假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

BanG Dream! ~「こんなのロックじゃない!」から30数年。和製「可愛いロック」の勝利!(笑)

『刀使ノ巫女』 ~『BanG Dream!』2期の柿本広大カントク作品ほか、2018年冬アニメ12本評!
『蒼き鋼のアルペジオ ―アルス・ノヴァ―』 ~『BanG Dream!』2期の柿本広大カントクが副監督を務めた傑作アニメ!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[アニメ] ~全記事見出し一覧


 2019年9月13日(金)からアニメ映画『BanG Dream! FILM LIVE(バンドリ! フィルムライブ)』が公開記念! とカコつけて……。
 同作の前日譚たる深夜アニメ『BanG Dream!』(17年)&『BanG Dream! 2nd Season』(19年)評をアップ!


『BanG Dream!』 ~「こんなのロックじゃない!」から30数年。和製「可愛いロック」の勝利!(笑)


(文・T.SATO)
(17年4月28日脱稿)


 『BanG Dream!』と書いて「バンドリ!」と読ませる。ガールズハンドを組む5人の美少女を描くアニメ。3次元でも声優たちが演奏し、大規模ライブも開催する。
 多数の出資者が集って広くウスく回収するのではなく、カードゲームのブシロードが主幹事で、かの会社の取り分を多めにするビジネスモデルのようだ――と思ったけど、天下の芸能プロダクション・ホリプロも「製作」に入ってましたネ(汗)――。


 昨2016年夏からあまたの深夜アニメの中CMの楽曲宣伝やアニメ化決定告知で、散々ぱらに露出してきた『バンドリ!』がついに真打ちのTVアニメ版にて登場!
 関東圏では東京MXが深夜ワクのみならず浅い時間帯でも再放送。テレビ神奈川テレビ埼玉、BSでもBS11(再放送もアリ)やBSフジのワクまで買いつけて、続く春からは冬アニメなのにMXとBS11では早くも再放送を開始(笑)。どんだけチカラを入れてんだヨ。


・美少女キャラ複数モノの定番で、主役のコは明るく元気で華(はな)も情もあり、少しオツムや語彙は足りないけど憎めない猫耳髪形のバカ少女でボーカル&ギターを担当。
・サブヒロイン(?)は学力も語彙もあるけど、自意識過剰のテレ屋さんで自分を出して割り込んでいくのは苦手そうであり、集団不適応で浮いていたのか不登校気味でもあったけど、話し掛ければ早口で返してくる金髪ツインテールの質屋の娘でキーボードを担当。
・いかにも内気そうでオドオドしてトロトロと甘ったるくしゃべっているオカッパのコがベース。
・黒髪ロングヘアで一見クールそうでも、別にシニカルでもニヒルでもなく、性格はいたってフツーで言葉少なめな長身のコはギター。
・実家がパン屋で家業のお手伝いもする茶髪ポニーテールの少々姉御ハダのコがドラム。


 ……エッ、ドラマーのコは、同2017年冬季放映のモテ/非モテ問題を扱った、筆者もお気に入りのラブコメ深夜アニメ『政宗くんのリベンジ』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190909/p1)で、黒髪ロングを束ねたお嬢様メインヒロインを演じて主題歌も熱唱し、『アイドルマスター シンデレラガールズ』(15年)の主役・島村卯月しまむら・うづき)も演じてたコだったの!? しかもこのコ、天下のホリプロ所属だったの!? ドラムまで叩けるの!?


 ……こんなヤサグレ度や不良性感度ゼロの健気な女のコたちが、キラキラやドキドキを求めてバンド活動するだなんて、生き方がちっともロックじゃないよネ!(爆)
 今から30数年も前(汗)の80年代中盤、「ロッキンオンJAPAN」誌などで当時の日本の若手ロッカーたちが上の世代の評論家や音楽ライターたちから「こんなのロックじゃないやい! 日本語の一音一音を音符の一音一音に乗せるな! コレじゃ歌謡ロックだ!」なぞと散々に批判されてたモノだけど、アレから幾星霜。
 ロックの衝撃はさらに目減りして、往時はトンガった怖いヤツらがやるのが定番だったのに、いつの間にやら学級でも中の上くらいのシャイさを残す連中が自らを変えるためにヤルものへと変質、ついにはカースト最底辺の我々ダサいオタも愛玩する「可愛いロック」に成り果ててしまって、コレでイイのかよ!?


