ちた金城の姿も描かれていく――古今東西・世界中、下請け会社は皆こーなっているとも思うけど(汗)――。


 増員したことで、踊り子の娘たちから「ひとりひとりの給金が減らされた」ことを知らされる金城……。


 ここの展開で安直な善悪二元論に陥(おちい)って、本土=日本が「絶対悪」の加害者で、沖縄こそが被害者で純粋無垢(むく)な「絶対善」なのだ! 沖縄こそが大正義! なぞといったような陳腐凡庸(ちんぷぼんよう)で単純な構図になってしまったのならば、思いっきり小バカにしてやろうか!? そーいう論評をする観衆の側も小バカにしてやろうか!? などと構えていたのだけれども……(心の中だけで・笑)。


 ここでは古き良き、もとい古き忌(いま)まわしき「日本」、もしくは古き忌まわしき「地方」、ついでに古き忌まわしき「沖縄」の、悪い意味で因習的で土俗的なムラ世間といった要素も露呈してくるのであった……。


 会場前の大海原に漁船を大量に登場させることについての交渉の際の出来事である。海洋博によって漁場を失ってしまったガラの悪い漁師たちは、ムリからぬことではあるし同情の余地もあるのだけれども、「武士は喰わねど高楊枝」で乞食のようなマネはせずにストイック(禁欲的)にふるまってグチも吐かない! ……などといったことはさらさらなくって(汗)、すでに充分とはいえないまでも補助金が出ていたハズなのに、したたかにもおカネをせびってきて、あいさつに来る際には前近代的なワイロまがいの酒瓶の持参までをも金城に要求してくるのであった……。


 そんな理不尽なことがあっても、「日本ナショナリズム」の側にも、「沖縄ナショナリズム」の側にも付かない(性格的にも付くことができない)、筆者から見ると実にカッコよくて左右双方に存在しているそれぞれに種類が異なる悪へと自堕落に墜ちていく道には決してハマっていくことがない気高き苦渋の金城哲夫! しかして、その行為はまた「日本」からも「沖縄」からも同情されずに、つまりはその両者からの挟撃・板挟みにあってしまって、誰にも理解されない細くて高き尾根の道を進んでいくことをも意味していたのであった。


 一応の「コスモポリタン」(世界市民)的な先駆的な理想の持ち主が、前近代的な意識を保持したままである「日本」と「沖縄」の両陣営の人々に、自身の一応の高邁なる理想を理解されずに糾弾されてしまう理不尽と苦悩が、二元論ならぬ三元論(!)として、ここではシッカリと描かれているのだ……。


76年昇天:後年の特撮マニアや40年後の上原正三とメタ会話する臨終の金城!


 1976(昭和51)年、逝去の年。アルコール中毒と化して、妻にお酒を制限されている金城哲夫が描かれる。


 そこに、後年の我々オタク族の代弁者の役目も務めさせているのだろう、『ウルトラマン』シリーズのマニアであるという青年が金城のもとに訪ねてくる――当時はまだオタクという言葉もオタク差別すらもがなく(イケてる系/イケてない系のスクールカーストの分化すらもがまだナイ時代であり)、そもそもオタクやマニアの存在すらもが世間には認知はされていなかった時代だけれども――。


 1960年前後生まれのオタク第1世代が青年期を迎えてマニア活動をはじめた70年代末期の第3次怪獣ブームというモノは、TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』(74年)の総集編映画化(77年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101207/p1)にはじまる第1次アニメブームや、SF洋画『未知との遭遇』や『スター・ウォーズ』(77年・78年日本公開・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200105/p1)にはじまるSFブームとも一体化した超特大ブームでもあった。


 しかし、この1976年とは、そのブームの直前の雌伏の時期であり、本邦初のマニア向けムックが発行されるのも翌77年末のことであるからして、金城や上原が沖縄出身であることは世間や特撮マニア間でも知られてはいなかったので、コレも実話ではなく本舞台劇におけるフィクションなのだろう。そして、彼を後年のオタクの代弁者――あるいは本舞台の脚本家の分身?――として、金城と仮想的に対話をさせることで実現させるメタ・フィクションでもあるのだろう。


 初代『ウルトラマン』放映からでもすでに10年が過ぎた1976年。放映当時の子供が青年へと成長した姿でもあり、早稲田大学に在学中だという彼は、『ウルトラセブン』における金城脚本回である#42「ノンマルトの使者」における、地球の先住民(!)である海底人・ノンマルトたちが地球人こそが実は侵略者なのだ! と糾弾してみせるシーンを身振り手振りで再演してみせる(笑)。そして、


「アレは沖縄の怨念の象徴ですよネ!」


などと、いかにもオタク的な、自分の得意なジャンルの話題になると急に冗舌となってテンション高くて、空気も読まずにマクし立てていく光景が描かれる。


 それを面映ゆそうに受け止めている金城……。


 1980~90年代におけるマニア向け書籍などでの研究で、その沖縄出自の境遇とストレートに紐付けるかたちで深読み・解読されるかたちで確立してきた金城哲夫論。しかし、90年代末期以降は金城の周辺人物へのインタビューなどによって、「金城は当時そこまでストレートに沖縄問題を『ウルトラ』シリーズなどの虚構作品に仮託していたワケではなかった(大意)」とする証言が多々出てくることにもなっていく。
 それもごもっともなことではある。沖縄出自の要素が無意識に作品にも反映されていた面はたしかにあったのだろうけど、その一方で作劇の都合論でのストーリー展開にすぎなくて、深読みすれば沖縄論にも接続できるストーリーに着地しただけのこともあっただろう。つまりは「出自」と「作劇的都合」というコーヒーと牛乳の双方があったのであり、あるいはその両者がコーヒー牛乳的に混合していたこともあったのであろう。


 ということは、「ノンマルトの使者」というエピソードには、金城による「沖縄の怨念の象徴」といった面もたしかに無意識にはハラまれていた可能性はある。しかし、さすがの金城もそこまでは考えてもいなかった可能性もある。つまりは相矛盾する両方の可能性が論理的には同時に成立してしまうのだ!


 「ノンマルトの使者」というエピソードにはそんな両義的なところもたしかにある。よって、金城個人にそのような作品解題を捧げてみせることで、しかも「無意識」の次元において発揮された作劇のことまで指摘されてしまえば、それはたしかに自分でも「肯定」だとも「否定」だとも取れない、あるいは「肯定」&「否定」の両者を同時に「メタ肯定」するような態度を、つまりは「面映ゆそう」なドッチだとも取れる複雑な表情をさせてみせることこそ、実に正しいストーリー展開であったかもしれないのだ。


 そして、このシークエンスは我々特撮オタクたちにとっては実にイタい(笑)。まぁこの描写の一点だけをもって、本舞台は「オタク差別」というモノを作り手たちがそのメンタルの根底にはやどしていた作品でもあったのだ! なぞとケツの穴の小さい糾弾などをする気は毛頭ナイけれど。
 個人的には、オタク第1世代のライターたちであるオタキング岡田斗司夫唐沢俊一的な「オタク・イズ・ビューティフル」言説や「オタク・エリート」論などの方がネタであってもドーかとは思ってきたし(汗)、オタクの在り方について少しでも疑義や異論を差し挟んでみせたら「それはオタク差別だ!」、「オタクの側にも改善すべき欠点があるんじゃネ?」などというような異論を述べてみせたら、即座に「裏切り者!」呼ばわりをしてきて、我々オタク自身を批判も許さぬ神聖不可侵の天皇的な存在に祭り上げかねない、狭苦しい論法もドーかとは思っているけれど(笑)。



 アルコール中毒の更正のために(汗)、病院へと入院することになった金城。しかしそれなのに、自宅のウラにあるさとうきび畑に隠し埋めておいた酒瓶で最後の一杯とばかりによろしくやっているダメンズ金城哲夫も描かれる。


 そこにちょうど40年後の現在、つまりは2016年の未来(!)から、かつての同僚・上原正三のお迎えがやって来てしまう!


 そして、時空を飛び超えて、その後の40~50年間の歴史・世相風俗・戦争廃絶の有無・国際情勢をふたりが問答しながら鳥瞰(ちょうかん)していく、反則ワザでメタフィクション形式でのしばしの邂逅(かいこう)が行われて……。


総括:鑑劇を終えて。脚本&演技ともに金城のエッセンスの抽出には成功!


 ムチャクチャに面白かったとまではいえないけど、ダレることなくタイクツすることなく、鑑賞することができた。要所要所でウルッとも来た。筆者よりもウルサ型のイジワルな特撮マニア連中がナニを云うのか、どのようなキビしい持って回った感想を持つのかはわからないけれども……(汗)。大名作だった! なぞとは確言しないけど、脚本・演出・役者陣が、作品の題材を見事に自身たちの血肉と化して消化できた上で、金城の半生を物語として表現・定着できていたとも個人的には思うのだ。


 舞台劇である以上は、美術セットの関係からも細かい場面転換は不可能である。しかも主要な登場人物は実質3人だけなのである。よって、TVドラマや映画の演出技法で云うならば、長廻しのワンカットで延々と少数の役者陣の芝居を観続けているような作品でもある。


 もちろん鑑賞中はよけいなことは考えずに、筆者も基本はストーリー展開に没入している。しかし、あとで冷静に考えれば、金城哲夫役の役者さんはほとんど全編出ずっぱりの一人芝居に近いものがあり、金城の生前の人柄も再現するために、基本は終始テンション高くて明るくしゃべりっぱなしなのであった……。ある意味でこの演劇は、演者である氏の技量にかかっている。そして、氏はその責務を充分に果たしていたといってイイだろう。


 加えて我々マニアには、見た目からして眉毛が太くて意志的でエネルギッシュさをも感じさせる、昭和末期の1980年代に大ヒット曲も放った豪放なコミックソング的な演歌歌手・吉幾三(よし・いくぞう)をもほうふつとさせる金城哲夫の風貌は、マニア向け書籍に掲載されてきた写真によってもよく知られてきたところでもある。
 もちろんフィクションである以上は、ソックリさんを演者に起用する必要は毛頭ナイ。筆者個人のことをいえば、仮に金城にそれほど似ていない御仁が演者を務めていたとしても、そのへんは割り切って金城だと見立てて鑑賞することもできるタイプではある。


 しかし、それが役者さんの演技の力というものなのだろう。本舞台を鑑賞していると、この「金城」はいかにも豪放・快活で、伝え聞いて個人的にイメージを膨らましてきた「金城」らしいのである。


 当初はTBSの映画部ディレクターで、円谷英二の没後には円谷プロの2代目社長に就任する「円谷一」もまた、ムダに粘らず早撮りで有名で快活な御仁であったと各種マニア向け書籍で伝聞されてきた。この役を務められた長身で若干(じゃっかん)年輩ながらも快活な役者さんの方も、筆者個人の脳内補正もあるのだろうけど、七三分けっぽい髪型からしてコチラがイメージしてきた円谷一、あるいは円谷一の息子さんであられる往年の『宇宙刑事シャイダー』(84年)こと、こちらもすでに故人であられる俳優・円谷浩つぶらや・ひろし)の風貌からも類推される、いかにも円谷一らしい姿に見えてきてしまうのだ。


 脚本家でありながらも円谷プロ文芸部の部長として対外交渉・プロデューサー的な役回りも務めていた金城や、撮影現場にいる大人数を大声でまとめあげていた円谷一監督と比すると、相対的に線が細くて凡人の平均的なテンションの持ち主であることからしてホッともさせられる「上原正三」役の役者さんのルックスや演技もまたしかり。


異色派ならぬ埋没気味な王道派作家・金城哲夫に陽が当たるまでの歴史!


 正直、スレた特撮マニアであれば、70年代末期に本邦初のマニア向けムックが発行されて以来、金城哲夫は研究も進んでいて、その人物・人となりも昭和特撮マニア間では充二分に知られてもいる。
 ここ四半世紀の間でも金城は、すでに1993年8月5日(木)にNHK-BS2での90分枠特番『ウルトラマンの世界』などの1コーナーでも金城の足跡目当てで沖縄まで取材に行ったり――近年では読売新聞の鈴木美潮(すずき・みしお)が特撮スポークスマンだが、当時はNHKのアンドロイド美少女もといニュースキャスター・宮崎緑(みやざき・みどり)が『ウルトラマン』マニアであることをカミングアウトして本番組の司会も務めていた――、『知ってるつもり?!』(日本テレビ・89~02年)1998年9月13日(日)放映回や、2010年にも『歴史秘話ヒストリア』(NHK・09~21年)2010年9月15日(水)放映回などの、一般層に向けた評伝形式の人気TV番組でも幾度か紹介されてきたほどなのである。


 とはいえ、昭和特撮も遠くなりにけり。平成も約30年に至ろうとする、昨今の若い平成特撮マニアたちにとっては、金城も重きを置かれた特別な存在ではナイのだろう――それが悪いというのではなく――。しかし筆者のように昭和特撮で産湯を浸かったロートル・マニアたちにとっては、金城哲夫は相応に大きな存在なのである。


 とはいえ、その人物・作品評価も一朝にしてなったものではない。オタク向けのジャンルが青年層の間ではじめて勃興した70年代後半~80年代初頭にかけては、第1期ウルトラシリーズが神格化されるようになるに伴ない、それらを支えた脚本家たちや本編演出の監督たちに対する注目や神格化が始まった。
 それでも「ウルトラ」評論史の黎明期においては、いわゆる変化球・アンチテーゼ編、怪獣攻撃隊の隊員たちの意外な一面や湿った苦悩、ゲストキャラとのカラみなどをヒューマンに描いた「人間ドラマ」や、科学の進歩やヒーローの正義に疑義を呈してみせる「社会派テーマ」などを扱った「問題意識」が明瞭な作品の方が、圧倒的な注目を浴びていた。


 つまり、「怪獣もの」や「変身ヒーローもの」の本来の魅力、本来の路線である、怪獣との一進一退の乾いた攻防劇、作戦・知謀のゲーム的な面白さ、怪獣自体の特殊能力から着想して作ったエピソード、ヒーローの特殊能力を活かして爽快な戦いのカッコよさを描いた作品などには、あまり注目は集まってはいなかったり、批評的な言辞や解題などは与えられてはこなかったのだ――今でも同じか?(笑)――。
 よって、変化球・アンチテーゼ編のエピソードの作り手たちであった、佐々木守脚本・実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)監督コンビなどの作品群の方が、年長マニアたちによる「ウルトラ」評論の俎上に真っ先にのぼることになったのだ。続けて、沖縄・辺境・弱者の怨念といったカラーを感じ取ることができる上原正三作品や、スパイスもある独自の叙情性を備えていた市川森一(いちかわ・しんいち)作品が俎上にのぼるようになっていく。


 しかし、金城哲夫は第1話・最終回・イベント編などといった、カラッと乾いたSF的な世界観設定をも提示する基本設定編を手掛けた脚本家だというイメージはあっても、その「作家性」がどのようなものであったのかについては判然としない感じではあり、そのような観点から70~80年代においては、その作家性の詳細についてはあまり語られてはこなかったのも事実なのだ。


 そこに転機が訪れる。もう早くも四半世紀も前の出来事になってしまうけれども、1992年に発行されたムック『別冊宝島 映画宝島Vol.2 怪獣学・入門!』(JICC出版局(現・宝島社)・92年5月30日)に掲載された、当時ともにまだ20代の若者であった切通理作(きりどおし・りさく)と佐藤健志(さとう・けんじ)による長編論文の鮮烈な登場である――両論文はともに切通の方は『怪獣使いと少年 ―ウルトラマンの作家たち 金城哲夫佐々木守上原正三市川森一』(JICC出版局・93年6月1日発行・ISBN:4796606718)、佐藤の方は『ゴジラとヤマトとぼくらの民主主義』(文藝春秋・92年7月1日発行・ISBN:4163466606)の名義で、単著として刊行されることになる――。


 ココで現在までにつづく、金城哲夫の「作家性」と「作家像」がはじめて断片ではなく体系的に言語化・成文化されて確立されたといってもイイだろう。正直、筆者もこの両者が確立してみせた「金城像」については当時、大いに感銘を受けている。影響も受けているし、大ワクとしては異存もないのだ。


 ただし、そのころには筆者ももう子供ではなく小賢(こざか)しい若造になっていたので(汗)、読後数ヶ月もすると細部においてはコレはいかがなものであろうか? というような疑問をいだくようにもなっていく。コレはやはり、金城哲夫を「王道」の「娯楽活劇作家」として語るというモノではない。今までの佐々木守上原正三を持ち上げていたのと同じく、旧態依然の社会派テーマ優先主義的な「論法」のバリエーションの応用ではないのかと……。
 しかも、完成作品それ自体ではなく、作品の外側にある彼の生育環境・志し・挫折・逝去時の模様などの情報によった答案の答え合わせですらあり、金城のあまたの作品群の中から必ずしも金城らしくはない……と云っては云い過ぎやもしれないけれども、数は少ない例外的なドラマ性やテーマ性が高く感じられるエピソードの断片や描写などをひろってきて、そこに金城の人生模様から汲み取れた苦悩を代入してみせることで、「そーだ、そーだ、金城の人間性や作家性、沖縄と本土との架け橋たらんとしたテーマ意識がここに表出されているのに違いない!」といったかたちで証明するといったモノである。


 あげくの果てに、金城が東京では沖縄での戦争体験のことや基地問題をあまり語ってはこなかったという、当時の円谷プロのスタッフ側の証言が出てくると、今度は特撮マニア諸氏は別所での上原正三などによる推測発言なども援用するかたちで、


「安易には語れないほどに重たい、封印したい体験があったのだ……」


などという、歴史上の敬虔(けいけん)なクリスチャンの修道者がよくやるような「艱難辛苦(かんなんしんく)、我にのぞみたまえ!」ばりに、「戦争体験が重たければ重たいほど、作家としてのステータスやステージが上がる」のだと云わんばかりの、新たな神格化が始まりだしたり、深読み競い合い合戦・信仰告白競争が始まったりもする。


 オイオイオイ。怪獣との一進一退の攻防劇、作戦や知謀のゲーム的な面白さ、怪獣自体の特殊能力から着想して作った王道の娯楽活劇エピソードの作劇術の方こそを、分析・解析する気はもうまったくなくなってしまったのかヨ!?(笑)



 ところで、金城の作家性については、後天的な環境や学習によらない、もって生まれた先天的な気質・性格面の要素の方が大きいとも私見する。筆者個人の見解や人間観で恐縮なのだが、社交的な人間と控えめな人間の「性格」の違いから来る感情表現の違いや人生観や人間観は、享楽的であったり厭世的であったりして、筆者の乏しい経験からも非常に大なる落差をもたらすものだとも思うのだ。
 そして概して、生まれつき快活で豪放磊落な「性格」の人間は、シミったれた陰気なお話や、自分に同情・憐憫(れんびん)を乞うているような話題が「卑屈」にも思えてキライだくらいに思っているようなのである――偏見であるのならば失礼(汗)――。だからこそ、単に自身の明朗な「性格」ゆえに、過去の悲惨な戦争体験を積極的には語らない、といったようなこともあるようには思うのだ。


 筆者も含むシミったれた「性格」の弱々しいオタク一般は、自身の悲惨な境遇(汗)をドコかで打ち明けて、自戒も込めて云うのだけど、ダメ人間同士の間でだけは認め合ったり慰め合ったりキズをナメ合ったりしたいと思っているフシがあると思う(笑)。コレは若いオタク世代であれば、2010年前後から勃興する(ひとり)ボッチを題材としたライトノベルや深夜アニメの隆盛などにも通じていると私見


 しかし、金城哲夫はその点では我々のようなオタク側の「性格」類型の人種ではナイようではある。そーいう意味では従来の金城論は、「性格」の問題と「境遇」の問題を混同して、「性格」問題をあまり見ないか、見えてはいても意識的にか無意識にか無視して「境遇」問題の方ばかりを優先しすぎていたようにも思うのだ。
 筆者個人の見立てでは、「後者」も無視はできないものの、金城の作風に大きな影響を与えているのは、あくまでも「前者」の「快活」「豪放磊落」たる底抜けに明るい「性格」であったと思えるのだ。そしてそれに挫折を与えて鬱屈させるのではなく、自由気ままを可能にして、あの時代のアメリカ占領下の沖縄で湯水のように大枚はたいて、琉球王国時代の実在の遊郭の遊女を主人公にした自主映画『吉屋チルー物語』(62年)を20代前半の若さで製作ができてしまったような、実家のプチ・ブルジョワ的な裕福さが、その純粋培養を可能にさせてもいる。


 とはいうものの、60年代後半における第1期ウルトラシリーズにおいては、その楽天的なカラーが脚本作品にもある程度まではストレートに表出されていたともいえるけど、先の『帰ってきたウルトラマン』#11「毒ガス怪獣出現」の作風を見てみれば、コレはある意味では上原正三よりも上原正三らしくて、『帰マン』そのモノといった作品に仕上がっていたとも思うのだ。
 そう考えると、オトナたちはともかく70年代初頭の子供たちはまだ濃厚には感じていなかったかもしれない、科学や進歩や高度経済成長に対する楽天的な希望があった60年代とそれへの懐疑が前面化した70年代との時代風潮の断絶・亀裂を、金城個人もその全身でナチュラルに体現していただけのようにも思えて来るのだ。


 第1期ウルトラシリーズ至上主義者のオタク第1世代の特撮マニアたちは、第2期ウルトラシリーズでも金城が登板さえしてくれれば近未来的な明るいSFテイストを維持できたであろうものを……とグチってみせる言説が、20世紀においては定番ではあった。けれども、やはり金城自身が仮に登板を継続していたとしても、70年代前半の「時代の空気」の中で執筆したのであれば、今あるかたちの日常寄りの『帰ってきたウルトラマン』(71年)のような作品に仕上がったのではなかろうか?
 もっと云うなら、『帰マン』の反転として日常性よりもスペクタクル性を志向した次作『ウルトラマンA(エース)』(72年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070429/p1)、『A』のアンチとしてマイルドで牧歌的な作劇となった次作『ウルトラマンタロウ』(73年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20071202/p1)、そのまた『タロウ』の反転としての実にシビアで切迫感と孤立感にあふれる作劇となった次作『ウルトラマンレオ』(74年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090405/p1)。たとえ金城でも70年代前半という「時代の空気」の中では、結局は今あるいわゆる第2期ウルトラシリーズのような作風の変遷を遂げていったような気がしないでもないのだ。
 それは金城が沖縄に帰郷後に手掛けた、沖縄の史実に材を取った沖縄芝居に、子供向け特撮ではないからだとの理由もあるのだろうが、牧歌的な要素があまり感じられないところからも察せられてくる。


 加えて、沖縄の米軍を追い出して、その代わりに自衛隊に駐留してもらおう! なぞと、同時代の左右の思潮とも次元の異なる着想を得てしまう金城が、その後も生き長らえていたとすれば、その後にどのような思想的な変遷を遂げていき、どのような高い境地へと到達していたかについても興味はそそられる――もちろん始末が悪くて出たがりでおしゃべりな老害的な存在に堕してしまった可能性だって有り得るけれども(笑)――


 とはいえ、まずは60年代後半における初代『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』における、ドラマ性やテーマ性よりも明るく楽しいエンタメ活劇を実現できていた金城脚本回の妙味を、いかにそのように言語化・言説化していくのか? そして、それをそのままに踏襲とは云わず、いかに日本特撮の進むべき道標の補助線ともしてみせるか? それをさしあたっての筆者個人の課題としていきたい。


追伸:沖縄でも居場所を見つけられないであろう我々オタクたち(汗)


 我々オタクは地縁・血縁・学校・会社などにはさして帰属意識なぞは持っていないのがフツーである。しかし、そーいう意味では虐げられしものの象徴とはいえ、金城や上原には帰るべき、あるいは依拠すべきものとしての密で牧歌的な人間関係も保持した楽園性のある沖縄があったのは幸いなのだろう。
 しかし、コミュニケーション弱者であり、現実世界・3次元世界ではなく特定のマイナー文化趣味にアイデンティファイしてしまった我々のようなオタクたち、もとい筆者にとっては、そのような地縁・血縁的な濃密な人間関係の中で生きている沖縄もまた、典型的なムラ世間ではあり、気が合う人間が見つけられなかった場合には息も付けない場所となってしまう可能性が高い気もしている(汗)。そして、そのような空間には馴染めない趣味人に対する異物を見るような蔑視の視線までもが先回りして想定されてくる。
 やはり我々のようなオタク人種は、周囲が後腐れのない他人ばかりの匿名性が維持できる都心や近郊などでこそ、浮かぶ瀬もあるようには思うのだ(爆)。


追伸2:隣席の上品な高齢女性が円谷一役の役者さんの母君であらせられた!


