假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

オタク

アオイホノオ(実写ドラマ版) ~原作マンガよりも面白い傑作に仕上がった!?

原作漫画よりも面白い!(私見) 笑えるべきところでキチンと笑える! 鬼才・福田雄一監督が暑苦しく描いた本作は、後出しジャンケンの再構成ゆえか、妙にまとまりがあるようにも見える。 80年代初頭はこれまでの漫画・アニメ・特撮作品の影響を受けた1960年…

実写版「映像研」「はがない」「妹ちょ」「ハルチカ」「一週間フレンズ」「ReLIFE」「サクラダリセット」 ~漫画アニメの不評な実写化作品を擁護する!(震え声)

ビビリ演技で見た目は美少女でもコミュ力弱者のオタであると実感させ、ギャルが優勢な女子カースト内では劣位だとドラマ以前の見てくれや挙動でも腑に落とすことで、筆者が深夜アニメ版に抱いた違和感も解消されるのだ。 加えて、一部のオタク男女が自分のキ…

宇崎ちゃんは遊びたい! ~オタクvsフェミニズム論争史を炎上作品のアニメ化から俯瞰する!?

フェミの見解にも一理はあるのだが、フェミの中でも過激派・強硬派(ラディカル・フェミニズム)とは和解・妥協の余地はウスい。 けれども、公平を期するためにフェミニズムの側も擁護しておくならば、今や東大学長に登り詰めた日本のフェミニズムのドン・上…

映像研には手を出すな! ~イマイチ! 生産型オタサークルを描くも不発に思える私的理由

高校のアニメ製作部が舞台のアニメ。 主人公少女にやや違和感。女の方が男より同性内でのカースト意識が強いので、化粧っ気もなくボサボサ髪の女子高生は少々の劣等感やダメ意識をいだくだろうに、この作品世界は1970年代以前の学校の教室ですか?(爆)…

ヲタクに恋は難しい ~こんなのオタじゃない!? リア充オタの出現。オタの変質と解体(笑)

キモオタではない隠れオタのOLが主人公。ドコか自信なさげな風などは一切なく、ダメンズなカレ氏も過去に何人かいたらしきリア充の女オタ。 対するにお相手の男性は、周囲にオタであることを隠してナイっぽいオープンオタだが、コレまた変人ぽさはあっても…

地獄少女 宵伽 ~SNSイジメの#1から、イジメ問題の理知的解決策を参照する

古めかしいセーラー服や和服に身をつつんだ儚げな黒髪オカッパ美少女とその仲間のオジサン・オバサンたちが、許せぬ悪を文字通り死後の世界の地獄に落とす『地獄少女』(05年)が、パチンコマネーか第4期として新作&過去作の傑作選(汗)で中途半端に復…

冴えない彼女の育てかた Fine ~「弱者男子にとっての都合がいい2次元の少女」から「メンドくさい3次元の少女」へ!

終盤は泣き演出が連続で涙を堪えられない。 ソフトな性格の恵も肉食男子とは合わないだろうし、オタク男子の倫也を打算的に敷居が低いと感じて、緩やかな共犯意識も込みでの恋情を抱くようになっていた。 だからこそ恵は倫也を好きになり、「他の人には絶対…

冴えない彼女の育てかた♭ ~低劣な萌えアニメに見えて、オタの創作欲求の業を美少女たちに代入した生産型オタサークルを描く大傑作!

学園一の美少女がラノベを読むなんて! と金髪ツインテ娘が黒髪ロング娘を蔑む。 バレたらカースト最下層に落ちるから、こんな脅迫が成立するんだネ!(爆) 後日、「オタク差別は根が深いのよ!」「(小学生の時)毎日毎日はやし立てられて、先生だって判っ…

『惡の華』前日談「惡の蕾」ドラマCD ~深夜アニメ版の声優が演じるも、原作者が手掛けた前日談の逸品!

