假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

同人誌即売会オンライン申込用のサークルカット作成方法(一例)


1.サークルカット(例えば表紙)のjpeg画像ファイルのサイズを、オンライン申込用サークルカットのサイズに変更(縮小)

1)「スタート」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」を選択して、「ペイント」機能を起動する。
 (後日付記:Windows10では、「スタート」ボタン(画面の左下隅のWindowsマーク)→「すべてのアプリ」→「Windowsアクセサリ」→「ペイント」)
 (「ペイント」機能は、だいたい標準装備のハズ)


2)「ペイント」機能上で、「ファイル」→「ファイルを開く」を選択して、サークルカットに使用したい画像ファイル(最初からjpeg画像のものがよいと思う)を開く。
 (編集・加工するので、間違って上書きしないように、事前に画像ファイルをコピーしてバックアップしておくことが無難)


3)「ペイント」機能上で、「サイズの変更」を選択し、「単位」に「ピクセル」を選択し、オンライン申込サイトで推薦されている「タテ」と「ヨコ」のピクセル数を指定して「OK」を選択する。
 (コミックマーケット・COMIC1:縦903ピクセル・横635ピクセル
 (サンシャインクリエイション:縦1453ピクセル・横1028ピクセル)(←古いです!・汗)
 → 2014年秋の「サンクリ65」から、コミケと全く同じサイズ(縦903ピクセル・横635ピクセル)&枠線に変更!
 (コミティア:縦933ピクセル・横957ピクセル


4)以上により、サークルカット用・画像ファイルのサイズが変更されるので、これを「ファイル」→「名前を付けて変更する」にて、異なる名前で保存する。


2.サイズ変更したサークルカットに、サークルカット用の黒ワクを追加(左上隅のサークル番号部分も同時に白抜き)

1)サイズを変更したjpeg画像ファイルを、オンライン申込サイト(Circle.MS)に一旦アップロードする。
 (同人誌即売会・オンライン申込の途中のステップで、一旦「グレースケールを送信する。」を選択して、もしくは「この画像を二値化してアップロード。」を選択しないで、アップロードする)


2)自動的にサークルカット用の黒ワクが追加され、左上隅のサークル番号部分も自動で白抜き化された、png形式に変換された画像ファイルが表示される。(それを選択して、大きな画像で表示する。←:2016年より大きな画像で表示されなくなった。ただし、後述の理由で問題なし)


 (※:オンライン申込が一旦完了したあと、「イベント申込履歴」や「申込中のイベントを確認する(申込中イベント)」にて一覧表示される該当イベントに対して、「詳細」ボタンを押下する。
 次画面にて「サークルカット」覧にサークルカット画像が表示される。


===================ここから、2016年以降は不要=======================
 ・それをクリックすると、画像が拡大表示される。(←:2016年以降、大きな画像で表示されなくなった!)
 ・しかし、これはまだ小さい。アップロードした元々の縦・横ピクセル数の画像ではないので注意!
 ・もう一度クリックすると、さらに拡大された画像が表示されるが、それがアップロードした元々の縦・横ピクセル数の画像である。かつ、png形式に変換された画像ファイルにもなっている!
===================ここまで、2016年以降は不要=======================


3)上記で表示された黒ワク付きのpng画像ファイルを選択して(画像ファイルの上で左クリックして)、右クリックにて「名前を付けて画像を保存」を選択して保存する。


3)-1 ※:2016年から少々変更あり。右クリックにて「名前を付けて画像を保存」すると、「zip形式」の圧縮ファイルのかたちで保存される。
 ただし、これを解凍すれば、アップロードした元々の縦・横ピクセル数、かつ黒ワク付きのpng形式に変換された画像ファイルとなっているので、問題なし!


3)-2 解凍方法:保存した圧縮ファイルを選択してWクリックすると、圧縮ファイルの中に解凍(?)ファイルが入っている。これを選択してコピーを行ない、別の適切な場所でペーストすると、黒ワク付きのpng形式の画像ファイルの形で復元・解凍される!)


 (※:念のために、解凍したpng形式の画像ファイルを選択して、右クリックの「プロパティ」→「詳細」タブを選択し、「大きさ」項目が先に指定した「縦:○○ピクセル × 横:××ピクセル」になっていればOK!)


