假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

マクロスF最終回評! 〜キワどい最終回を擁護!


マクロスF#1「クロース・エンカウンター」 〜先行放映版とも比較!
『マクロス』シリーズ評 〜全記事見出し一覧
[アニメ] 〜全記事見出し一覧


 TVアニメ『マクロスF(フロンティア)』(08年)映画版2部作前編『劇場版 マクロスF 虚空歌姫イツワリノウタヒメ〜』が09年11月21日(土)より公開記念!
 とカコつけて、今さら『マクロスF』最終回評をUP!(執筆自体は放映直後)

マクロスF 最終回「アナタノオト」評

(文・T.SATO)
(08年10月執筆)
 今や『ガンダム』に一応つづく良くも悪くもブランドと化したメカ&歌&三角関係の『マクロス』最新作も完結!


 理詰めで、あるいは放映終了後に冷静に帰ると、いくらでもツッコミの余地あるすばらしい最終回だった!(笑)


 ある意味、作品の倫理性を崩壊させかねない、マクロスフロンティアとは別の宇宙移民船団の宇宙昆虫による全滅の原因が、悪気はなくともメインヒロインのせいだった! とかそんな償いようも精神的に耐えようもない大罪を背負わす作劇するかフツー(汗)。


 さらには最終回で着地した宇宙昆虫の本拠惑星で、虫と共存できるのか? 虫は襲ってこないのか? 家族を虫に殺された遺族の気持ちはドーなんだ?(虫々さんたちは知性ナイから人間を憎んだりしなさそうだが・笑)。
 虫たちの精神感応の元であり、感染すると死に至るというウイルスがウヨウヨしてるのでは? とかみんなでツッコもう!


 2時間ミステリのラストのごとく三島大統領代行の悪事を皆で暴いたあとは、バトル&歌の勢いで押し切る展開。


 歌舞伎役者上がりの美形青年パイロットと、姉御と妹系歌姫。どっちかを選ばずに「お前たちが俺の翼だ!」って両手に花かよ!
 まぁ結婚適齢期の20代ならぬハイティーンの3人だからコレでイイか(笑)。しかも少年と姉御は恋より芸事を極めるタイプだろうしナ。


 とはいえ、男気あっても男女間では優柔不断な主人公が、歌舞伎・飛行機乗り・女友達どれかに限定せず、すべて含めて俺だ! とする結論は個人的には結構スキだ


 (ただし、「思わざれば花なり、思えば花ならざりき」の言は、ある程度修練を積んだ人間だから思わなくても体が自然に動いて花になれるのであって、我々凡人はあまり参考にしない方が……修練も積みつつ、意識もしてふるまった方がイイと思う・笑)。


 20世紀後半以降は政治よりも経済の時代。ラスボスの狙いも、銀河や全人類を隷属・監視して何かイミがあるのか? かえって経済が萎縮しそう(笑)。
 産業が興隆するならアニメやエロでも弾圧せずに自由にやらせて税金取ろうとなるのが後期近代。
 超時空電波を独占して大儲けせんとする流通業の大物、初作の敵巨人族のオッサンの方が現実的じゃん! ……なんてなツッコミは活劇にはヤボですな(そんな敵、倒してもカタルシスがない)。


 ところで鉄道ジオラマを愛す邪気のない流通業のドン。ラスボスの企みに間接的に加担しつつも、実はそれは数十年前の初作の歌姫に直に会いたかったためだったとゆー。


 ここで来ましたヨ! 近年だと『仮面ライダーカブト』(06年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070211/p1)でもおなじみ(?)オールドSFなタキオン粒子が!
 (相対性理論では光速こそが絶対で、時間空間の方が相対的で伸縮。光より速い粒子は原理的には時間を逆行することも可能というアレ)。


 この何でもアリアリ設定があれば、虫々女王に進化した妹歌姫のテレパスな超能力やご都合主義もすべて説明できるのだけれど……あんまりな反則設定で擁護も見苦しいので自粛します(笑)。


 もちろんウイルス感染者ではない主人公が精神感応できたのは、虫さんの体内で生成されて超電波による群れまるごとの交感を強化していた水晶を耳飾りにしてたから、という物理的リクツも付けてるけれど……。
 しかしそれも、感染してフツー死亡フラグが立ったハズの姉御歌姫の死に至る脳内細菌が、透過光映像で瞬時に腸内に移動して助かる超展開で台無しに!
 トドメに胃カメラ急降下映像!(爆笑) ヒロインの食道を見せたアニメなんて観たことない。


