假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

ジャスティス・リーグ 〜スーパーマン・バットマン・ワンダーウーマン共演作は、ヒーロー大集合映画の教科書たりえたか!?

(2018年9月13日(木)UP)


『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』 〜日本のヒーロー「VS」「大集合」映画と比較!
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』賛否合評 〜もはやブランド・権威ゆえ、思考停止で高評価・深読みされてやしないか!?
『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』 〜ヒーロー大集合映画の教科書がついに降臨か!?
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[特撮洋画] 〜全記事見出し一覧


ジャスティス・リーグ

(17年11月23日(木・祝)・日本封切)

スーパーマンバットマンワンダーウーマン共演作は、ヒーロー大集合映画の教科書たりえたか!?

(文・T.SATO)
(17年12月3日脱稿。12月20日加筆改訂)


 批判ではなく云うけれど、内容は誰にでも事前に予想がつくもの。


・宇宙から鉄カブトをかぶった強敵超人1体が襲来!――まずは羽ムシ型戦闘員1体が登場。地球各地にある3個のキューブを集めることで、強大な力をゲットするとのご説明。
バットマンワンダーウーマンが対抗メンバー集め。
・その過程で、5人のメンバーの出自や由来を順々に、セリフや回想映像で、ごていねいにもクドく説明(笑)。
・あっさり仲間になる者、シブる者、群れるのを嫌う個人主義者――「スーパー戦隊」シリーズの#1や序盤と同じだ――
・敵との小競り合いやアイテム争奪戦を通じて、徐々に駆け参じてくる新ヒーロー。
・2個のキューブは、ワンダーウーマンの故郷の島&アクアマンの故郷の海底神殿にあって、同族の頑強な抵抗も空しく強奪されてしまう。
・最後のキューブはなぜかアメリカの某都市の地下にあり(笑)、ヒーロー全員集結後に敵も襲来して争奪戦。
・あまりにも強敵だったので、スーパーマンの死体を墓から秘かに暴き出して、禁断の力で復活させんとする倫理的是非&葛藤。
・スーパーマンが復活するも正気は失っており、5大ヒーローと対決!
・スーパーマンの彼女のロイス嬢がご都合主義にも即座にその場に来て訴えて、正気を取り戻すスーパーマン。売却に出された(汗)田舎の実家でしばし休養。
・ラストはロシアの原発事故跡地で、6大ヒーローvs強敵超人&戦闘員軍団が大バトル。
ジャスティスリーグ6人のハイテク秘密基地の候補地となりうる広大な部屋がある旧邸宅だか倉庫をバットマンが購入。
・エンドクレジット後にだけ出てくる、前作には登場したスーパーマンの永遠の宿敵レックス・ルーサー。出獄して別の悪役とリーグ(笑)を結んで幕!


 ベタベタのコテコテ。この作品も既視感バリバリ。新しいことはしていない。
 ヘタなモタつくシメっぽい人間ドラマ&テーマはなく――バットマンが前作でのスーパーマン死亡をいつまでも自分のせいだと悔やんでいるのを、いくつか点描するくらいで――、主要登場人物が6人もいるからか、ほとんど基本設定の説明――実質的にはそれぞれの主役ヒーロー作品の#1における出自ドラマのリメイク的な列挙!――と、何度もある戦闘シーンの羅列だけ。
 強敵超人にも「強そうな悪」という記号的な属性しか与えられない。悪なりの哲学とか理念などはナイ。


 ……けれども面白い。アクションシーンも工夫があって面白くてカッコいい。体技のシーンになるとほとんどCGで――違和感はナイが――、日本のアニメのアクションシーンのノリ&文法だけれども(笑)。
 なめらかな流れや引きのあるドラマらしいドラマはなく、基本設定のおさらい・再確認と、戦闘シーンしかなかった――悪口ではないよ――、善悪の仮面ヒーロー&怪獣キャラの列挙と順列組み合わせマッチメイクにすぎなかったウルトラマン映画の傑作『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(09年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101224/p1)みたいな作りだ。