3.黒ワクを追加したサークルカットのpng画像ファイルに、「サークル名」を加筆

1)「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」を選択して、「ペイント」機能を起動する。
 (後日付記:Windows10では、「スタート」ボタン(画面の左下隅のWindowsマーク)→「すべてのアプリ」→「Windowsアクセサリ」→「ペイント」)


2)「ペイント」機能上で、「ファイル」→「ファイルを開く」を選択して、黒ワク付きのpng形式に変換された画像ファイルを開く。
 (編集するので、編集失敗時に間違って上書きしないように、やり直しに備えて、事前にこのpngファイルをコピーしてバックアップを取っておくのが無難!)


3)「ペイント」機能上で、「消しゴム」ボタン機能にて「サークル名」が入る箇所の不要な画像を消去する。
 もしくは、「図形」の「四角形」を選択してから、その右隣の「輪郭」を選択し「アウトラインなし」を選択、「塗りつぶし」も選択し「単色」を選択してから、マウスで消したい範囲を選択することで消去する。


4)「A」ボタン=「テキスト」機能を選択して、「サークル名」を記入すべき箇所でマウスで範囲指定してから、その枠内に「サークル名」の文字を入力する。
 (弊サークルの場合、サイズは65ポイント)


 (以上の作業は、都度都度、コマ目に保存しつつ作業した方がよい。間違いがあれば、そのバックアップから元に戻すことができる)


5)以上により、サークルカット用の画像ファイルが完成。


6)これを「ファイル」→「名前を付けて変更する」にて、異なる名前で保存する。


4.完成したサークルカットのpng画像ファイルを、オンライン申込サイトに再度アップロード(上書き)

1)オンライン申込サイト(Circle.MS)の「申込中のイベントを確認する」を選択する。
2)該当イベントを選択する。
3)「詳細」を選択する。
4)「サークルカット」の「変更」を選択する。
5)「参照」をクリックして、アップロードしたいサークルカットのpng画像ファイルを選択(「開く」を指定)する。
6)「グレースケールを送信する。」設定を選択して、もしくは「この画像を二値化してアップロード。」を選択せずに、「次へ」を選択することで、アップロード(上書き)を行なう。
7)次画面で「変更を反映する」を選択する。
8)元の「詳細」画面に戻るが、即座には「サークルカット」の変更版が反映されていない。
 しかし、まず変更版のアップロードは成功している模様(?)。
 当該画面を一旦抜けて、もう一度「詳細」画面に戻ったりを繰り返せば、「サークルカット」の変更版がそのうちに表示されるはず。


以上。



★★★★★★★★★2018年以降は、以下の無料オンライン画像編集ソフトにて作成!★★★★★★★★★




A.「サークルカットのテンプレート」の「白い余白部分」を「白」ではなく「透明」扱いに変更 (~後述の「B.」がラクです・汗)


1)Photoshopで「サークルカットのテンプレート」を開く。
 (「埋め込まれたICCメッセージプロファイルは使用できません~」のメッセージが出るが、無視して「続行」押下でよし)
 (事前に「サークルカットのテンプレート」はコピーでバックアップを作成しておくこと)


2)「レイヤー」ウィンドウ内の『背景』の右端(左端?)の錠型のロックボタンを、Wクリックにて解除。
 (これにより、「レイヤー=『背景』が『レイヤー0』に変化して出現し、『レイヤー』の重ね順も変更可となる)
 (★★★2019年現在、最初から『背景』ではなく『レイヤー0』になっていて、ロック解除も不要! むしろロック解除すると、以下の作業が不可能となる模様(汗)★★★)


3)「レイヤー」ウィンドウの下の淵にある「レイヤーマスクを追加」ボタンを押下。
 (これにより、「レイヤー=『レイヤー0』(サークルカットのテンプレート)の右隣(左隣?)に、「空のレイヤー(追加レイヤーマスク?)」が出現)


4)「Ctl」+「A」で全体選択、「Ctl」+「C」で、「サークルカットのテンプレート」をコピー。


5)「Alt」+「空のレイヤー(追加レイヤーマスク?)」をクリック。


6)「Ctl」+「V」で、貼り付け。


7)「Ctl」+「I」で、色(白黒)を反転。
 (これにより、「追加レイヤーマスク」で黒い部分が透明となる)


8)「レイヤー」ウィンドウ内の左端の『背景』レイヤーを選択。
 (これにより、白い余白部分が透明となる)
 (★★★2019年現在、『背景』レイヤーの代わりに『レイヤー0』を選択したが、透明化されない模様(汗)★★★)


