假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

仮面ライダー剣 〜前半合評2 混迷を整理!脱却!!


『仮面ライダー剣』 〜全記事見出し一覧
『仮面ライダー』シリーズ評 〜全記事見出し一覧

仮面ライダー剣 〜前半評②

(文・久保達也)
(04年4月執筆)
 前作『仮面ライダー555(ファイズ)』(03年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20031102/p1)までの平成『ライダー』作品を担当してきたプロデューサー・脚本・監督等のスタッフがかなり入れ替わったため、さぞかし作風が変わるかと思いきや、多少バトル面が充実したくらいで相変わらず日曜の朝にはふさわしくない作風だ。
 たまに早く目が覚めたときでも私は意地でも本作は観ず、録画したテープを深夜に観てます(笑)。


 まあ相変わらずの作風は仕方がないとして(芸術だかオブジェだかを作っているかのような、デザインの美しさばかりが先行して、キャラクター性が全く欠如している怪人のつまらなさだけは本当になんとかしてほしいが……)、これまで平成『ライダー』作品を支えてきた魅力さえもすっかり乏しくなってしまっている点はちょっと痛いぞ。


 先ずなんといっても平成『ライダー』と云えばイケメンだが(そこそこ! ギャーギャーわめくんじゃないっ! 最後まで人の話を聞きなさいっ!)、本作ももちろん何人ものイケメンが登場する。が、なんかみんな似たような顔に似たようなキャラなので私は未だに主役の顔が覚えられない(笑)。もうどれがブレイドでどれがギャレンでどれがカリスに変身する奴なのか観ていても全然判らないのだ。
 『仮面ライダーアギト』(01年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080106/p1)、『仮面ライダー龍騎』(02年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080113/p1)、そして『555』では各人に異常なまでの強い個性が与えられ、癒し系もいれば妙にとんがった奴もいたり、ナルシストやら凶悪な奴やエキセントリックな奴もいるわで、それぞれが熱狂的なファンを獲得して大いに盛り上がったものだが、今回ばかりはイケメン大好きなミーハー主婦たちも誰のファンになったら良いのか判らないのではないか?(笑)


 次に平成『ライダー』といえば活動する都会が舞台となって展開され、都内のトレンディなスポットのロケ使用が話題を集めたものだが、今回は人っ子ひとりいないような山奥ばかりで物語が展開され、毎週同じような場所ばかりが登場するのも観ていてツライ。
 毎週火山島で物語が描かれた『怪獣王子』(67年)とか、似たような星ばかりが舞台となった『キャプテンウルトラ』(67年)が視聴率的に苦戦した歴史的事実に学ぶべきではないか。


 そして最も痛いのが、今回は怪人を必殺技で倒すのではなく、カードに封印するというのがヒーロー作品としては絶対的なカタルシス不足だという点である。
 同情の余地のある怪獣たちの命を救っていた『ウルトラマンコスモス』(01年)に対し、何を主張する訳でもなく、単に殺人を繰り返すだけの、対話も不可能な本作の怪人なんぞ殺っちまっても良いのでは?(暴言?) このあたり『コスモス』を徹底的に非難していた人々の見解を是非伺いたいものである。


 なんか悪い点ばかりをあげつらってしまったが、本作の相川七瀬の主題歌『Round Zero ~ Blade BraVe』(ASIN:B0007MCI38)はイイね。TBS系土曜深夜の『COUNT DOWN TV』をたまたま見たときに第11位にランクインしていたが、これは相当のヒットと見て良いだろう(前作『555』のISSA(イッサ)が歌った主題歌『Justiφ's(ジャスティファイズ)』(ASIN:B000087EQ4)はオリコン初登場第9位だったらしい)。少なくともマニア層のみがCDを購入するのならこれだけの上位にならないことは確かである。


 先頃某政治家の娘のプライバシー報道で物議を醸した『週刊文春』に於て、グラビアアイドルの井上和香が「女が嫌いな女性芸能人」なる調査の第2位(ちなみにこの調査の第1位は『超力(ちょうりき)戦隊オーレンジャー』(95年)でデビューしたオーピンク・さとう珠緒である・笑)であることが紹介され、その理由として
 「一般的な女性はオタク的男性が嫌いであり、オタクが好むモノも嫌いである。まるでアニメのヒロインであるかのような容姿の彼女はオタク的男性が最も好むタイプであり、一般的な女性から見ると耐え難いのではないか」
 などとなんとも笑えない分析がなされていたが、それを考えるとミーハー主婦層も平気で楽しんでいる平成『ライダー』作品はもはやオタクだけの楽しみではなくなっているのであろう。
 これだけの一般的な地位も名声も獲得することのできた平成『ライダー』作品に対し、一介のオタクに過ぎない私のような者がブツブツ云っても今さら仕方のないような気もするのだが……


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2005年準備号』(04年8月14日発行)〜『仮面特攻隊2005年号』(04年12月30日発行)『仮面ライダー剣』合評①より抜粋)


仮面ライダー剣 〜前半評③ 混迷を整理!脱却!!