 黒人刑事を主役とした日本古典SF小説『サイボーグ・ブルース』(68年・ASIN:B07BKTFRS1ISBN:4150313172)ならぬ黒人サイボーグ青年くんが、ナゾのキューブにその金属触手経由でハッキングしようとして逆ハックされちゃいそうになるとか、無実の父の罪を晴らそうとしているヒョロヒョロした孤独だけども軽めの白人青年フラッシュくんが、一所懸命に気を遣って気ムズカしげな黒人サイボーグくんと友だちになろうと軽口叩いてハズしちゃうギャグの一連とか、ワンダーウーマンがスーパーマン喪失の悔恨の渦中にあるバットマン社長のリキみすぎをたしなめたら、逆にバットマン社長が「お前だって恋人を失って傷心して100年間も引きこもりだったんだろ!」と子供みたいに逆ギレしてみせたり――大のオトナがそのリアクションはナイだろう(笑)――、登場人物たちの弱点&ヨコ方向の関係性も――主に後者の「ヨコ方向の関係性描写」を主とするかたち、前者の「弱点」を従とするかたちで――、点描レベルで描きつつ……。


 ヒーロー大集合映画は、こーいう素朴でツルっとした点描の羅列ノリで充分だとも思う。むしろそれ以外のウダウダ愁嘆場や敵側にも事情がある! みたいなノイズは極少に留めた方がイイ。
 ただし新参ヒーロー多数なので、その作劇は「スーパー戦隊シリーズ」#1やその序盤といった印象。既成のヒーローが大集合する映画の教科書となりうる作劇ではなかった。


 厳密には、ワンダーウーマンの同族アマゾン族・アクアマンの同族アトランティス族・人間族・天上の神々・異世界の英雄たち、数百数千の大連合軍が結集して、太古にも宇宙から飛来したことがある今回の強敵超人を撃退したとか、3つのキューブはワンダーウーマンの故郷の島・アトランティス族の海底神殿などにあって、そこで同一世界の100年前の前日談を描いた映画『ワンダーウーマン』(17年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170911/p1)におけるアマゾン族の女王ほかを再登場させたり、父母王との折り合いが悪かったアクアマンの出自ドラマも兼ねさせるなどの工夫はある。
 「太古からの歴史ある世界」の大状況&「各ヒーロー個人の事情」の小状況を、一挙に同時に説明できるダブルミーニング。それもそれで今ではベタだが、作品世界に神話的な広大さ&因縁も付与することで、観客をスペクタクル的にもワクワクさせることも事実だ。


 状況は世界滅亡レベルで深刻のハズだが、過剰に暗くはならずにイイ意味でアッサリしている。そーいう意味では、単純比較はできないが、マーベル社のアメコミヒーロー大集合映画ならぬヒーロー分裂騒動映画の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160701/p1)などよりかは個人的には娯楽活劇として面白い。その代わり、さして深みもナイけれど(笑)。陰鬱な本作の前日談映画『バットマンvs(ブイエス)スーパーマン』(16年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160911/p1)とは打って変わった佳作だとは思う。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2017年晩秋号』(17年12月3日発行)〜『仮面特攻隊2018年号』(17年12月30日発行)所収『ジャスティス・リーグ』合評1より抜粋)


[関連記事] 〜ヒーロー大集合映画評

ガーディアンズ』 〜酷評のロシアのスーパーヒーロー集合映画を擁護する!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180604/p1

ジャスティス・リーグ』 〜スーパーマンバットマンワンダーウーマン共演作は、ヒーロー大集合映画の教科書たりえたか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171125/p1

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』 〜ヒーロー大集合映画の教科書がついに降臨か!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171229/p1

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』賛否合評 〜もはやブランド・権威ゆえ、思考停止で高評価・深読みされてやしないか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180619/p1

[関連記事] 〜DC社アメコミヒーロー洋画評

ワンダーウーマン』 〜フェミニズムの英雄か!? 単なるセックス・シンボルか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170911/p1

バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』 〜日本のヒーロー「VS」「大集合」映画と比較!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160911/p1

スーサイド・スクワッド』 〜アメコミ悪党大集合。世評は酷評だが佳作だと私見

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160912/p1

ジャスティス・リーグ』 〜スーパーマンバットマンワンダーウーマン共演作は、ヒーロー大集合映画の教科書たりえたか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171125/p1

