假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

ヲタクに恋は難しい ~こんなのオタじゃない!? リア充オタの出現。オタの変質と解体(笑)

『トクサツガガガ』(TVドラマ版)総括 ~隠れ特オタ女子の生態! 40年後の「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」か!?
『冴えない彼女の育てかた♭(フラット)』 ~低劣な萌えアニメに見えて、オタの創作欲求の業を美少女たちに代入した生産型オタサークルを描く大傑作!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[アニメ] ~全記事見出し一覧
[オタク] ~全記事見出し一覧
[マンガ] ~全記事見出し一覧


 2020年2月7日(金)から実写映画版『ヲタクに恋は難しい』が公開記念! とカコつけて……。
 深夜アニメ版『ヲタクに恋は難しい』(18年)評をアップ!


ヲタクに恋は難しい』 ~こんなのオタじゃない!? リア充オタの出現。オタの変質と解体(笑)


(文・T.SATO)
(2018年4月27日脱稿)


 フジテレビ深夜のアニメ枠「ノイタミナ」18年春季作品。ヲタといってもキモオタではない隠れオタのOLが主人公。ドコか自信なさげな風などは一切なく、ダメンズなカレ氏も過去に何人かいたらしきリア充の女オタ。
 対するにお相手の男性は、周囲にオタであることを隠してナイっぽいオープンオタだが、コレまた変人ぽさはあってもキモオタではなく、長身スーツ姿のクールな眼鏡クンで「君ってセーフじゃん!」という感じ。


 コ、コレは詐欺だ(笑)。彼らリア充(リアル・現実世界で充実)なエリートオタなら、「恋は難しい」どころか「恋」も「異性のゲット」もカンタンじゃん(爆)。


 いやまぁ、いくら内面・人間性が大事だとはいっても、異性との交流に至る前段として下駄を履いていることも重要で、見た目からして他人に好かれやすいルックスやコミュ力があった方が、異性のゲットには近道に決まっている。


 物語・エンタメも、結局はこの法則に無意識に従って、異性とイイ仲になる主要人物は、たとえその人間性が決定打ではあろうとも、美男美女もしくは平均以上のルックスであることで、お互いにホレあったり付き合ったりしても不思議じゃないよネ? とドコかで想わせて、愛の勝利(笑)へと至った説得力を、観客の無意識の次元で補強する。


 #1は大企業(多分)へ転職して初出勤したその日に、中学時代の知己である先のメガネ青年に偶然廊下で再会し、彼の空気を読まない「夏コミ(=超巨大同人誌即売会コミックマーケット)、受かったか?」とのセリフに凍り付く彼女のサマが描かれる。
 云うまでもないけれども、オタが蔑視の対象ではなくなり、世間にも受け入れられた……などとゆー言説なぞは「虚妄」なのだとわからせる名シーンではある(笑)――もちろん30年前のM君事件時のオタク弾圧と比すれば、今の時代は100倍ラクだけど――。


 加えて、沢城みゆき嬢が演じる姐御肌な女上司もBL(ボーイズ・ラブ)好きな腐女子……つまり要約すればオタク女子であることが判明してしまう。


 ……とココまで来て思う。本作はこんな内容だったっけ?


 オタクの祭典・コミケコミックマーケット)の開催期間中の数日間、地下に停車する国際展示場駅エスカレーター壁から東京ビッグサイトに至る道中には、膨大なオタ向け作品の宣伝ポスターが数百数千枚と飾られる。本作の存在を近年のそれらで知った御仁は多いだろう。筆者もそのクチだ。


 オタと恋愛。オタとモテ/非モテ。このネタが大好物の筆者は、ネット上での非モテ論壇での暑苦しい議論(笑)やマンガ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』(11年・13年に深夜アニメ化・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190606/p1)などを好んで読んできた。
 その一連としてマンガ『ブスに花束を。』や本作の原作マンガ版も、お絵描きオタ向けSNS「pixiv(ピクシブ)」中に商業出版社が出店して配信中であった無料電子書籍で読んだことはあった。


 正直に云わせてもらうと、本作の原作マンガ版は筆者にはイマイチな出来の印象で、序盤で早々に読書をリタイアしてしまった記憶がある(汗)。


 ちなみに、アニメ#1は終盤以外はオリジナル展開である。そう考えると、原作マンガ版の導入部と比すれば、この深夜アニメ版はまだマシだったような気がするにはする……(爆)。


 しかし。ウ~ム。筆者が作品タイトルから連想して、ぜひとも観てみたいと思っていた内容は、もっとオタであることの自分に劣等感で自意識をコジらせた深夜アニメ『ネト充のススメ』(17年)のような、非モテ男女たちの飢餓や渇き、イイ歳こいて思春期のシャイな少年少女のようにモジモジしながら、不器用な成人オタ男女が一歩前進、二歩後退するようなヒイてジラして盛り上げる作品であったのだが、ナイものねだりなのであろうけど、本作はそーいう類いの作品ではナイのであった……。


 だから、この作品はダメなのだ! と腐してみたいけど、それもまた芸がナイので、ココでヘリクツ芸をヒネり出す(笑)。
 ググってみると、筆者が抱いたような感想もネット上にはカナリあふれてはいた。しかし、原作マンガが結構な部数で売れており、支持者も少なからずいるのも事実なのだ。