 観劇終了後、隣席の上品で小柄な高齢女性が突如として話しかけてこられた。しばしの社交辞令的なカルい雑談のあと、どのような関係や興味でこのような舞台を観に来られたのですか? といった趣旨の質問をされてきた。ガチのオタクであることをカミングアウトすることは憚られたし、マニアといった存在自体を知らない可能性もあるので(汗)、遠回しに『ウルトラマン』などのファンなので……といった返答で、こちらも逆に同様の質問を返していった。
 すると驚くなかれ。この高齢女性は円谷一役の役者さんの母君だというのだ! 「スゴいじゃないですか!?」と返すも、この役者さんはどうも役者の道を進まれてからはご実家には帰省されたことがないらしい……。エ~~~ッ!? ……ウ~ム。
 たとえTVドラマでは見ない役者さんではあっても、劇団民藝ほどの団体で、端役ではなく主役級の役者さんとしてご活躍されている以上は相応のポジションにはいるハズなので、その旨を語り合いつつ、貴重な5分間ほどの時間を座席に座ったままで過ごしたのであった……。


(了)


『光の国から僕らのために-金城哲夫伝-』寸評

(文・フラユシュ)


 最近の金城の研究で発掘された新たな事実を踏まえつつ、基本的には山田輝子の『ウルトラマン昇天 -M78星雲は沖縄の彼方』(朝日新聞・92年7月1日発行・ISBN:4022564903、『ウルトラマンを創った男 -金城哲夫の生涯』として朝日文庫化・97年8月1日発行・ISBN:4022612088)や上原正三の『金城哲夫 ウルトラマン島唄(しまうた)』(筑摩書房・99年10月1日発行・ISBN:4480885072)を基に再構成したといった印象。
 論壇誌中央公論』か『文芸春秋』だったかに90年代に発表されたルポ――現物紛失のため詳しい内容を記載できず――なども参考にしているかもしれない。


 自衛隊賛美発言なども再現。ここでその発言に対して思想的なことをカラめると、左右いずれの陣営にも思考停止をした議論にならない輩がケンカを吹っかけてきそうなので、ヘタレてしまうけど、そこには深くはふれないようにする。
 各関係者の発言をまとめた人物伝としてよくできていた。ただ何か物足りなさというか、「夢見る心」や「舞台劇的な飛躍」が少し足りないような気もする(最後に夭折する直前、2016年の上原と通信するあたりなどはスキなのだが)。それは、本舞台以前に観賞した、別の金城哲夫の舞台劇の印象が筆者の心の中に残っていたからかもしれない。


 最後の方で、特撮ファンらしき大学生が金城を訪ねて、金城本人も意識していなかった(?)ような沖縄問題や日米問題などの風刺を、『ウルトラ』シリーズに対して深読みして演説しているシーンには、我ら深読みオタクのまさに鏡像にもなっていて思わず苦笑。以前、リアルロボットアニメの金字塔『機動戦士ガンダム』(79年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990801/p1)を手掛けた富野監督が、自分の下に付いた若いアニメーターに「僕もインドに行けばニュータイプ(新人類)になれるでしょうか?」と真顔で言われたという話も思い出してしまった(笑)。
 この芝居では金城自身がポカンとそれを聞いていて、それに対して特にコメントはしないで終わるのだけど、実に妥当な表現だろう。



 実は90年代にも金城哲夫の伝記芝居が上演されたことがある(題名失念)。先日の芝居に刺激を受けて、もう手持ちの資料も散逸してしまったこの芝居に関して、記憶のみだが覚えていることを書き綴ってみよう。この芝居、Wikipediaにも記載がないのだが、92~93年の冬であったと記憶している。まだ当時は先の『中央公論』か『文芸春秋』に掲載されたルポと『映画宝島 怪獣学・入門!』(92年・JICC出版局(現・宝島社))が出たばかりで、切通理作の『怪獣使いと少年』(93年・JICC出版局(現・宝島社))も書籍化されていなかったと思うからだ。場所は東京は両国の舞台だったと思う。


 では、筆者が覚えているかぎりでのアラスジを記そう。


 冒頭は晩年の金城の2階からの転落事故から始まる。そして舞台は、青春時代の円谷プロ時代と沖縄へ帰ってからの地元との衝突が、交互に描かれていたと思う。
 そんな中、沖縄へ帰郷してから、金城は米兵の子を宿した自殺未遂の少女と知り合う。仕事のさなか親身になり彼女の世話をする金城。最初は自暴自棄だった彼女は、親身になる金城にだんだんと心を開いて、やがて彼女は自分の子の父親を探すために米国へと旅立つことを決意する。
 そのとき彼女は金城に対して「あなたは私の命の恩人でヒーローだ」と言っていたような。あるいは「あなたは私のウルトラマンだ」と言っていたような。
 希望の空へと旅立つ彼女を空港で見送ったあと、金城は以前から家族が薦めていたアル中治療をする病院に入院することを決めて、もう一度イチからやり直そうと決意して、希望を見出したところで幕だったと記憶している。


 なにぶん資料も残っておらず、記憶のみで書いているので、間違っていればご容赦を願いたい。ちなみに往年の円谷プロの特撮巨大ヒーロー『ミラーマン』(71年)の発端企画は69年に沖縄へ帰省する直前の金城による企画書で、発想の元は米兵と沖縄人の少女とのハーフの子供達がヒントにあったとする説があることを記載しておく。もちろんその少女とのエピソードは架空のエピソードなのだろうが、物語としては妙にカタルシスがあったことを記憶している。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2016年春号』(16年2月28日発行)~『仮面特攻隊2017年号』(16年12月29日発行)所収『光の国から僕らのために-金城哲夫伝-』合評より抜粋)


[関連記事]

『世界』1973年5月号『破壊者ウルトラマン』(大江健三郎・現ノーベル文学賞受賞作家)書評

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20031215/p1

『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』に想う オタク第1世代よりも下の世代のオタはいかに生くべきか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20170628/p1

特撮評論同人界での第2期ウルトラ再評価の歴史概観

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20031217/p1

特撮意見1 ジャンル作品における現実の反映やリアリティは是か非か?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20060408/p1

特撮意見2 怪獣デザイン ~今こそ成田3原則の絶対化を止め相対視を!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20060409/p1

特撮意見3 日本特撮の再興は成ったか?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20060410/p1

特撮意見4 特撮ジャンルの独自性・アイデンティティとは何か!? ~SFや文学のサブジャンルではない特撮

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20060411/p1

特撮意見5 ウルトラも敵味方でカプセル怪獣を召喚、順列組合せバトルせよ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20060412/p1

『宇宙船Vol.120』復刊! ~この体裁で延命できるか? 往年のYEAR BOOKでの中島紳介氏による日本特撮・年度総括記事を懐かしむ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20080525/p1

トクサツガガガ』(TVドラマ版)総括 ~隠れ特オタ女子の生態! 40年後の「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」か!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190530/p1



金城哲夫 西へ! [DVD]

金城哲夫・没後45年! 舞台『光の国から僕らのために-金城哲夫伝-』評!
#金城哲夫 #光の国から僕らのために #上原正三 #ウルトラQ #初代ウルトラマン #ウルトラセブン #帰ってきたウルトラマン



[ウルトラ] ~全記事見出し一覧
[特撮意見] ~全記事見出し一覧
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧

劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス ~ヒーロー大集合映画だが、『タイガ』最終回でもあった!

『ウルトラマンタイガ』序盤総括 ~冒頭から2010年代7大ウルトラマンが宇宙バトルする神話的カッコよさ! 各話のドラマは重めだが豪快な特撮演出が一掃!
『ウルトラマンタイガ』中盤評 ~レギュラー&ゲストの人間ドラマのみならず、ボイスドラマで描かれた3大主役ウルトラマンのドラマも本編に導入すべき!
『ウルトラマンタイガ』最終回「バディ ステディ ゴー」 ~タロウの息子としての物語たりえたか!?
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[ウルトラ] ~全記事見出し一覧


 ウルトラマンシリーズの正統番外編であるネット配信『ウルトラギャラクシーファイト』(19年)の第2弾『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』(20年)が、2021年5月26日(水)にBD&DVD発売記念! そして、同作にウルトラマンタイガも登場記念! とカコつけて、『劇場版ウルトラマンタイガ』評をUP!


『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』 ~ヒーロー大集合映画だが、『タイガ』最終回でもあった!

(松竹系・2020年8月7日(金)公開)
(文・久保達也)
(2020年8月31日脱稿)

*超豪華! 12人ものウルトラマンが大集結!!


 『ウルトラマンタイガ』(19年)の後日談の劇場版として本来2020年3月6日(金)に公開されるハズだった映画『劇場版 ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』(20年・松竹)が、後述する事情で公開延期の憂(う)き目に遭(あ)い、2020年8月7日(金)にようやく公開された。


 近年のウルトラマンシリーズの劇場版は、直前作のウルトラマンのみがメインゲストであり、新旧2大ヒーロー共演ものではあっても先輩ヒーロー大集合! といった感じの特大イベント性が高い劇場版ではなかった。
 しかし本作では、『ウルトラマンメビウス』(06年)以来、長らく途絶えていたテレビ放映のウルトラシリーズを、ひさしぶりに毎年放映可能な製作体制で樹立した『ウルトラマンギンガ』(13年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200819/p1)以降、直前作『ウルトラマンR/B(ルーブ)』(18年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180826/p1)、そして本作『ウルトラマンタイガ』までのウルトラシリーズ7作品に登場した主役格のニュージェネレーションウルトラマンが全員登場して勢ぞろい!!


ウルトラマンギンガ
ウルトラマンビクトリー
ウルトラマンエックス
ウルトラマンオーブ
ウルトラマンジー
ウルトラマンロッソ
ウルトラマンブル
・ウルトラウーマングリージョ
ウルトラマンタイガ
ウルトラマンタイタス
ウルトラマンフーマ


 そして、タイガの父で昭和の時代のウルトラマンであるウルトラマンタロウも含めて、合計12人ものウルトラマンが登場するのだ!


 しかも、本作では「声の出演」のみでなく、ウルトラマンギンガに変身する礼堂ヒカル(らいどう・ひかる)からウルトラマンタイガに変身する工藤ヒロユキ(くどう・ひろゆき)に至るまで、変身前の主人公を演じた役者さんが全員出演する快挙も成し遂げた!――ただし湊アサヒ(みなと・あさひ)=ウルトラウーマングリージョを演じた其原有紗(そはら・ありさ)は登場せず、グリージョの声のみを担当されている――


 もちろん本作の企画は、平成仮面ライダーシリーズの年末年始の新旧2大ヒーロー競演映画が興行的にも長期低落傾向にあった中で、直前作の仮面ライダーのみでなく、過去数作品の仮面ライダー複数名を変身前の役者さんも含めて客演させる方向性で、華やかさやイベント性や物語やバトルのスケールも拡大させて、そのタイトルも『仮面ライダー×仮面ライダー』シリーズではなく、『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』シリーズに改めたことで、興行収入も右肩上がりに急増していった先例にならっての企画であったことはまず間違いはないだろう――加えて、製作会社・円谷プロ側の主導ではなく、玩具会社・バンダイ側からの売り上げ増が見込める商品点数を増やせるゆえの要望だったりして・笑――


 そういう意味では後追いのモノマネ。二番煎じの企画ですらある。
 しかし、アメコミ(アメリカンコミック)ヒーローが大集合する映画『アベンジャーズ』(12年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190617/p1)シリーズや映画『ジャスティス・リーグ』(17年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171125/p1)に、女児向けアニメ『プリキュア』シリーズの歴代プリキュアが大挙登場する映画『プリキュア オールスターズDX(デラックス)』(09年)シリーズ(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201227/p1)など、世界でも日本でもヒーロー大集合映画の企画がここ10年ほどは途切れることなく続いているではないか!?


 70年代~00年代初頭の日本の特撮評論では、シリーズ化やそれに伴うヒーロー共演自体が、ヒーローの神秘性・唯一絶対性を損なう「悪」とされていた時代があった(汗)。今さらではあるのだが、その論法は間違いであり、むしろ世界でも日本でも、そして昭和の時代でも、子供たちだけでなく人々は、時に巨悪に対しては作品を越境してヒーローたちが一致団結して立ち向かうという作品に興奮を覚えてきたのだ。つまりそれは、「普遍の心理」「普遍の真理」であり「普遍の方法論」でもあったのだ!


*『タイガ』の共生テーマを象徴するマグマ星人の大活躍!


 さて、テレビシリーズの『ウルトラマンタイガ』では地球人・宇宙人・アンドロイド・ウルトラマンなどさまざまな生命体の共存がテーマとして描かれていた。
 しかし、映画『劇場版 ウルトラマンR/B セレクト! 絆(きずな)のクリスタル』(19年・松竹・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190407/p1)でデビューを飾り、Web(ウェブ)ドラマ『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』(19年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200110/p1)でも継続して悪役として登場したレギュラー悪・ウルトラマントレギアにそそのかされ、地球での平和な暮らしを望んでいた宇宙人が悪へと落ちる話があまりに多かったために、個人的には正直今ひとつの印象を感じていたものだ――暗殺宇宙人ナックル星人や触覚宇宙人バット星人、幽霊怪人ゴース星人など昭和のウルトラシリーズでは凶悪だった宇宙人がそんな役回りだったために、よけいに違和感があった――。


 ただ、最終回(第25話)『バディ ステディ ゴー』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1)ではそのテーマの結晶として、悪の宇宙人の犯罪組織=ヴィラン・ギルドに所属していたサーベル暴君マグマ星人と宇宙商人(あきんど・笑)マーキンド星人が地球に迫りつつあった危機を前にそれまで敵対していた民間警備組織・E.G.I.S.(イージス)に協力・共闘し、そのまま就職するに至っている。
 今回の劇場版では導入部でマグマ星人とマーキンド星人がE.G.I.S.の一員として描かれることでテレビシリーズの続編であることが存分に示されているのだ。


 特にマグマ星人はE.G.I.S.の実働部隊としてヒロユキや正体は宇宙人である宗谷ホマレ(そうや・ほまれ)隊員とともに、「バラージの青い石」――初代『ウルトラマン』(66年)第7話『バラージの青い石』で砂漠の街・バラージを長年に渡って磁力怪獣アントラーから守ってきたアイテムが元ネタ――を博物館から強奪(ごうだつ)した三面怪人ダダが率(ひき)いる一団と対戦し、ホマレをダダの攻撃からかばって負傷するさまが描かれ、しかもホマレがマグマ星人を見舞いに行こうと主張する描写まであり(!)、そのキャラの立ち位置が完全に逆転していた。
 トレギアにそそのかされて悪へと転じた宇宙人たちよりも、元々悪だったキャラクターが正義側へと転じたマグマ星人の方がはるかに感情移入できるよな(笑)と実感したほどに、この場面は映画のツカミとしてもテレビの『タイガ』の続編としても有効に機能しているのだ。


 別個体ではあるもダダが『ウルトラマンジード』(17年)第18話『夢を継ぐ者』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200523/p1)で搭乗していた、元は映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE(ザ・ムービー) 超決戦! ベリアル銀河帝国』(10年・松竹・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20111204/p1)に登場したベリアル軍のロボット兵器で、全身にダダと同じく黒白の縞(しま)模様が新たに塗装されたロボット怪獣レギオノイド・ダダカスタマイズで夜の市街地を破壊したのも個人的には実にうれしいサプライズであり、ウルトラマンタイガ→ウルトラマンタイタス→ウルトラマンフーマと3段変身をとげるヒロユキとの戦いが描かれたことにより、その後の展開に期待をふくらませずにはいられなかったものだ。
 いやホントにダダカスタマイズ、劇場限定ソフビなどで出してほしかったものだけど、今はこういうキャラの商品化はお金持ちのマニアを対象にしたプレミアムバンダイくらいにしか期待できないのか?(苦笑)


*ピンチの度に次々と集結してくる先輩ヒーロー!


ヴィラン・ギルドのアジトに単身潜入したE.G.I.S.の女社長・佐々木カナの危機にはクレナイ・ガイ=ウルトラマンオーブが!
・テレビシリーズ終盤で正体がアンドロイドと判明した――その伏線(ふくせん)はまともに描かれなかったが(爆)――オペレーターの少女・旭川ピリカ(あさひかわ・ぴりか)が機能が狂って踊りつづけるや大空大地=ウルトラマンエックスが!
・湊カツミ(みなと・かつみ)=ウルトラマンロッソからの警護の依頼を受けたヒロユキが屋外のマーケットに出向けば、そこには出店する湊イサミ=ウルトラマンブルと朝倉リク=ウルトラマンジードが!
・本作のメイン怪獣である邪神魔獣グリムドに敗れたヒロユキが宙から転落するや、彼をガッシリと受けとめるショウ=ウルトラマンビクトリーと礼堂ヒカル=ウルトラマンギンガが!……


 メインキャラの周囲に次々と強者が集結するさまは、本作と同じく近年の仮面ライダー役者を揃えることでおおいに盛りあがり、興行的にも大成功した映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL(ファイナル) ビルド&エグゼイド with(ウィズ)レジェンドライダー』(17年・東映http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171229/p1)には及ばないまでも、それと同趣向の作劇ではあった。


 特にガイがカナ社長をお姫さまダッコ(笑)してカナの足を利用して宇宙人を蹴散らすさまは、『ウルトラマンオーブ』(16年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170415/p1)でもヒロインの夢野ナオミを同様のシチュエーションで救う描写が何度か見られたものだし、坂本浩一監督の演出でよく見られる男女のペアダンス(爆)によるアクションの応用のようでもあり、ガイの風来坊らしさを巧(たく)みに見せた演出といえるだろう。


 アンドロイドであるピリカの不調を、『ウルトラマンX(エックス)』(15年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200405/p1)で防衛組織・Xio(ジオ)の研究開発セクション・ラボチームに所属していた理系男子の主人公・大地が治(なお)すのもまた然(しか)りである。ピリカがラストシーンでもタイガに「大地さんによろしく」と語っていたほどにテレビシリーズでは見せることのなかった恋愛感情が初めて描かれたのも、『タイガ』のヒロインであるピリカを立てつつ、そのお相手が理系男子だというあたりで、それらしくて妥当だろう。
 ちなみに、Xioには健啖(けんたん)宇宙人ファントン星人のグルマン博士が所属していたが、今回ピリカとホマレがヴィラン・ギルドの情報を得ようとしてたずねたのはグルマン博士とは別個体で(着ぐるみは同一)、『タイガ』第4話『群狼(ぐんろう)の挽歌(ばんか)』に登場したファントン星人であり、彼を見て一瞬戸惑うもグルマン博士とは別人だと即座に無言で判断する大地の表情演技が描かれていたのもまたよかった。


 さらに、魔獣グリムドに苦戦するタイガ&ロッソ&ブルを助けるために颯爽(さっそう)とM78星雲・光の国から駆けつけたものの、逆にグリムドの魔力によって闇堕(やみお)ちしたウルトラマンタロウと敵対することとなって悩むタイガ=ヒロユキを励ますことができる役回りは、これはもうタイガ同様に実の父であるウルトラマンベリアルと戦わざるを得なかったウルトラマンジード=リクが一番適切であり、それぞれのキャラ設定を適格に活かすことで観客を感激させる作劇的技巧が存分に発揮されていたといえよう。
 一方、『ウルトラマンギンガ』当時はまだ高校生であり、ファンの方々には申し訳ないが個人的には常にニヤけたチャラ男(爆)という印象が強かったヒカルは、まぁ演じる根岸拓哉(ねぎし・たくや)自身が年齢を重ねたことが大きいだろうが、本作ではニュージェネレーションウルトラマンのリーダーとしての風格を感じさせる精悍(せいかん)な表情も見せており、これは気がつけばもう7年間もウルトラマンシリーズが継続していることの最大の象徴として感慨を深くせずにはいられなかったものだ。


 そのヒカルの「行こうぜ~!」を合図に変身前のニュージェネヒーローが横並びでいっせいに同時変身をとげ、変身バンクが連続して炸裂する描写こそ、子供たちも観客も最も観たかった場面だろう。ヒーロー名を叫ぶだけなどワリとシンプルな変身方法のヒカル・ショウ・大地・ガイに対し、


リク「ジ~ッとしてても、どうにもならねぇ!」
カツミ&イサミ「オレ色に染めあげろ! ルーブ!」


と変身時に長々とした前口上(まえこうじょう)まで口にするのも、マニア的には2010年代のウルトラシリーズも長期に渡ったことによる作風や演出の変遷、そしてそれらの優劣ではなく全肯定をここに感じてしまう。
 変身を果たしたニュージェネウルトラマンたちが順番にズシーン! と着地していくさまがスローで描かれる演出もまた、ウルトラマンたちを有象無象のその他大勢ではなく個々人でも存在感を高めさせている。


*待ってました! 再生怪獣軍団!!


