假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

80

ウルトラマン80 最終回「あっ!キリンも象も氷になった!!」 ~実は屈指の大名作!

UGMが単独で怪獣を撃破! ウルトラマンが実質登場しない最終回! 最後の最後でこんなにも異色な、しかしてテーマ的には高度でもある名エピソードが登場するとは! 傑作認定に異存はない。しかしてそれは諸刃の剣でもあるのだ。そして本話は子供たちにも楽…

ウルトラマン80 49話「80最大のピンチ! 変身! 女ウルトラマン」 ~ユリアン登場

ユリアンこと星涼子が女ウルトラマンとしての勇姿を初披露するイベント編。最終回近辺でこそふさわしい2大怪獣の強敵ぶりとエイティの大ピンチ。それはメタ的にはユリアンが助っ人参戦する劇中内での必然性を作るため。言葉尻は「地球人に生まれたかった」…

ウルトラマン80 48話「死神山のスピードランナー」 ~妖怪怪獣の連綿たる系譜!

ウー・ナマハゲ・邪神カイマ・エンマーゴ・モチロン・ファイヤードラコ・ジヒビキラン・イダテンランといった、スピリチュアルな妖怪・精霊・低級神が巨大化・実体化・物質化したような怪獣たちも登場してきた。広い意味では、ジェロニモン・ノンマルトの使…

ウルトラマン80 47話「魔のグローブ 落し物にご用心!!」 ~ダイナマイトボール攻撃が強烈!

ダイナマイトボール攻撃の特撮演出が強烈! ともまれ、「物を粗末に扱うな」「環境問題」などといった「道徳的テーマ」「社会派的テーマ」だけにとどまらず「児童ドラマ」も展開させて、SF的な存在のようでもイロモノでもある怪獣グロブスク、そして実に美…

ウルトラマン80 46話「恐れていたレッドキングの復活宣言」 ~人気怪獣・復活月間の総括!

レッドキングを登場させるために設定された魔法使いのマアジンが潜む「魔法の壷」と、同様に便利な超科学の道具である「メディカルガン」を絶妙に対比させて、「児童ドラマ」と「涼子=ユリアンの成長物語」を両立させつつも、レッドキングの派手な大暴れと…

ウルトラマン80 45話「バルタン星人の限りなきチャレンジ魂」 ~俗っぽい侵略の超合理性!

「お釈迦様でもご存じあるめぇ」。当時の年長マニアたちの激高ぶりはさぁ大変。だが、バルタンの生みの親・飯島敏宏監督も「クローンなんぞお茶の子さいさいなのだ!」と『ウルトラマンマックス』でバルタンに語らせる(笑)。「他愛のない子供同士の諍い」…

ウルトラマン80 44話「激ファイト!80VSウルトラセブン」 ~妄想ウルトラセブン登場

「怨念セブン」と呼称されていた。暴走族を登場させ、児童ドラマも描き、ユリアン=涼子にも活躍の場を与えて、矢的に対するほのかな恋情も生じさせたり、極めて密度が高い。 正味20分強のドラマで、これだけの要素を盛りこんでいることは驚嘆するが、特撮…

ウルトラマン80 43話「ウルトラの星から飛んで来た女戦士」 〜星涼子・ユリアン編開始

少なくとも城野エミの最期は、MAC隊員たちや百子・猛・カオルのような報われない「犬死に」ではなかった。城野エミが主人公・矢的猛の盾となって命を落とすという見事な死にざまを視聴者に見せつけたのである。 しかもそれが、ユリアン自らの行動が招いた…

ウルトラマン80 42話「さすが! 観音さまは強かった!」 ~観音さまが勝利! 児童編終了

石堂先生が意識したかは別として、このエピソードに実相寺昭雄監督による『ウルトラマンタロウ』のNG脚本『怪獣無常! 昇る朝日に跪く』を思い出したロートル特撮マニアは多かった。 苦戦するウルトラマンタロウに大仏像がなぜだか立ち上がって加勢して、…

ウルトラマン80 41話「君はゼロ戦怪鳥を見たくないかい?」 ~石堂脚本が頻繁に描く戦後の核家族、情けない父・ちゃっかり息子!