 察するに、そこまで劣等感で自意識をコジらせてはおらず、コミュ力がナイわけでもないオタの周辺・外縁層、つまりは超々マニアックな求道者(ぐどうしゃ)ではナイけれども、マンガやゲームもたしなむヌルオタ(ヌルいオタ)やライトオタ(軽いオタ)にとっての「自己イメージ」や「理想の異性」とは、本作のように過剰な劣等感にはまったくまみれてはおらず、ギャルや仕事デキるプライド系のイイ女の域にまでは行かないけど、異性に対して気後れすることなくまぁまぁキラクに雑談もできたり、異性を呼び捨てにできてしまったり、どころかバンバンと背中を叩いてプチ・ビッチ的なボディータッチでの自己アピールもできてしまうようなライトな「女オタ」や、少々奇人変人でも暑苦しくはなくってルックスも人並み以上で連れて歩いても恥ずくない、共通ないしは隣接した趣味を持つ「野郎オタ」のカレ氏なのだろうと分析するのだ。


 そーなってしまうと、キモオタな筆者にとっては共感・感情移入はしづらい世界になってしまう。我々オタの内実や輪郭も随分と稀釈・拡散したものだ(汗)。


(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.71(18年5月4日発行))


[関連記事] ~オタクサークル&オタク集団・作品評!

げんしけん二代目』 ~非モテの虚構への耽溺! 非コミュのオタはいかに生くべきか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160623/p1

トクサツガガガ』(TVドラマ版)総括 ~隠れ特オタ女子の生態! 40年後の「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」か!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190530/p1

『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』に想う オタク第1世代よりも下の世代のオタはいかに生くべきか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20170628/p1

冴えない彼女の育てかた♭(フラット)』 ~低劣な萌えアニメに見えて、オタの創作欲求の業を美少女たちに代入した生産型オタサークルを描く大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191122/p1

ヲタクに恋は難しい』 ~こんなのオタじゃない!? リア充オタの出現。オタの変質と解体(笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200216/p1(当該記事)

『映像研には手を出すな!』 ~イマイチ! 生産型オタサークルを描くも不発に思える私的理由

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200325/p1


[関連記事] ~オタクや内気な人間が主人公のマンガやアニメ!

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』 ~連載8年目にして人気再燃の理由を探る!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190606/p1


青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』 ~ぼっちラブコメだけど、テレ隠しに乾いたSFテイストをブレンド! 2018年秋アニメ評!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190706/p1

『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』 ~眼帯少女も高1なら可愛いけど高3だとヤバいかも…に迫る逸品

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190904/p1

迷家マヨイガ-』 ~現実世界からの脱走兵30人! 水島努×岡田麿里が組んでも不人気に終わった同作を絶賛擁護する! 2016年春アニメ評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190630/p1

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』 世慣れてない純朴なオタク美少女がオタク少年を好いてくれる! 『キズナイーバー』『ハイスクール・フリート』『甲鉄城のカバネリ』『少年メイド』『坂本ですが?』『文豪ストレイドッグス』 ~2016年春アニメ序盤評!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160502/p1

干物妹!うまるちゃん』 ~外ヅラはイイ美少女の妹が、自宅ではオタ趣味に耽溺する廃人だった! 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』『六花の勇者』『おくさまが生徒会長!』『実は私は』『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』 ~2015年夏アニメ中間評!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150901/p1

這いよれ!ニャル子さんW(ダブル)』 ~押しかけ居候の美少女がオタだった! 2013年春アニメ評!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150601/p1

ささみさん@がんばらない』 ~自宅に引きこもる美少女主人公がオタだった! 『まおゆう魔王勇者』『AMNESIA(アムネシア)』 ~2013年冬アニメ評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200126/p1

俺の妹がこんなに可愛いわけがない』 ~快活な妹の正体が隠れオタだった! 2010年秋アニメ評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20121015/p1

『N・H・Kにようこそ!』 ~引きこもり青年を病的美少女が構ってくれるファンタジー(笑)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061119/p1


[関連記事] ~オタク問題評!

秋葉原通り魔事件 ~苦境下の人々へ

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080617/p1

嫌オタク流』私評(否定評) ~80年代・フジテレビ・お笑い・ヤンキー・スクールカースト

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061118/p1

Nippon2007(第65回世界SF大会&第46回日本SF大会)に見る外人オタらの同じ匂い

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080302/p1

破壊者ウルトラマン大江健三郎) 『世界』73年5月号 ~オタク誕生の歴史的・経済的条件・オタク誕生直前!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20031215/p1

電車男』映画版を毒男たちが観る!(笑)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070617/p1

たまこラブストーリー』 ~親密な商店街にオタの居場所はあるか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160514/p1

同人誌版・前書き~編集方針 ~リハビリとしての趣味・同人サークル活動

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19961101/p1


[関連記事] ~フジテレビ深夜「ノイタミナ」枠アニメ!

冴えない彼女の育てかた♭(フラット)』 ~2017年春アニメ評! 低劣な萌えアニメに見えて、オタの創作欲求の業を美少女たちに代入した生産型オタサークルを描く大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191122/p1

サムライフラメンコ』 ~2013年秋アニメ評! ご町内⇒単身⇒戦隊⇒新旧ヒーロー大集合へとインフレ! ヒーロー&正義とは何か? を問うメタ・ヒーロー作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190301/p1

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ~2011年春アニメ評! 別離・喪失・齟齬・焦燥・後悔・煩悶の青春群像劇の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191103/p1

墓場鬼太郎』 ~2008年冬アニメ評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20080615/p1


[関連記事] ~「ノイタミナ」系劇場アニメ!

冴えない彼女の育てかた Fine(フィーネ)』(19年) ~「弱者男子にとっての都合がいい2次元の少女」から「メンドくさい3次元の少女」へ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191122/p1

夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』(共に17年) ~鬼才・湯浅政明カントクのイマ半と大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190621/p1

心が叫びたがってるんだ。』(15年) ~発話・発声恐怖症のボッチ少女のリハビリ・青春群像・家族劇の良作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191104/p1


[関連記事] ~「(SFの)変質と解体」の語句の考案者!