 なーんてネ。筆者は別にロック至上主義者じゃないし、あんなの真のイミでの左翼や反逆ではなく、若者世代の中では強者のポジションにある連中が、表向きはラブ&ピースを唱えようとも、ヘナヘナした性格弱者を威嚇してイキがってワルぶって虚栄心を満たすためにヤルものだと思っているので、昨今の堕落ぶりにはむしろ愉快痛快。


 なので、本作も安心して楽しむことができる。図々しいメインヒロインに付きまとわれて、メーワクがってはいてもマンザラでもなく、質屋の蔵の地下室を練習部屋に提供して、マンザラをごまかすために顔を赤くして「違えーし!」「○○だっし!」を連発する金髪サブヒロインのお約束ツンデレも個人的には楽しい。


 部室や自宅でグダグダ会話してゴロゴロしたりお菓子喰ってるだけでロクに練習してないのに、イザとなるや神演奏を披露していた深夜アニメ『けいおん!』(09年)が大ヒットして、この世の無常(笑)を感じていた筆者は、楽器との出会いやライブハウスでの先達の演奏に衝撃を受けるとかメンバー探しや練習場所の確保などの一連をていねいに描いている本作に、本来あるべき『けいおん!』がココにある! という思いでもいる――『けいおん!』ファンの皆さまにはゴメンなさい(汗)――。


 今夏(2017年夏)にはもう日本武道館でのライブが開催決定! 同じくブシロード主導であった『探偵オペラ ミルキィホームズ』(10年)の武道館ライブ同様、こんなモノになんでそんなに集客力があるのか、正直ナゾ過ぎるけど(汗)。


(了)
(初出・オールジャンル同人誌『SHOUT!』VOL.69(17年5月4日発行))


後日付記その1:『BanG Dream!』第1期中後盤

(19年9月14日書き下ろし)


 いわゆる美少女キャラにかぎらず主要登場人物がふたりであれば、片方は熱血元気でもう片方はクールかおしとやかが、作劇の便宜やキャラ対比の面でも定番となる。
 しかし、3人以上の複数キャラ登場モノとなると、熱血猪突派やクール頭脳派はワキにまわり、センターに立つ主人公キャラを中庸の性格か、もしくは明るく元気でもキツさの域には達せさせず、腕力や知性には欠けていても、明るさや愛や癒しや場のなごみを与えることで、仲間や敵をもその人徳の力で癒していく、ある意味では東洋的・宗教的ともいえる方向性で主人公を立てていくキャラ造形や作劇も定番となっている。
 多分、この手法をはじめて自覚的に実施したのが、古くは原作マンガ版ではなくTVアニメ版の方の『美少女戦士セーラームーン』(92年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20041105/p1)。
 21世紀以降の女児向けアニメ「プリキュア」シリーズ(04年~)でも、『Yes! プリキュア5(ファイブ)』(07年)以降の3~6人体制の作品の場合には、センターを務める主人公にこのような性格設定の少女を配置して、腕力や頭脳だけでも解決できない高次な諸問題や心理問題の解決はセンター少女の人徳に解決させることで、物語やテーマ的な豊穣さも達成させている。


 まぁそのような大上段の物語やテーマ的な達成ありきで、無為自然・無用の用・天真爛漫ハクチ少女が造形されていったワケではなく(笑)その逆で、まずは天真爛漫ハクチ少女がありきで、それを主人公らしく作劇的にも意味があるようにも立てていく方策をスタッフ各位が考えていったら、このような作劇&キャラ造形パターンが確立されて、新たな定番となっていったのが事の真相だろうとは思うけど。


――もちろん『三国志』の主人公・劉備玄徳や、『項羽と劉邦』の劉邦など、腕力や頭脳などの才気や近代合理的な手腕には欠けるけど、人徳がある主人公というのは、2000年も前から史実としても存在するのは置いといて(笑)――


 女子高生が部活動としてアイドル活動を実施して覇を競い合う世界を描いたアイドルアニメ『ラブライブ!』(13年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160330/p1)や、元祖『アイドルマスター』(11年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150615/p1)のセンター主人公の美少女キャラもこのパターンであった。


