假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

翔んで埼玉 ~忌まわしき軽佻浮薄な80年代出自の北関東ディスりギャグを昇華!

『映画 刀剣乱舞』(実写映画) ~ニトロプラス原作×小林靖子脚本! 信長・秀吉論でもある意表外な傑作!
『がっこうぐらし!』(実写版) ~ニトロプラス原作×秋元康系アイドル! 低予算でも良作誕生!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[特撮邦画] ~全記事見出し一覧


『翔んで埼玉』 ~忌まわしき軽佻浮薄な80年代出自の北関東ディスりギャグを昇華!

(19年2月22日(金)・封切)


(文・T.SATO)
(19年6月7日脱稿)


 我々オッサン世代にはTVアニメ化(82年)もされたホモ・ギャグ漫画『パタリロ!』(78年)で有名な魔夜峰央(まや・みねお)原作の同名のマイナー漫画(82年)が実写映画化。


 時は前世紀である20世紀。東京都は大いに栄えており、白亜の豪邸にゴシックな服装をした都民たちが裕福な生活をしていたが、荒川を挟んだ埼玉県では江戸時代か縄文時代のような暮らしをしており(!)、埼玉県民が東京都に入るには通行手形(!)が必要であった――さらに田舎の群馬県に至っては恐竜も生き残っている!?――。
 しかも埼玉県民が変装して都心で遊んでいても、特殊センサーがその田舎クサさを感知して警報が鳴って逮捕もされてしまうのだ!(笑)


 ドコから見ても完璧な身ごなしで東京都民にしか見えないGACKT(ガクト)演じる男子高校生(笑)が都心の白亜の大校舎の学園に転入してきた。しかし、彼の正体は埼玉解放戦線のメンバーでもあったのだ!
 そして始まる逃避行、そんな彼にホレてしまった東京至上主義者でもある生徒会長の少年――実質的には見た目もメンタルも少女(二階堂ふみちゃん・笑)――との道ならぬ恋&思想的成長。
 東京vs埼玉の合戦になるかと思いきや、東京とつるんだやはり縄文時代な千葉vs埼玉との合戦ともなり、しかして最終的には千葉&埼玉連合軍が神奈川県とも通じている東京都庁へと殴り込むのであった!
 もちろん設定からしてギャグであり、お芝居もオーバーアクションの学芸会のバカ映画でもある(イイ意味で!)。


 が、オッサンとしては、この原作漫画が発表された1982年末の時代背景との濃厚なつながりを想起せずにはいられない。オッサンの繰り言で恐縮だけれども、1982年よりも前の1970年代前半の若者文化とは、まだまだ日本が貧乏であり四畳半フォークソングが流行っていた時代で、70年代後半には少々音楽性(ポップス性)を高めた当時はニューミュージックと呼ばれた楽曲が流行しはじめるも、今も延命している中島みゆきに象徴されるように、それは演歌のポップス版とでも呼ぶべきモノで、消費文化の中でオシャレな自分に半ば陶酔しながら周囲に見せつけるためにリア充を装うといった体ではなく、ある種の実存的なヤルせない情念を歌い上げて、今で云う弱者やイケてない系にも手を差し伸べてくれるような包摂性があった。


 しかし、70年代末期に突如勃発したMANZAIブームで時代の空気――というか若者文化――は急に軽佻浮薄へと変わる。そこに82年10月からはじまった平日正午の帯番組『笑っていいとも!』でタレントのタモリが司会を務めて、それまでのアングラ芸人臭を払拭して躁病的な芸風で番組を盛り上げて、「ネアカ」「ネクラ」や「ダサい」という言葉も流行らかす。今で云う「陰キャラ」はダメ人間意識・過剰な劣等感を持たされて、今日的なスクールカーストもこの時代に誕生するのであった。
 それらの派生形としてタモリは、卓球はクラいスポーツ、埼玉や千葉(に名古屋)はダサい地域・田舎だとする芸も披露していく……。個人的には実に不愉快な忌まわしき時代であったけど、差別が大スキな大多数の庶民・大衆・愚民の皆さまには楽しくて楽しくて仕方がナイ黄金時代だったんじゃないのかとも思う(笑)――今では立憲民主党辻元清美も、30年も前の80年代末期に中型船舶で東アジア各地をまわる「ピースボート」活動を記した自著で「昔はイイと思っていたけど、今では『神田川』などのフォークソングは貧乏クサくてイヤだ」と語っていた(爆)――。


 40年近くが経った今ではそれらの地方イジりギャグも干からびて、皆もスレて慣れてしまって乾いた半笑いで受け流すようにも変転しているけど、往時のネクラ人種や埼玉や千葉などの北関東や東北地方の住民(の若者)は、TVに出て出身地なぞを聞かれると、ホントにガチで隠れキリシタンみたいな表情になっていたのだゾ(汗)。
 その反対に70年代末期には、『ポパイ』などの若者雑誌でアメリカ西海岸がカッコいいものとして紹介されることで、享楽的で南国的なフンイキもある沖縄などはカッコいい別格エリアとして昇格されていったというのが筆者の実感でもある。
 なので、今でも沖縄県民が本土に来ると差別されていると感じるなぞとのたまう御仁もタマにいるけど、失礼ながらそれは被害妄想であろう。ドー考えても若者文化の中では沖縄はオシャレであり、特に80年代における北関東や東北は笑いのめしてもイイ、小さなイジメもOKな対象になっていたとも思うゾ(笑)。