異色の大傑作、クラスで(ひとり)ボッチに転落していく少年を描いたマンガ原作の深夜アニメ『惡の華』(13年)で描かれた物語の1年前、中学1年生だった登場人物たちの「日常」について、原作者の押見修造自身がマンガのかたちで書き下ろしたエピソード…

映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me- ~眼帯少女も高1なら可愛いけど高3だとヤバいかも…に迫る逸品

せめてもの自己アピールか対人バリアかその両方か、片目に眼帯を付けた、小学校高学年の女児にも見えかねない、小動物チックで奥手な女子高生。 折しも同年代のイケてる系が異性とのコミュニケーションに乗り出す時期でもある。しかし、ルックス・胆力・コミ…

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない ~ぼっちラブコメだけど、テレ隠しに乾いたSFテイストをブレンド!

突然かまいたちに襲われたかのように全身に切り傷ができる。朝起きたら胸に猛獣のツメに切り裂かれたかのような大きな傷跡がある。周囲の人間に話しかけても誰ひとりとして自分の存在に気づかない……主要キャラが見舞われるこうした不可思議現象を、本作では…

迷家-マヨイガ- ~水島努×岡田麿里が組んでも不人気に終わった同作を絶賛擁護する

**心に傷をかかえた現実世界からの脱走兵30人! 廃村へと移住! **密室群像劇の60年代和製SF特撮ホラーの古典『マタンゴ』&『吸血鬼ゴケミドロ』が元ネタか!? **助走台の「現実的」な「恐怖」が、本番の「非現実的」な「恐怖」&「笑い」へとスライド…

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! ~連載8年目にして人気再燃の理由を探る!

再ブレイクを果たしている。11巻(17年)が3万部(汗)にまで落ち込んでいたというのに、感動の大傑作とも目されて個人的にも滂沱の涙を流しながら嗚咽にむせびつつ読み進めた(笑)12巻と13巻(共に18年)では4万部超えを達成して早々に増刷も…

トクサツガガガ(TVドラマ版)総括 ~隠れ特オタ女子の生態! 40年後の「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」か!?

OLだが、特撮オタク・仲村さんが主人公。 『怪獣倶楽部』が学生時代に同好の士を得られたのに対し、当初の彼女には仲間がいない。社会人の彼女は同僚や母親など正体を隠すべき相手も多い。 毎日職場に弁当を持参するなど彼女は女子力が高いと思われている…

怪獣倶楽部〜空想特撮青春記〜に想う オタク第1世代よりも下の世代のオタはいかに生くべきか!?

まずコメディとして面白い。 先人を過度に美談にすることなく、我々オタのことはキモオタとして、美化でも蔑視でもなくシッカリとそのままで描く。 しかしてこの作品は、厳密なドキュメンタリーなぞでもなく、あの時代の空気・エッセンスを込めつつも、おキ…

げんしけん二代目 〜非モテの虚構への耽溺! 非コミュのオタはいかに生くべきか!?

大学サークル・現視研で繰り広げられるオタ的青春まっしぐらを描く群像劇。 現視研=現代視覚文化研究とはいっても、その活動の中心として扱われているのは漫画とコスプレであり、しかも女性部員の大半の者が、BLに対する関心が非常に高い。 そして、新入…

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

[アニメ] 〜全記事見出し一覧 [オタク] 〜全記事見出し一覧 来年2013年4月(?)からの第2期放映決定にカラめた、東京MXテレビやBS11での第1期全12話再放送+ネット配信の改訂12話〜15話の再編集バージョン『俺の妹がこんなに可愛いわけ…

鉄のラインバレル 〜正義が大好きキャラ総登場ロボアニメ・最終回!

[アニメ] 〜全記事見出し一覧 [オタク] 〜全記事見出し一覧 (文・T.SATO) 鉄のラインバレル 〜前半評 (08年12月執筆) 「あなた……、最低です!!」 女のコにこんなこと、云われてみた……くはないネ(汗)。 (大昔に云われたことがあるよーな気…

秋葉原通り魔事件 〜苦境下の人々へ

6月16日(月)朝8時からの日本テレビのワイドショー『スッキリ!!』では、この事件に関する視聴者からの多数の反響(メール・FAX)が紹介されていたが、「事件は許容できないけど、容疑者の人生・境遇・ルサンチマン(怨恨)には共感・同情してしまう…

「SFマガジン」連載『ゼロ年代の想像力』解読 〜&浅羽通明ミニコミ「流行神」での『ゼロ年代〜』批判!