妹系歌姫「バジュラ(宇宙昆虫)はおなかで歌うんだよ」
歌舞伎女形上がり美青年主人公「そうか!」


 ……って、もう一度ビデオで見返すと、何が「そうか!」だったのかチットも判らなくなるが(笑)、女王虫の頭部への攻撃は無効なんだと、そーゆーことを映像と音楽と演出の勢いもコミで有無も云わさずナットクさせると。


 いやもう今回は否定派にツッコミされる前に自分で指摘して、議論をせずに逃げを打とうという作戦の文章なんですが、このムチャを歌&勢いで洗脳的に持っていく演出。
 延々描かれた虫さんとの共生不可能性も死亡フラグも、妹系歌姫が最後にひっくり返す嘘八百の夢物語!



 それでも、本作を肯定しますよワタクシは。否定派の御仁を論理的に反駁・説得する自信はまったくナイけれど(笑)。


 SF(?)設定面ではムチャやってるけど、もちろん群像劇の決着としては堅実な作りだったことは指摘したい。
 終盤で唯一死亡したレギュラーの金髪イケメン眼鏡くんの青い戦闘機の銃器を、実らなかった恋仲のクラン嬢が、さらには主人公にリレーして、妹系のサイボーグ兄ちゃんにサポートされつつ、ラストシューティングに用いる! というように。


 ナノテクサイボーグで最後は巨大怪物化してるとはいえ、元は人間のラスボス女に巨悪を体現させて殺しちゃってイイのか!? と多少ひっかかりも正直あるけれど、逮捕・拘束して近代的裁判にかけられそうもないし、マクロス某作みたくラスボスも歌いだしたら本作ではギャグにすぎるので(笑)、活劇としてはコレでイイんじゃない?


 他にも、虫さんの母星に移住しなきゃ絶滅するから仕方ないけど侵略かも? 移住もなりゆきで、発端は悪人の計略だったじゃんとか、プチ疑問も浮上するけど、現実なんてそんなモンでしょ
 (モーゼが紅海割った先のカナンの地で聖絶(先住民虐殺)したのよりマシだ!?・汗)。


 って善悪はあざなえる縄のごとしを描く歴史モノでもないのに、フツーの物語・活劇でこの設定はドーなんだ? という気もしてるけど……。私的には許容範囲にしておこう!(この論の説得力はゼロに近くなるが・汗)


 ごくごく個人的には、『マクロス7(セブン)』(94年)みたく作画がイマイチになろうが1年放映、前半半年は地方をドサ回り営業してから妹系ランカ嬢に歌姫としてブレイクしてほしかったが、作画がイマイチじゃ今どきの若いオタにはウケないだろうし、一応の「大作」感も醸せないだろうから、半年放映もコレはコレでよしとしよう!


 キャリアのワリには大ヒットに恵まれなかった河森カントク。今期はついにベタ層も狙って若年マニアにも届くヒット作を出せたことが長年の河森ファンとしてはとても嬉しい。


(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.45(08年12月28日発行))


[関連記事] 〜「マクロス」シリーズ & 河森正治監督作品評

マクロスF(08年)#1「クロース・エンカウンター」 〜先行放映版とも比較!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080930/p1


超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか(84年) 〜シリーズ概観 & アニメ趣味が急速にダサいとされる80年代中盤の端境期

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990901/p1

マクロスプラス MOVIE EDITION(95年)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990904/p1

マクロス7(セブン)(94年) 〜序盤&中盤評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990906/p1

天空のエスカフローネ(96年) 〜賛否合評 皇帝ドルンカーク=アイザック・ニュートン

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990911/p1

劇場版エスカフローネ(00年) 〜いまさら「まったり」生きられない君へ……

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19990912/p1

地球少女アルジュナ(01年)

  (ワープロのフロッピー(汗)から発掘できたらUP予定)

地球防衛家族(01年)

  (ワープロのフロッピー(汗)から発掘できたらUP予定)

創聖のアクエリオン(05年) 〜序盤寸評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20051021/p1


[関連記事] 〜同時期の08年度アニメ終了評

コードギアス 反逆のルルーシュR2 〜総括・粗もあったが奇天烈傑作!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20081005/p1