(文・T.SATO)
(04年7月執筆)
 平成『仮面ライダー』シリーズ(00年〜)を支えたメインスタッフが、前作『仮面ライダー555(ファイズ)』(03年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080120/p1)の中盤にて、実写版『美少女戦士セーラームーン』(03年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20041105/p1)に移籍。
 プロデューサー&脚本家といった作品の中核が刷新された体制での、平成『仮面ライダー』シリーズ第5弾として、『仮面ライダー剣ブレイド)』(04年)の戦いの幕は切って落とされた。


 正直云って、初期編といわず1クール目は迷走といった印象。


 原因を主役陣の演技や滑舌に求める記事なども目にしたが、ヒーロー番組の主役がほとんどド新人であるという歴史は、今にはじまったことではない。
 そもそも筆者自身も幼少時の記憶を丹念にたどれば、物心ついた3歳児のころは、作品の大スジや絵で見せるシチュエーションは理解できても、劇中人物のセリフの内容の細部や言葉の意味などを理解して視聴していたワケでは決してなかった。
 自身の成長過程をふりかえっても、『ウルトラマン』シリーズの防衛隊員の名前の末尾にある“たいいん”“たいちょう”“ふくたいちょう”の意味を、誰に教わるでもなく前後の文脈の類推から、4歳児だったある日突然、一知半解にしても(笑)翻然として悟った記憶が残っているので、それ以前などは(多分それ以後の数年も)、セリフ理解としての作品理解ではなく、映像体験〜体感(怪事件、防衛隊VS怪獣、ウルトラマンVS怪獣のビジュアル)といった次元でのジャンル作品の理解だったのだろう。
 そしてそれで不足はなく充分でもあったのだ。


 そのイミで、本作『仮面ライダー剣』の初期編におけるセリフのわかりにくさそれ自体には、子供向け番組としてさほど重大な懸念はいだかなかったが……。
 3体登場する仮面ライダーに変身できる3人の若者の、映像それ自体で見せる描き分け――物理的な今いる居場所のちがいなり、映像で見せる3人の立場・性格のちがいなり――ができているようには思えないことに、やはりコレでは子供にもわかりづらかろうとの不満は覚えていた。


 まぁ要は、大多数の視聴者と結局は同じ、わかりにくいという不満を覚えたワケだが(笑)、そのわかりにくさの内実を腑分け・解剖してみて、より正確を期して把握してみたかった次第だ。


 仮に、あくまでも仮そめに本作初期編を、主役の仮面ライダーブレイドこと剣崎一真(けんざき・かずま)&副主人公の仮面ライダーギャレンこと橘朔也(たちばな・さくや)のダブルヒーロー制と捉えるならば、どうしても主役の添え物になりかねない副主役のギャレンを、主役のブレイドの先輩でありしかも強いという位置づけにしたこと自体には好印象をもっていた。


 が、そーいった意図での、仮面ライダーブレイド仮面ライダーギャレンのパワーバランスのキャラクターシフトではそもそもがなかったらしい(笑)。
 副主役のギャレンは#1ラストにして、ワル者っぽくなってブレイドと袂を分かつ。


 しかし以後、ギャレンは“強者”としての“敵”として、ブレイドの前にカッコよく立ちはだかるかのかと思いきや、ギャレン仮面ライダーに変身することにより派生する、自身の身の破滅のビジョンにうなされてしまい(ホントにボロボロに崩れていくイメージ映像を見せてくれて、コレについては判りやすいったら判りやすいけど・笑)、それによりだんだんと弱くなり、強くてカッコよくて頼れる、子供があこがれるような存在には見えなくなってしまう。


 作品世界の舞台設定がわかりにくいというのは、多少気になりはするものの、個人的には二次的な要素だ。
 しかし、展開の意外性ねらいとはいえ、登場人物自体が善であるにせよ悪であるにせよ、魅力的ではなくなってしまいかねない作劇は、やはりやりすぎの本末転倒ではなかったか?