B.「A.」よりも、当該「B.」の手法の方が、ラクに「透明」化が可能


1)Photoshopで「サークルカットのテンプレート」を開く。
 (「埋め込まれたICCメッセージプロファイルは使用できません~」のメッセージが出るが、無視して「続行」押下でよし)
 (事前に「サークルカットのテンプレート」はコピーでバックアップを作成しておくこと)


2)「レイヤー」ウィンドウ内の『背景』の右端の錠型のロックボタンをWクリックで解除。
 (これにより、「レイヤー=『背景』が『レイヤー0』に変化して出現し、『レイヤー』の重ね順も変更可となる)
 (★★★2019年現在、最初から『背景』ではなく『レイヤー0』になっていて、ロック解除も不要! むしろロック解除すると、以下の作業が不可能となる模様(汗)★★★)


3)トップバーの「選択範囲」⇒「色域指定」を選択⇒縮小表示された「サークルカットのテンプレート」の白い部分をクリック⇒「OK」ボタン押下⇒
 「Delete」押下⇒「Ctl」+「D」同時押下。


4)「ファイル」⇒「Webおよびデバイス用に保存」⇒
 右上2段目の「GIF」(?)を「PNG-24」に変更して選択⇒「透明部分」に「レ」点⇒
 一番下隅の「保存」をクリック。

 
  (これだと、PNG型式ではなく「PSD」型式で保存されてしまう? いや、PNG型式で保存された!)


5)「保存されるファイルの中に、ラテン文字以外の文字が含まれています。これらのファイル名と互換性のないWebブラウザーやサーバーがあります。」
 ⇒ 無視して、「OK」押下でよし!


C.「A」「B」にて余白を透明化したサークルカットは、サークル名も付与してPC内の規定の場所に判りやすい名前で保存し、次回以降はコレを流用するとラク




D.オンラインで画像を編集加工できるサイト「Online Photo Editor : Pixlr Editor」にアクセスして編集・加工

  https://pixlr.com/editor/
  (「Flash」うんぬんなどの「フラッシュ・プレイヤー」がらみの表記が出てきたら、それを選択)
  (「ログイン」表記などが表示されているけど、特定「ID」や「アカウント」などの作成はしなくても、使用可能なので「ログイン」することも不要)


 ⇒ 2019年8月13日付記:上記の「Flash」うんぬんの「here」表記をクリックしても、選択不可・次画面への遷移不可になっている模様?
   「CONTINUE WITH PIXLR EDITOR」(多分、「旧版PIXLR EDITOR 継続使用」)をクリックしても遷移不可。
   「TRY PIXLR X」(多分、「新版PIXLR EDITORお試し版」)の方はクリックすると次画面に遷移可能!


1)「コンピューターから画像を開く」で、余白を透明化した「サークルカットのテンプレート」(=黒ワク付きの無地のカット)を開く。
 ⇒ 2019年8月13日付記:画面左上隅の「OPEN IMAGE」をクリックして、余白を透明化した「サークルカットのテンプレート」を開く。


2)トップバーの「レイヤー」⇒「画像をレイヤーとして開く」で、「サークルカット」(=黒ワクの中に収めたい、事前に作成しておいたカット)を開く。
 (右サイドバーの「レイヤー」に、「レイヤー=『レイヤー1』として出現する)
 ⇒ 2019年8月13日付記:画面右上隅の「LAYERS」の直下の「+」をクリック⇒「IMAGE」をクリックして、「サークルカット」を開く。


 (事前に、「サークルカット」(=黒ワクの中に収めたい、事前に作成しておいたカット)のサイズを、「ペイント」ソフトなどで、
  「サークルカットのテンプレート」(=黒ワク付きの無地のカット)と同じ縦・横サイズに合わせておくとラク


3)右サイドバーの「レイヤー」の、「レイヤー=『背景』」の右端の錠型「ロック」マークを選択し、「Alt」押下+「Wクリック」で解除。(「Wクリック」のみでも解除可?)
 (これにより、「レイヤー=『背景』が、『レイヤー0』に変化して出現し、『レイヤー』の重ね順も変更可となる)
 (※2019年2月加筆:「レイヤー」=『背景』ではなく、最初から『レイヤー0』として出現した! この場合は、(3)の作業自体が不要!)
 ⇒ 2019年8月13日付記:画面右隅の「余白を透明化したサークルカットのテンプレート」の錠型「ロック」マークを「Wクリック」で解除。これにより、「レイヤー」の重ね順も変更可となる。