 そして、本作で特筆すべきはウルトラマントレギアや魔獣グリムドのみならず、


・最凶獣ヘルベロス
・毒炎怪獣セグメゲル
・悪夢魔獣ナイトファング
・惑星守護神ギガデロス
・雷撃獣神ゴロサンダー


で構成された再生怪獣軍団が登場したことだろう。


 近年のウルトラマン映画では等身大の宇宙人軍団を登場させることでレギュラーの登場人物たちを人間ドラマのみならずアクション面でも活躍させる演出がなされており、本作もヴィラン・ギルドの構成員として先述したダダ以外にも、


・策略宇宙人ペダン星人
宇宙帝王バド星人
・暗黒星人シャプレー星人
・宇宙怪人ゼラン星人


のほか、もう今となっては一見では名前も出自となる作品もわからないような(汗)宇宙人たちが多数登場している。


 だが、本作のような大所帯の再生怪獣軍団となると、たとえば、


ウルトラマンゼロの相手としてウルトラマンベリアル
ウルトラマンメビウスには暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人
ウルトラマンティガウルトラマンダイナとウルトラマンガイアには超合体怪獣ファイブキング


といった因縁の相手をぶつけていた、映画『劇場版 ウルトラマンギンガS(エス) 決戦! ウルトラ10勇士!!』(15年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200404/p1)以来のこととなるのだ。


 『ギンガ』ではじまったテレビシリーズの当初は、円谷プロの倉庫に眠る過去怪獣の着ぐるみの再利用が中心だった(汗)。しかし、作品を重ねるごとに新規にデザイン・造形される怪獣が増えていき、『タイガ』に至ってはそれら新怪獣だけで立派に怪獣軍団を構成できる数に至ったこと自体が実に喜ばしい。


 ただ、怪獣の数ばかりではない。
 第1話に登場したヘルベロスとニュージェネ最初のウルトラマンであるギンガとビクトリーが対戦! コミカルなゴロサンダーとやはりコミカルなロッソ&ブルの兄弟(笑)が戦うようなマッチメイク!
 当初は優勢だったニュージェネウルトラマンたちが魔獣グリムドの力によって凶暴化した怪獣軍団によって劣勢となるシーソーバトル!
 これらにより怪獣軍団が決してにぎやかしなだけ、ましてや昭和の時代にあった「再生怪獣は弱い」という常識(爆)をくつがえすだけの確固とした存在感が示されていたのはやはりうれしい!


 再生怪獣軍団に取り囲まれたニュージェネウルトラマンたちが一斉攻撃を受けて炎に包まれるさまが上空から市街地を俯瞰(ふかん)して描かれる! しかし、その炎の中から、


・ギンガとビクトリーが合体したウルトラマンギンガビクトリー
ウルトラマンエクシードエックス ベータスパークアーマー
ウルトラマンオーブ オーブトリニティ
ウルトラマンジード ウルティメイトファイナル
ウルトラマングルーブ


と、かつてそれぞれの劇場版で披露された各ヒーローの最終&最強フォームが登場!!


 大ピンチに際して最強形態に変身するのも合理的でうれしい! 先ほどとはまったく逆に、ニュージェネウルトラマンの最強形態に取り囲まれた再生怪獣軍団が必殺光線の一斉発射で燃えあがるさまを俯瞰して描く特撮演出も実に対比が効いていた。ニュージェネウルトラマンのカッコよさを最大限に盛りあげる役目を本作の再生怪獣軍団は立派に果たしていたのだ。


*トライスクワッド、そしてウルトラマン合体の感動再び!


 さらに、本作ではウルトラマンタイガ・ウルトラマンタイタス・ウルトラマンフーマがヒロユキの体を長らく借りている間にヒロユキの力なしでもそれぞれが単独で実体化できるようになるまでに回復したとして、


「われら、トライスクワッド!」


と、テレビシリーズではついに描かれなかったタイガ・タイタス・フーマのそろいぶみ・共闘がクライマックスバトルで実現したのも感動的だった。
 72分という短い尺で多数のキャラを登場させているワリには本作は先述した導入部のバトルをはじめ、半透明で人間大サイズやミクロ化した姿となったタイガ・タイタス・フーマのコミカルなやりとりも意外に多く点描(てんびょう)されている。
 テレビシリーズ序盤でこれこそがライト層を『タイガ』に注目させ、作品カラーも明朗にさせたのにもかかわらず、中盤以降これらの点描を省略したことも番組の人気・勢いが失速した一因だったことを思えば、やはり大衆向け作品としてもこれは必要不可欠な要素だったのではなかろうか?


 テレビシリーズではその中盤でヒロユキ・タイガ・タイタス・フーマの4人が合体したウルトラマンタイガトライストリウムが登場した。本作のクライマックスではそのトライストリウムに全ニュージェネウルトラマンが力を結集させることで新ヒーロー・ウルトラマンレイガが誕生する! タイガのやや横長の黄色い目や頭部と目の周囲のヘコみ部分を継承し、両耳のツノは廃したデザインだ。


 ニュージェネウルトラマンがトライストリウムのツノにその力を結集させる場面は、ゾフィー初代ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンジャックウルトラマンエースのウルトラ5兄弟がタロウの両耳にあるウルトラの父ゆずりのツノ・ウルトラホーンに力を結集させたことでタロウがスーパーウルトラマンと化した映画『ウルトラマン物語(ストーリー)』(84年・松竹)の再現だ! とネット上では狂喜する声が多い。
 それはたしかにそうだし、個人的にも感動させてもらった。しかし、それ以前に『ウルトラマンタロウ』第25話『燃えろ! ウルトラ6兄弟』でも宇宙大怪獣ムルロアが吐いた黒煙に包まれた地球を救うために、タロウがウルトラ5兄弟とウルトラ6重合体(!)で身体密度を上げてウルトラタワーに安置されたウルトラベルを取り出す場面があったのだけれど、それとの共通性をあげる声は極少なのが隔世の感である。


 2000年代初頭くらいまでは見られた「ヒーローはひとりで戦うべきだ!」などという主張に至っては、まったく見られない。ヒーロー競演を大喜びする声であふれている今日は、昭和のウルトラ兄弟の設定さえ全否定するマニアが多かった時代と比すれば、個人的には天国である(笑)。


 地球を去っていくニュージェネウルトラマンたちがカメラ目線(笑)で観客にあいさつする、ウルトラマンの神秘性よりも親しみやすさを強調した描写などは、まさに今の時代のヒーローにはふさわしい演出だろう。


*結局語られなかったトレギアとタロウの因縁


 さて、ここまで百花繚乱(ひゃっかりょうらん)で実に見せ場にあふれている本作だが、個人的な感想では先述した映画『劇場版 ウルトラマンギンガS』や、映画『劇場版 ウルトラマンX きたぞ! われらのウルトラマン』(16年・松竹)、映画『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』(17・松竹・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200406/p1)などに比べて、その完成度は今一歩という感がある。その原因はいったい何なのか? 順に考察してみたい。


 まず、ウルトラマンタロウのかつての親友で、ウルトラマンヒカリらと同じく光の国の科学者だったが、闇堕ちするに至ったウルトラマントレギアとタロウの因縁に関しては、本作は『タイガ』の「完結編」であるにもかかわらず、今回もトレギアがナゼそこまでタロウへの復讐に執着するのかが、いっさい明かされることはなかったのであった。
 導入部とタイトルにつづいて、かつて魔獣グリムドが封印されていた宇宙遺跡ボルヘスの墓場にタロウが現れ、トレギアが


「かつてはこんな場所をよく探検したな」


などとタロウに語りかける描写があるが、両者の関係性が示されるのはホントにそれだけ(汗)。いったいトレギアとタロウの間に過去に何があったのか? タロウの何がそんなに気にいらないのか? タロウへの嫉妬や対抗意識だとはだいたい想像はつくものの(笑)、それをお約束でも具体的なセリフとしてトレギアにしゃべらせなければ、ドラマ的にも盛りあがらないではないか!?


 たとえば、ウルトラマンベリアルはかつてはウルトラの父の戦友であり、3万年前のウルトラ大戦争ウルトラの父とともに大活躍した功績もあったのだが、宇宙警備隊の初代隊長にウルトラの父が任命されたことでプライドが傷つけられ、さらなる強大な力を求めて光の国の人工太陽・プラズマスパークのコアを奪おうとして光の国を追放されたあげく、復讐しようと怪獣軍団を率いて光の国を襲撃しようとするも、ウルトラマンキングによって宇宙牢獄に投獄されるに至った経緯が、初登場作品の映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(09年・ワーナー・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101224/p1)で語られていた。
 『ウルトラマンオーブ』のレギュラー悪で、『ウルトラマンZ(ゼット)』(20年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200723/p1)では「正義にめざめた」――ウソつけ!(爆)――として地球防衛軍日本支部のロボット部隊・ストレイジのヘビクラ・ショウタ隊長として活躍することでその人気が再燃中のジャグラス・ジャグラーは、かつてはガイと同様に光の勢力に身を置いてガイとは良きライバルの関係にあったのだが、その力はガイより上であったにもかかわらずガイがウルトラマンとして選ばれたことを恨んで闇の力に魅せられるようになった発端(ほったん)の物語が、『オーブ』放映終了直後に配信されたWeb(ウェブ)ドラマ『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA(ジ・オリジン・サーガ)』(16年)で描かれた。


 『魔進(マシン)戦隊キラメイジャー』(20年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200712/p1)のレギュラー悪で、兄で宝石の国・クリスタリアの王・オラディンよりその能力は優れていたにもかかわらず、次男のためにオラディンに使われることに反発して敵組織・ヨドンヘイムの将軍となったガルザにしてもそうだ。ウルトラマンベリアルもジャグラス・ジャグラーもガルザもそうした因縁がていねいに描かれることでキャラクターとしての厚みが増し、その動機におもわず同情の余地を感じてしまうほどに観客や視聴者の感情移入を誘ったのだ。


 だが、トレギアは最後の最後まで、ついにそれが描かれずに終わってしまった。これではそのキャラクターは初期設定のままであり、設定を血肉化できていないのだ。トレギアといえば、人間態の青年・霧崎(きりさき)を演じた七瀬公(ななせ・こう)へのやや静的な演技演出にも問題はあった。『オーブ』のジャグラス・ジャグラー、『ジード』のSF作家・伏井出ケイ(ふくいで・けい)、『R/B』の愛染マコト(あいぜん・まこと)社長など、若いマニアいわく「円谷のヤベー奴ら」(笑)とネタにされるほどの半分笑ってしまうハッチャけた悪役演出も必要だったのではなかろうか?


 少なくともそこまで陰湿なキャラとなるに至った背景が、映像でも具体的に描かれていたならば、トレギアに対する印象も全然違ったかと思える。その動機を小出しで掘り下げずにただ出てきて翻弄(ほんろう)しながら戦うだけの、きわめてドラマ性が希薄なキャラとしてトレギアを終わらせてしまったのは、やはりもったいなかったのではあるまいか?
 ちなみに、『ウルトラマンタイガ超全集』(小学館・20年3月25日発売・ISBN:4091051677)には『タイガ』のシリーズ構成を務めた中野貴雄(なかの・たかお)によるトレギアの過去を描いた書き下ろし小説が掲載されている。本来のターゲットである子供たちがそんな高価な書籍を手にできるハズもなく、やはりこれは映像本編でもキッチリと描くべき性質のものだろう。そこだけ立ち読みしようにも近所の書店で全然売っていないのだが(笑)。


*悪側に「円谷のヤベー奴ら」(笑)も登場してほしかった!


 『劇場版 ウルトラマンギンガS』では、敵の新キャラとして『ウルトラギャラクシーファイト』にも再登場した超時空魔神エタルガーと、エタルガーによって故郷の星をウルトラマンに滅ぼされたというニセの記憶を植えつけられたアレーナ姫が登場した。
 『劇場版 ウルトラマンX』では、新怪獣として閻魔(えんま)獣ザイゴーグが、それを封印から解いてしまう張本人としてWebTV番組のネタのために世界を探検する男・カルロス黒崎や、ウルトラマンティガに変身をとげるに至る少年・玉城ユウト(たまき・ゆうと)らが登場。
 さらに、『劇場版 ウルトラマンオーブ』では、かつてオーブとの戦いに敗れて、体の半分を機械化して復活した奇機械宇宙人ガピヤ星人サデスや、美しいものを宝石にして奪う宇宙魔女賊(まじょぞく)ムルナウがメインの悪役として登場した。


 そうした映画限定の新キャラが、本作ではグリムド以外、本編にも特撮にもいっさい登場しなかった。そのグリムドすらもトレギアと合体しても超巨大化するのみであり、もっとそれらしい強化&最終形態に姿を変えないあたりは、画面の変化が足りなくてイマイチかもしれない。


 本作の場合、ニュージェネレーションウルトラマンの変身前の役者を総出演させるために、これ以上キャラを増やすのはたしかに限界だったかと思えるし、ギャラ予算の方だってもう限界に近かっただろう(汗)。また本作のような「お祭り映画」において、ゲストキャラ側の本編ドラマを主軸に描くことは避けて正解だったかと思える。


 ただ、人格のある憎々しげな悪役として登場するのが、いつものトレギア=霧崎のみという構図自体もいかがか? やはり、7大先輩ウルトラマンが変身前の役者さんも含めて勢ぞろいした本作としては、悪の側にも善側と拮抗するだけのボリュームが必要だったのではなかろうか?


 やはり、ここは近作の悪役を務めた役者さんたちにも功労賞として、「円谷のヤベー奴ら」(笑)こと、


・ジャグラスジャグラー
・SF作家の伏井出ケイ
・愛染マコト社長
永遠の17歳(笑)らしい美少女・ツルちゃん


の四天王が、その一部は死者をよみがえらせられる亡霊魔導士レイバトスの呪術などで復活! 彼らに往時のままの強烈な演技を再演してもらえば、客寄せ面でも善悪のメリハリ面でも効果大だったのではなかろうか!?


 個人的には、『タイガ』のセミレギュラーとして登場した、カナ社長がかつて所属していた宇宙人がらみの事件を扱う警察組織・外事X(がいじエックス)課の警部・佐倉が不在なのも、やや不満だったりする。
 佐倉を演じた風見しんごは、映画『ウルトラQ(キュー) ザ・ムービー 星の伝説』(90年・松竹)の戸川一平役を皮切りに、『ウルトラマンコスモス』(01年)の各劇場版や映画『ウルトラマンメビウスウルトラ兄弟』(06年・松竹・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070128/p1)、映画『大決戦! 超ウルトラ8兄弟』(08年・松竹・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101223/p1)などウルトラマン映画に多数出演してきただけに、出演交渉は容易に思えるのだが、やはりギャラがネックになったのだろうか?(汗)


*地球の危機なのだから市民のエキストラも必要!


 さて、不在といえば地球最大の危機がおとずれ、これまで何度も地球の危機を救ってきたニュージェネレーションウルトラマンが全員集合しているにもかかわらず、その場に一般市民の姿が皆無であり、何のリアクションも描かれなかったことも正直残念であった。


 仮面ライダークウガから仮面ライダージオウに至る平成仮面ライダーが大集結した映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER(フォーエヴァー)』(18年・東映https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190128/p1)のクライマックスでは、メタフィクション的な作品世界ゆえに市民が仮面ライダーたちの存在を知っており、バトルを見守る観衆たちがそれぞれの世代にとっての最も印象深い仮面ライダーに声援を送る描写もあり、観客の代弁者として劇中内の観衆が盛りあがることで疑似的に一体感を得られる演出としてもおおいに機能した。


 ウルトラマンジードが実の父であるウルトラマンベリアルの強化形態・キメラベロスと決闘を演じた『ジード』第17話『キングの奇跡! 変えるぜ! 運命!!』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200523/p1)でも、市民がジードに声援を送る描写もクライマックスを盛りあげていたことを思えば、タイガが実の父・タロウと対戦する本作でもそれがあって然るべきだろう。


 『ウルトラマンメビウス』(06年)第1話『運命の出逢い』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060625/p1)のウルトラマンメビウス初登場場面で、


息子「あっ、ママがむかし見たって云ってた……」
父親「あぁ、ウルトラマンだ!」


などというやりとりがあったのを記憶されている方々もおられるだろう。本作のような「お祭り映画」こそ、大集結したウルトラマンたちを感慨深く見つめる代弁者としての市民の描写は必要不可欠だったかと思えるのだ。


 近年のテレビシリーズでは都市破壊場面でエキストラが大量に動員されているだけに、この処置は意外だった。たとえ1人1日1万円でも「チリも積もれば……」でギャラが問題だったのなら、それこそ「円谷プロファンクラブのみなさま」(笑)に声をかければ、ノーギャラで大画面映画にふさわしい大動員が可能だっただろうに。


 これまで各ニュージェネウルトラマンたちが住む並行宇宙を渡り歩いてきたウルトラマンゼロを、個人的には本作に登場させてほしかった。ゼロは『タイガ』テレビ本編でも第23話『激突! ウルトラビッグマッチ!』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1)に登場したことで、『タイガ』世界の市民たちにも認知されているし、


「こいつらみんな、こことは違う地球の平和を守りつづけてきたスゲぇヤツらなんだぜ」


などという調子で、右ヒジから先をグルグル廻して指差しながらゼロがニュージェネの面々を市民に紹介することでウルトラマンたちが大喝采を浴びる、などという描写をぜひ観たかったものである(笑)。


 しかし、ゼロが登場すると、場面を全部かっさらってしまって、メインゲストであるハズのニュージェネウルトラマンたちも霞んでしまい、本作のニュージェネ先輩ウルトラマンたちを立てるという焦点もボケてしまった可能性を考えると、今回は作劇的にも除外するのが正しいだろう。


 エキストラの大量動員が不可能であるならば、『劇場版 ウルトラマンオーブ』のクライマックスバトルをネットで中継していたレギュラーキャラである怪奇現象追跡サイト・SSP(エスエスピー)の夢野ナオミ・早見ジェッタ・松戸シンが、


「みんなでウルトラマンを応援しよう!!」
「せ~~~のっっっ!!!」


などと観客である子供たちに呼びかける描写で、毎年夏の恒例催事『ウルトラマンフェスティバル』、いや20世紀のむかしからアトラクショーでは付きものだった、子供たちが「がんばれ~~~!!!」と返すことで、観客に映像との一体感を喚起した演出などもアリだったかもしれない。
 しかしまぁご周知のとおり、全世界がコロナウィルスの脅威に包まれているご時世では、飛沫による感染防止のためにも、劇場でウルトラマンに声援をあげるなんぞは百害あって一利なしですな(汗)。


 ちなみに、このコロナ禍で2020年夏の『ウルトラマンフェスティバル』も中止となり、その代わりとしてYouTube円谷プロ公式チャンネル・ULTRAMAN OFFICIAL(ウルトラマン・オフィシャル)では過去のライブステージの傑作選が配信されていた。それらを鑑賞していると、コレはやはりナマで観るにかぎると実感してしまう。


 クライマックスバトルに向かうヒロユキを


「待ってるから……」


などと見送ったE.G.I.S.の面々がラストまでずっと不在となってしまうのもやや違和感があり、所詮(しょせん)は警備会社で超兵器を持っていないのだから、共闘せよとまではいわないが、せめてヒロユキらニュージェネウルトラマンの決戦を見守って、声援をひんぱんに送っているような描写は入れてほしかった。


*タイガを守るためでなく、悪と戦い宇宙を救うために集結すべき!