 ただしそれも初期数話で、身の破滅を見せるビジョンが、本質的で宿命的なものではなく、仮面ライダーに変身するための科学技術(?)であるライダーシステムの副作用による、装着者自身の心の弱さが、単なる幻覚を見せていただけだとのタネ明かしがなされた。


 オッ、コレはこの作劇の欠点に気付いた製作スタッフの、早くもテコ入れの路線変更か!? カンゲイ!(笑)
 と思いきや、コレもそーいう意図のものではさらさらなかったらしい。


 仮面ライダーギャレンこと橘は、敵たる古代からの怪人集団(?)のアンデッドのひとりがあやつる組織に接触(拉致?)。古代の薬草の麻薬効果で強化されるものの、その効力が切れるとやはり弱くなってしまうという存在になりさがる。
 イイのか!? そんな作劇で(笑)。


 ……なぜこんな作劇になってしまうのだろう?
 あーなるからにはなるからの理由もあったハズだ。何の根拠もない、下世話な想像もついはたらかせてしまう。


 ベテラン脚本家・今井詔二(いまい・しょうじ)氏が、メインライターとして本作の企画会議に関わる前に、何だかんだいっても世間的にはやはり単なる子供番組である(笑)平成『仮面ライダー』シリーズを視聴していたとはまず思えない。
 やはり東映の日笠プロデューサーあたりに声をかけられ口説き落とされて、大急ぎで平成『仮面ライダー』の資料なりビデオなりをテキトーに数本だか数十本だか、ランダムに視聴して、世間サマなり主婦層なりマニア層での受容のされ方のイメージを大雑把に捉えれば、


 「平成『仮面ライダー』シリーズとは、あのようなイケメンでハイブロウで難解でナゾ解きで、人間描写や人間カンケイがドロドロで、善悪も明瞭ではなく、マンネリや様式美はなくて意外性重視の各話ごとにキッチリ終わらず次回へつづく……」


 というようなものが今ウケているらしいから、こーしようというイメージになったのではなかろうか?(笑)
 それで、本作はあーなったという……。
 (後日付記:本作終了後の特撮雑誌『宇宙船』での東映の武部直美プロデューサーのインタビューも読むと、難解で仲間割れでナゾ解きな初期編は武部センセの今井センセイへの指示だったようですね・汗)



 2クール目から、いよいよ本腰のテコ入れがはじまった。
 そのための仕切り直しのための準備もあろう。今まで単独脚本で来たメインライターの気分一新&充電のための周囲の配慮もあろう。今井氏は筆を中断。


 その序盤戦たる1クール終盤の#11、12において、本作のメインライターの予定だったともウワサされる――真偽のほどは知らないョ――宮下隼一(みやした・じゅんいち)氏が登板する。


 1クール終盤における、カテゴリーエースとかいう、要はフツーより強い怪人の蜘蛛(クモ)のアンデッドをめぐる話と並行して、本作3人目のライダーこと仮面ライダーカリスにして、人間の姿を持つものの、正体はアンデッド怪人の一種であるらしく、人間の感情もあまり理解できないらしい相川始(あいかわ・はじめ)の、ゲストたるストリートミュージシャンのアンちゃん――といっても冴えないメガネの帽子で首に手拭い(笑)のフォーク系――との奇妙な交流のドラマが描かれる。
 アンちゃん自身にも、敏腕音楽プロデューサーの父の存在を設定、自由人に見えたアンちゃんの、父の掌の上で動くにすぎないコンプレックスの父子相克を描きつつ、父子いずれにも理と非を与えて深みを与え、同時に人間でないライダーカリスこと相川始にとっては、その情景自体が理解も困難な事象でもあるディスコミュニケーションも描き、あくまで『仮面ライダー剣』中のワンエピソードとしてのドラマであることも忘れない仕上りを見せていた。


 実質2クール目の路線変更第1話ともいえる#13では、今井メインライターが再登板。
 正体は上級アンデッドという、旧来の『仮面ライダー』なら敵の中堅幹部に相当する存在と思われる、ダンディなグラサン男・伊坂の、強力怪人の蜘蛛のアンデッドの力を利用して、もうひとり……つまり4人目の仮面ライダーを作らんとする試みを、改めて再確認。
 人間ではない仮面ライダーカリスこと相川始を中軸に、多彩なレギュラーキャラの、各自ごとの立場や趣味嗜好に目的意識の再確認、設定の深化や念押しが図られる。


 偶然関わりを持ってしまい、互いに静かな愛着もいだきだした、しかし彼がホントウは人間でないことを知らない、(虎太郎(こたろう)の姉でもある)母&娘の天音(あまね)の未亡人母子家族と、相川始との相思関係。
 人間ではない正体を知るがゆえ、そして非力ゆえに独力では母子を救えない焦りも混じってか、相川始に改めて敵意をいだくも何もできない、主人公のサポーターでもある虎太郎クン。
 ライダーブレイドこと主人公の剣崎は、当初は相川始を懐疑するも、母子を守らんとしての敵怪人アンデッドと戦う彼を目撃して、虎太郎の立場とはまた違えた、軟化したビミョーな立場を取っていく。
 相川始もまた、ブレイド剣崎とは共闘せずとも、問われれば蜘蛛のアンデッドの秘密と目的を教授・警告するようにもなっていく。
 独自に戦うはぐれアンデッドらしい相川始ライダーカリスは、蜘蛛のアンデッドをめぐって、敵アンデッド集団の配下となった橘ことライダーギャレンとも対決! しかし強化したギャレンにかなわず敗北して吊り橋から転落!
 のちに現場にかけつけた主人公・剣崎は、橋下に倒れた相川始を発見し、仲間にもヒミツで介抱し……。
 他にもイロイロあって、ついに剣崎の「(母子の)そばにいて守れよ!」との言葉に、相川始の行動原理も確固とした、迷いと曇りのないものになっていき、作品世界の一角の腰も座った。