 ちなみに、本作『BanG Dream!』第1期でも、『ラブライブ!』第1期の物語の終盤同様、主人公少女に失敗や試練を与えるかたちで少々の鬱屈を作り、それが解決されることで解放&成長のカタルシスにも満ち満ちたクライマックスを構築する。
 『BanG Dream!』1期の終盤の多少の独自性も云うならば、主人公少女には盲目的な「何かをヤリたい」という気持ちはたしかにあって、仲間も引っ張ってはきたけれど、実はメンバーの中では彼女が一番技量がナイことを、大ベテラン・小山茉美が演じるライブハウスの初老の域に達しているけど痩身で颯爽としつつも低音ハスキーボイスでしゃべるキビしい女オーナーに指摘され、彼女が審査するステージに立つ資格を得るオーディションに数回落ち続けることで、主人公少女を自信喪失&発話・発声恐怖(!)へと陥(おとしい)れて、そこからの復活劇を見せてくれることになる!


 エエ~~ッ!? もっと脳天気でおバカなアニメだと思っていたのにィ~(笑)。
 いやぁ筆者個人にとってはウェルカムな見応えのある展開だったけれども、『ラブライブ!』第1期終盤の主人公少女の試練でさえ、「そんなのは不要だ! 鬱アニメだ! 美少女たちのキャッキャウフフだけがあればイイんだよ!!」との批判が若いアニオタ間ではまかり通っていた昨今、セールス的には大丈夫なのであろうか!? と心配もしてしまったけど(汗)――単なる神経質なノイジー・マイノリティーの意見であり、彼らはサイレント・マジョリティーではない?――。


――元気さだけが取り柄で技量がナイことに悩むのとは正反対に、シリーズ前作との差別化による弊害か、自身が端正にすぎて無個性であることに美少女キャラが悩んだ作品としては、奇しくも本作のドラマーの娘を演じた声優さんが新主人公少女を演じた『アイドルマスター シンデレラガールズ』(15年)終盤なども思い出す。コレなども作り手側がキャラ造形の弱点に気付いて、逆にそこを真正面から堀り下げることで肉付け、アイデンティティ・クライシスのドラマも構築してみせようとした……といったところかと憶測するのだが――


 順番は前後するけど、第1期中盤では最後の加入メンバー、パン屋の娘でドラマー経験者の娘が、主人公たちのバンドに加入するか否かの葛藤でドラマを構築していく。
 そのドラマも二段構え。母親が心臓が弱くて過去にも救急車や病院のお世話になっており、自宅を極力留守にはしたくない、家事も母親任せではなく自分が主導したいという気持ち&事情。加えて、過去に参加していた別のバンドで母の病気のことでメーワクをかけた末に脱退したことから、今さら新たなバンドに参加するだなんて彼らに顔向けができないという気持ち。
 この二重の葛藤から単調ではないドラマを構築していくけど、もちろん我らが主人公たちのバンドに彼女が加入するのはこの作品の既定路線でもあって、最終的にも加入してくれなかったらそれこそ看板倒れの詐欺である(笑)。
 ならばそこで、最終的なオチはミエミエでも説得力のある加入ドラマが展開されてくれるのであれば、視聴者もナットクして、彼女のことをも応援したくなるワケだ。


 詳細は本作を未見の読者にはネタバレに過ぎるので端折(はしょ)るけど、いろいろあって、過去に参加していた別バンドのメンバー少女たちまで登場させて、最後には彼女たちも背中を押してくれて、パン屋の娘の代わりに参加した新ドラマーのコからも緊急でステッキを貸与されるダメ押しで、土壇場で駆けつけた高校の文化祭でのライブに参加もできて、テーマ的には過去の仲間たちからも認められて託されたことが表象されるビジュアル演出の一連も実に泣かせてくれるのであった。


 本作でもアイドル部アニメ『ラブライブ!』シリーズや戦車部アニメ『ガールズ&パンツァー』(12年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190622/p1)に合唱部アニメ『TARI TARI』(12年)や吹奏楽部の『ハルチカ』実写映画版(17年)や、『ウルトラマンメビウス』(06年)#41「思い出の先生」(中学教師も兼任していた往年のウルトラマン80(エイティ)客演編・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070218/p1)などとも同様に、コレはコレで切迫感を出すための「お約束」「歌舞伎的様式美」とも化している「廃校」や「廃部」の危機といったタイムリミット要素を導入し、地元のガールズバンドたちの憧れの聖地でもあるライブハウスの閉鎖が間近に迫っているという中盤で明かされる新事実で、ビターさ・ニガ味も出していく。