「子供はゼロ戦、父親はゴルフ。あたしもなにかに凝ろうかしら」「玩物喪志(がんぶつそうし)。物にこだわり過ぎると人間がダメになるってこと」。オタクたちにとっては実に耳が痛い言葉だ。 「女性はそうはいかないわ。毎日同じものを着てると、すぐなにか…

ウルトラマン80 40話「山からすもう小僧がやって来た」 〜脚本家・水沢又三郎の正体!

江連卓のペンネームである。江連氏が私淑する宮沢賢治の『風の又三郎』に由来し「水沢」も宮沢が度々訪れていた「緯度観測所」(現・水沢VLBI観測所)の所在地名にちなんだもの。このペンネームから本エピソードにかけた想いも透けて見えてくる。 足柄秘…

ウルトラマン80 39話「ボクは怪獣だ~い」 ~1981年版カネゴンには終わらず!

人間に戻りたくないテツ男なので、カネゴンの単純なリメイクにはなっていない。金男がガキ大将であったのに対し、テツ男がダメ人間として設定されたことで、同様の題材を扱いながらも正反対の物語を描き出すことには成功している。姿は怪獣であるもののウル…

ウルトラマン80 38話「大空にひびけウルトラの父の声」 〜イジメられっ子をかばってくれる少女はいるか?(笑)

脚本家・若槻文三は特撮評論においては言及されることが非常に少ない。大宇宙から巨大隕石が接近してきたりゲストの人間ドラマよりも怪事件の捜査や作戦中心の攻防編をメインで描いてきた作家でもある。今回は本作『80』が児童編に突入したことから児童ゲ…

ウルトラマン80 37話「怖れていたバルタン星人の動物園作戦」 〜UGM&子役らの石堂節のセリフ漫才が炸裂!

悪とは人間の外に存在するものではなく、人間の内から呼び出されたものであるという持論を展開する石堂先生。 今回は政夫の心の中のUGMに対する憎悪こそがマイナスエネルギーの波動となり、悪魔メフィストを呼んでしまったファウスト博士のごとく、バルタ…

ウルトラマン80 宇宙大戦争 ~マンガ版最終章は連続活劇! TVでも観たかったウルトラ兄弟vsバルタン軍団総力戦!

『てれびくん』の『80』連載漫画の最終章は『ウルトラマン80 宇宙大戦争』と改題。ウルトラ兄弟vsバルタン星人大軍団を描く一大連続スペース・オペラへと変貌を遂げたのである!

ウルトラマン80 36話「がんばれ! クワガタ越冬隊」 〜スクールカーストを陰鬱にならずに明朗に描写!

ペットのクワガタ虫が上級生の不注意で死んでしまったことを恨む少年の怒りと悲しみがクワガタ虫の死骸に乗り移って、昆虫怪獣グワガンダが誕生するというストーリーである。 第33話『少年がつくってしまった怪獣』に続いて、当初の『ウルトラマン80』が…

ウルトラマン80 35話「99年目の竜神祭」

かつて「やまなみ村」にはたくさんの妖怪が住み、中でも三つ首竜は牛や馬を食い荒らし、遂には村人までも襲い始めたことで最も人々から恐れられていた。 そんな三つ首竜に村長は大樽の酒を飲ませて酔わせ、刀ひとつで敢然と立ち向かい、三つの首を切り落とす…

ウルトラマン80 34話「ヘンテコリンな魚を釣ったぞ!」 〜石堂淑朗脚本・再評価!

釣りを趣味にする少年が結果がサッパリだったため、地元の漁師夫婦の網にかかったという奇妙な魚をもらったところ、その稚魚が実は巨大怪魚アンゴーラスの子供であり、親怪獣が子供を取り戻そうと大暴れするが、治が子供を返したところ、おとなしくなって帰…

ウルトラマン80 33話「少年が作ってしまった怪獣」 〜阿井文瓶、最後の脚本!