 先輩ニュージェネのヒカル・ショウ・大地・ガイ・リク、そしてカツミ&イサミ兄弟が、皆一様にヒロユキが宇宙人たちにねらわれていることを知って地球に駆けつけたと語るのも少々違和感があった。あの『タイガ』第1話冒頭での7大ウルトラマンVSトレギアの宇宙空間での大決戦を思えば、行動動機のスケールが小さくはないだろうか?(笑) 封印を解かれた魔獣グリムドが地球に向かったから、復活したトレギアが再度何かをたくらんでいるから、といった理由ではなく、タイガと合体しているとはいえヒロユキ個人がねらわれているからだという理由では、「公」よりも「私」としての動機で動いているようにも見えてしまう。
 ガイやリクはそんな私情でも似合うが、他のメンツは宇宙の危機を動機としたり、7人の中にもある微差を描いて、そのキャラをもう少し描き分けてもよかったのでは? もちろんジャグラー襲撃に対してはガイが! 伏井出ケイにはリクが! 愛染社長には湊兄弟が! といったシチュエーションでの助っ人であれば、もっと盛りあがったことだろうが(笑)。


 『タイガ』の最終回でタイガがトレギアを倒したことで、実はトレギアの体内に封印されていたグリムドが抜けだして、再度グリムドを封印したニュージェネウルトラマンたちがその代償として変身能力を失ったとする後日談が映像で描かれたのはよかったが、その変身前の姿である人間たちが変身能力を取り戻すために、かつて授けた自分たちの力を返してくれとヒロユキに頼みこむ描写も、やや「ウン?」と思えるものがあった。
 『タイガ』第1話冒頭ではニュージェネウルトラマンが自分たちのエネルギーをアクセサリー状にしてタイガ・タイタス・フーマに授ける描写があった。だが、それはあくまでも各ウルトラマンの片手間程度のエネルギーにすぎないだろうから、それを返してもらっただけでグリムド封印で喪失しただろう全身全霊の変身エネルギーまで復活するというのは、吊り合いが取れていないような気がする(笑)。


 タイガによってグリムドの魔力から解放されて以降のタロウにも見せ場らしい見せ場はほとんどなく、せっかくウルトラ兄弟が登場してもロクに活躍もせずに危機に陥(おちい)ってばかりだった昭和の第2期ウルトラマンシリーズの悪い点を継承している(汗)。『タイガ』の「完結編」として本作はタイガの「父超え」も意識されていたと思う。それなら父であるタロウの善に目覚めてからのカッコよい反撃も相応に描いてこそ、そのタロウをも超えた最後のタイガのスゴさを示すことが可能になるのでは?


 映画『劇場版 ウルトラマンR/B』で高校の同級生を怪獣化してしまったトレギアとの因縁対決を継承して、「トレギアは自分が倒す!」と主張するカツミとヒロユキが対立し、イサミが「まぁまぁ」などとなだめる描写が数回あった。しかし、テレビシリーズの『R/B』では弟のイサミの方がゲストキャラと対立することが多く、兄のカツミが抑(おさ)え役として描かれていた印象が個人的にはあったので、コレは逆な気がする(汗)。


 ヴィラン・ギルドの宇宙人に勝利したリクも、かつてあこがれた劇中内での特撮変身ヒーロー番組『爆裂戦記ドンシャイン』のキメポーズを「ドン・シャイン!」と披露していた。彼は特撮オタクだからいつまで経っても卒業できないのはリアルな描写かもしれないが、あれから数年は経ったハズなのでややイタい気もする(笑)。


 余談になるが、本作のパンフレットは小学館『てれびくん』編集部による編集ではなかった。従来のパンフレットは映画に散りばめられた小ネタに関する詳細な解説が楽しめたが、今回はそういう記述がほとんどない。やはりマニア上がりのこだわり編集者が担当しないと、覿面(てきめん)に誌面クオリティーが下がってしまうということか!?


*別離も描く『タイガ』真の最終回としても成立!


 そんなワケで本作は、『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』シリーズなどのヒーロー大集合映画と比較しても、勝っていたとは云いがたい。
 しかし、意表外にも『タイガ』の真の最終回にはなっている。そして、ヒロユキをはじめとするE.G.I.S.の面々とタイガ・タイタス・フーマとの別れを描いた感動的なラストは、失礼ながら『タイガ』にさほど夢中になっていたワケではなかった筆者ですらも感慨深くさせてくれた。


 ショウ=ビクトリー、ガイ=オーブ、リク=ジード、カツミ=ロッソ、イサミ=ブルは変身前の青年主人公と変身後のウルトラマンが完全な同一人格や同一人物であり、視聴者の目線からすればその方が感情移入はしやすいという利点はあるだろう。
 ただ、未来からやってきたウルトラマンことギンガと一体化して『ギンガ』の最終回で一度は分離したものの次作『ギンガS』で再度ギンガと一体化することとなったヒカル。データ生命体と化した電脳世界のウルトラマンことエックスとユナイト(一体化)した大地。ウルトラマンと人間が別人格である彼らの物語の最後で描かれたウルトラマンとの切ない別れも、個人的には捨てがたい。


 まぁ、『X』完結編の『劇場版 ウルトラマンX』ラストは、エックスと大地をはじめとするXioのメンバーとの涙ながらの別れが描かれ、エックスが「地球に再び危機がおとずれるとき、私はふたたびやってくる!」と約束したのに、その地球の危機がすぐに来たことでアッという間に帰ってくるオチではあったのだが(笑)。
 ちなみに、ネット上ではエックスの声を声優の中村悠一(なかむら・ゆういち)ではなく、大地役の高橋健介だけが演じたことに不満の声が多数(汗)。ストーリー展開が煩雑になったり、『X』を未見の観客の混乱を避けたり、声優のギャラの節約などが理由だろうが、たしかにエックスと大地のやりとりは『ウルトラマンZ』でのウルトラマンゼットと主人公のナツカワ・ハルキの元祖のようなノリだっただけに、久々にそれを見たかったという意見もわかる。
 なお、中村は先述した『魔進戦隊キラメイジャー』ではガルザの声を熱演している。そういや兄のオラディン王の声を演じる杉田智和(すぎた・ともかず)は『ギンガ』でウルトラマンギンガの声をやっていた(爆)。


 新型コロナウィルス感染拡大防止のために政府から出された自粛要請によって公開が5ヶ月も延期されて、『タイガ』の後番組『ウルトラマンZ』の放映開始後に公開されたことで、あまりに完成度の高い『Z』と比較すると本作はやや見劣りするという意見もネット上では散見する(汗)。


 おもわぬ不幸に見舞われることとなった本作だが、ニュージェネレーションウルトラマンの華麗なる大競演を期待する向きには万全とはいわないまでも、その期待を裏切る出来でもなかった良作だったとは思うのだ。

2020.8.31.


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2020年秋分号』(20年9月27日発行)~『仮面特攻隊2021年号』(21年8月15日発行)所収『劇場版ウルトラマンタイガ』合評2より抜粋)


[関連記事]

ウルトラマンタイガ』序盤総括 ~冒頭から2010年代7大ウルトラマンが宇宙バトルする神話的カッコよさ! 各話のドラマは重めだが豪快な特撮演出が一掃!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190811/p1

ウルトラマンタイガ』中盤評 ~レギュラー&ゲストの人間ドラマのみならず、ボイスドラマで描かれた3大主役ウルトラマンのドラマも本編に導入すべき!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200108/p1

ウルトラマンタイガ』最終回「バディ ステディ ゴー」 ~タロウの息子としての物語たりえたか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1

ウルトラマンタイガ』『ウルトラギャラクシーファイト』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』 ~奇しくも「父超え」物語となった各作の成否は!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200112/p1

『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』 ~ヒーロー大集合映画だが、『タイガ』最終回でもあった!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210704/p1(当該記事)

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』中間評 ~パチンコ展開まで前史として肯定! 昭和~2010年代のウルトラマンたちを無数の設定因縁劇でつなぐ活劇佳品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200110/p1

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』最終回 ~戦闘連発でも多数キャラの動機・個性・関係性は描破可能! 物語よりも点描に規定される作品の質!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210620/p1

ウルトラマンZ(ゼット)』(20年)序盤総括 ~巨大ロボ・セブンガー大活躍! 「手段」ではなく「目的」としての「特撮」!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200723/p1


[関連記事]

ウルトラマンメビウスウルトラ兄弟2』 ~東光太郎! 幻の流産企画!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20130317/p1


[関連記事] ~ウルトラシリーズ劇場版

ウルトラマンUSA(89年) ~日米合作80年代アニメ!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100821/p1

ウルトラマンティガウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち(98年) ~合評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971206/p1

ウルトラマンティガウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦(99年) ~合評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19981206/p1

ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY(ファイナル・オデッセイ)(00年)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19961209/p1

劇場版 新世紀ウルトラマン伝説(02年) ~今こそ昭和のウルトラ兄弟が復活するべきだ!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20021115/p1

ウルトラマンメビウスウルトラ兄弟2 ~東光太郎! 幻の流産企画!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20130317/p1

大決戦! 超ウルトラ8兄弟(08年) ~ティガあっての新作だ!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101223/p1

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE(09年) ~岡部副社長電撃辞任賛否!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101224/p1

ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国(10年) ~大傑作!(なのに不入りで暗澹たる想い・汗)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20111204/p1

ウルトラマンサーガ(12年) ~DAIGO・つるの剛士杉浦太陽AKB48投入の是非!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20140113/p1

ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル(13年) ~ジュブナイルじゃない!? アイテム争奪コント劇! 「見せ場」重視!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200820/p1

劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!(15年) ~第2期ウルトラの「特訓」「ドラマ性」「ヒーロー共演」「連続性」も再考せよ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200404/p1

劇場版ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!(17年) ~イイ意味でのバカ映画の域に達した快作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200406/p1

劇場版ウルトラマンジード つなくぜ!願い!!(18年) ~新アイテムと新怪獣にも過去作との因縁付与で説得力!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180401/p1

劇場版ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル(19年) ~小粒良品で好きだが、新世代ウルトラマン総登場映画も観たい!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190407/p1

世にも奇妙な物語’19 雨の特別編 ~30年目の『世にも奇妙な物語』回顧・特撮ヒーローネタも登場!

『妖怪シェアハウス』 ~アマビエ人気に便乗!? お岩さん・座敷童・酒呑童子・ぬらりひょんと現代で同居! 侮れない佳品!
『大江戸もののけ物語』 ~NHKの妖怪ドラマ。女性目線のライトドラマ風味もドー観る!?
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[ドラマ] ~全記事見出し一覧
[特撮他] ~全記事見出し一覧


 2020年6月26日(土)午後に『世にも奇妙な物語'20 秋の特別編』が再放送! 同日夜には新作『世にも奇妙な物語'21 夏の特別編』が放映記念! とカコつけて、『世にも奇妙な物語'19 雨の特別編』評をUP!


世にも奇妙な物語´19 雨の特別編』 ~30年目の『世にも奇妙な物語』回顧・特撮ヒーローネタも登場!

(2019年6月8日(土)放映)
(文・田中雪麻呂)
(2019年10月24日脱稿)


 嫌な世の中です。個人的には現行のTVドラマがつまらなくて仕様がありません。


 こういう同人誌にものを書いておりますと、連続ドラマでしたらそういうものを8話なら8話分観なければいけませんで、大変にホネが折れるものでございます。ネットという奴が発達しているものですから、ちょいちょいと飛ばし見もできません。
 いや、ビデオに録り忘れちゃったんだよね、と言い訳してはみるものの、じゃあペイチャンネルで見なさい、どこで見なさいと矢の催促。


 仕方なくAmazonでDVDを買ったりしまして、こちらも気が弱いですから。また最近の作品はDVDが中途半端に求めやすいんです。話数が少ないので。


 昔は良かったなぁ。面白いドラマばっかりだったもの、などと昔日を美化して夢想しております。そんな時間があれば1行でも書きゃいいんですが、そもそもドラマの説明や解説自体が野暮天(やぼてん)のすることでありまして。額に汗する日々でございます。


世にも奇妙な物語』30年ひと昔


 『世にも奇妙な物語』には説明は要らないでしょう。フジテレビのTVドラマといえばこれでございます。何でも番組開始は´90の春だそうでして平成2年、ざっと30年前でございますな。
 毎回異なる3話のオムニバスドラマ。ストーリーテラータモリさん。ドラマの異世界に誘(いざな)う橋渡し、語り部(べ)でございます。


 そうそう、オムニバスドラマとかストーリーテラーというマニア間だけで流通していた用語が、一般層にも普及したのは、この番組の影響が大きかったように思います。


 現在は好好爺(こうこうや)で国民的な人気者のタモリさんですが、30年も前は常識を嗤(わら)い文化人でも平気でコキ下ろす、エッジの効いた怪人物でした。
 タモリさんのストーリーテラーは、特別な扮装をするわけではない、場所を選ぶでもない、神出鬼没でございます。裏を返せば、タモリさんがいるところならばどこでも「奇妙な空間」となりうるわけでして、これはキャラクター的にとても強い。


 ご当人のタモリさんも、バラエティーで興が乗ると「奇妙な世界の入り口には……」と、ストーリーテラーの雰囲気でセルフパロディをやってくれたりと視聴者にサービス。この衒(てら)いのなさが番組の長続きのひとつの力なのかもしれませんですね。


「サングラスをかけていて、あれだけ売れた芸能人はタモリだけだ」。


 テレビウォッチャーで名を馳せた、故・ナンシー関(せき)さんの言葉でございます。



 『世にも~』のテーマ曲は、厳(おごそ)かな讃美歌のような、どこか不安を煽る旋律のような、蓜島邦明(はいしま・くにあき)さん作曲の名曲「ガラモン・ソング」でございます。わたくし、放送開始当時にお小遣いを貯めて、この番組のサントラCDを買いました。


 タモリさんが画面に出てくる際に決まって流れる、「♪タッタンタカタン」という軽快な曲の名前は、ズバリ「ストーリーテラー」。
 他に初期の名作のサブタイトルに因(ちな)んだ「猿の手様(てさま)」や「悪魔のゲームソフト」といったBGM。
 「噂のマキオ」や「楊貴妃(ようきひ)の双六(すごろく)」などの佳作の劇中音源の聞きどころを繋いだ、ラジオドラマのようなトラックもあり、それを聴くことは当時の番組ファンの至福のひとときでございました。



 初期の初期から、番組の構成はかっちりしたものでして、まずはアバンタイトル


 これは数秒のシュールな寸劇でございます。


「(テレビの)画面に指を着けて下さい」


とアナウンスがあり、着けるとそこから血が滴(したた)り落ちたり。


 ドールハウスで遊ぶ子供たちを、突然巨大な子供たちが覗き込み、自分たちが人形だったことに気づくとか。


 レストランでトイレを無理に借りた客が、そのまま便器に流されてしまうとか、不条理劇が展開いたします。



 次にタイトル。


 ストーリーテラーの前口上(まえこうじょう)を経(へ)て、1話目のストーリーが始まるという体裁(ていさい)でございます。こういうおシャレで知的なイメージの連続ドラマは、わたくしは初めてでございました。
 オムニバスドラマのスタイルを生かして、ドラマの撮影所(下請けの製作会社)も毎回代わり、物語の内容もホラーあり、コミカルなものあり、感動作品ありと変化に富んでおります。
 コミカルに見せて怪奇譚だったり、コワいお話かなと思ったらグダグダだったり。まあグダグダは神代(かみよ)の昔の日本神話(笑)からの付きものでございますが……。



 シリーズの作品で思い出されるのは、少々ドラマとしては作りが荒いものの、メッセージ性が強いものでございます。


 弱者と思われていた者が実は黒幕だったという「息づまる食卓」や「悪魔のゲームソフト」。


 今様(いまよう)の説話のようなクラシカルな「猿の手様」や「海亀のスープ」や「着せ替え人形」。


 中でも「着せ替え~」は、主演の笑福亭鶴瓶師匠が当時のトーク番組でこのドラマの裏話を披露され、それに続けて、


「俺はね、こういうドラマに出といて何ですけど、奇妙な世界といっても、何でも受け入れるのは何や違うと思う。たとえば鏡の中に入っていくとかね」


と持論を展開していて、強く記憶に残っております。



 コントと人間ドラマの融合のような愉(たの)しげな作品も多かったです。


 苦労惨憺(くろうさんたん)で東京近郊にマイホームを手にした男(柄本明)が、その場所を見つけられずに、同じ境遇の迷い人(きたろう)と遭遇する「我が家はどこだ」。


 ツキ過ぎている主人公(山下真司)のもとに、悪運の申し子のような男(斎藤晴彦)が部下で赴任して来たことから起こる悲喜劇の「ラッキー小泉」。


 博識で時代の先端を行っていると自負している業界マン(草刈正雄)が、全く知らない新語に慌てふためく、あの名作の「ズンドコベロンチョ」。



 挑戦的な作品も多かったと思います。


 仲谷昇さんと佐野史郎(さの・しろう)さんの会話劇で魅せる「超・能・力!」。


 自分の不手際を隠蔽するために、いもしない犯人をでっち上げた警察官(片岡鶴太郎)ですが、それが突如実体化して逃走を始める「追いかけた男」。


 町の薬剤師(小堺一機(こざかい・かずき))が、住民に怪しげな薬を処方して獣性化を企(くわだ)てる「モルモット」。


 極悪非道な病院の院長(佐野史郎)に命を奪われてきた多くの患者がゾンビ化して大挙して押し寄せ、院長を八つ裂きにする「地獄のタクシー」と凄まじいものでございます。



 また、トラウマになる程、怖いお話があることでも知られたシリーズでございます。


 織田裕二さんが物入れのロッカーに入ったまま出られなくなり、それごと廃棄処分される「ロッカー」。手違いで棺桶に入ってしまい、生きたまま火葬される「死ぬほど好き」は、わたくしが閉所恐怖症なのでトラウマでございます。



 怖がらせることに工夫を凝らした作品もあります。


 座敷童(ざしきわらし)風の小児の幽霊が、いつも画面のどこかで見切れている「見たら最期(さいご)」。


 岸田今日子さんが演者で語り部となり、闇の精霊の圧倒的な暴力を、三人組の愚連隊(そのひとりはレースクイーン上がりのバラエティ系人気タレントだった岡本夏生(おかもと・なつき)サン!)に切々(せつせつ)と訴える「闇の精霊たち」。
 この作品ではサブリミナルの手法で、禍々(まがまが)しい精霊たちの姿がイラストで、岸田の像に何秒かに一度の割で掛かり、恐怖を煽るという斬新さでございます。ラストを迎えて初めて総毛立つ筋運びは、いかにも『世にも~』らしい作風でもございます。


 いかりや長介さん出演の「穴」は、底の知れない穴に産業廃棄物を長年捨て続けていると、ある日、空の狭間からそれらが降り注いでくる……という恐怖でございます(SF作家・星新一(ほし・しんいち)の有名な名作古典SF短編『おーい でてこーい』(´58)が原作)。


 「おばあちゃん」は草村礼子さんが出演されました。山奥の病院で瀕死のお婆さんが、小学生の孫の女児に一日だけ自由な時間が欲しいと懇願し、渋る孫と魂を入れ替えます。お婆さんの肉体に入った孫の魂は、途端に筆舌に尽くしがたい苦痛と絶望感に苛(さいな)まれます。
 一方、孫の身体を得たお婆さんは、現世で暇乞(いとまご)いを済ませるも、敢えて魂の再交換はせず、孫をお婆さんの肉体と共に見殺しにいたします。
 更に怖いのは、長じて年頃の娘(演じるのは片平なぎささん!)となった、孫の肉体を持つお婆さんは、自分を粗略に扱った自分の嫁(孫にとっては母親)を山奥の病院に移し、敢えて無理な延命治療を施します。自分がかつてそうされたように、なるべく苦しめて殺すためなのです。


 「サブリミナル」は、為政者がこれ以上の人口増加を食い止めるべく、蠱惑(こわく)的なサンバ・ガールズの愉しげなお菓子のCMを繰り返して流します。実は「65才以上は自殺しろ!」というメッセージをフィルムの何コマかに一回挿入していたというオチです。「パラダイス、ガム!」という劇中のコマソンが怖かったなぁ。


世にも奇妙な物語´19 雨の特別編』


 さて、そのような大変な歴史のあるシリーズの、令和初のスペシャルドラマ『世にも奇妙な物語´19 雨の特別編』でございます。


 ストーリーテラータモリさんですが、最近ではキャラクター自体が人間離れをしてきておりまして。いきおい別の俳優さんと絡ませて怪人振りを際立たせることにスタッフも腐心されてんじゃないでしょうかね。


 今回のパートナーは佐藤二朗さん。人を殺して逃げてきて、タモリさんと雨の山小屋に閉じ込められるという筋立てでございます。


 ラスト、犯罪をタモリさんに看破され、口封じに刃物を突き立てます。
 するってえと、タモリさんの姿は瞬時に佐藤さんに変わり、刺したハズの佐藤さんの実体が消滅し、刺された佐藤さんの骸(むくろ)だけが残ります。
 オチとしては前出の「追いかけた男」のパターンではあるんですが、佐藤さんに変貌を遂げるタモリさんの画像処理の技術が見事の一言でございます。
 まあ、何てんですかね。モーフィングを更にデジタル化したような凄まじいものでして。兎に角(とにかく)サングラスをかけたままのタモリさんが、無理なくあの佐藤さんの小さい目になるんですから。



 ドラマ本編は、「さかさま少女のためのピアノソナタ」・「しらず森」・「人間の種」・「大根侍」・「永遠のヒーロー」の5本立てでございます。  


「さかさま少女のためのピアノソナタ


 「さかさま~」は、曰(いわ)くありげなドイツの古い楽譜の曲を弾くと、その演奏時間だけ「時」を止められるというキテレツな物語でございます。
 時間を止める、もしくは演奏者の半径何メートルだけの時間が流れる、という設定なのでございましょうか。


 玉森裕太さんの主人公がビルの窓外を落ちゆくヒロインの黒島結菜(くろしま・ゆいな)さんを何とか救おうと尽力いたします。しかし彼は楽器を演奏し続けなくてはなりません。
 曲を演奏し終われば時間が流れだしてヒロインは落下、曲を間違えれば楽譜の呪いで玉森さんが重症を負う、という新手のカットバック!