 もちろんドラマやテーマがいろいろあっても、このテの音楽アニメは最後に、本作の場合であれば手書きではなくセル画ライクな3D-CGで描かれる美麗な「楽曲シーン」が最大限に盛り上がるための前段・前菜・お膳立て・助走台として、ドラマやテーマが配置されてはいるのだけれども、だとしたらなおのこと、本作はパーツ・パーツがうまく配置されており、楽曲シーンを各キャラの「心情」や「信念」や「動機」も込みで盛り上げることもできていたといってもイイと思う。
――いやまぁ本作が特段で優れていたワケではなく、『ラブライブ!』シリーズなどの歌唱ライブシーンなども含めて、近年のその方面のジャンル作品群はそのへんはイイ意味で多分に自覚的で技巧的にも構築していて、たいがい成功もしているとは思いますが(笑)――


後日付記その2:『BanG Dream! 2nd Season』


 『BanG Dream!』(第1期)が放映開始の2017年1月から2年後の2019年1月、第1期の1年後を舞台に高校1年生から高校2年生に進学した『BanG Dream! 2nd Season』(19年)の放映が開始された。


 『BanG Dream!』(第1期)は、同じくブシロード主導で2.5次元舞台とも連動した深夜アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』(18年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190728/p1)の高予算・高品質でアクション場面でもヌルヌル動く作品などとも比すると、失礼ながら作画クオリティ的にはやや低予算・低作画でイマイチという出来ではあった――ただしドラマ的には面白いので、個人的には作画面を大きな不満としないけど――。


 『BanG Dream! 2nd Season』ではライブシーンや楽器の演奏シーンのみならず、全編をセル画ライクな3D-CGアニメ作品として製作されることが先に公表された。
 「エッ!?」と思いつつも、3D-CGアニメ制作会社はかの「サンジゲン」であるとも発表!


 「サンジゲン」といえば、旧日本海軍の巨大戦艦や潜水艦の姿を模したナゾの侵略者の精神部分が、美少女型の萌えキャラとしても実体化して(笑)、人類との攻防を繰り広げたり、その一部は徐々に人間という存在の「人間性」それ自体に引かれて、人間のために戦うように寝返っていく深夜アニメ『蒼(あお)き鋼(はがね)のアルペジオ ―アルス・ノヴァ―』(13年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190922/p1)という艦船メカバトル・美少女萌え・ドラマ性・作品人気といった4大要素も同時に達成してみせた製作会社でもある。
 ハズかしながら、何の予備知識もなく観ていたので、『蒼き鋼のアルペジオ』がその艦船バトル部分はともかく、人間キャラのパートまでもが3D-CGであるとは当初は気付かず、数話目にして艦船美少女が女児向け魔法少女アニメの変身シーンのようにムダに360度グルグル回転の回り込みで変身する、のちのちバンクフィルムとして流用するでもないムダに豪華なワンカットで、本作が全編3D-CGアニメであったと気付かされるくらいにナチュラルな仕上がりの作品でもあったのだから、「サンジゲン」のクオリティは太鼓判を押してもイイのである――いやまぁ一介のキモオタに過ぎない筆者個人の「見る目」を基準にしても説得力はナイだろうけれども(汗)――
 巨大ロボットアニメ『機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)』(07年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20100920/p1)などをはじめ、かつてはCGで描かれたエフェクトやメカロボにクルマや電車などの動作だけを担当している下請け会社のイメージであった会社さんが、近年では元請けとしてアニメ制作まで担当してしまうとは隔世の感でもある……。


 まぁ細かい部分での違和感を顕微鏡で拡大したように過剰に気にする御仁がいるのもわかるし、そーいう感慨を一概には否定もしないけど、手書きでも作画が崩れて演技や抒情性などの表現が不充分となってしまうようなアニメとして堕してしまうくらいならば、セル画ライクな3D-CGアニメの方が常に平均以上の映像クオリティを達成できるのであるから、アニメ業界の全部と云わずとも半数はこのCG映像表現の方向に進むということでイイんじゃないでせうか?(オズオズと・汗)