手術の成功率15%という難病を抱える少年・健一が入院する西山病院の院長からUGMに「怪獣出現」の通報が入った。UGMの矢的猛隊員らが急行するものの、怪獣が出現したと思われる痕跡は皆無だった。 矢的はガウン姿で庭にいた健一の姿を見かける。院長…

ウルトラマン80 32話「暗黒の海のモンスターシップ」

「児童編」の枠内の1本とはいっても、割りとシブめの作品である。 矢的が親しい少年・明の父を救うと言って救えず、その戦闘で首を痛めたうえ、孤児となった明に責められるという重い展開が一時的にせよあり、バラックシップもコンピューターがすべてを制御…

ウルトラマン80 31話「怪獣の種飛んだ」 〜児童編開始

車にひかれそうになったところを主人公・矢的猛に救われた少女・マリコ。 そのマリコの母親は、1年前に夫が他界したのを機に神経性の心臓病を煩い、病室で寝たきりの生活を送っていた。 亡くなった夫の最初のプレゼントが野菊の花束であり、思い出の地であ…

ウルトラマン80 30話「砂漠に消えた友人」 〜UGM編終了

正体不明の敵による破壊活動が頻発するが、防衛組織・UGMが現場に到着するころには常に敵の姿は消え失せていた。 内部にスパイがいると確信したUGMが怪しいとにらんだのは、毎朝タイムズのUGM担当記者・土山と青木カメラマン。だが土山はUGM広報…

ウルトラマン80 29話「怪獣帝王の怒り」 〜往年の喜劇人大挙出演!

鬼矢谷(きやだに)につたわる三百年に一度目をさますという怪獣の伝説。それを利用して観光に役立てようとする村長たちの欲ボケを描くコミカル編。 のちの作品とは違い防衛組織・UGM側はあくまでまじめに描かれており、彼らによる怪獣の能力分析で村人や…

ウルトラマン80 28話「渡り鳥怪獣の子守歌」

夜間の東京の各地に燃え盛る塊が、次々と落下して車両や家屋や建物を粉砕していく。ここのミニチュア破壊の特撮シーンは、『80』では毎度のことだが凝っていて凄い。 前回につづいて登場する、宇宙生物学の権威・城野博士の見立てによれば、それは宇宙の渡り…

ウルトラマン80 27話「白い悪魔の恐怖」 フジモリ・イケダ隊員登場〜怪奇編!

深夜の住宅街にナゾのうごめく白い大きな泡がマンホールや側溝から出現して地を這って、酔っ払いで千鳥足のサラリーマンや車でのデート帰りのカップルを襲い、服を残して溶かしてしまうところから始まるこの回は、第1期ウルトラのある種の回を思わせる怖い…

ウルトラマン80 26話「タイムトンネルの影武者たち」

タイムスリップものの一種だが、単なる戦国時代への旅ではない。 今回、矢的とエミが戦闘機で飛行中、周囲の空間がゆがみだして空中が裂けて出現した黒い穴へと旋回しながら吸い込まれた先は、異次元にある魂だけが暮らしている黄泉の国(よみのくに。本話に…

ウルトラマン80 25話「美しきチャレンジャー」 〜フォーメーション・ヤマト再使用!

地球防衛軍2000名の3割は女性隊員。今年入った女性新人隊員はナレーションでは数名(特訓映像では15名。2〜3年目の隊員もか?)。彼女たちは日々、施設内で基礎体力や水泳・剣道・飛行訓練などをしていて、明日の城野エミ隊員をめざしているという…

ウルトラマン80 24話「裏切ったアンドロイドの星」

ファンタス星人が超巨大な円盤で新宿の高層ビル街上空に飛来した。防衛組織・UGMは戦闘機エースフライヤー・スカイハイヤー・シルバーガルで警戒出撃する。 円盤が降下をはじめたのを見て、UGMは攻撃を開始しようとするも、円盤から緑色の光線が放たれ…

ウルトラマン80 23話「SOS!! 宇宙アメーバの大侵略」

T28星雲アメーザ星から帰還中にSOS信号を発信した地球防衛軍の宇宙探査船スペース7号の救出に、UGMの宇宙戦艦スペースマミーは宇宙へと向かうが、スペース7号の内部は黄緑色をしたスライム状の宇宙アメーバに覆われており、乗務員も殺されて無人…

ウルトラマン80 22話「惑星が並ぶ日なにかが起こる」 〜古代怪獣ゴモラII登場

地上人の金銀採掘や地下水採取が原因で地底の構造がゆるみ、2年後の1982年の太陽系9つの惑星が一直線に並ぶ惑星直列の際には、潮汐力の上昇で天変地異が起こり、地底の世界が崩壊してしまうという。 実は地上人とほぼ同じ約40億人もの人口を誇る地底人…