假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

スター☆トゥインクルプリキュア ~日本人・ハーフ・宇宙人の混成プリキュアvs妖怪型異星人軍団! 敵も味方も亡国遺民の相互理解のカギは宇宙編ではなく日常編!?

『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 ~言葉が通じない相手との相互理解・華麗なバトル・歌と音楽とダンスの感動の一編!
2019秋アニメ『アズールレーン』 ~中国版『艦これ』を楽しむ日本人オタクに一喜一憂!?(はしないけど良作だと思う・笑)
2019秋アニメ『慎重勇者』『超人高校生』『本好きの下剋上』『のうきん』『けものみち』 ~2019秋アニメ・異世界転移モノの奇抜作が大漁!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[アニメ] ~全記事見出し一覧


 2019年10月19日(土)から女児向けアニメ『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』が公開記念! とカコつけて……。
 TVアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』(19年)評をアップ!


『スター☆トゥインクルプリキュア』 ~日本人・ハーフ・宇宙人の混成プリキュアvs妖怪型異星人軍団! 敵も味方も亡国遺民の相互理解のカギは宇宙編ではなく日常編!?

テレビ朝日系 8時30分~9時00分)


(文・J.SATAKE)
(2018年6月脱稿・11月加筆)


 新作『プリキュア』の舞台は宇宙?!


 放送前はどう扱うのか不安しかなかった本作だが、様々な星へと飛び出す冒険のワクワクと、地球での日常交流から生まれる喜びを並行して描いて、独自の「プリキュアらしさ」を確立している。


 宇宙や星座に興味津々の星奈ひかる。しかしガチガチの理系ヲタクではなくオリジナルの星座を夢想する少女だ。


 「それってキラやば~っ☆」


 の台詞で好奇心旺盛、広大な宇宙に大きな可能性を信じる天真爛漫さを強調する。


 そこに現れる不思議生物・フワと、そのお供・プルンス。そしてサマーン星人・ララ。語尾に


 「ルン」


 をつける口調や髪飾りにも見える触覚で「異星人」をアピールする。


 ララたちは宇宙侵略を目論む組織・ノットレイダーに追われていた! 小さきかよわいフワを守りたいという純粋な心から誕生した「スターカラーペンダント」のペンで憧れの自分を描き、伝説の戦士プリキュア=キュアスターへと変身するひかる!!


 「宇宙に輝くキラキラ星! キュアスター!!」


 この変身シーンのBGMにこれまでにない変化が。本作では各キャラが歌唱する挿入歌が流れることで、ミュージカルのように「変身のトキメキ」をより表現するシーンへと昇華させる見事な演出となっている!!


 「天にあまねくミルキーウェイ! キュアミルキー!!」


 科学技術が発達しAIに情報をもらって行動を選択することが常であるサマーン星のララにとって、自分の感情を第一に動くひかるはまったく想定外の人物。
 しかし故障した宇宙船の修理をめぐって意見がぶつかったり、ひかるを通じて巡り会う地球の人々と接することで理解を深め、次第に心を開いてゆく。
 その成長とリンクして、ひかるにもらった名前・羽衣ララはキュアミルキーへと変身する! プリキュアシリーズに通底する、様々な立場の人との相互理解と思いやりの心が大切であることを説いている。


 「宇宙を照らす灼熱のきらめき! キュアソレイユ!!」


 第三の戦士・キュアソレイユに変身する天宮えれなは、褐色の肌とブロンドの持ち主。これはアニメ特有の記号表現ではなく、メキシコ人の父と日本人の母をもつダブルだからだ。
 サッカー好きで五人の弟妹の面倒を見つつ、家業の花屋も手伝う快活な彼女は「観星中の太陽」と呼ばれ、ひかるたちの憧れの先輩だ。


 「夜空に輝く神秘の月明かり! キュアセレーネ!!」


 第四の戦士・キュアセレーネに変身する香久矢まどかは生徒会長を務め、弓道をたしなむ淑女。
 厳格な家風のため完璧主義であった彼女だが、ひかるたちとふれあいプリキュアとなったことで、仲間と高め合う過程に大切さを見いだしてゆく。さらにまどかの父は政府の宇宙開発特別捜査局長であり、プリキュアの正体とララの宇宙船の存在を知られてはならないという秘密を抱えることに……。


 地球で日常メインの話があれば、十二星座を守護するスタープリンセスを解放するため、様々な星へと飛び出す冒険メインの話もあるのが本作の特徴。
 ひかるたちは訪れた星に住むキャラとの交流を経て、「妖怪」をモチーフにしたノットレイダー幹部とのプリンセススターカラーペン争奪戦を繰り広げる!
 「河童」のキザ男・カッパード、「天狗」の女王様・テンジョウ「一つ目小僧」のマッドサイエンテスト・アイワーンは、カラーペンを闇の感情でダークペンへ変化させ、人々を怪物・ノットリガーに変えてしまう!!