4)右サイドバーの「レイヤー」の、「レイヤー=『レイヤー0』(背景)」と『レイヤー1』を、ドラッグ移動にて重ね順を逆にすると、黒ワク内に「サークルカット」が収まる。
 (黒ワク内が真っ白になったら、事前のサークルカットの余白の白部分を透明化することに失敗しているので、そこからやり直し!)
 ⇒ 2019年8月13日付記:画面右隅の「余白を透明化したサークルカットのテンプレート」と「サークルカット」を、ドラッグ移動にて重ね順を逆にすると、黒ワク内に「サークルカット」が収まる。


5)右サイドバーの左列の上から2つ目の「移動」アイコンをクリック⇒
 上記「移動」アイコンがなければ、「サークルカット」の該当「レイヤー」を選択、
 「編集」⇒「自由変形」⇒ドラッグにて、「サークルカット」の縦・横サイズを変更可能。
 (拙サークルの場合、事前に横サイズは合わせて作成してコレは変更しない。縦サイズのみドラッグにて扁平に縮小変形させている)
 (ただし、変型後の「サークルカット」はカーソルキーでは移動できない模様。あくまでもマウスでドラッグ移動)
 ⇒ 2019年8月13日付記:画面右隅の「サークルカット」を選択した状態で、画面逆側左隅の「LAYER」の「ROCK ASPECT」(拡縮時の垂直水平比率の維持ロック)を外して、「TOP」「WIDTH」「HEIGHT」の数値変更で、「位置」「幅」「高さ」のサイズを変更可能。


6)右サイドバーの右列の下から2つ目の「文字(A)」アイコンをクリック⇒
 サークル名などの文字を入力したい位置でクリック⇒サークル名を入力。
 (拙サークルの場合、即売会「とりろじ」なら、「HG丸ゴシックM−PRO」・「サイズ=125」・「スタイル=太字」)
 (サークルカットは事前に「ペイント」機能などで「サークル名」まで入力して加工保存して準備。次回以降はコレを流用する方がラク
 ⇒ 2019年8月13日付記:不明。最初からサークル名付きのサークルカットを準備済であったので試していません。各位で四苦八苦してチャレンジしてみてください(汗)。


7)「サークル名のレイヤー」=「文字」アイコンレイヤーを下に移動し、
 余白を透明化した「サークルカットのテンプレート」(=黒ワク付きの無地のカット)を、右サイドバーの「レイヤー」でドラッグにて最前面のレイヤーに移動する。


8)「サークル名」と「サークルカット」の間に、ワク線の区別がない「サークルカットのテンプレート」(=黒ワク付きの無地のカット)の場合、
 「サークル名」の部分も透明化されているので、保存後に開くと、真っ黒扱いになってしまう。
 (『B』の方法で作成すると、「サークル名」と「サークルカット」の間に、ワク線の区別がある「サークルカットのテンプレート」でも同様・汗)


 これを防ぐために、トップバーの「レイヤー」⇒「画像をレイヤーとして開く」で、
 余白を透明化していない方のバックアップの「サークルカットのテンプレート」(=黒ワク付きの無地のカット)原版を開いて、
 この新しいレイヤーを、右サイドバーの「レイヤー」でドラッグにて最下層に移動する。
 (これにより、「サークル名」の部分の余白も、透明ではなく白くすることができる)
 ⇒ 2019年8月13日付記:画面右上隅の「LAYERS」の直下の「+」をクリック⇒「IMAGE」をクリックして、余白を透明化していない方のバックアップの「サークルカット」を開いた上で、上記に対応する作業を実施する。


9)「ファイル」⇒「保存」⇒「ファイルの種類=すべてのファイル」にて保存。
 ⇒「保存」押下後に、「保存先のフォルダー」、および「ファイル形式」(「PNG形式」が無難。「すべて」ではなく、「PHOTOSHOP~」型式指定でも「PNG型式」にて保存される模様?)も選択可。
 ⇒ 2019年8月13日付記:画面右下隅の「SAVE」をクリック⇒「FILE NAME」「FILE TYPE」を適切な値に変更して、「DOWN LOAD」をクリックすると、自分のPCの「ダウンロード」フォルダーに落ちてくる。



以上は、以下のサイトほか多数を参考にさせていただき、主に拙サークル用の便宜に適うように整理しております。
  https://qiita.com/curryperformer-kato/items/0198b43cfca2759327c4
  https://nako-itnote.com/photoshop-white-transparent/
  https://pronama.jp/2014/11/22/photoshop-layer-mask/
  https://togetter.com/li/531507