 ウ〜ン、多数いるキャラの見事なまでの仕切り直しだ。
 ……一方、敵の配下になりさがったかと思われたライダーギャレン橘も、蜘蛛のアンデッドを封印したカードを渡さず、上級アンデッド・伊坂に反逆!
 そしてよもやの、橘の恋人こと女医の小夜子(さよこ)の死。
 悲しみをバネに、小夜子を毒牙にかけた上級アンデッド・伊坂を、ついに打倒し、小夜子の死が達観させたのか破滅幻覚の病からも脱する橘ギャレン


 焦りからも開放され、小夜子の死には沈むも、橘さんはいいヒト度が高くなっていく。
 小夜子の死を知り、ヒロイン栞(しおり)は気を引き締める。虎太郎も住居のアンデッド探索用の衛星パラボラアンテナを少しでも高い場所に設置せんとし、せめて分に応じた自分の出来ることを健気に尽くさんとする。


 ……何だか、面白いかもしれない。
 いや、面白くなってきた!
 急転直下の意表外な展開で、作品世界自体を大整理。
 物語自体も、4人目の仮面ライダー用の変身ベルトの出現と、それをめぐる攻防とナゾを探る物語に再整理。
 2クール目出だしのテコ入れは、個人的には成功したと見た!


 2クール目以降は、『仮面ライダーアギト』(01年)と『仮面ライダー555(ファイズ)』(03年)のメインライターはもちろん、『仮面ライダークウガ』(00年・https://katoku99.hatenablog.com/archive/2000/11)以降の平成『ライダー』全作に関わってきた脚本家・井上敏樹が再登板。
 さらには『仮面ライダー』史上において、雑誌編集者時代、80年代中盤の旧1号至上主義の時代に、特撮雑誌『宇宙船』誌上において、『仮面ライダーX』(74年)とそのメインライター長坂秀佳(ながさか・しゅうけい)をはじめて評価した脚本家・會川昇(あいかわ・しょう)も初登板。
 (ちなみに第1期ウルトラ至上主義の時代の同時期に、『ウルトラマンエース』(72年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070430/p1)と市川森一(いちかわ・しんいち)にはじめてスポットを当ててみせたのも會川)


 共に今では、あまたのアニメで常に途切れず、シリーズ構成をつとめつづけるベテランの大家といってイイふたりだが、アニメ界の通例・常識で冷静に考えてみれば、メインライター級が2人(今井センセを含めれば3人か?)もいるともいえる豪華な布陣といえるだろう。
 特に會川はアニメと両刀使いとはいえ、出自的には特撮寄りであるし、90年の『ウルトラマングレート』につづき、ついにめぐりめぐって昨03年の『爆竜戦隊アバレンジャー』(・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20031112/p1)のサブメインライターを経て、『仮面ライダー』までをも執筆する幸運・栄誉にもめぐまれたワケだ。その心境はいかばかりか?(……ってイイ歳こいてお仕事だから冷静か・汗)
 彼らの活躍の詳細については、他の寄稿者たちの筆に任せたい(……単に筆者の視聴が、2〜3カ月分ほど遅れているためです)。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2005年準備号』(04年8月14日発行)〜『仮面特攻隊2005年号』(04年12月30日発行)『仮面ライダー剣』合評③より抜粋)


[関連記事]

仮面ライダー剣 〜前半合評1 ベテラン脚本家・今井詔二作品として……

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20041101/p1

仮面ライダー剣 〜前半合評2 混迷を整理!脱却!!

  (当該記事)

劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE[ミッシングエース] 〜賛否合評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20041107/p1

仮面ライダー剣 最終回 〜終了合評 會川ヒーローは痛みと深みを増して

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20041113/p1

[関連記事] 〜會川昇・脚本作品

土6アニメ『天保異聞 妖奇士(てんぽういぶん あやかしあやし)』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070317/p1

轟轟戦隊ボウケンジャー THE MOVIE 最強のプレシャス』 〜賛否合評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060814/p1

炎神戦隊ゴーオンジャーBUNBUN!BANBAN!劇場BANG!!(ブンブン!バンバン!劇場バン!!)』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080831/p1