 ひかるたちは言葉や文化の異なる他の星の生き物たちにも物怖じせずふれあい、交歓することでプリンセススターカラーペンを手に入れてゆく。キュアスターたちがペンに込められた星座のパワーによって異なる特性を持った技を繰り出すのも見どころのひとつだ。


 解放されたスタープリンセスは全員が集うスターパレスへと復活するのだが、ひかるたちへ感謝するリアクションが少々薄く見えるのは残念。ここは『聖闘士星矢(セイント・セイヤ)』(85)の十二星座を司る黄金聖闘士(ゴールドセイント)のように個性的なキャラを当ててほしかった!


 シリーズ中盤のヤマ場は追加戦士の登場。他のメンバーとは毛色の変わった変身アイテムやコスチュームのキャラクターを投入することで、敵味方両陣営に変革をもたらす重要なファクターとなる。
 ひかるたちが星々をめぐるなかで出会ったのは宇宙怪盗ブルーキャット。彼女もスターカラーペンを狙って宇宙を股にかけていた。
 あるときは宇宙アイドル・マオとして歌声を響かせ、またあるときはアイワーンの忠実な執事・バケニャーンとなってノットレイダーに潜入するなど、目的のためには手段を選ばぬ大胆な行動力を発揮する彼女。その正体はアイワーンによって母星の民が全滅させられた猫型種族の少女・ユニであった。


 「銀河に光る虹色のスペクトル! キュアコスモ!!」


 ノットレイダーへの憎しみと母星の復活という重大な宿命を抱え、孤独に突き進んできたユニ。一方怪盗やバケニャーンであった過去も含めて彼女を認め、スターカラーペンを集めて母星復活を手助けしようとするひかるたち。
 幾度かのぶつかり合いを経て頑ななユニの心もその優しさで解放され、新たな戦士・キュアコスモが誕生する!


 夏休み期間はララの母星へと遠征することに。ララはAIに頼ることなく自分で考え行動する力を両親・兄に示すことで、心の奥のコンプレックスを払拭する。


 そしてノットレイダーに対抗している宇宙星空連合なる星間文明組織も登場! 連合にはひかるたちがプリキュアであることが発覚!
 一般のヒーロー作品ならば宇宙戦争に突入なのだが……『プリキュア』の作風にはそぐわない。


 代表のトッパーがひかるたちに連合への参加を促すのだが、彼女たちは中学生としての生活があると辞退する。
 それは戦い自体を拒否するものではなく、敵対するものを打ち倒す=滅ぼしても根本的な解決・幸せは訪れないことを示すためだ。力を誇示するのではなく、互いを理解しようと努力を続ける姿勢こそが調和をもたらす。


 理想論といわれればその通りかもしれないが、それを信じて行動するからひかるたちはフワとめぐり会い、プリキュアへ変身することができたのだ。連合に縛られることなくこれまで通りに行動することを容認するトッパー代表。自分では守れなかったプリンセスたちの復活を果たしたひかるたちの「未来への可能性」を信じたのだ。


 ノットレイダーの実態も徐々に明らかに。カッパードたちを束ねる「青鬼」の指揮官・ガルオウガは空間を歪め瞬間移動し、圧倒的な力でひかるたちを蹂躙する!
 その力への執着心の源は、母星の壊滅を止められなかった後悔と、救済がもたらされない世界への絶望だった……。


 宇宙星空連合はそれぞれの星の文明を尊重し、干渉はしない主義のようだ。自らの発展で宇宙に進出してはじめて連合と関わる。それが多種多様な文明と調和できる段階を越えた証しとされるのだろう。


 しかしその影で救われない者たちもいる。首領・ダークネストはその隙を取り込み、組織を拡大させてきた。ままならない世界なら邪悪な力でも変えてしまえ。
 「盗人にも三分の理」だが、彼らの行いがさらなる悲しみを生み出している以上、許されることではない……。キュアスターたちはガルオウガらの憎しみを理解し、争いの連鎖を断ち切ることができるのか?!