 その『蒼き鋼のアルペジオ』で助監督――実写作品で云うところの下っ端・使いっ走りとしてのAD(アシスタント・ディレクター)のイメージではなく、「助」というよりも「副監督」といったポジションかと憶測――を務めて、昨2018年には世間的にはイロモノでも個人的にはよくできた大傑作だと思った刀剣美少女アニメ刀使ノ巫女(とじのみこ)』(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190908/p1)でも初監督にして良作を仕上げた柿本広大(かきもと・こうだい)が、本作の監督としても登板。


 この『2nd Season』については、同一世界で別のあまたの女性バンドたち――ロゼリアパステルパレット・アフターグロウ・ハローハッピーワールドなどなど――が、すでにゲーム版や番外編短編アニメシリーズ『ガルパ☆ピコ』(18年)などでも活躍していたことを織り込んで、『アベンジャーズ』(12年~・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190617/p1)で『ジャスティス・リーグ』(17年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20171125/p1)で『スーパーヒーロー大戦』(12年~)で『プリキュア オールスターズ』(09年~)な作品世界としても構築されて登場している。
 しかし、コレらの主人公チームとは別の女性バンドたちについては、「みんな、もう知ってるよね!?」的にあまり説明がなされない状態で登場!(ヒエ~~~っっ!!!・汗)
 まとめてお団子状態になって区別が付かない状態で一挙に一斉に登場するのではなく、一応は各話ごとに分けて登場するし、元からビジュアル・ルックス・楽曲的にも、黒系衣服のチョイ悪・ヒラヒラフリフリ淡色ドレス・ポップでライトなチョイ悪2・赤い巨大なシルクハットをかぶったお揃いで紅白のミニスカ制服で行進するブラスバンド部みたいな色物バンド(笑)といった描き分けはできているので、ワケわかめになることはナイのだが。


 それでもって、前作とは打って変わった潤沢な予算で、各話のゲストの女性バンドも美麗な演奏&歌唱シーンを長尺でじっくり魅せてくれるけど、それがために我らが主人公チームである「ポッピンQ」ならぬ「Poppin’Party」の面々の影がウスく見えてしまうところが少々ひっかかる。


・ボーカル主人公少女はバンドA
・キーボード少女はバンドB
・ベース少女はバンドC
・ドラム少女はバンドD


みたいな感じで、主人公側も漫然とヨソのバンド少女たちとも友人関係にあるのだ! ということではなく、ご都合主義でも作りモノめいても、各キャラごとに因縁の濃淡・執着・鏡像などの専門分野(笑)を作る感じで接点を作っていった方が、主人公側の個々のメンバーも友人バンド連のキャラも相互に立って、描き分けや響き合いなども描いていけたのではないかとも思うけど、完成作品を観るかぎりでは、同じ空間で共演していても、主人公少女たちとゲストバンド少女たちの抱えている主題がややスレ違っているようにも思えてしまって……(汗)。


 シリーズ前半ではそんなモヤモヤした感じではあったけど、後半では黒髪ロングのギター少女・おたえちゃんこと花園たえがヨソのバンド(レイズ・ア・スイレン)に誘われてサポートで手伝うことになって、コレは脱退のフラグ・伏線かとメンバー間にササッと緊張・心配・不安が走るところから、『BanG Dream!』第1期的な作品空気やドラマ性をも回復させていく。
 実力派ガールズバンドのスキルやマジ度合いに刺激を受けて、自身も成長を遂げたいという想い。当のバンドのライブと自身のバンドの高校での文化祭ライブのバッティング。懊悩。その調整&両立。しかして失敗……(爆)。


 その悔恨をバネにしたメンバー間での和解劇&結束劇も描いて、最終回では主人公バンドが主催するゲストバンドも集めた合同ライブで、美麗な楽曲シーンを連発して大団円に持っていく……。
――主人公集団である東北のローカルアイドル上がりの中堅アイドルグループ以外の別グループたち(AKB48もどきの超巨大アイドル集団や、その地方支部へ左遷の末に脱退して独立したライバル少女や、各地のローカルアイドルたちに、勃興してきたバーチャルアイドル)のライブシーンも並走させることで、全存在の全肯定をも目論んだとおぼしきアイドルアニメ『WakeUp,Girls! 新章』(17年)最終回などでも見られた手法ではある……。類似しているからダメだと云っているのではナイので念のため。類似していてもイイものはイイという意味での引用・言及です!――