[関連記事] 〜マーベル社アベンジャーズ・アメコミヒーロー洋画評

スパイダーマン:ホームカミング』 〜クイズ研究会(?)に所属する文化系スパイダーマンの弱者友人たち(汗)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170901/p1

マイティ・ソー バトルロイヤル』 〜新敵出現で宿敵の悪神が正義に協力!(笑) 欧米も実は神仏習合だ!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171116/p1

ブラックパンサー』 〜アメコミ黒人ヒーロー映画で傑作だが、新型のPC・黒人搾取でもあるか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180607/p1

ドクター・ストレンジ』 〜微妙な世評が多いが、かなり面白い!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170504/p1

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 〜世界的に好評だが私的にはイマイチ。軽薄ヒーローもの全般にいえる作劇的弱点!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170513/p1

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』賛否合評 〜もはやブランド・権威ゆえ、思考停止で高評価・深読みされてやしないか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180619/p1

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』 〜ヒーロー内紛劇は成功したか!? 日本特撮が立ち遅れた原因は!? 世界観消費へ!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160701/p1

[関連記事] 〜2017年上半期・特撮映画評

ドクター・ストレンジ』 〜微妙な世評が多いが、かなり面白い!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170504/p1

キングコング:髑髏島の巨神』 〜南海に怪獣多数登場の意外な佳作! ゴジララドンモスラ・ギドラの壁画も!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170507/p1

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 〜ヒトの精神は電気信号に還元できず、脳内化学物質での駆動では? 人格が代替可能なアニメ版/代替不能な実写版!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170510/p1

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 〜世界的に好評だが私的にはイマイチ。軽薄ヒーローもの全般にいえる作劇的弱点!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170513/p1

『メッセージ』 〜ヒトの精神が語彙・語順・文法に依拠するなら、異星人の超言語の取得で、世界認識も拡張するのか?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170516/p1

『LOGAN/ローガン』 〜老X−MEN映画に、活劇の教科書を見る! 殺ってもイイ悪党の造形法(笑)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170519/p1

[関連記事] 〜2017年下半期・特撮映画評

パワーレンジャー』 〜戦隊5人に「スクールカースト」を色濃く反映! 「自閉症スペクトラム」青年も戦隊メンバー!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170715/p1

スパイダーマン:ホームカミング』 〜クイズ研究会(?)に所属する文化系スパイダーマンの弱者友人たち(汗)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170901/p1

ワンダーウーマン』 〜フェミニズムの英雄か!? 単なるセックス・シンボルか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170911/p1

エイリアン:コヴェナント』 〜エイリアンの起源問題・人造人間の知性問題は枝葉! 肝はスリル&サスペンス!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171104/p1

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』 〜往年の『猿の惑星・征服』『最後の猿の惑星』再評価!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171107/p1

ブレードランナー2049』 〜人造人間の脳内彼女(汗)を発端に、新主人公vs旧主人公へ帰着!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171110/p1

『シンクロナイズド モンスター』 〜「ドラマ」と「特撮」が、非モテ男女の痴話喧嘩で究極の一体化!(笑)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171113/p1

マイティ・ソー バトルロイヤル』 〜新敵出現で宿敵の悪神が正義に協力!(笑) 欧米も実は神仏習合だ!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171116/p1

『BRAVE STORM ブレイブストーム』 〜シルバー仮面×レッドバロン×歴史改変SF×超能力戦闘美少女!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171119/p1

GODZILLA 怪獣惑星』 〜『シン・ゴジラ』との相似と相違!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171122/p1

ジャスティス・リーグ』 〜スーパーマンバットマンワンダーウーマン共演作は、ヒーロー大集合映画の教科書たりえたか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171125/p1

[関連記事] 〜特撮洋画評

『LOGAN/ローガン』 〜老X-MEN映画に、活劇の教科書を見る! 殺ってもイイ悪党の造形法(笑)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20170519/p1

デッドプール』 〜X-MENも客演! 私的快楽優先のヒーローは、日本でも80年代以降は珍しからず!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160705/p1

デッドプール2』 〜軟派C調破天荒ヒーロー改心!? デッドプールvsターミネーター(笑)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180625/p1