假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

2019-06-01から1ヶ月間の記事一覧

迷家―マヨイガ― ~水島努×岡田麿里が組んでも不人気に終わった同作を絶賛擁護する!

**心に傷をかかえた現実世界からの脱走兵30人! 廃村へと移住! **密室群像劇の60年代和製SF特撮ホラーの古典『マタンゴ』&『吸血鬼ゴケミドロ』が元ネタか!? **助走台の「現実的」な「恐怖」が、本番の「非現実的」な「恐怖」&「笑い」へとスライド…

ガールズ&パンツァー最終章 第1話 ~微妙。戦車バトルを減らしたキャラ中心の2期も並行させた方がよかった!?

『ガルパン』の魅力とは、果たして水島監督がこだわりを示す、高クオリティのミリタリー描写だけなのか? いや、決してそうではない。 先のテレビシリーズ評や劇場版評で、「戦車バトル」こそが本作の主眼であり、その他の要素はラストの「戦車バトル」を最…

ガールズ&パンツァー劇場版 ~爽快活劇の続編映画に相応しい物量戦&よそ行き映画の違和感回避策とは!?

今回の劇場版では、テレビシリーズで「戦車道」の全国大会優勝を見事に果たしたことから、大洗女子学園を存続させるとした文部科学省の約束が、しょせん口約束であったことが発覚。 優勝記念のエキシビジョンマッチに敗北したばかりの生徒たちが突然、再度の…

ガールズ&パンツァー ~爽快活劇に至るためのお膳立てとしての設定&ドラマとは!?

こうしたキャラの内面を掘り下げる描写は、あくまで本作における迫力あふれる戦車対決のアクションのカタルシスを、物理面だけでなく心理面でも最大限に盛りあげるための「お膳立て」、戦車対決の「舞台背景」や各人の信条などの戦う「動機」としてとらえる…

夜は短し歩けよ乙女・夜明け告げるルーのうた ~鬼才・湯浅政明カントクのイマ半と大傑作!

70年代前半のフォークソング・ブーム時代の『神田川』で歌われたような四畳半の木造アパートに住まう奇人変人ビンボー学生たちの奇妙奇天烈な物語。 みんながダサくて、身なりに無頓着で80年代中盤以降に隆盛を極めるファッション&スイーツな女子にモテ…

アベンジャーズ/エンドゲーム ~タイムパラドックス&分岐並行宇宙解析!

はてさて、ヒーローもの・娯楽活劇作品である以上は、後編たる『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではアリガチでもお約束の逆転勝利劇が待っていなければ詐欺である。文芸映画でもないのにバッドエンドはアリエナイ。すでに各ヒーローたちの単独主演の続編映…

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! ~連載8年目にして人気再燃の理由を探る!

今どき髪も染めてない――オッサンの筆者には全然OKだけど――、ボサボサではないもののキチンとセットされているとも云いがたい各所の先っぽがハネた黒髪。チビで痩身・貧弱なツルペタ体型。ヒザより下に垂らした改造してない長めの制服スカート。 垂らした前…

チア男子!!・アニマエール・風が強く吹いている ~チア男女やマラソン部を描いたアニメの相似と相違

「チアダンス」を踊る男子という題材からも、絶対にイロモノのナンチャッテ的なギャグアニメだろう、タイトルからして「笑い」を取りに来てるよネ? ……などと思っていたら、マジメな作りの深夜アニメであった。 絵柄は少女マンガ系。よって、少女マンガが原…

騎士竜戦隊リュウソウジャー序盤評

同一の世界観でふたつの戦隊が争うという、やや変化球的な異色作としての趣(おもむき)が強かった前作・『快盗戦隊ルパンレンジャーVS(ブイエス)警察戦隊パトレンジャー』(18年)につづく、「平成」の時代にスタートする最後のスーパー戦隊となった…

ゴジラ評論60年史 ~50・60・70・80・90・00年代! 二転三転したゴジラ言説の変遷史!

80年代から90年代初めのリバイバル公開では、必ず観客から「笑い」が起きていたものであった。 現在のようにはジャンル作品がまだ「市民権」を得られてはいなかったこの時代は、80年代が若者たちの間で躁病的な「軽薄短小」のお笑い文化が隆盛を極めた…