「物語」は作家の思惑も超え「時代」を反映。 近代~バブルは上昇志向でバトル漫画が隆盛。 後期近代では第3次産業の伸長で、マジメ・堅物は忌避、コミュ力や遊び人的スキルが重きを置かれる。 バブル崩壊と長期不況による就職氷河期、阪神大震災や地下鉄サ…

Nippon2007(第65回世界&第46回日本SF大会)に見る外人オタらの同じ匂い

世界SF大会ということで外人のSFオタたちも多数来日。 しかし、その外人たちには我々日本のオタたちと同じような匂いが……。 もちろん物理的な匂いのことではない。見た目の風貌やそれから連想されるナイーブ(内気)そうな気質のことである。背スジ伸び…

「げんしけん」&「ヨイコノミライ」 〜2大ヌルオタサークル漫画を読む!

大学のヌルオタサークル漫画。 同系趣味のオタが集って、そこで初めて息がつけたり、自分を出せたり。 たとえスミっこにいるだけでも、帰属意識が持てたり。 一般的な若者の仲間集団にくらべれば、相対的にはテンション低めで、共通趣味が前提だから、不器用…

電車男・映画版を毒男たちが観る!(笑)

[オタク] 〜全記事見出し一覧 (05年7月執筆) 明日の電車男は君だ! (文・久保達也) 04年にインターネットの掲示板『2ちゃんねる』で話題となり、同年10月22日に新潮社から小説(著・中野独人・04年・asin:4104715018・06年に文庫化・asin:…

「電波男」&「嫌オタク流」&「萌え萌えジャパン」書評

「オタク作品」論から「オタク」論へ。より正確には「オタク人格」論へ。……そりゃ当然の流れだろ。 90年代00年代的なギャルは一切登場せず、ドチラかといえば80年代的なキャピキャピぶりっコ系女のコが多数登場して、でも先行するアニメでも見たような…

はてな見せブックマーク 〜オタク・イジメ・非モテ中心

(文・T.SATO) 去る2003年に登場したブログ「はてなダイアリー」を長年読みつづけ、昨06年には自分で開設してみたりしながらも、 「はてなブックマーク」という存在を長らく知らず、つい最近になってその存在をようやっと知る(まぁそーいう技…

N・H・Kにようこそ! ~引きこもり青年を病的美少女が構ってくれるファンタジー(笑)

エヌ・エイチ・ケイ。……日本ひきこもり協会(笑)。 ひきこもりが主人公の小説のアニメ化作品。 ひきこもりやニートにフリーターといったら、我々オタク族の近縁。もしくは同族。だから他人事じゃない。 いやオレには関係ナイよ。逆に、働かずに喰える、もし…

嫌オタク流・私評 〜80年代・フジテレビ・お笑い・ヤンキー・スクールカースト!

オタクの性意識やジャンルムービーについての言及など、ところどころに面白い箇所もあるのですが、全体的に双方の陣営がお互いの「腹の中」を探り合っている印象があり、昨今の秋葉原ブームを勢いよく走り抜けるつもりが同じところを延々と足踏みしているよ…

劇場版 機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者- ~映画『Z』賛美・TV『Z』批判!

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』(15年) ~ニュータイプやレビル将軍も相対化! 安彦良和の枯淡の境地! 『機動戦士ガンダムNT』(18年) ~時が見え、死者と交流、隕石落下を防ぎ、保守的家族像を賞揚の果てに消失したニュータイプ論を改めて辻褄合わせ! …

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか 〜シリーズ概観 & アニメ趣味が急速にダサいとされる80年代中盤の端境期

見返してみても古びてはいない本作だが、今観ると世代人は、《いかにも80年代前半なセンス》をそこに発見するハズ。 学園ものや熱血演技が、クサいとケナされ、ナチュラルな素人っぽさがもてはやされた時代に即応した主人公&ヒロインの声質&演技。 貧乏ク…

機動戦士ガンダム 〜初作劇場版3部作・来なかったアニメ新世紀・80年安保!

新宿アルタ前に集合した1万人(!)を前に富野カントクも熱弁をふるった2・22アニメ新世紀宣言。『ガンダム』劇場版封切直前のことだ。 77年の劇場版『宇宙戦艦ヤマト』、78年(日本公開)の『スター・ウォーズ』等で、世にはSF&アニメ&第3次怪獣ブー…