假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

ザ・ウルトラマン9話「目覚めた古代生物の恐怖!!」

ファミリー劇場『ザ★ウルトラマン』放映開始記念「全話評」連動連載開始!)


『ザ☆ウルトラマン』全話評 〜全記事見出し一覧

#9『目覚めた古代生物の恐怖!!』

頭脳怪獣ドルフィーゴ登場

(作・星山博之 演出・四辻たかお 怪獣原案・鯨井実)
(視聴率:関東12.9% 中部10.3% 関西8.9%。
 以上、ビデオリサーチ。以下、ニールセン 関東12.8%)


(文・内山和正)
(1997年執筆)


 タマラ島の遺跡調査をしている南田教授から、ムツミに科学警備隊のスーパーコンピューターを使って石板を解析してほしいとの依頼が。
 石板の絵を見たムツミは怪獣だと判断する。
 遺跡の地下の洞窟神殿に入った調査隊は怪獣ドルフィーゴに襲われ逃げ出すが、清水ら三名が崩れた洞窟内に残される。
 逃げ延びた者から事態を聞いた南田は、清水らを救うため洞窟に入っていく。その留守に清水が海から現われ、目から怪光線を発し周囲のものを燃やしはじめた。
(以上、ストーリー)


 ウルトラをアニメにした利点のひとつに舞台を自由にできるとのことが企画書に挙げられていたがこの回、外国(南太平洋のおそらく架空の島)を舞台にしたのは、第1期ウルトラシリーズに見られた異国趣味(中東や南洋が舞台の回)へのオマージュもあったのではないだろうか?


 洞窟に閉じ込められているはずの者がどうして位置的に逆の海から現われるのかという謎や、目から怪光線を出すという突飛さで興味を引くのだが、真相が明かされてみればあたりまえのものだった。
 某書籍に「悪意がない」と書かれていたドルフィーゴだがこれでは充分悪意があるといえるだろう。
 確かに立場的に可哀想ではあるし、漫画『ゲゲゲの鬼太郎』なら殺さないで済ませただろうが、これだけ頭の良い怪獣で人体を介して人と会話がもてるなら、もう少し人間と話しあい共存を模索することもできたのではないかと思われる。


 頑固者ながら他者の命を大切に思う南田教授のキャラクターはある程度印象的だった。


 ドルフィーゴは様々な色調の絵が各書籍で公開されていたため、カメレオンのように色が変化する怪獣だったのかとの可能性を長年思ってきたが、そうではなく赤茶色であった。


 石板の絵がとてもドルフィーゴに見えないのが難である。


※:製作No.8『南海の古代遺跡』


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊98年号』(97年12月28日発行)『ザ☆ウルトラマン』特集・合評③より分載抜粋)



『ザ☆ウルトラマン』全話評 〜全記事見出し一覧