 かたや室内で楽器を演奏し、もう一方は窓外で虚空にさかさまで受け答えをしております。ヒトの命がかかっているのに何やら呑気(のんき)で楽しげで、この状況は大変に落語的でございます。玉森さんの編み出した起死回生の窮余の一策もシャレていて秀逸でした。


しらす森」


 「しらず森」は、吉田羊(よしだ・よう)さんが母親役で主演です。


 同窓会で息子と帰郷したヒロインは、30年前に小学校で埋めた自分のタイムカプセルを受け取ります。その後、実家の近くの森に息子と入った折、突如子供が神隠しに遭い、悲嘆に暮れます。
 このご時世、心配でございますよね。子供への事件がニュースで流れたり、「不審者に注意!」という張り紙もカットインされ、緊張を煽りに煽ります。


 30年前に彼女が埋めたタイムカプセルの中に入っていたものが息子とその一家を救う、という粗筋でございます。いかにも『世にも奇妙な物語』なシノプシスでございます。
 お話自体は王道なんですが、捜索するヒロインたち、さ迷う息子と双方のドラマをきちんと描いておられて見応えがありました。


 森の神社の神主役で、㈱アンカット所属の個性派俳優・春木生(はるき・せい)さんが出ておりまして、これが怖い怖い! まだ40才くらいかと思いますが、カラコンと白髪のメイクで不気味な怪老人となって画面に不穏な空気をもたらします。
 彼が若くて優しい神主だった時に小学生時代のヒロインに伝えた言葉がキーワードとなりハッピーエンドとなりますが、この神主の存在自体が時を重ねる負の面を象徴していて、爽快感だけではない、視聴後には鉛を飲みこんだような感慨もあり、物語を深めております。


 ひとつ難を言わせて頂ければ、ヒロインのタイムカプセルが手で簡単に開閉可能なタイプだったことが惜しいなあと。アレが缶切りで開けるタイプの缶詰めだったら、更に開封へと至るまでの「一場面」が増えることで、より盛り上げることができたでしょうし、外からの介入が全くなかったことが断定できて神秘性ももっと高まったハズですが。


「人間の種(タネ)」


 「人間の種」は人間讃歌の物語です。母親を自分の過(あやま)ちで死なせてしまったと、自責の念を持ち続けているヒロインがいまして、これが女優・木村文乃(きむら・ふみの)さん。


 ある日、庭の花壇から子供の手首が生えている。慌てて掘り出すと、それは女児。
 女児は「あなたのお母さんよ」と名乗り、ヒロインを甲斐甲斐しく世話をしようといたします。最初は懐疑的だったヒロインも、母と名乗るそれの心根(こころね)の優しさを知り、家族のようなものが始まります。


 ところが、それは水を与え過ぎると、早く終焉を迎えてしまう生き物で……というのが粗筋でございます。


 木村さんが母親と称する存在に振り回されるコメディエンヌぶりが冴えております。母親も6才の女児から15才の少女、31才のオトナの女性へと変貌を遂げていきますが、それぞれを子役・粟野咲莉(あわの・さり)ちゃん、山田杏奈(やまだ・あんな)さん、岡本玲(おかもと・れい)さんが演じておられます。
 自身とは対等ではありえない幼女から対等である成人女性へと次第に変身していく順序を踏むことで、ヒロインは無理なく対象(母親)に歩み寄れ、最終的には自らの心の澱(おり)まで吐露することに至ります。その頃には一介の視聴者であるわたくしなぞも、そして劇中ヒロインも、その母親の人間性に惹かれております。


 いい作品ですね。危うく泣きそうになっちゃいましたよ。


「大根侍(だいこん・さむらい)」


 「大根侍」は、何か云うだけ野暮(やぼ)。まぁ、創り手とキャストがこれで良いんならそいで結構! というお話で。


 ただ、侍の得物(えもの)の大根を女子高生が齧(かじ)って撃破するというくだりは、クスッと笑いました。


 タモリさんが昔やっていた密室芸に「将棋寿司(しょうぎ・ずし)」てえのがありまして。将棋の要領で棋盤(きばん)に寿司(すし)を並べ、斜めに置いたり重ねてみたり、時には駒(こま)である寿司を食べたりなぞする、まあ高等遊民のお遊びですな。それを連想いたしました。現代ならば「食べ物を粗末に扱うな!」とネットで炎上する奴でございます。


 わたくし思いますに、この作品もそうなんですが、最近の『世にも奇妙な物語』は、パロディ喜劇のような軽い題材のものを番組の中で分散して何回かに分けて放送、それもオーラス(オールラスト・一番最後)に後編を持ってくるきらいがございます。


 番組当初は、ストーリーテラータモリさんが「振り」も「回し」も「オチ」も担当していました。番組と視聴者を繋ぐフィルター役だったからです。劇中でカラダを張ってのオチもこれまた多い。開腹手術をされたままで放置されたり、宇宙空間に放り出されたり、侍に首をはねられたりと、死ぬような(?)目に遭っております。


 しかし、タモリさんは何のご功績かは存じませんが、国民的な存在となられ、今や完全なる番組の象徴となりつつあるんじゃないかとあたしは睨んでます。まぁあたしなんかが睨みましても、街の信号が早く変わるわけじゃなし、赤いポストが青くもなりはしないのでありますが。


「永遠のヒーロー」


 そして殿(しんがり)は、郷ひろみさんが初めてヒーロー役に挑戦した「永遠のヒーロー」! もう期待値が嫌が応でも跳ね上がります。


 それで、脚本担当が…… エッ! ブラジリィー・アン・山田さんですか……。……もう嫌な予感しかいたしません。テンションだだ下がりてございます。


 時代は近未来。人間に超人的なパワーを与える「改造人間手術」が一般化いたしまして、それによって犯罪も激増。そこで日本の政府は「怪人対策室」を設営、こちらにも改造手術を受けたチームを作って対抗しようという趣向でございます。


 郷ひろみさんの演じるのは怪人検挙率ナンバーワンの隊員でして、コードネームは「レッドライガー」。来年定年退職で、病身ながらも可愛らしい一人娘とのんびり暮らすのが今の生きる張りでございます。


 冒頭に市民を脅かす、往年の特撮変身ヒーロー『超人バロム・1(ワン)』(´72)のドルゲ魔人(怪人)ならぬ「ゲルゲルゲ」なる悪い怪人の声を、ベテラン人気声優の山寺宏一(やまでら・こういち)サンが演っております。


 これがもういけません。「七色の声でアニメファンを幻惑する、現代の中村メイコ」として声優界に君臨している御仁でございます。
 ああ、これはきっと全ての敵役(かたきやく)の声をアテるのかな? という胸騒ぎ。そしてそれらを聞き逃すまいと耳をそばだてるわたくしがおります。結果、敵のラスボスから中ボス、全ての戦闘員、ナレーションに至るまで計10名を巧演! やっぱり上手いなぁ。


 郷ひろみさんの同僚の改造人間たちの名前もふるっております。


・桜井五郎(演、神尾佑)――戦隊シリーズ第2作『ジャッカー電撃隊』(´77)のレッドことスペードエースの変身前の名前
・山本大介(演、森田甘路)――『仮面ライダーアマゾン』(´74・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20141101/p1)の変身前である山本大介からの引用
小牧りさ(演、木本夕貴)――『秘密戦隊ゴレンジャー』(´75)でモモレンジャーことペギー葉山を演じた女優さんのご尊名


 往年の特撮ヒーローの登場人物名で統一するのかと思えば、女優名まで役名になってたりと、訳が分かりませんが。


 ちなみに、桜井五郎には「さすが、エース!」の台詞(セリフ)があります(笑)。


 山本大介は何故かポッチャリ体型で、いつも口を動かしております……。しかも、アマゾンこと山本大介がはじめて覚えた日本語である


「バ、バカヤロウ! バカヤロウ!」


という台詞までもが……。こういう悪ふざけはよろしくございません。すっかり気持ちがそれに行ってしまいまして、筋立てを見失うこと夥(おびただ)しい。


 ヒーローを描く作品でございますので、沢山のヒーロースーツ・着ぐるみが出て参ります。やけに出来の良い仕上がりだなぁと思っておりましたら、これは既成の作品、それも茨城県では大人気のローカルヒーローでございます。その名も『時空戦士イバライガーR』!
 「永遠のヒーロー」に出てくるヒーロースーツも悪側の着ぐるみも全て、『~イバライガーR』からの言わば「客演」でございます。


 興味が湧いたのでネットで調べてみましたら、これが大変なものでして、何と20体もの着ぐるみの多さ! ´07夏からの立ち上げ、2年後にはTBSテレビに密着取材され、現在までステージショー・撮影会・サイン会・イベント出演は数えきれず、商品化やコラボ企画も引きも切らないという歴史のある大ヒット作品でございます。


 また、このヒーローの作品世界観が入り組んでいる、入り組んでいる。主役級のイバライガーは複数存在いたしまして、未来の人類が現代の我々のために送り込んだヒューマノイド(人造人間)が「初代イバライガー」。初代の代替品だったのが奇跡的に起動したのが「イバライガーR」。Rが時空の狭間で別のスタイルを持った「イバライガーブラック」。イバライガーの試作機の一体がサポートロイドとなった「イバガール」、Rより更に未来から来たのが「ハイパーイバライガー」と一個師団もかくや(笑)。


 「ジャーク」なる敵の組織も充実しております。悪のエネルギー生命体で、負の感情を媒介として人間に寄生いたします。
 「首領」「四天王」「怪人」「戦闘員」と大まかな階層もございます。首領と四天王の一部はまだ謎の存在。四天王のひとりは、戦闘員の「片腕」に寄生。全貌は明かしておりません。
 怪人には兄弟の者もおり、見た目は生き写しでございます。戦闘員には黒・赤・緑の種類がありまして、黒は怪人クラスの能力、赤はそれに準じ、緑はジャークに寄生された初期段階の人間、という色分けでございます。緑色の戦闘員はまだジャーク化が進んでおりませんので人間に戻れる可能性があり、赤にはそれが殆(ほとん)どないという設定。


 もうお分かりになりましたか? そうです、ごっこ遊びの要素。着ぐるみの流用・改造多用は、『ウルトラQ』(´66)⇒初代『ウルトラマン』(´66)や、『人造人間キカイダー』(´72)⇒『キカイダー01(ゼロワン)』(´73)の世界でございます。シリーズの世界観が入り組み、キャラクター設定が煩雑なのは、それだけショーの場数(ばかず)が多く、製作者の愛情が深いのでございましょう。


「♪タッタンタカタン、タカタンカタン」。


 わたくしめの原稿にもそろそろエピローグが近づいて参りました。


 「永遠のヒーロー」のラス前、郷ひろみさんの主人公は、自分や怪人対策室の仲間が、実際にはスマートフォンのゲームの中だけのバーチャルな存在だということを知らされます。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2020年号』(19年12月28日発行)所収『世にも奇妙な物語'19雨の特別編』評より抜粋)


[関連記事]

『妖怪シェアハウス』 ~アマビエ人気に便乗!? お岩さん・座敷童・酒呑童子ぬらりひょんと現代で同居! 侮れない佳品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200906/p1

『大江戸もののけ物語』 ~NHKの妖怪ドラマ。女性目線のライトドラマ風味もドー観る!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200823/p1

『誰も知らない志村けん』 ~志村最後の新境地「志村どうぶつ園」創世秘話・志村の「素」と「家族」に迫った佳作ドラマ

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200913/p1


[関連記事] ~田中雪麻呂・担当記事

追悼、志村けん論 ~志村けん&ドリフは70年代には万人に愛されてなどいない! PTAワースト常連だった!!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200419/p1

追悼、岸辺シロー ~『西遊記』での沙悟浄役での活躍回を振り返る!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200927/p1

アンジャッシュ渡部建論 ~その乱脈と転落。悪役俳優ならば再起の潮目はありや!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200720/p1

落語家・立川志らく論 ~人物・騒動・発言・弱点・文春砲・修羅場の人!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200318/p1

菅田将暉・2020年夏トーク番組3本まとめ ~相手・番組・視聴者層に合わせた当意即妙な切返し術&人間力

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200920/p1

『劇場版「SHIROBAKO」』 ~TV版の反復で「らしさ」を出しつつ、あがきつづける群像劇!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200412/p1


西遊記』(2006年版)全話評・一覧!

西遊記 ~2006年版・全話評! 序文 ~商業性や78・94年版とも比較レビュー!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070721/p1

西遊記#1「火の国」/〔天竺へ!! 悟空と仲間たちの旅が始まる!!〕(初回90分SP) ~登場人物紹介・ナビ番組

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070722/p1

西遊記#2「温泉の国」/〔温泉の国 美人姉妹と豚の恋!?〕

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070728/p1

西遊記#3「夢の国」/〔再会、母よ! 夢かなう寺の怪〕 ~今シリーズ最高傑作! 94年版や79年版の同系話など

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070729/p1

西遊記#4「砂の国」/〔激辛!! 砂の国の腕ずもう大会〕

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070804/p1

西遊記#5「子供の国」/〔子供の国 悟空がパパになる!?〕

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070805/p1

西遊記#6「森の国」/〔武勇伝!! 新しい仲間〕

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070811/p1

西遊記#7『幽霊の国』/〔幽霊の国 熟女になった悟空!?〕 ~本家中国84年TV版も!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070812/p1

西遊記#8「時の国」/〔タイムスリップ!! 過去への旅〕 ~タイムスリップ! 94年版と比較

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070818/p1

西遊記#9「花の国」/〔最強妖怪の罠〕

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070819/p1

西遊記#10「滅法国(めっぽうこく)」/〔妖怪の国 凛凛の意外な正体!!〕

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070825/p1

ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ総括 ~戦闘連発でも多数キャラの動機・個性・関係性は描破可能! 物語よりも点描に規定される作品の質!

『ウルトラギャラクシーファイト』 ~パチンコ展開まで前史として肯定! 昭和~2010年代のウルトラマンたちを無数の設定因縁劇でつなぐ活劇佳品!
『ウルトラマンタイガ』序盤総括 ~冒頭から2010年代7大ウルトラマンが宇宙バトルする神話的カッコよさ! 各話のドラマは重めだが豪快な特撮演出が一掃!
『ウルトラマンタイガ』『ウルトラギャラクシーファイト』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『仮面ライダー令和』 ~奇しくも「父超え」物語となった各作の成否は!?
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[ウルトラ] ~全記事見出し一覧


 ウルトラマンシリーズの正統番外編であるネット配信『ウルトラギャラクシーファイト』の第2弾『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』(20年)が、2021年5月26日(水)にBD&DVD発売記念! とカコつけて、『ウルトラギャラクシーファイト』の第1弾『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』(19年)総括・合評をUP!


『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』総括 ~戦闘連発でも多数キャラの動機・個性・関係性は描破可能! 物語よりも点描に規定される作品の質!



『ウルトラギャラクシーファイト』総括・合評1 ~尺は短いがウルトラヒーロー共闘でまとめられたストーリー

(文・中村達彦)
(2020年2月8日脱稿)


 2019年3月公開の『劇場版ウルトラマンR/B(ルーブ) セレクト!絆のクリスタル』と2019年7月放映開始の『ウルトラマンタイガ』第1話を結ぶ作品。『ウルトラマンギンガ』(2013年)から『ウルトラマンR/B』(2018年)までのウルトラマンロッソとウルトラマンブルの兄弟、更にウルトラマンタロウをはじめウルトラ6兄弟やウルトラマンゼロウルトラマン妹のグリージョや外国で製作されたウルトラマンリブットも登場している。アクションを重視したストーリーだ。俳優は登場せず、着ぐるみスーツで占められている。
 監督は坂本浩一。海外の『パワーレンジャー』シリーズ(1993年~・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080518/p1)をはじめ、日本ではウルトラシリーズ以外にも東映特撮などを手がけている。東映でもヒーロー大集合映画を手掛けており、それぞれの見せ場を見事に作っているので、担当監督としては申し分ないだろう。


 ストーリーは各惑星でウルトラマンが襲われる事件が続発し、ウルトラマンロッソとウルトラマンブルが去ってしまった地球でも、ウルトラウーマングリージョと彼女を助けに来たゼロがウルトラダークキラーに襲われ捕まってしまう。ロッソとブル兄弟は強制的に召喚されて、昭和ウルトラ一族の故郷である光の国でウルトラマンタロウからその異変を聞かされて、彼らの妹であるグリージョの捜索に向かうが、岩の惑星ペノルで『劇場版ウルトラマンギンガS(エス) 決戦!ウルトラ10勇士!!』(2015年)に登場した超時空魔神エタルガーの攻撃を受けてしまう。同じ頃、ウルトラマンオーブウルトラマンX(エックス)、ウルトラマンジードに極似したふたりの黒い戦士の攻撃を受けていた。
 ロッソとブルを救ったのはタロウの依頼を受けたウルトラマンリブットで、他の惑星にいたウルトラマンX・ジード・オーブも駆け付けてきたウルトラマンギンガ・ウルトラマンビクトリーに助けられる。


 改めて光の国に集まるウルトラマンたちへウルトラダークキラーからのメッセージが。囚われのグリージョとゼロは惑星テンネブリスにいるという。2人を助けるため、飛び立つ7人のウルトラマン
 ウルトラダークキラーは、かつてウルトラマンたちを苦しめた強敵エタルガーやダークルギエル、ウルトラマンXやウルトラマンオーブウルトラマンジードのエネルギーを吸収して作った3体の悪のウルトラマンXやウルトラマンオーブウルトラマンジードとともにダークネスなる軍団を構成している。それらを見守る謎の影。


 テンネブリスに到着したウルトラマンたちを迎え撃つダークネス軍団。次々に敵を引き受けていくが、残ったロッソとブルはウルトラダークキラーの攻撃を受ける。だがグリージョを助けるため、エネルギーを与え続けていたゼロの姿にウルトラマンたちは奮起。各々はゼロの力を由来とする姿にタイプチェンジして、ダークネス軍団を撃破する。
 残ったダークキラーはなおも暗黒エネルギーで巨大化、ウルトラマンゼロダークネスを生み出すなど抵抗するが、ウルトラマンタロウの援護、ジードの力を借りて強化形態に変身したゼロビヨンドと、ロッソ・ブル・グリージョが合体したウルトラマングループが登場。ウルトラマンたちの一丸となっての一大攻撃で倒される。


 新鋭ウルトラマンリブットにその存在を暴かれて、ラストにウルトラマンたちの前に姿を表す、事件の黒幕である悪のウルトラマンでもあるウルトラマントレギア。トレギアを追って飛び立っていくウルトラマンたちと、ゼロとともに故郷の綾香市へと戻っていくグリージョの姿で終幕となる。



 2010年代に登場した新世代ウルトラマンたちの共闘を描いて、『ウルトラマンタイガ』の物語の直前に起きていた戦い。トレギアが黒幕であったことは周知のことであろう。歌唱グループ・ボイジャーなどが奏でる各『ウルトラマン』の主題歌BGMが劇中に流れて、否応なく盛り上げてもいる。また各所にウルトラファンをニヤリとさせる単語があちこちにありそれらも嬉しい。海外製作のウルトラマンリブットも顔見せ程度に終わっておらず、その強さを見せている。
 他にもウルトラ5兄弟とウルトラ6重合体したウルトラマンタロウがその全身を炎上させて自爆特攻するウルトラダイナマイトでダークキラーを倒した過去の戦いが、セリフのみならずきちんと映像で描かれたり、ゼロやグリージョにも見せ場が用意されているあたりもよい。もっとも最新作『ウルトラマンタイガ』の3大新ウルトラマンであるウルトラマンタイガ・ウルトラマンタイタス・ウルトラマンフーマが最後までチラリとも現われなかったのは残念だし、ウルトラマンオーブの好敵手・ジャグラスジャグラー登場が外されたのも残念だったが……。


 しかし、近年では作品ごとに異なっているはずのパラレルワールドで、その越境は容易ではないとされていたはずなのに、特に説明もなく越境ができていたり、昭和ウルトラの世界である光の国に、他の並行宇宙の世界にいるウルトラマンたちが簡単に集合してしまえるのは少し安易な気がする。何らかの説明なり秘密の次元越境が可能な人工ルートができたなどのウラ設定を作った方がよいのでは?


 ウルトラマンの敵は回りまわってウルトラマンというのがここ10年のパターンだが、同様に強敵に苦戦する中でウルトラマン同士の絆からスーパーパワーが発揮されて、超ウルトラマンが登場し、戦いに勝つパターンも目に付く。その流れは、今度の映画『劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』でも継承されるようで……。


 飛び立った7人のウルトラマンは、変身前の俳優ごと今度の映画に登場するが、『タイガ』第1話の冒頭と『タイガ』本編の間でも時間は12年くらいが経過しているはずなので、変身前の地球人たちは12年分の歳を取っていないと矛盾が発生してしまう(笑)。次の『ウルトラマン』ではこのへんにも矛盾が発生しないように、あるいはSF的な言い訳をつけることで実は矛盾はないとするような工夫をして、そういった要素でも子供やマニアたちを疑似SF的な知的遊戯で楽しませてほしい。


(了)


『ウルトラギャラクシーファイト』総括・合評2

(文・久保達也)
(2020年1月25日脱稿)

*『ウルトラマンR/B』と『ウルトラマンタイガ』の間に起きた史実!