 そしてより対立の溝が深いユニとアイワーン。母星と大切な人たちを闇に封じたアイワーンを憎むユニだが、アイワーンもダークパワーを利用する技術を研究することでダークネストでの「居場所」を手にするしかなかった孤独な生い立ちであり、それを奪うユニ=キュアコスモは憎き相手なのだ。
 互いに感情をぶつける戦いでアイワーンの境遇を知ったユニは、誰もが運命に立ち向かっていることに思い至り、自身の怒りを抑えて、彼女を「許す」と声をかける!
 簡単には修復できない関係・感情のもつれだが、勇気をもって一歩を踏み出す。その心が「希望」を形作るはずだ……。


 宇宙編での壮大で困難な相互理解の問題。
 その答えとなるのが、日常編での家庭や学校のひとたちとの交歓やぶつかり合いにひそんでいる。フィクションだからこそ、身近なコミュニティから社会の大海原へと飛び出す成長の物語と地続きであることが示せる。こうしたさりげなさも『プリキュア』シリーズの魅力だ。


 ひかるたちがひとりの中学生として、そしてプリキュアとしてどのような道を進むのか、最後まで注目したい作品だ。



(了)
(初出・オールジャンル同人誌『DEATH-VOLT』VOL.82(18年6月16日発行予定⇒8月1日発行)に加筆)



スター☆トゥインクルプリキュア主題歌シングル

#アニメ感想 #スタプリ #スタートゥインクルプリキュア #プリキュア


[関連記事]

『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』 ~言葉が通じない相手との相互理解・華麗なバトル・歌と音楽とダンスの感動の一編!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191108/p1


[関連記事] ~TVアニメ評!

2019年秋アニメ評! 『アズールレーン』 ~中国版『艦これ』を楽しむ日本人オタクに一喜一憂!?(はしないけど良作だと思う・笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191027/p1

2019年秋アニメ評! 『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』『私、能力は平均値でって言ったよね!』『旗揚!けものみち』 ~2019秋アニメ・異世界転移モノの奇抜作が大漁!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191030/p1

2019年冬アニメ評! 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』 ~往時は人間味に欠ける脇役だった学級委員や優等生キャラの地位向上!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190912/p1

2019年冬アニメ評! 『スター☆トゥインクルプリキュア』 ~日本人・ハーフ・宇宙人の混成プリキュアvs妖怪型異星人軍団! 敵も味方も亡国遺民の相互理解のカギは宇宙編ではなく日常編!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191107/p1


2018年秋アニメ評! 『SSSS.GRIDMAN』前半評 ~リアルというよりナチュラル! 脚本より演出主導の作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181125/p1

2018年秋アニメ評! 『SSSS.GRIDMAN』総括 ~稚気ある玩具販促番組的なシリーズ構成! 高次な青春群像・ぼっちアニメでもある大傑作!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190529/p1

2018年秋アニメ評! 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』#1~10(第一章~第三章) ~戦争モノの本質とは!? 愛をも相対視する40年後のリメイク!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181208/p1

2018年秋アニメ評! 『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』 ~ぼっちラブコメだけど、テレ隠しに乾いたSFテイストをブレンド

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190706/p1

2018年夏アニメ評! 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』 ~声優がミュージカルも熱演するけど傑作か!? 賛否合評!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190728/p1

2017年秋アニメ評! 『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』 ~世評はともかく、コレ見よがしの段取りチックな鬱展開だと私見(汗)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190926/p1

2017年春アニメ評! 『正解するカド KADO: The Right Answer』 ~40次元の超知性体が3次元に干渉する本格SFアニメ。高次元を材としたアニメが本作前後に4作も!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190929/p1

2017年春アニメ評! 『ID-0(アイ・ディー・ゼロ)』 ~谷口悟朗×黒田洋介×サンジゲン! 円盤売上爆死でも、宇宙SF・巨大ロボットアニメの良作だと私見

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190924/p1

2017年冬アニメ評! 『幼女戦記』 ~異世界近代での旧独vs連合国! 新自由主義者魔法少女vs信仰を強制する造物主!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190304/p1

2017年冬アニメ評! 『BanG Dream!バンドリ!)』 ~「こんなのロックじゃない!」から30数年。和製「可愛いロック」の勝利!(笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190915/p1


2016年夏アニメ中間評! 『ももくり』『この美術部には問題がある!』『チア男子!!』『初恋モンスター』『Rewrite』『ReLIFE』『orange』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160903/p1

2016年春アニメ評! 『迷家マヨイガ-』 ~現実世界からの脱走兵30人! 水島努×岡田麿里が組んでも不人気に終わった同作を絶賛擁護する!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190630/p1