 90年代後半以降のネット普及後であれば、人数的には実は少数派でも声はデカいので多数派に見えるネット民が噴き上がってくれて、TV局やタモリにDQNな視聴者どもをネット上で叩いてくれることで圧力となって自粛も働いたのであろうけど、その前後の時代とは異なり80年代とはホントにヤリたい放題、お笑い芸人が視聴者や観覧客もほとんどイジメのイジりたい放題であったのだ。
――ネット民とはネトウヨやパヨクも含む。連中にはまだ何らかの社会正義・公共への関心がある。身の回りの半径数十メートル・地元の友人たちへのウケ狙いにしか関心がナイ私的快楽至上主義者で食材を粗末に扱うバカッター民たちの方が筆者にははるかに呪わしい。ヒトが物理的・肉体的に傷つくワケでもないのにネットの炎上の方を批判して、バカッター民を弱者として擁護するリベラル連中も倒錯しているとも思う(爆)――


 とはいえ、それから30年以上が過ぎると、バブル崩壊により狂騒的な空気も消え去って、お笑い芸人も元からクラスの中心にいた連中らではなく「中学ン時イケてない芸人トーク!」のようにコミュ力弱者がリハビリのために芸人になったようなヤツらが多数派を占めるようになった昨今(笑)、江戸の仇を長崎で取ろうとする気力は筆者にももうナイ。
 タモリもあそこでブーストをかけなければ80年代を生き残れずに、70年代末期のアングラ芸人として消え去っていたとも思うので、今がイイから過去もすべて許すとかではなくその功罪両面は明らかにしたいけど、そこにルサンチマンを過剰に忍び込ませる気もまた毛頭ナイ。
 まぁそれは筆者自身も加齢で枯れつつあるからでもあるし、埼玉ディスりのギャグが陳腐化・形骸化・歌舞伎的様式美と化して、そのまた後世にイジられても三枚目を演じて笑いで受け流すようなコミュニケーション流儀が日本人の間で新たに勃興するようにもなったからでもあるけれど。何気ないコミュニケーションの仕方にもここ数十年の間でいろいろと変化がありました。そのへんは別の作品評にカラめて今後とも「ついで」のオマケとして語っていく所存だ。


 ちなみに「翔んで埼玉」の「翔んで」の方は、1976年に大ヒットした司馬遼太郎西郷隆盛&親友・大久保利通を描いた歴史小説翔ぶが如く』(薩摩隼人らのことを指す)での意図的な漢字誤用のタイトルに端を発しており、それを受けて77年には「翔んでる女」が流行語、78年の歌謡曲かもめが翔んだ日」&大人気漫画「翔んだカップル」でも一般化を果たして、筆者も子供心にカッコいいと思った漢字語句でもある。
 79年には我らが愛するジャンル作品でも『機動戦士ガンダム』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/19990801/p1)主題歌「翔べ! ガンダム」やTV時代劇『翔べ! 必殺うらごろし』などのタイトルにも引用されるほどであり、かつてほどではナイけれども現在でも衰えることはないカッコいい漢字でもあるので――一番好んでいるのはヤンキー連中だとは思うけど(笑)――、「翔」に「とぶ」という読みは本来はナイのに、今ではすっかり日本語に定着した新造語句でもある。本作のタイトルもそんな時代風潮を受けたモノでもあったのだ。
 以上、歴史証言的な豆知識!


(了)
(初出・オールジャンル同人誌『DEATH-VOLT』VOL.82(18年6月16日発行))


[関連記事] ~2019年・特撮邦画評

『映画 刀剣乱舞』(実写映画) ~ニトロプラス原作×小林靖子脚本! 信長・秀吉論でもある意表外な傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190323/p1

がっこうぐらし!』(実写版) ~ニトロプラス原作×秋元康系アイドル! 低予算でも良作誕生!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190324/p1


[関連記事] ~特撮邦画評

牙狼〈GARO〉 神ノ牙―KAMINOKIBA―』 ~小粒良品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20180601/p1

『BRAVE STORM ブレイブストーム』 ~シルバー仮面×レッドバロン×歴史改変SF×超能力戦闘美少女!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20171119/p1

シン・ゴジラ』 ~震災・原発・安保法制! そも反戦反核作品か!? 世界情勢・理想の外交・徳義国家ニッポン!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160824/p1

BALLAD 名もなき恋のうた』 ~子役の行動・絡ませ方に見る原典との差異

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091012/p1

トミカヒーロー レスキューフォース 爆裂MOVIE マッハトレインをレスキューせよ!』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090404/p1

ゲゲゲの鬼太郎』 ~2007年アニメ版&実写映画版

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070715/p1

日本沈没』2006年版 ~果てし無き、日本沈没の果てに…

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060716/p1

『小さき勇者たち~ガメラ~』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060714/p1

『劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060712/p1

仮面ライダー THE FIRST』 ~原作・TV版初作の再生か?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060316/p1

ゴジラ FINAL WARS』 ~特撮アクション&本編アクション見せまくり究極作登場! JAC的なるものの勝利!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060304/p1

キューティーハニー』 ~女子の性格類型の細分化・下妻物語との共時性

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20041103/p1