 2019年9月29日(日)から無料動画配信サイト・YouTube(ユーチューブ)の円谷プロ公式チャンネル・ULTRAMAN OFFICIAL(ウルトラマン・オフィシャル)にて毎週日曜朝に週1回で配信されてきた各回約5分の短編シリーズ『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』(19年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200110/p1)が、同年12月21日(日)に全13話で完結した。


 本作『ウルトラギャラクシーファイト』では、映画『劇場版 ウルトラマンR/B(ルーブ) セレクト! 絆(きずな)のクリスタル』(19年・松竹・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190407/p1)でデビューを飾った敵キャラ・ウルトラマントレギアが一応のウラのラスボスキャラである。
 しかし実質的には、パチンコメーカー・京楽が2012年にリリースした『CRぱちんこウルトラマンタロウ 戦え!! ウルトラ6兄弟』以降、同社のウルトラマンを題材にしたパチンコにラスボスとして登場してきたウルトラダークキラーが本作のラスボスキャラを務めている。


 そして、トレギアとダークキラーが手を結んでつくりだした偽ウルトラマンこと黒いウルトラマンであるウルトラマンエックスダークスネス・ウルトラマンジードダークネス・ウルトラマンオーブダークネス・ウルトラマンゼロダークネスに、歴代シリーズのラスボス級キャラである暗黒の魔神ダークルギエルや超時空魔神エタルガーたちと、『ウルトラマンギンガ』(13年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200819/p1)から『ウルトラマンR/B(ルーブ)』(18年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180826/p1)に登場してきた、いわゆるニュージェネレーションウルトラマンたちが宇宙を狭(せま)しと激闘を繰りひろげてきた。


 最終回となったEpisode(エピソード)13のラストにて、唯一(ゆいいつ)生き残ったトレギアを追って、ダークキラーの本拠地・惑星テンネブリスを飛びだしていく7人のニュージェネレーションウルトラマンたちに、トレギアが高笑いするイメージ映像をかぶせて幕となる……
 本作は昨2018年度の直前作『ウルトラマンR/B』の後日談である『劇場版 ウルトラマンR/B』後のエピソードであり、そしてこの『劇場版R/B』で初登場したトレギアがレギュラー悪として登場した最新作『ウルトラマンタイガ』(19年)第1話『バディゴー!』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190811/p1)冒頭のウルトラマントレギア VS 7大ニュージェネレーションウルトラマンとの宇宙空間での大決戦の間に起きた史実として、両者をつなぐ役割をも担(にな)っていたのだ。


 だが、決してそればかりではない。映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE(ザ・ムービー)』(09年・ワーナー・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101224/p1)でデビューを飾って、2010年代のウルトラシリーズではニュージェネレーションウルトラマンたちを常に支える頼もしい先輩としても描かれてきたウルトラマンゼロを起点とした、後輩ウルトラマンたちの「人物相関図」が点描されることで、本作は『ギンガ』以降のニュージェネレーションウルトラマンの総決算ともなりえていたのである!


*登場キャラ全員をカッコよく描いてみせる、感覚的なようで実は技巧的な作劇&演出!


 映画『劇場版R/B』で女子高生・湊アサヒ(みなと・あさひ)が初変身したウルトラウーマングリージョを、Episode1では『R/B』の舞台となっていた並行宇宙の地球である日本の綾香市(あやかし)で、ウルトラダークキラーからその身を呈してかばって以降、本作でのゼロはEpisode10に至るまで、ダークキラーがつくりだした無限の闇・ダークキラーゾーンの中でグリージョとともに囚(とら)われの身となってしまっている。


 これはたとえば、『ウルトラマンA(エース)』(72年)第13話『死刑! ウルトラ5兄弟』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060803/p1)にゲストとして登場したウルトラ4兄弟=ゾフィー初代ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンジャックのように、せっかくマイナス宇宙にあるゴルゴダ星に全員が集結したのも束の間(つかのま)、ロクな活躍も見せないうちに異次元人ヤプールによって十字架に磔(はりつけ)のままになってしまったり、第26話『全滅! ウルトラ5兄弟』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061030/p1)では地獄宇宙人ヒッポリト星人にブロンズ(青銅)像として固められてしまったウルトラマンエースを助けに来たのに、自分たちもほとんど一矢(いっし)も報いずにすぐにブロンズ像に固められてしまったり、『ウルトラマンタロウ』(73年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20071202/p1)でウルトラ兄弟の長男・ゾフィーが火山怪鳥バードンに火だるまにされたあげくにやられっぱなしだったり、ウルトラ5兄弟が暴君怪獣タイラントに次々とあっけなくやられていったりなど、同時期の70年代前半の昭和の仮面ライダーシリーズに客演した先輩仮面ライダーたちと比べると「兄さん」なのに「弱い」「情けない」といった印象がつきまとっていたのと同様だとの批判も論理的にはありえるかもしれない。


 しかし本作のゼロは、70年代前半の第2期ウルトラシリーズに客演した先輩ウルトラ兄弟たちのようには必ずしも弱くて噛ませ犬のようには見えてはいないだろう。それは単身で一方的にヤラれているような負け方では決してなく、あくまでもウルトラウーマングリージョを守るための重荷を背負ったハンディキャップ・マッチになっているというエクスキューズがある作劇、そしてそれらを適格に体現してみせているアクション演出があるからだ。
 つまり、反実仮想で暗黙裡にグリージョがこの場にいなければウルトラマンゼロはウルトラダークキラーにここまで一方的にはヤラれることはなかったハズなのだ! 敵わずとも拮抗はできたかもしれない! と視聴者の心の片隅にそう思わせるような作劇&演出ができているからでもあるからだ。



 平成仮面ライダーシリーズのヒロインたちは決して守られるだけの存在ではなく、中にはライダーに変身までするほどに活躍を見せるコもいるのとは異なり、昭和の仮面ライダーシリーズにレギュラーで登場してきた「ライダーガールズ」たちは単なる「人質要員」(笑)としての印象が強かった。グリージョも一見するとその「ライダーガールズ」のような扱いかと思われそうではある。


 だが、そのグリージョもEpisode10では


「私だってウルトラマンです!」


と叫んで、全身から強い光を放ってウルトラダークキラーとウルトラマンゼロダークネスといった2体の強敵を勢いよく吹っ飛ばしてみせる点描を入れてみせている。敵に一矢を報いてみせることで、ゼロの足を引っぱっているだけといった、ややもすれば昭和の先輩ウルトラ兄弟やライダーガールズたちのように視聴者に少々の不快感をも与えかねない印象を回避(かいひ)することにも成功しているのだ!


 これらは脚本の足木淳一郎氏や坂本浩一監督が、先述した『A』や『タロウ』のウルトラ兄弟客演編などで、当時や後年の子供たちや特撮マニアたちも感じていただろう不満や鬱憤を、ここぞとばかりに数十年後のリベンジ(笑)として解消しようとした作劇&演出だったのだろう。


 先輩ウルトラ兄弟たちがワリを喰ってしまうことで往時の子供たちをガッカリさせてしまっていた作劇とは異なり、『ウルトラギャラクシーファイト』においては先輩ウルトラ戦士やライダーガールズ(笑)にも大活躍の場面を、あるいは結局は敵に押されて負けてしまうような場面であったとしても、敵に対して一矢は報いていたり、別のキャラクターを助けたり守ったりするためのハンディキャップがあったからだ! とするようなディテール描写を随所に挟んでいっているのだ。


 「最初は負けても、最後には勝つ!」という作劇が勧善懲悪活劇の普遍ではあり、ひいては昭和のウルトラ兄弟客演編や本作『ウルトラギャラクシーファイト』でも、「アラスジ」のレベルではそこに還元されてしまう同類項のものではある。しかし、そのような「エクスキューズ作劇」や一矢は報いてみせたという「反撃アクション演出」の有無などで、作品の印象やクオリティーといったものは天と地ほどにも異なって感じられてきてしまうものでもあるのだ!
 そういう意味では「ストーリー」「アラスジ」なぞは作品の「本質」などではまるでなく、「エクスキューズ作劇」と「反撃アクション演出」の有無こそが作品のキモであり、作品の「本質」ですらあるのかもしれないくらいなのだ!



・映画『劇場版 ウルトラマンギンガS(エス) 決戦! ウルトラ10勇士!!』(15年・松竹・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200404/p1)が初出で本作でも復活した超時空魔神エタルガーを倒すために、地獄の特訓(笑)をウルトラマンギンガとウルトラマンビクトリーに課したゼロ
・映画『劇場版 ウルトラマンX(エックス) きたぞ! われらのウルトラマン』(16年・松竹)ではウルトラマンエックス・初代ウルトラマンウルトラマンティガが東京で戦っている間に、世界各地の主要都市に現れた溶鉄怪獣ツルギデマーガを倒すために歴代ウルトラマンたちとともに駆けつけたゼロ
・映画『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』(17年・松竹・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200406/p1)でもウルトラマンオーブとともに奇機械改竜ギャラクトロンと戦ったゼロ
・テレビシリーズ『ウルトラマンジード』(17年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170819/p1)ではレギュラーキャラとなってウルトラマンジードと共闘したゼロ


 ニュージェネレーションウルトラマンたちの頼もしい先輩として大活躍をさせてきたウルトラマンゼロを本作ではあえて囚われの身として描いたのは、もちろんそろそろ従来作との差別化として年輪を重ねてきたニュージェネレーションウルトラマンたちの方を逆にゼロよりも大活躍させることで、彼らもまた強く成長したのだということを描いて、視聴者にゼロの活躍とはまた別種のカタルシスも与えよう! といったところが、本作最大の目的でありコンセプトでもあったためだろう。


 恩人でもあり師匠でもあるゼロを救出するために、若き7大ウルトラマンが邁進(まいしん)する姿がひたすらカッコよく描かれる。そして、彼らにはゼロに助けられてきた「恩義」を感じているといった「行動動機」をそのセリフでも語らせてみせたり、歴代ウルトラシリーズを長年にわたって鑑賞してきた特撮マニアたちや、後追いでも歴代シリーズを鑑賞してきた特撮ファンや子供たちが、それらの作品に対する記憶までをも勝手にダブらせてしまうことまで計算したことで、単なるアクションものとしてだけでなく、クドクドとした説明ヌキでの端的な「点描」だけでも「ドラマ性」を宿らせることができているのだ。
 教科書的な意味での狭義のドラマツルギーとしては反則ワザでも(笑)、このような「点描」もまた広義の意味では「作劇的な技巧」そのものだ! といってもよいのではなかろうか!?


*「ドラマ性」を高めるためのものとしての「ヒーローの最強形態」!


 本作の終盤で、そのニュージェネレーションウルトラマンたちによるゼロへの「恩返し」の最大の象徴として描かれているのが、Episode11のクライマックスである。
 その直前回であるEpisode10でニュージェネウルトラマンたちの大活躍によって倒されたハズのウルトラダークキラーが、トレギアの力によりジャンル作品の毎度のお約束によって「質量保存の法則」を無視してデタラメにデカい姿となって復活する!――科学的・ハードSF的にはオカシいけど、ヒーロー活劇・ライトSF的には正しい作劇だと思うので、もちろん大カンゲイ・笑――


 ここでジードが


「今度はボクたちがゼロを助ける番だ!」


と、テレビシリーズ『ジード』では小型カプセルから機動される先輩ウルトラ戦士個々の超パワーを模したエネルギーであったものが、ウルトラマンギンガ・ウルトラマンビクトリー・ウルトラマンエックス・ウルトラマンオーブ本人たちのエネルギーを浴びせることで、ウルトラマンゼロをその強化形態・ウルトラマンゼロビヨンドに変化させるのだ!
 このゼロビヨンドは『ジード』の中盤ではギンガ・ビクトリー・エックス・オーブの超パワーを再現するニュージェネレーションカプセルを使うことで、ゼロが地球で合体している妻子持ちのさえないサラリーマン・伊賀栗レイト(いがぐり・れいと)が「オレに限界はねぇ!」という掛け声とともに強化変身するに至った形態であったハズだった。
 4人の新世代ウルトラマンの超パワーの結晶として、本作でもこのニュージェネレーションカプセルでの変身のバンク映像をキッチリと再現するのみならず、地球でのゼロとレイトとの間に生まれた絆をヌキにしてもゼロがビヨンドに変身できてしまった設定矛盾については、ジードはゼロに対して「レイトさんにはナイショで……」と頼みこんでいる(笑)。


 もちろん「アラスジ」レべルでいえば、ニュージェネウルトラマンたちがウルトラマンゼロに「恩返し」をするのならば、ぶっちゃけ単にウルトラダークゾーンからゼロを救出したというノルマさえ達成できれば、それだけで済むのである。
 しかし、Episode9のラストにてウルトラマンギンガ・ウルトラマンビクトリー・ウルトラマンエックス・ウルトラマンオーブウルトラマンジードに、それぞれウルトラマンゼロに対する「恩義」を端的に象徴するセリフを激アツに叫ばせながらウルトラマンゼロの力に由来するそれぞれの強化形態にタイプチェンジしていった描写を反転させるかたちで、今度は逆に後輩ウルトラマンたちの方からその力でウルトラマンゼロを強化形態に変化させるような描写を挿入することも、各ウルトラマンたちのタイプチェンジ形態をたくさん出して画面をにぎやかにしたり変化をつけようという意味ももちろんあるのだが、それだけでもないだろう。
 ニュージェネウルトラマンたちがウルトラマンゼロを単に物理的・形式的に救出ができたということのみならず、各々の想いが込められたエネルギーが注入されていくことで、その「恩返し」を具体的で「ドラマチック」な「ビジュアル」としても象徴させることができている「映像演出」にも昇華していたのだ!


 今回のゼロビヨンドは、その姿への変身からEpisode12における、ゼロ自身のネガ像でもあリ短編シリーズ『ウルトラゼロファイト』第2部『輝きのゼロ』(12年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200314/p1)が初出でもある、悪のウルトラマンであるベリアルの怨霊に憑依されたウルトラマンゼロがその全身の体色を黒色に染めた姿でもあったウルトラマンゼロダークネスの単独出現版とのガチンコバトルに至るまで、その全身が金色に光り輝いたままであり、キックの残像までもが星のようにキラキラと金色に輝くほどの演出がなされることで、テレビシリーズでは白銀主体の体色であったゼロビヨンドよりも強化されている、その全身が金色と銀色にキラキラと輝いていた最強形態・シャイニングウルトラマンゼロにも近いような形態なのだろうことも含意させている――後日付記:後付けのようだが(?)、この形態にはウルトラマンゼロビヨンド・ギャラクシーグリッターという正式名称が付与されていた――。


 もちろん最後の最後に正義の味方であるウルトラマンたちが勝利することは幼児であっても充分にわかりきってはいる(笑)。しかし、先述したように本作ではニュージェネウルトラマンたちを立てるためにもウルトラマンゼロが相対的にはワリを喰ってきたが、もちろんそれだけでも視聴者のフラストレーションが少々たまってしまうので、クライマックスではゼロにも相応のバトルを演じてもらうためにも、この処置は有効に機能しているのだ。


 父であるウルトラセブンのトサカ部分が外れてブーメラン武器となるアイスラッガーを継承する、ウルトラマンゼロの姿では2つ、ゼロの力を借りたウルトラマンオーブのタイプチェンジであるウルトラマンオーブエメリウムスラッガーでは3つあったトサカを、4つ(!)もそびえさせてそこから放ったクワトロスラッガーをゼロダークネスに向けて飛ばしたゼロビヨンド! しかし、ゼロダークネスにハネかえされてしまった金色に輝くスラッガーを、今度はその両腕の中で2体ずつで合体させて巨大な三日月状の刀2振りと化さしめた!
 ゼロビヨンドがその二刀流「ツインギガブレイク!」でゼロダークネスをスレちがいざまにブッた斬るさまはまさに時代劇や劇画調の演出となっており、斬られたゼロダークネスが燃えあがっている炎を背景に、二刀流をかまえたゼロビヨンドをあおりでとらえたカッコいいカットは最高にカタルシスが得られるものとなっている!



 先述した往年の『A』や『タロウ』のウルトラ兄弟客演編でも、兄さんたちがカッコいいところをほとんど見せずに終わるのではなく、たとえばウルトラ5兄弟を一度は全滅させたほどのヒッポリト星人相手であるのならば、いつものウルトラマンエースの必殺ワザ・メタリウム光線一発で倒せてしまっては通常編の並みの怪獣の強さしかなかったことになってしまって、子供心にも辻褄が合わなくなってしまうような矛盾した描写になってしまうのだから、そこはウルトラ5兄弟が必殺光線を一斉照射!
 もしくは超強敵・異次元超人エースキラーを倒した際のようにエースの頭頂部に4兄弟のエネルギーを照射してからエースが放つ合体光球・スペースQをここぞとばかりに再披露をすべきだっただろう!
 「敵に一矢を報いる」アクション演出を敵キャラにも援用してみせれば、合体光線やスペースQを浴びてしまったヒッポリト星人にも即座に爆発四散はさせずに、しばらくは堪え忍んでみせているさまをヒイてジラして描いてみせる「タメ」の演出を挿入することで、最後には敵キャラが爆発四散するのは確定路線だとしても(笑)、それによってヒッポリト星人がますます強く見えることで、最後の勝利のカタルシスをも倍増させることができたハズなのだ!


――歴史的な大傑作ではあるものの、一度にウルトラ一族100万人を敗退させたほどのジャカル大魔王に対して、最後にウルトラ一族の長老・ウルトラマンキングの神秘の力によって復活したウルトラ6兄弟の合体光線でアッサリ決着がついてしまう漫画『ザ・ウルトラマン』(75年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210110/p1)のラストバトルと、復活を果たした(厳密にはジャッカル四天王のひとりが進化した)ジャッカル大魔王との戦いで今は亡き暗黒宇宙大皇帝エンペラ星人のヨロイ・アーマードダークネスの一部をやむをえず着用してジャッカル破壊光線を阻止するウルトラマンメビウス! しかし、ヨロイの闇の意思に飲まれそうになってしまうメビウス! それに対抗するためにウルトラ6兄弟がメビウスとウルトラ7重合体して最強形態・ウルトラマンメビウスインフィニティーが出現! されど、宇宙の各所からヨロイの全パーツが飛来してきてメビウスインフィニティーの全身を包んでしまうという大ピンチ到来! そこに駆け付けたキングがヨロイの呪いを弱めるためにウルトラの国の秘宝・ウルトラベルの鐘の音(かねのね)を響かせる! ……といった攻防劇のつるべ打ちの一連でおおいに盛りあげてみせる、先の『ザ・ウルトラマン』の続編でもあった漫画『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス ジャッカル軍団大逆襲!!』(08年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210117/p1)のラストバトルとの相違を例に出してみてもよいだろう――


 ハッキリ云って、「ストーリー」や「アラスジ」なぞではなくって、この手の勧善懲悪エンタメ活劇のキモとは、このようなシーソー的な秘術の尽くし合いのパワー合戦の連発や、たとえ敗退してしまうにしても一矢は報いる「反撃アクション演出」、一時的にでも耐え忍んでみせるような「タメ演出」といったディテール描写の有無によって「傑作か否か」や「名勝負か否か」の品格が決まってしまうものなのだ。むしろソコしかないともいえるのだ。
 そして、「作品批評」もまたソコを析出して語っていくことこそが、作品の「本質」にも接近していくショートカット・近道ですらあるともいえるだろう!――加えて、「読ませる文章」一般の極意といったものも、この「シーソー感覚」や「タメ演出」といったものであって、エンタメ活劇の作劇やアクション演出の巧拙のテクニックに通じているものがあるようにも思えるのだ・汗――



 変身怪人アンチラ星人が化けていた偽・郷秀樹の前に、ホンモノの郷秀樹が再登場して、帰ってきたウルトラマンことウルトラマンジャックに変身してウルトラマンエースとも共闘! アンチラ星人&サイゴン VS エース&ジャックの激闘を描く!
 火山怪鳥バードンに一度は殺害されたゾフィー兄さんも最後にはウルトラの母の力で復活して、タロウと共闘して地球最強の怪獣であるバードンをやっつける!
 暴君怪獣タイラントに太陽系の各惑星でひとりずつ対戦して敗退していったウルトラ5兄弟たちだが、最後にはリベンジのために地球に飛来してきてタロウを含むウルトラ6兄弟が組んずほぐれつの果てに超強敵怪獣タイラントを打ち負かす!


 往年の昭和の第2期ウルトラシリーズでのウルトラ兄弟客演編でも、こんなストーリーであれば往時の子供たちに失望感を与えることなく、最後には気持ちのいいカタルシスだけが残ったハズであったのだ――その伝ではそのへんの子供たちの機微をわかっていて、客演編では先輩ライダーたちをほとんどピンチに陥(おちい)らせることなく大活躍をさせてきた昭和のライダーシリーズを担当してきた東映の故・平山亨(ひらやま・とおる)プロデューサーは偉大であったのだ(氏の感覚自体が非常に子供っぽかったともいえるのだが・笑)――。


*各ヒーローの関係性&立ち位置を最大限に活かす作劇とは!?