2015年秋アニメ評! 『ワンパンマン』 ~ヒーロー大集合世界における最強ヒーローの倦怠・無欲・メタ正義・人格力!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190303/p1

2015年秋アニメ評! 『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』 往年の国産ヒーローのアレンジ存在たちが番組を越境して共闘するメタ・ヒーロー作品だけれども…

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190302/p1

2015年夏アニメ中間評! 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』『六花の勇者』『おくさまが生徒会長!』『干物妹!うまるちゃん』『実は私は』『下ネタという概念が存在しない退屈な世界

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150901/p1

2015年春アニメ評! 『響け!ユーフォニアム』 ~手放しの傑作か!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160504/p1

2015年冬アニメ評! 『SHIROBAKO』(後半第2クール)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160103/p1


2014年秋アニメ評! 『SHIROBAKO』(前半第1クール)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20151202/p1

2014年秋アニメ評! 『サムライフラメンコ』 ~ご町内⇒単身⇒戦隊⇒新旧ヒーロー大集合へとインフレ! ヒーロー&正義とは何か? を問うメタ・ヒーロー作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190301/p1

2014年春アニメ評! 『ラブライブ!』(第2期)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160401/p1


2013年秋アニメ評! 『WHITE ALBUM 2』 ~「冴えカノ」原作者が自ら手懸けた悲恋物語の埋もれた大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191115/p1

2013年秋アニメ評! 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』 ~低劣な軍艦擬人化アニメに見えて、テーマ&萌えも両立した爽快活劇の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190922/p1

2013年夏アニメ評! 『げんしけん二代目』 ~非モテの虚構への耽溺! 非コミュのオタはいかに生くべきか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160623/p1

2013年春アニメ評! 『這いよれ!ニャル子さんW(ダブル)』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150601/p1

2013年冬アニメ評! 『ラブライブ!』(第1期)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160330/p1


2013~14年3大アイドルアニメ評! 『ラブライブ!』『Wake Up,Girls!』『アイドルマスター

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150615/p1

2012年秋アニメ評! 『ガールズ&パンツァー』 ~爽快活劇に至るためのお膳立てとしての設定&ドラマとは!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190622/p1

2011年春アニメ評! 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ~別離・喪失・齟齬・焦燥・後悔・煩悶の青春群像劇の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191103/p1

2011年冬アニメ評! 『魔法少女まどか☆マギカ』最終回「わたしの、最高の友達」 ~&2011年冬季アニメ『IS』『フリージング』『放浪息子』『フラクタル

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20120527/p1

2008年秋アニメ評! 『鉄(くろがね)のラインバレル』 ~正義が大好きキャラ総登場ロボアニメ・最終回!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20090322/p1

2008年春アニメ評! 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 ~総括・大英帝国占領下の日本独立!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20081005/p1

2008年冬アニメ評! 『墓場鬼太郎

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20080615/p1


2007年秋アニメ評! 『GR ジャイアントロボ

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20080323/p1

2007年春アニメ評! 『ゲゲゲの鬼太郎』2007年版

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070715/p1


2006年秋アニメ評! 『天保異聞 妖奇士(てんぽういぶん あやかしあやし)』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070317/p1

2006年夏アニメ評! 『N・H・Kにようこそ!』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20061119/p1


2005年秋アニメ評! 『BLOOD+(ブラッド・プラス)』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20051025/p1

2005年春アニメ評! 『英国戀(こい)物語エマ』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20051022/p1

2005年春アニメ評! 『創聖のアクエリオン』 ~序盤寸評

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20051021/p1


2004年春アニメ評! 『鉄人28号』『花右京メイド隊』『美鳥の日々(みどりのひび)』『恋風(こいかぜ)』『天上天下

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040407/p1

2004年冬アニメ評! 『超変身コス∞プレイヤー』『ヒットをねらえ!』『LOVE♡LOVE?』『バーンアップ・スクランブル』『超重神グラヴィオン ツヴァイ』『みさきクロニクル ~ダイバージェンス・イヴ~』『光と水のダフネ』『MEZZO~メゾ~』『マリア様がみてる』『ふたりはプリキュア

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040406/p1


2003年秋アニメ評! 『カレイドスター 新たなる翼』 ~女児向け・美少女アニメから真のアニメ評論を遠望! 作家性か?映画か?アニメか? 絵柄・スポ根・複数監督制!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040408/p1

2003年春アニメ評! 『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』『成恵(なるえ)の世界』『宇宙のステルヴィア』『ASTRO BOY 鉄腕アトム

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040403/p1