假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

ウルトラマン80 16話「謎の宇宙物体スノーアート」

ファミリー劇場ウルトラマンエイティ』放映記念「全話評」連動連載!)

第16話『謎の宇宙物体スノーアート』

テレパシー怪獣デビロン 友好宇宙人ルリヤ星人登場

(作・平野靖司 監督:広瀬襄 特撮監督・高野宏一 放映日・80年7月16日)
(視聴率:関東9.3% 中部10.8% 関西13.8%)


(文・内山和正)
(1999年執筆)


 科学技術館での宇宙展の目玉となっている巨大な雪の結晶のような美しい宇宙物体スノーアートから異常音波が。
 UGMは調査にむかうが、館長は展示期間が終わるまで待ってくれと利益を重視する。
 主人公・矢的猛(やまと・たけし)と城野エミ両隊員はひそかに私服姿での調査を命令されるが……


 ヒロインに昇格したエミを印象づけようとしてだろう、前回15話「悪魔博士の実験室」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100808/p1)の実験怪獣ミューとの絆につづき、今回はスノーアートの美しさに魅せられ、中に閉じ込められていた怪獣デビロンに乗り移られてしまう。


 イトウチーフ(副隊長)を目立たせようという方針も強く(隊員の個性が比較的ウスいUGMのテコ入れ用キャラクターなのだから当然だろうが)、スノーアートの美への鈍感さを示しながらも、その虚実を見抜くのも彼なのだ。


 閉館時にトイレに隠れて、調査を続行する矢的とエミ。エミがペンライト状の携帯機械で赤外線を照射するや、スノーアートは震動しだし小爆発とともに倒壊!
 中からドライアイスが出てきて足元を這うやエミ隊員を包みこみ、怪物に実体化した!


 デビロンは垂直歩行の人間体型のようでもあり、カミキリムシのような節(ふし)ばった長い触手を頭部から下半身にまで垂らすことで異形(いぎょう)さも醸し出しており、胸には細かな結晶の破片を付けていて、両眼ではなく電飾が点滅する複数の眼を保持することで人間・動物的な愛嬌や感情移入をも拒絶する、白濁色のボディのデザインがとても独創的だ。


 時すでに遅しだが、超音波の内容もUGMによって解読されていた。
 それは馬頭星雲に住むというルリヤ星人による警告であった。スノーアートは宇宙の檻であり、念力とテレパシーで生物同士を争わせて自滅させる宇宙の悪魔デビロンを封印したものだと云うのだ。
 デビロンの弱点はひとつしかなく、それは体内に瞬間的なエアポケット現象(急激な気圧変化)を起こし呼吸を止めさせることだけだ。


 ナレーションによる説明と並行して、夜間の町々や高速道路の高架の精度の高いミニチュアが特撮で描写され、デビロンが光となって通過するや念力で爆発する様が描かれて、車両が高架から飛び出して燃えながら近辺のビルのベランダに突っ込むシーンも凄い。


 デビロンが怪物デビロンであるのかエミ隊員であるのか隊員たちによる葛藤の議論を挟みつつ、デビロンは白昼のビル街や荒れ地についに出現する。
 眼から発する青白い光線のテレパシーで人心を悪に変えるデビロン。市民は互いに闘争し車両の破壊などを始めだす。


 このシーンでは、デビロンや隊員たちをクレーン(撮影機材)を使用して空中に吊るしたり、ジープやトラックでUNDA・地球防衛軍の軍服姿の一般隊員たちのエキストラが登場して、上層部からUGMとは別個にデビロン射撃を命令されたことが判明するなど凝っている。


 デビロンは巨大化! 隊員たちがデビロンの青白い光線を浴びて洗脳されたのを見て、矢的もウルトラマン80に変身巨大化!
 エイティはデビロンとUGM戦闘機群のふたつを相手に苦闘する。


 と、デビロンが苦悶しだして動きが止まる(緑色の照明を当てて異常を表現)。隊員たちの洗脳も解けた。
 それはエミ隊員の意志であった。そしてエミ自身がデビロンのテレパシーを通じてエイティに「このままでは……」「私を殺して」と訴えかけてくる。


 エイティは背後からデビロンを羽交い絞めして苦しめて、エミではなくエイティ自身にデビロンを憑依させるという驚くべきバクチの手に打って出る。
 幸運にも意識を乗っ取られずに、そのまま宇宙空間に飛び出してデビロンを分離させたエイティは、ついにこれを必殺技サクシウム光線で粉砕するのであった。


 危険な目にあったのにも関わらず、美しいもの=スノーアートにまだ懲りていないことを表明するエミ隊員とそれにアキれる隊員たちとで、本話は明るくシメとなる。



 放送当時はエアポケットというはじめて聞く単語が印象に残ったくらいで、何か難しかったという記憶とデビロンの強さについての恐怖感が残った。
 今見ると悪に変えられた隊員や市民たちの眼のまわりのわざとらしい派手なメイクと演技で、東映ヒーローもの的なおかしさも感じられる異色作と思えた。



◎スノーアートは宇宙船オリオン号が海王星冥王星の軌道の中間で回収した物体。


◎超音波をキャッチしたのはUGMの電波通信班という部署。


◎宇宙展が開催されている科学技術館は皇居の近く、東京は九段下の武道館の隣に実在する、近年ではスーパーフェスティバルなどのホビー系のイベント会場としても使用される実在する科学技術館でロケ。
 前話で宇宙母艦スペースマミーが半年間の巡航から帰還したとあり、80年の翌年(?)である可能性を指摘したが、科学技術館の建物の入り口の上に貼られた宇宙展の巨大な垂れ幕(本編美術さんの力作)をじっくり見てみると80年の7月中の開催とある(汗)。


◎同じく前回のラストでおとなしくなって膝小僧をかかえる実験怪獣ミューに対峙するやさしい仕草のエイティにつづき、エミの「私を殺して」との訴えに、右拳をにぎりしめ、気持ち下を向き、苦悩するエイティのスーツアクター福田浩の好演技もすばらしい。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2000年号』(99年12月26日発行)『ウルトラマン80』大特集・合評8「ウルトラマン80全話評」より分載抜粋)



『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