 バトル演出のみならず、ニュージェネの中では最も後輩である『R/B』の主人公ウルトラ兄弟の兄であるウルトラマンロッソが妹のグリージョをずっと守ってくれたウルトラマンゼロに対して深々と頭を下げる演技や、先輩たちを


「(初代)ウルトラマンさん! (ウルトラマン)ティガさん!」


と敬称をつけて呼んでみたり


「お疲れさまです!」


と労をねぎらっていた(笑)オーブが、


「ゼロさん、大丈夫ですか?」


などと語りかける描写は、鼻につく域には達していないがやや不遜(笑)だったギンガ――というかギンガと合体している地球人青年・礼堂ヒカル(らいどう・ひかる)――がゼロに対してもタメ口だったり、基本的には腰が低い常識人キャラであるジードがその看板番組ではずっと共演してきたゼロに対してだけは先輩というよりかは友だち感覚(笑)で接している中では、先輩に対する敬意の象徴としては実に印象強く残るものであり、それぞれのキャラクターたちの個性やゼロとの関係性のちょっとした相違を端的に示してもいる名演出ともなりえている。


 そのゼロが右手を後頭部に当てながら頭を左右にコキコキと動かす、「あ~疲れた」とでも云いたげな妙にオッサンくさい仕草(爆)を見せる演出・演技も、すでにデビューから10年が経過して、ニュージェネウルトラマンたちからすればゼロが立派な大先輩=レジェンドウルトラマンと化していることを最大限に象徴する秀逸(しゅういつ)な描写にもなりえている。
――その寿命が数万~10万年単位にも達するウルトラ一族にとっての10年間などは、地球人の寿命100歳で単純換算してみせれば人間にとっての半日にも満たないくらいの短期間なのだが、細かいことは気にするな!・笑――



 そして今回はニュージェネウルトラマンたちの中では最も年長であるウルトラマンギンガにリーダー感を与えて、先輩格キャラとして立てることにも成功していた。


 加えて、ゼロダークネスをゼロ本人にまかせて、ニュージェネウルトラマンたちがウルトラダークキラーと決着をつけようとしたそのとき、先述した『CRぱちんこウルトラマンタロウ 戦え!! ウルトラ6兄弟』などのパチンコでの展開までをも本作は前史・史実として肯定(こうてい)したことで、そのウルトラマンタロウがダークキラーの因縁の相手としても必然性をもって現れることとなったのだ!


 ウルトラマンオーブウルトラマンジード、ウルトラマンロッソにその弟のウルトラマンブルに至るまで、近年のウルトラマンが歴代レジェンドウルトラマンのパワーを使って変身するのが当たりまえとなる中で、「昭和」のウルトラマンの中では両耳から巨大なツノを生やしている強烈なルックスもあってか、キャラクターとしては根強い人気を誇(ほこ)っているウルトラマンタロウは、各ウルトラマンのタイプチェンジの一形態の元パワーのひとつとして扱われることが多かった――ロートルな筆者などよりもさらにはるかに年上である、初代『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』などの第1期ウルトラシリーズだけを神格視してきた、今や還暦戦後の第1世代の特撮マニアにとっての『タロウ』とは、いまだに否定されるべき作品なのだとしてもだ!――。


 だが、今回もウルトラマンギンガの因縁の宿敵として再登場した悪の人型巨人・ダークルギエルが、かつてM78星雲・光の国で勃発(ぼっぱつ)したウルトラマンVS怪獣軍団との全面戦争の最中(さなか)に、ウルトラマンたちや怪獣たちもすべてを手のひらサイズの人形と化したために、『ギンガ』本編ではタロウも人形のかたちとはいえレギュラー出演することとなっていた――そして『ギンガ』終盤では、その巨人としての本来の姿を復活させていた!――。
 つまり、タロウと「相棒」として直(じか)に常に接してきたのは、ニュージェネウルトラマンたちの中では『ギンガ』の男子高校生主人公・礼堂ヒカル=ウルトラマンギンガだけだったのだ。ギンガのみがレジェンドウルトラマンであるタロウと旧知どころか実に親しい仲であった史実を踏まえた描写がここで正しくなされているのだ。


 Episode12のクライマックスでは、さらにそのギンガのリーダーとしてのキャラを立てるための作劇&演出がなされていた。


 その前段ではタロウの力を借りることで、テレビシリーズ『ギンガ』の続編『ウルトラマンギンガS(エス)』(14年)におけるタロウのデザイン意匠(いしょう)をまとった強化形態・ウルトラマンギンガストリウムへと久々に変身する!
 そして、ウルトラマンビクトリー・ウルトラマンエックス・ウルトラマンオーブウルトラマンジードもこれに合わせてそれぞれの最強形態に、ウルトラマンロッソ・ウルトラマンブル・ウルトラウーマングリージョの3兄妹はオーロラのシャワーが降り注ぐ中で手をつないで、映画『劇場版R/B』で初披露となった最強形態・ウルトラマングルーブへと合体変身をとげた!


 タロウの力を得たギンガがタロウの必殺光線でもある「ストリウム光線」を放ったのを皮切りに、ウルトラダークキラーが紫色の細いストレート光線を何重にも発射する中で、ウルトラマンビクトリー・ウルトラマンエックス・ウルトラマンオーブウルトラマンジード・ウルトラマングルーブが、レーザーブレード・電撃スパーク・七色の光輪など見た目も含めてあざやかにダークキラーに猛反撃を繰りだしていく! オーブに至ってはエックスの攻撃に隙(すき)を見せたダークキラーに「よそ見するな!」と空から急襲してキックをかますのがちょっとヒドかったりするが(笑)。
 元々無敵の強さを誇っていた悪の巨人であるダークキラーをワザワザ「超巨大化」させる手法は、アタマの硬い旧型オタたちには「近年の特撮によくあるマンネリのラストバトルだ!」と批判をするのだろうが、多数のヒーローの大活躍を気兼ねなく気持ち良く描写するためには、ラスボスがウルトラマンたちと同じサイズであると集団イジメに見えてしまうことを回避するためには絶対的に必要な演出でもあるのだ! ウルトラシリーズにかぎらずあまたのヒーロー大集合作品のラストバトルがこうなるのは必然だとさえいえるのである(笑)。


――ヒーローよりも巨大なサイズのラスボスと戦うヒーロー集団といったシチュエーションの原典は、『仮面ライダーX(エックス)』(74年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20141005/p1)の劇場版で昭和の5人ライダーと戦ったラスボス・キングダークや、『仮面ライダーストロンガー』(75年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201231/p1)の最終回で7人ライダーと戦った岩石大首領に、『(新)仮面ライダー(通称・スカイライダー)』(79年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210102/p1)最終回で8人ライダーと戦ったドラゴン型の巨大怪獣がその正体であったネオショッカー大首領などの、やはり平山亨プロデューサー作品であったのだ! ……いや、往年の名作特撮時代劇映画『妖怪大戦争』(68年)が元祖か?・笑――


 2019年11月28日に惜しくも亡くなられた特撮研究所矢島信男特撮監督が、『ジャイアントロボ』(67年)にはじまる東映特撮を発端(ほったん)として、外様として招聘(しょうへい)された円谷プロ製作の『ミラーマン』(71年)や『ウルトラマンタロウ』(73年)に『ウルトラマンレオ』(74年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090405/p1)などでもそのような演出をしていたように、ダークキラーの背面を画面手前に配して、股下(またした)と両脚の間から(!)その奥にいるビクトリーをとらえて巨大感&遠近感を両立させていた特撮演出や、画面左に超巨人と化したダークキラー、その右には通常サイズの巨人であるウルトラマングルーブを配して、しかしてそれでも最強形態ではあるグルーブの強大なるパワーがもたらす攻撃をもってすれば超巨大ダークキラーでさえもが後方へと吹っ飛ばされていくダイナミックなアクション特撮などは、ダークキラーとウルトラマンのどちらかがワリを喰っているものではなく、双方の強さが同時に両立して描けてもいるカタルシスあふれるアクション演出たりえてもいるのだ!
 深読みさせてもらえば、ダークキラーを攻撃する直前のグルーブの腕の構え方にやや女性的な仕草が感じられるのも、グルーブにウルトラウーマングリージョも合体していることを表現しようとしたスーツアクターの演技、もしくはアクション監督によるディレクションではなかろうか?



「みんなのエネルギーをストリウムブレスに集めるのだ!」


 タロウの指示で、左手首のストリウムブレスにニュージェネウルトラマンたちのエネルギーを結集させたギンガストリウムは単身でダークキラーに突撃する!


「これがオレたち、ニュージェネレーションの力だ!」


 そう叫んでいる声はギンガのみならずグリージョも含めたニュージェネ勢全員の声であり、燃えさかる炎を背景にギンガの周囲に全ニュージェネウルトラマンの表情をイメージ的に合成して繰りだされた最強の必殺ワザは、タロウがその全身を炎上させて体当たりする自爆特攻ワザ「ウルトラダイナマイト」を継承した「ニュージェネレーションダイナマイト」だ!


 『ウルトラマンメビウス』(06年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070506/p1)以来、地上波での放映に長らくブランクが空いたこともあってか玩具の売上高も半減しており、製作資金の調達には苦労したと思われる『ギンガ』では、国内特撮のミニチュアを一手に製造・保有もしているマーブリング・ファインアーツ社――東宝東映・円谷作品を股にかけて活躍した特撮美術監督である故・大澤哲三などもここの所属であった――から、都市街を組めるような大量のミニチュアセットをレンタルしてくる予算を確保できなかったためだろうが(汗)、山間部の小さな村落にある高校を舞台にしたほどに、低予算ゆえの小さな世界観や若い役者陣によるお芝居を中心とした作風には評価が分かれるところもあるだろう。
 だが、この『ギンガ』を皮切りとして毎年、ウルトラマンシリーズが製作できるようになって、その間に玩具展開的にも特撮技術的にも一定の進歩をとげていくこととなったのも一方では見逃せにできない貴重な事実の積み重ねの第一歩でもあったのだ。



 そして、このギンガをニュージェネウルトラマンたちのリーダー的な存在として本作『ウルトラギャラクシーファイト』では描いてきたのも、昭和の第2期ウルトラシリーズではウルトラ兄弟の長男であるゾフィー兄さんや次男であった初代ウルトラマンが真っ先に噛ませ犬(汗)にされてしまった、当時の子供たちも残念に思っていたその処置を反面教師にすれば、2010年代のニュージェネウルトラマンのトップバッターであったギンガこそを最も頼もしい存在として描いて、そのキャラを立ててみせる方法論がベストでもあるのだろう――その逆に近作のニュージェネウルトラマンたちはお約束でもまだまだ未熟さが残るキャラクターとして描いておいた方が、差別化としてもそのキャラが立つだろう――。


 2010年代のニュージェネレーションウルトラマンが続々と生まれる好況を生みだす発端となった『ギンガ』に対するリスペクトが感じられるところはとにかく望ましいところだ。もちろん、このギンガやゼロのみを特別扱いして、他のウルトラマンたちをつくり手のたかが個人の好悪ごときで噛ませ犬にするような不公平さなども一切感じさせずに、全ウルトラマンたちをひとりのムダもなく個性豊かに活躍させることによって、最後の最後に勝利のカタルシスが到来することになる、微に入り細をうがった至れり尽くせりの作劇で、このクライマックスは最高に高揚感があふれるものともなっていた!


*本作の仮面劇&作劇をテレビシリーズでこそ実現せよ!


 最終回であるEpisode13にて、今回の真の黒幕であるウルトラマントレギアがグリージョを真っ先に囚われの身とした理由は、先の『劇場版R/B』にてトレギアが一敗地まみれてしまった、ロッソ・ブル・グリージョの合体であるウルトラマングルーブの登場を阻止するためだったことがゼロによって語られる。そう、ここでもたしかにトレギアは以前にグルーブに負けている史実をキチンと押さえてもおり、こういう念押しの描写がまたマニア心や怪獣博士タイプの子供心をそそるものでもあったのだ!


 その場に姿を見せたトレギアのことを、『劇場版R/B』でも共演したウルトラマンジードとウルトラマンロッソが既知の存在として先輩たちに語ることで、ここでもまた本作がジード・ロッソ・ブル・グリージョの4大ウルトラマンが共闘してトレギアに立ち向かった『劇場版R/B』のすぐあとの続編でもあることが改めて示される。


 そして、トレギアとタロウがすれ違うホンの一瞬の回想カットにつづいて、


「やはり消すしかないな。タロウを、光の国を……」


とつぶやくことで、今後の展開への伏線フラグを立ててトレギアはその場を去っていく……


「これはオレたちだけの問題じゃない!」


とエックスが語ったのを皮切りに、ニュージェネウルトラマンたちが同じウルトラマンとして、彼ら自身の故郷ではないもののM78星雲のウルトラ一族の故郷・光の国を守る決意を固めるさまを象徴的、というかそのまんま即物的(笑)に描くために、円陣を組んでこぶしを合わせる7人の姿が真下からとらえられ、ウルトラマンたちはトレギアを追うためにゼロとグリージョに別れを告げる。


 兄であるロッソとブルに『R/B』の舞台であった並行宇宙の地球の平和を託されたグリージョは、当初は兄たちのことを心配するものの、「仲間を信じるのもウルトラマンの大事な資質だ……」と、Episode2でゼロにかけられた言葉を絶妙な係り結びで口にしてみせることで、『R/B』の続編として、そしてグリージョのさらなる精神的な成長までもが描かれているのがまた秀逸な作劇である。宇宙空間で浮遊しているグリージョがゼロと会話を交わしている場面では、その背景映像に地球がかなりの大きさで描かれているのも、その地球防衛の使命・責任の重さを映像演出面でも象徴する効果を高めている。



 時系列的には『ウルトラマンタイガ』直前の物語である本作『ウルトラギャラクシーファイト』の方が、製作的には同時期にテレビで放映された『ウルトラマンタイガ』よりもあとに企画も製作もスタートしているのだろうが(?)、この『ウルトラギャラクシーファイト』最終回の直後が、『ウルトラマンタイガ』第1話冒頭における光の国があるウルトラの星を眼前に控えた大宇宙空間でのトレギア VS 7大ニュージェネウルトラマン&タロウ・タイガ・タイタス・フーマの激闘シーンに直結していくこととなる……
 そのことは事前に製作側でも喧伝されてきたし、大方の特撮マニア諸氏であれば想定もできていたことでもあり、だからこそ「そこにつながってくれなければウソ!」ではある描写ではあったのだ。その意味でも『ウルトラギャラクシーファイト』最終回のラストは特撮マニア諸氏の望みも叶えてくれていた。


 そして、できれば『ウルトラギャラクシーファイト』直後の物語でもあった『ウルトラマンタイガ』の最終展開は、『タイガ』の物語の一応の終結点であるのと同時に、『ウルトラギャラクシーファイト』でのストーリー展開もすべてとはいわずとも一部は受けている壮大なる展開であってほしかったのだ。


 しかし……


 『ウルトラマンタイガ』は第1話冒頭でこそトレギア VS ウルトラ戦士団との激闘が描かれて、子供たちやマニア諸氏をおおいに狂喜させることとなったのにもかかわらず、その後の『タイガ』は本作『ウルトラギャラクシーファイト』での出来事などは想起すらされずに、どころか大宇宙スケールでのウルトラ一族の因縁錯綜劇とは接点すらほとんど持たない、作風的にも『ウルトラギャラクシーファイト』とは完全にかけ離れた作品になっていく……



 2020年3月6日(金)公開予定(執筆時点)の『タイガ』後日談である映画『劇場版 ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス』(20年・松竹)では、ニュージェネレーションウルトラマンたちが『ウルトラギャラクシーファイト』や『タイガ』第1話冒頭につづいて再び集結するのみならず、その最新の予告編では新ヒーロー・ウルトラマンレイガの誕生も告知されている。


 もちろんテレビとは異なる映画ならではの豪華な雰囲気を醸(かも)しだす意味でも先輩ヒーロー大集合という企画自体は戦略として大正解だとは思える。しかし、あの第1話があったのであれば、『タイガ』はシリーズ中盤なり終盤などではニュージェネウルトラマン全員とはいわずとも数名程度は客演するエピソードも配置しておくのが、基本設定的にも適切だったであろうに……と思えてならないのだ。


 いや、『タイガ』にかぎった話ではなく、テレビのウルトラシリーズでも年に一度だけの劇場版のみではなく、いっそのことテレビシリーズ中盤などでも地球をメインの舞台とすることからはいったん離れて、宇宙空間や地球以外のどこかの惑星を舞台として、ニュージェネウルトラマンたちが変身前の役者陣の確保ができないのであれば声の出演だけの仮面劇になってもよいので、前後編で大活躍をさせるようなエピソードを毎年つくるべきではなかろうか?
 オッサンである第2期ウルトラ世代がそのリアルタイムで、あるいはその下の世代たちでも20世紀のむかしには途切れなく放送されていた再放送などで鑑賞して、全国の小学校中で大興奮していたウルトラ兄弟勢ぞろい編! この手法は現代の子供たちにもいまだに有効であると信じて疑わないのだ!


 たとえ「バトル中心」のストーリーではあっても、そのちょっとした作劇的な技巧によって、やや頭デッカチなテーマ主導の作品となってしまった『タイガ』などよりもはるかに地に足が着いているたしかなドラマ性が感じられた『ウルトラギャラクシーファイト』を鑑賞していると、改めて手前ミソでもその持説を強く主張をしてみせる必要性を感じてしまうのだ。


 実際にYouTubeでの再生回数も『ウルトラギャラクシーファイト』の方が『タイガ』の中盤以降のエピソードの倍くらいの数字をほぼ毎回稼いでいるのだし(汗)、『タイガ』第1話の冒頭部が特撮マニア界隈(かいわい)を壮大ににぎわせていたことを思えば、1970年代の学年誌や児童漫画誌コロコロコミック』などにおける内山まもる先生をはじめとする、大宇宙を舞台にウルトラ兄弟たちが大活躍するウルトラ漫画群(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210124/p1)の数十年後の実写映像化作品ともいえる『ウルトラギャラクシーファイト』などの「多数ヒーロー登場の連続ストーリー活劇」の方法論の方こそを、むしろ今後のウルトラシリーズの「主軸」「中核」に据えるくらいでないと、もうこれ以上のウルトラシリーズ浮揚の勝算はないのではなかろうか!?


――その逆に、昭和の1話完結形式に戻って、「外国人」差別を「宇宙人」差別にヘタくそにも(失礼・汗)代入していたような『ウルトラマンタイガ』の方法論は、その志(こころざし)自体は壮とすべしではあっても、子供向けあるいは大衆向けエンタメとしてはやや問題があったのではなかろうか?・汗――


追伸


 『ギャラクシーファイト』のEpisode11から12にかけて、ゼロやニュージェネウルトラマンたちのラストバトルと並行して描かれた、M78星雲のウルトラ兄弟たちが所属する「宇宙警備隊」とはまた別の組織であるらしい「ギャラクシーレスキューフォース」の一員であるウルトラマンリブットの戦いでは、どくろ怪獣レッドキングの初代と二代目がコンビで登場するという、それこそ年季の入った特撮マニアたちの妄想にすぎなかったものがホントに映像化されてしまっていた(笑)。
 しかも二代目の方は、初代『ウルトラマン』(66年)に登場した原典が水爆を飲みこんでいた設定を忠実に再現するかたちで、ワザワザ首を太くして初代とは正しいかたちで差別化されていた! この二代目は、基本的にはやはり低予算作品で流用キャラクターや色を黒く塗り替えただけの偽ウルトラマンたちの登場で済まされてきた本作『ウルトラギャラクシーファイト』の中では珍しく、実はわざわざ新造された着ぐるみであったそうだ。
 ……おカネの使い方を誤っているような気がしないでもないのだが、ロートル・マニア的にはついつい歓迎してしまう(爆)。


――後日付記:このレッドキング初代と二代目は、『ウルトラマンZ(ゼット)』(20年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200723/p1)第11話『守るべきもの』に、早くも初代は「レッドキングA」(オス)、二代目は「レッドキングB」(メス)という、それぞれ原典や『ウルトラギャラクシーファイト』に登場した個体とは別個体として、同時に再出演を果たしていた・笑――


2020.1.25.


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2020年冬号』(20年2月9日発行)所収『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』総括合評1~2より抜粋)


[関連記事]

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』中間評 ~パチンコ展開まで前史として肯定! 昭和~2010年代のウルトラマンたちを無数の設定因縁劇でつなぐ活劇佳品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200110/p1

ウルトラマンタイガ』序盤総括 ~冒頭から2010年代7大ウルトラマンが宇宙バトルする神話的カッコよさ! 各話のドラマは重めだが豪快な特撮演出が一掃!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190811/p1

ウルトラマンタイガ』中盤評 ~レギュラー&ゲストの人間ドラマのみならず、ボイスドラマで描かれた3大主役ウルトラマンのドラマも本編に導入すべき!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200108/p1

ウルトラマンタイガ』最終回「バディ ステディ ゴー」 ~タロウの息子としての物語たりえたか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1

ウルトラマンタイガ』『ウルトラギャラクシーファイト』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』 ~奇しくも「父超え」物語となった各作の成否は!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200112/p1

ウルトラマンZ(ゼット)』(20年)序盤総括 ~巨大ロボ・セブンガー大活躍! 「手段」ではなく「目的」としての「特撮」!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200723/p1


[関連記事]

ウルトラマンメビウスウルトラ兄弟2』 ~東光太郎! 幻の流産企画!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20130317/p1


[関連記事] ~大宇宙を舞台にウルトラマン多数が活躍する『ウルトラギャラクシーファイト』の元祖のマンガ群!