 そして、2019年の夏~秋にかけて、かの因縁(?)の「ロッキンオンJAPAN」誌主催の日本最大の野外ロックフェスティバル「rockin'on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」や、泉谷しげる発起人の『阿蘇ロック・フェスティバル2019 in 北九州』にも、3次元存在(笑)として我らがPoppin’Partyが出演! 35年近い歳月にわたる闘争(?)はついにオタク的感性の勝利で決着したのであった……。
――我ながらホントかよ!? たしかに歳を喰ったロック野郎の連中間でもロック至上主義はとっくに相対化されていただろうけど、大物の余裕から来る余技としてのイロモノ扱いでのゲスト枠に過ぎないよネ?(笑)――



TVアニメ「BanG Dream!」OP主題歌「ときめきエクスペリエンス!」

BanG Dream! Blu-ray BOX

BanG Dream! Blu-ray BOX

#アニメ感想 #バンドリ


[関連記事] ~『BanG Dream!』2期の柿本広大カントク作品!

刀使ノ巫女(とじのみこ)』 ~『BanG Dream!』2期の柿本広大カントク作品ほか、2018年冬アニメ12本評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190908/p1

『蒼き鋼のアルペジオ ―アルス・ノヴァ―』 ~『BanG Dream!』2期の柿本広大カントクが副監督を務めた傑作アニメ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190922/p1


[関連記事] ~TVアニメ評!

2019年秋アニメ評! 『アズールレーン』 ~中国版『艦これ』を楽しむ日本人オタクに一喜一憂!?(はしないけど良作だと思う・笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191027/p1

2019年秋アニメ評! 『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』『私、能力は平均値でって言ったよね!』『旗揚!けものみち』 ~2019秋アニメ・異世界転移モノの奇抜作が大漁!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191030/p1

2019年冬アニメ評! 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』 ~往時は人間味に欠ける脇役だった学級委員や優等生キャラの地位向上!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190912/p1

2019年冬アニメ評! 『スター☆トゥインクルプリキュア』 ~日本人・ハーフ・宇宙人の混成プリキュアvs妖怪型異星人軍団! 敵も味方も亡国遺民の相互理解のカギは宇宙編ではなく日常編!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191107/p1


2018年秋アニメ評! 『SSSS.GRIDMAN』前半評 ~リアルというよりナチュラル! 脚本より演出主導の作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181125/p1

2018年秋アニメ評! 『SSSS.GRIDMAN』総括 ~稚気ある玩具販促番組的なシリーズ構成! 高次な青春群像・ぼっちアニメでもある大傑作!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190529/p1

2018年秋アニメ評! 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』#1~10(第一章~第三章) ~戦争モノの本質とは!? 愛をも相対視する40年後のリメイク!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181208/p1

2018年秋アニメ評! 『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』 ~ぼっちラブコメだけど、テレ隠しに乾いたSFテイストをブレンド

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190706/p1

2018年夏アニメ評! 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』 ~声優がミュージカルも熱演するけど傑作か!? 賛否合評!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190728/p1

2017年秋アニメ評! 『結城友奈は勇者である―鷲尾須美の章―』 ~世評はともかく、コレ見よがしの段取りチックな鬱展開だと私見(汗)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190926/p1

2017年春アニメ評! 『正解するカド KADO: The Right Answer』 ~40次元の超知性体が3次元に干渉する本格SFアニメ。高次元を材としたアニメが本作前後に4作も!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190929/p1

2017年春アニメ評! 『ID-0(アイ・ディー・ゼロ)』 ~谷口悟朗×黒田洋介×サンジゲン! 円盤売上爆死でも、宇宙SF・巨大ロボットアニメの良作だと私見

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190924/p1

2017年冬アニメ評! 『幼女戦記』 ~異世界近代での旧独vs連合国! 新自由主義者魔法少女vs信仰を強制する造物主!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190304/p1

2016年夏アニメ中間評! 『ももくり』『この美術部には問題がある!』『チア男子!!』『初恋モンスター』『Rewrite』『ReLIFE』『orange』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160903/p1

2016年春アニメ評! 『迷家マヨイガ―』 ~現実世界からの脱走兵30人! 水島努×岡田麿里が組んでも不人気に終わった同作を絶賛擁護する!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190630/p1


2015年秋アニメ評! 『ワンパンマン』 ~ヒーロー大集合世界における最強ヒーローの倦怠・無欲・メタ正義・人格力!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190303/p1