コロコロコミック特別増刊号 ウルトラマンPART1』&『PART2』 ~『ザ・ウルトラマン』&『コロコロ増刊』ウルトラ特集記事の時代!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210110/p1

ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス ジャッカル軍団大逆襲!!』 ~前日談『ザ・ウルトラマン』をも上回る!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210117/p1

内山まもるウルトラマン』漫画1971~2010総覧! ~『ウルトラコレクションボックス ザ・内山まもる

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210124/p1

ウルトラマン超闘士激伝』 ~オッサン世代でも唸った90年代児童向け漫画の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210131/p1(当該記事)

ザ・ウルトラマン ジャッカル対ウルトラマン』 ~日本アニメ(ーター)見本市出展作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160914/p1

ウルトラマン80 宇宙大戦争』 ~マンガ版最終章は連続活劇! TVでも観たかったウルトラ兄弟vsバルタン軍団総力戦!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20110107/p1

コンビニ漫画『ウルトラマンレオ 完全復刻版』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061028/p1


[関連記事] ~ウルトラシリーズ最終回評

ウルトラマンティガ』(96年)最終回 最終章三部作 #50「もっと高く!~Take Me Higher!~」・#51「暗黒の支配者」・#52「輝けるものたちへ」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19961207/p1

ウルトラマンダイナ』(97年)最終回 最終章三部作 #49「最終章I 新たなる影」・#50「最終章II 太陽系消滅」・#51「最終章III 明日へ…」 ~賛否合評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971211/p1

ウルトラマンネオス』(00年)最終回「光の戦士よ永遠に」 ~「種の存続」に殉じることの是非!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20120513/p1

ウルトラマンネクサス』(04年)最終回 ~中後盤評 #37「Final Episode 絆 -ネクサス-」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060308/p1

ウルトラマンマックス』(05年)最終回 ~終盤評 #33、34「ようこそ地球へ!」バルタン星人前後編

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060503/p1

ウルトラマンメビウス』(06年)最終回 最終三部作 #48「皇帝の降臨」・#49「絶望の暗雲」・#50「心からの言葉」 ~ありがとう!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070505/p1

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEO』(08年)最終回 #12「グランデの挑戦」・#13「惑星崩壊」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100331/p1

ウルトラマンギンガ』(13年)最終回 ~タロウ復活! 津川雅彦もキングに変身すべきだ! ウルトラ怪獣500ソフビを売るためには!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200827/p1

ウルトラマンオーブ』(16年)最終回「さすらいの太陽」 ~田口清隆監督の特撮で魅せる最終回・ジャグラス改心の是非・『オーブ』総括!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170415/p1

ウルトラファイトオーブ』(17年)完結評 ~『オーブ』・『ジード』・昭和・平成の結節点でもある年代記的な物語!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170603/p1

ウルトラマンジード』(17年)最終回「GEEDの証」 ~クライシスインパクト・幼年期放射・カレラン分子・分解酵素・時空修復方法はこう描けば!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180213/p1

ウルトラマンタイガ』(19年)最終回「バディ ステディ ゴー」 ~『ウルトラギャラクシーファイト』『スカイウォーカーの夜明け』『仮面ライダー令和』 ~奇しくも「父超え」物語となった各作の成否は!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200112/p1

ウルトラマンタイガ』(19年)最終回「バディ ステディ ゴー」 ~タロウの息子としての物語たりえたか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210606/p1

『ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』最終回 ~戦闘連発でも多数キャラの動機・個性・関係性は描破可能! 物語よりも点描に規定される作品の質!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210620/p1(当該記事)

ウルトラマンZ(ゼット)』(20年)最終回「遙かに輝く戦士たち」・後半評 ~ネタキャラが敵味方に多数登場だが熱血活劇! 2020年代のウルトラはかくあるべし!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210905/p1


ウルトラマンエース』(72年)最終回「明日のエースは君だ!」 ~不評のシリーズ後半も実は含めた集大成!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070429/p1

『ザ☆ウルトラマン』(79年)最終回 #47「ウルトラの星へ!! 第1部 女戦士の情報」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100328/p1

『ザ☆ウルトラマン』(79年)最終回 #48「ウルトラの星へ!! 第2部 前線基地撃滅」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100404/p1

『ザ☆ウルトラマン』(79年)最終回 #49「ウルトラの星へ!! 第3部 U(ウルトラ)艦隊大激戦」 ~大幅加筆!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100411/p1

『ザ☆ウルトラマン』(79年)最終回 #50「ウルトラの星へ!! 完結編 平和への勝利」 ~40年目の『ザ☆ウル』総括!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200508/p1

ウルトラマン80(エイティ)』(80年)最終回 #50「あっ! キリンも象も氷になった!!」 ~実は屈指の大名作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210315/p1


[関連記事] ~2019年度特撮作品評!

仮面ライダーゼロワン』序盤合評 ~AI化でリストラに怯える中年オタらはこう観る!(笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200517/p1

仮面ライダーゼロワン』前半総括 ~シャッフル群像劇の極み! 滅亡迅雷net壊滅、新敵・仮面ライダーサウザー爆誕

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200518/p1

仮面ライダーゼロワン』最終回・総括 ~力作に昇華! ラスボス打倒後もつづく悪意の連鎖、人間とAIの和解の困難も描く!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200921/p1

仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション』『ウルトラマンタイガ』『ウルトラギャラクシーファイト』『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 ~奇しくも「父超え」物語となった各作の成否は!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200112/p1

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』序盤合評

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190602/p1

『騎士竜戦隊リュウソウジャーTHE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』 ~因縁&発端の恐竜絶滅寸前の時代に時間跳躍!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190818/p1

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』中盤評 ~私的にはスッキリしない理由を腑分けして解析。後半戦に期待!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191102/p1

『劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー』合評 ~水準作だが後見人&巨大戦カットをドー見る!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200321/p1

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星編」 ~不評の同作完結編を絶賛擁護する!

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章~第三章』(17年・TVアニメ先行上映) ~戦争モノの本質とは!? 愛をも相対視する40年後のリメイク!
『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章「嚆矢篇」』 ~キナ臭い主張を期待したい(爆)
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[ヤマト] ~全記事見出し一覧
[アニメ映画] ~全記事見出し一覧
[アニメ] ~全記事見出し一覧


 総集編アニメ映画『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』(21年)が、コロナ禍で2020年下半期公開予定が2021年1月15日(金)に延期の果てに、ついに2021年6月11日(金)から公開中記念! とカコつけて……
 毀誉褒貶がうずまいている、いや不評の声の方が多かったらしい(汗)、『宇宙戦艦ヤマト2202(ニーニーゼロニー) 愛の戦士たち 第七章 新星編』(19年・TVアニメ版#23~26(最終回))の肯定評(爆)をアップ!


宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星編」』 ~不評の同作完結編を絶賛擁護する!

(文・T.SATO)
(2019年4月27日脱稿)


 『ヤマト2202』は『第一章』~『第三章』が神懸かっており、『第四章』・『第五章』で下がって『第六章』で盛り返し、最後の『第七章』でやや下がる……というのが私的印象だけど、それでも最後の『第七章』の健闘を称えたい。本作に口角アワを飛ばしているのはアラフィフ以上のオタだけで、若いオタがドン引きしている姿が眼に浮かぶけど(汗)。


 本作の原典である1978年夏のアニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101207/p1)はラストで「自爆特攻」というかたちで幕を閉じて、往時の少年少女たちの感涙を振り絞った――当時もう20歳前後のオタク第1世代の中でもスレていた庵野秀明竹熊健太郎はコレを冷ややかに観たそうで、その見解もアリなのだけど、ソレらはあくまでも極少数派の感慨にすぎない――。


 この原典を早々にTVアニメでリメイクした同年秋に放映が開始された『宇宙戦艦ヤマト2』(78年)では、主要スタッフである漫画家・松本零士(まつもと・れいじ)の反対で、右翼的とも目される「特攻」エンドは回避がなされて、「反物質」組成の身体を持っている異星の美少女・テレサの単身特攻で幕を閉じていた。


 しかし、ポリティカル・コレクトネス(政治的に正しい)が作品のクオリティー&高揚に連動するワケでもない。正直、TV版『2』のラストが映画版『さらば』のラストに勝っていたとは云いかねる。


 その後に、『機動戦士ガンダム』(79年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990801/p1)に代表される、『ヤマト』と比すればやや乾いていたリアルロボットアニメの勃興で、やや浪花節の『ヤマト』や『銀河鉄道999(スリーナイン)』(78年)に『宇宙海賊キャプテンハーロック』(77年)などの当時は革命的であった松本アニメは急速に古びて見えてきて、公開当時は左派系のオトナだけが批判をしていた「特攻」描写も、リアルロボットアニメ至上主義者と化したアニメファンたちがその数年前のオトナたちの口マネ(汗)をして「特攻」描写を批判するようにもなっていく――当時はローティーンであった筆者などもその典型の俗物のひとり(爆)であったので、後悔しております――。



 そして、40年後の『さらば』&『2』のリメイクたる本作『2202』ラストが新たに出した回答とは!?


 「特攻」を肯定もしていないが全否定もしていない! 少年マンガや女児向けアニメ的な「奇跡」で無事に生還ができたでもナイ! かといって、『さらば』&『2』とはまるで別モノだとのそしりを受けるものでもナイ! ソレは「特攻」&「生還」の両立でもあり、その過程をSF&テーマ的にディテールUPすることでもあったのだ!


 すなわち、ヤミクモな単艦「特攻」色を緩和するために、旧敵にして今や地球と同盟関係にあるガミラス帝国の「次元潜航艇」や、新敵である白色彗星帝国・ガトランティス帝国側の巫女などの助勢も得ることで、精神主義でもなく知恵と作戦でも戦っていく!
 ヤマト乗員たちがムダに無意味に好戦的であるのではなく、激戦の渦中でも老獪でシニカルな白色彗星帝国に対しては何度も講和を申し入れて、「そんな愛や平和主義の主張なぞは地球人が初ではナイ」と鼻で嗤(わら)われる!
 クローン技術で子孫の代を重ねていくのでDNAが完全に同一であるハズなのに、それでも各個人・各個体ごとには個性の違いが、ひょっとすると脳内電気信号だけには還元できないのやもしれない「実存」(人間性)といったモノや、物理的な存在証明のしようがない「魂」といったモノに、白色彗星帝国のズォーダー大帝やその次代の大帝候補らをして想いを馳せさせる!


 ここに、「利己主義」&「自己犠牲」の双方がともに常に抱えてもいる一長一短・是々非々・表裏一体といったモノを、激戦中でも自問自答をしてみせるヤマトクルー&旧敵ガミラスの武官などの姿を通じて、たとえ人間や大宇宙の最期(さいご)といったモノは究極的には「虚無」やエントロピー的な「熱的死」であることを重々承知しつつも、人間といったモノは「生きる意味」・「死ぬ意味」・「戦う意味」といったモノを求めて、そしてそれをついつい考えてもしまう過剰な「知性」を獲得してしまった「業深き生物」であることをカブらせてもいく。


 さらには、テレサいわく「人間は単なる物理的な星の輝きにも意味や道義性を与えてしまう」という発言で、物理学の一部では大マジメに云われている――筆者個人としてはマユツバに思える――「人間・知的生命体がこの大宇宙を認識・観測ができるようになるために、この大宇宙自体も誕生したのだ」という、実に倒立・逆立ちもしている科学的な学説でもある「人間原理」とも通底させていく。


 ここで、アメコミ洋画『アントマン』(15年)&その続編『アントマン&ワスプ』(18年)でも描かれていた、超ミクロの量子レベルでは「空間」に折り畳まれているようにも解釈ができる「余剰次元」(=高次元&時間)を、ヤマトの次元波動エンジンの臨界暴走が、本作では高次元存在に設定が改変されていたテレサ降臨をも招来して、高次元世界(天上世界)からの戦死者の再臨や、ヤマトの質量&エネルギーでは見合わない超巨大敵艦の撃破といった行為をSF物理的にも正当化をしてみせる。


 でも、それだけならば、やはりまだ「特攻」にすぎないので(笑)、直前作『宇宙戦艦ヤマト2199』(12年)のラストで善意の種族が住まっている惑星イスカンダルから持ち帰っていた、量子レベルでは空間に永遠に刻まれているとされる記憶(=波動)の力で、大海原もが蒸発して放射能汚染で赤茶けた荒涼の惑星と化してしまっていた地球それ自体を元の青い惑星へと復活させたオーバーテクノロジー、「コスモクリーナー」ならぬ「コスモリバースシステム」の副産物として生じた地下空洞――地表よりも時間が10倍早く流れるので「波動砲艦隊」急造ドックとして使用されていた「時間断層」――の海面に、大宇宙空間での「特攻」のその半年後にヤマトが突如として浮上してきて1名の生存を確認!
 超常的な存在である「時間断層」の空洞深奥が「高次元世界」にも通じており(さもありなん!)、その「時間断層」を周囲から爆縮した超エネルギーであれば、空洞経由で帰還してきたヤマトを再度、高次元世界へと飛ばすことも可能であって、文字通りの生死の狭間の高次元世界で懊悩している主人公男女の救出も可能なのだと目される!



 軍事的アドバンテージでもある「波動砲艦隊・急造ドック」と「男女2名の命」、いずれを採るのか? この軽々には決められない重大事は国民投票にかけられる……。


 今となっては心がウス汚れてしまった筆者なぞは文句ナシに前者を採るけども(汗)、往時の原典の作り手たちの年齢も超えてヤマト艦長たちの齢に近くなってしまった作り手&受け手たち(爆)の想いをも代弁するかのように、ヤマト乗員にして技術長かつ副長(副艦長)でもある真田(さなだ)さんが主人公男女ふたりの救出を求めての大演説も一席ぶつ!


 この一連の流れには賛否もあろうけど、個人的にはこの演説が大いに泣かせてくれもするのだ! 「英雄」よりも「小市民」がうんぬんといったあたりだけは、現代では逆説的に「小市民」こそが疑義を許さぬ神聖不可侵化された現代の「天皇」である! と考えている筆者なぞはソコだけは共感しないけど(爆)。


 「講和」を求めつつも、それがダメならば「奴隷」「敗北主義的」な「絶対平和」ではなく、延命のためには何度でも引き金を引いてきて、最後にはその身を「爆弾」として「特攻」してしまった「矛盾」までをも指摘しつつ、せめて不可避ならば「戦争」にも「節度」や「ルール」や「抑制」といったモノを、その象徴としての「主人公男女ふたりの救出」を主張してみせる!
――ひいては我々マニア・オタクたちも、カッコいい「宇宙戦艦」や迫力あふれる「戦闘シーン」といったモノを、ドー言い繕ろおうとも愛(め)でてきたことは否めないので、原理主義的な意味での無抵抗・非暴力の絶対平和主義者ではアリエない!――


 ……ココまでの手数を踏まなければ、主人公男女ふたりの「生還」でさえ描けなくなっているとは、ひいては右派的な軍国主義作品としての批判を恐れなくてはイケナイとなると、作り手たちも実に大変な時代になってしまったモノだとも同情する(汗)。


 「永遠の闘争」&「各自が不確かなモノでも何らかの『意味』や生きる『意味』などを求めて彷徨するのが、『過去の人類』たちとも変わらない『人類の未来』の姿でもあるのだ!」と膨大な数の並行宇宙や分岐宇宙の視覚化で示唆してみせるのも、やや理に勝ちすぎた描写だとは思いつつも満腔から同意したい。


(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.74(19年5月4日発行))


[関連記事]

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章~第三章』(17年・TVアニメ先行上映) ~戦争モノの本質とは!? 愛をも相対視する40年後のリメイク!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20181208/p1

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章「嚆矢篇」』 ~キナ臭い主張を期待したい(爆)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181020/p1

宇宙戦艦ヤマト』論 ~ヤマトと70年代後半と僕らの戦後民主主義

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101207/p1

宇宙戦艦ヤマト復活篇』 ~肯定論!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101208/p1

機動戦士ガンダム』 ~初作劇場版3部作・来なかったアニメ新世紀・80年安保

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990801/p1

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』 ~シリーズ概観 & アニメ趣味が急速にダサいとされる80年代中盤の端境期

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990901/p1


[関連記事] ~「高次元」世界が奇遇にも主題となった3大アニメ評!

GODZILLAゴジラ) 星を喰う者』(18年) ~高次元怪獣にリブートされた宇宙超怪獣キングギドラが登場! 「終焉の必然」と「生への執着」を高次元を媒介に是々非々で天秤にかける!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181123/p1

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』(18年) ~ニュータイプを精神が高次元世界に拡張した存在だと再定義! 時が見え、死者と交流、隕石落下を防ぎ、保守的家族像を賞揚の果てに消失したニュータイプ論を改めて辻褄合わせ!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181209/p1

正解するカド KADO: The Right Answer』(17年) ~40次元の超知性体が3次元に干渉する本格SFアニメ。高次元を材としたアニメが本作前後に4作も!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190929/p1


[関連記事] ~『2202』脚本家・岡秀樹が「おかひでき」名義で監督した実写特撮作品!

『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』(10年) ~映画の前菜ビデオ作品なのに大傑作が爆誕

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200125/p1

ウルトラマンサーガ』(12年) ~DAIGO・つるの剛士杉浦太陽AKB48投入の是非!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20140113/p1

『ウルトラゼロファイト』(12年) ~おかひでき・アベユーイチ監督がまたまた放った大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200314/p1


[関連記事] ~『2202』脚本原案・福井晴敏作品!

機動戦士ガンダムUCユニコーン)』「episode7 虹の彼方に」(14年) ~完結!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160904/p1

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』(18年) ~時が見え、死者と交流、隕石落下を防ぎ、保守的家族像を賞揚の果てに消失したニュータイプ論を改めて辻褄合わせ!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181209/p1


[関連記事]

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 ~ヒトの精神は電気信号に還元できず、脳内化学物質での駆動では? 人格が代替可能なアニメ版/代替不能な実写版!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170510/p1

『メッセージ』 〜ヒトの精神が語彙・語順・文法に依拠するなら、異星人の超言語の取得で、世界認識も拡張するのか?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170516/p1


[関連記事] ~アニメ映画評

『映画 プリキュアラクルリープ みんなとの不思議な1日』(20年) ~テーマ&風刺ではなく、戦闘&お話の組立て方に注目せよ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201227/p1

『劇場版SHIROBAKO』(20年) ~TV版の反復で「らしさ」を出しつつ、あがきつづける群像劇!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200412/p1

『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』(19年) ~意外に豊かでモダンな戦前!? 終戦の日の慟哭・太極旗・反戦映画ではない説をドー見る!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200308/p1

冴えない彼女の育てかた Fine(フィーネ)』(19年) ~「弱者男子にとっての都合がいい2次元の少女」から「メンドくさい3次元の少女」へ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191122/p1

『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』(19年) ~言葉が通じない相手との相互理解・華麗なバトル・歌と音楽とダンスの感動の一編!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191108/p1

『天気の子』『薄暮』『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない』(19年) ~「天気の子」は凡作なのでは!? 2019年初夏アニメ映画評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210104/p1

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星編」』(19年・TVアニメ先行公開) ~不評の同作完結編を絶賛擁護する!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210613/p1(当該記事)

ラブライブ!サンシャイン!!』 & 後日談劇場版『ラブライブ!サンシャイン!! Over the Rainbow』(19年) ~沼津活況報告 & 元祖に負けじの良作と私見

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200628/p1

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』(18年) ~時が見え、死者と交流、隕石落下を防ぎ、保守的家族像を賞揚の果てに消失したニュータイプ論を改めて辻褄合わせ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20181209/p1

GODZILLAゴジラ) 星を喰う者』(18年) ~「終焉の必然」と「生への執着」を高次元を媒介に是々非々で天秤にかける!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20181123/p1

さよならの朝に約束の花をかざろう』(18年) ~名脚本家・岡田麿里が監督を務めるも、技巧的物語主体ではなく日常芝居主体の演出アニメであった!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191106/p1

『劇場版マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ』(18年) ~昨今のアイドルアニメを真正面から内破すべきだった!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190504/p1

『劇場版マジンガーZ/INFINITY』『劇場版Infini-T Force/ガッチャマン さらば友よ』(18年) ~2大古典の復活に見る、活劇の快楽を成立させる基盤とは何ぞや!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200119/p1

『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』(18年) ~眼帯少女も高1なら可愛いけど高3だとヤバいかも…に迫る逸品

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190904/p1

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章~第三章』(17年・TVアニメ先行公開) ~戦争モノの本質とは!? 愛をも相対視する40年後のリメイク!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20181208/p1

夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』(共に17年) ~鬼才・湯浅政明カントクのイマ半と大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190621/p1

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』(17年) ~大人気の本作にノレない私的理由を記しつつ大ヒットのワケを分析!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190922/p1

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章「嚆矢篇」』(17年・TVアニメ先行公開) ~キナ臭い主張を期待したい(爆)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181020/p1

『映画 聲(こえ)の形』(16年) ~希死念慮・感動ポルノ・レイプファンタジー寸前!? 大意欲作だが不満もあり

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190901/p1

ガールズ&パンツァー 劇場版』(15年) ~爽快活劇の続編映画に相応しい物量戦&よそ行き映画の違和感回避策とは!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190623/p1

心が叫びたがってるんだ。』(15年) ~発話・発声恐怖症のボッチ少女のリハビリ・青春群像・家族劇の良作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191104/p1

ラブライブ! The School Idol Movie』(15年) ~世紀の傑作!? それとも駄作!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160709/p1

這いよれ!ニャル子さんF(ファイナルカウントダウン)』(15年・OVA先行公開)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20150602/p1

『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』(15年)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20150706/p1

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(ジ・オリジン)』(15年・OVA先行公開) ~ニュータイプレビル将軍も相対化! 安彦良和の枯淡の境地!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190707/p1

機動戦士ガンダムUCユニコーン) episode7 虹の彼方に』(14年・OVA先行公開)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160904/p1

たまこラブストーリー』(14年) ~親密な商店街にオタの居場所はあるか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160514/p1

宇宙戦艦ヤマト 復活篇』(09年) ~肯定評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20091011/p1

サマーウォーズ』(09年) ~話題作だがイマイチでは?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20091011/p1

鉄人28号 白昼の残月』『河童のクゥと夏休み』『ミヨリの森』 ~2007年アニメ映画評

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20071014/p1

『劇場版 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム -星を継ぐ者-』(05年) ~映画『Z』賛美・TV『Z』批判!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20060325/p1

劇場版『エスカフローネ』(00年) ~いまさら「まったり」生きられない君へ……

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/19990912/p1

マクロスプラス MOVIE EDITION』(95年)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/19990904/p1

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(84年) ~シリーズ概観&アニメ趣味が急速にダサいとされる80年代中盤の端境期

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/19990901/p1