2015年秋アニメ評! 『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』 往年の国産ヒーローのアレンジ存在たちが番組を越境して共闘するメタ・ヒーロー作品だけれども…

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190302/p1

2015年夏アニメ中間評! 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』『六花の勇者』『おくさまが生徒会長!』『干物妹!うまるちゃん』『実は私は』『下ネタという概念が存在しない退屈な世界

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150901/p1

2015年春アニメ評! 『響け!ユーフォニアム』 ~手放しの傑作か!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160504/p1

2015年冬アニメ評! 『SHIROBAKO』(後半第2クール)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160103/p1


2014年秋アニメ評! 『SHIROBAKO』(前半第1クール)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20151202/p1

2014年秋アニメ評! 『サムライフラメンコ』 ~ご町内⇒単身⇒戦隊⇒新旧ヒーロー大集合へとインフレ! ヒーロー&正義とは何か? を問うメタ・ヒーロー作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190301/p1

2014年春アニメ評! 『ラブライブ!』(第2期)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160401/p1


2013年秋アニメ評! 『WHITE ALBUM 2』 ~「冴えカノ」原作者が自ら手懸けた悲恋物語の埋もれた大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191115/p1

2013年秋アニメ評! 『蒼き鋼のアルペジオ ―アルス・ノヴァ―』 ~低劣な軍艦擬人化アニメに見えて、テーマ&萌えも両立した爽快活劇の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190922/p1

2013年夏アニメ評! 『げんしけん二代目』 ~非モテの虚構への耽溺! 非コミュのオタはいかに生くべきか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160623/p1

2013年春アニメ評! 『這いよれ!ニャル子さんW(ダブル)』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150601/p1

2013年冬アニメ評! 『ラブライブ!』(第1期)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160330/p1


2013~14年3大アイドルアニメ評! 『ラブライブ!』『Wake Up,Girls!』『アイドルマスター

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150615/p1

2012年秋アニメ評! 『ガールズ&パンツァー』 ~爽快活劇に至るためのお膳立てとしての設定&ドラマとは!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190622/p1

2011年冬アニメ評! 『魔法少女まどか☆マギカ』最終回「わたしの、最高の友達」 ~&2011年冬季アニメ『IS』『フリージング』『放浪息子』『フラクタル

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20120527/p1

2008年秋アニメ評! 『鉄(くろがね)のラインバレル』 ~正義が大好きキャラ総登場ロボアニメ・最終回!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20090322/p1

2008年春アニメ評! 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 ~総括・大英帝国占領下の日本独立!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20081005/p1

2008年冬アニメ評! 『墓場鬼太郎

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20080615/p1


2007年秋アニメ評! 『GR ジャイアントロボ

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20080323/p1

2007年春アニメ評! 『ゲゲゲの鬼太郎』2007年版

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070715/p1


2006年秋アニメ評! 『天保異聞 妖奇士(てんぽういぶん あやかしあやし)』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070317/p1

2006年夏アニメ評! 『N・H・Kにようこそ!』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20061119/p1


2005年秋アニメ評! 『BLOOD+(ブラッド・プラス)』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20051025/p1

2005年春アニメ評! 『英国戀(こい)物語エマ』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20051022/p1

2005年春アニメ評! 『創聖のアクエリオン』 ~序盤寸評

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20051021/p1


2004年春アニメ評! 『鉄人28号』『花右京メイド隊』『美鳥の日々(みどりのひび)』『恋風(こいかぜ)』『天上天下

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040407/p1

2004年冬アニメ評! 『超変身コス∞プレイヤー』『ヒットをねらえ!』『LOVE♡LOVE?』『バーンアップ・スクランブル』『超重神グラヴィオン ツヴァイ』『みさきクロニクル ~ダイバージェンス・イヴ~』『光と水のダフネ』『MEZZO~メゾ~』『マリア様がみてる』『ふたりはプリキュア

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040406/p1


2003年秋アニメ評! 『カレイドスター 新たなる翼』 ~女児向け・美少女アニメから真のアニメ評論を遠望! 作家性か?映画か?アニメか? 絵柄・スポ根・複数監督制!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040408/p1

2003年春アニメ評! 『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』『成恵(なるえ)の世界』『宇宙のステルヴィア』『ASTRO BOY 鉄腕アトム

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040403/p1