假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

ザ・ウルトラマン8話「ヒカリ隊員の秘密が盗まれた!?」 〜バルタン星人登場!

ファミリー劇場『ザ★ウルトラマン』放映開始記念「全話評」連動連載開始!)
『ウルトラマン80 宇宙大戦争』 ~マンガ版最終章は連続活劇! TVでも観たかったウルトラ兄弟vsバルタン軍団総力戦!
『ウルトラマン80』#45「バルタン星人の限りなきチャレンジ魂」 ~俗っぽい侵略の超合理性!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


『ザ☆ウルトラマン』全話評 〜全記事見出し一覧


#8『ヒカリ隊員の秘密が盗まれた!?』

宇宙忍者バルタン星人登場

(作・荒木芳久 演出・安濃高志
(サブタイトル表記の他、モンスター怪獣ミコノス登場)
(視聴率:関東12.3% 中部13.5% 関西9.5%。
 以上、ビデオリサーチ。以下、ニールセン 関東14.2%)


(文・内山和正)
(1997年執筆)


 謎のUFO出現で戦闘機でスクランブル発進して山間部に追跡した主人公・科学警備隊のヒカリ隊員は、UFOが岩山に開けた大きな穴から出現した怪獣ミコノスに襲われ、ウルトラマンに変身して戦って勝利する。その光景を撮影している謎の男。彼はテレビ局に戦いの映像を売り込み、ウルトラマンの秘密が写されていると告げる。焦(あせ)ったウルトラマンことヒカリ隊員は男を追うが……
(以上、ストーリー)


 バルタン星人の登場は予告編やサブタイトルで視聴前に判っているし、もっと言うならば本作放映前から本作にバルタン星人が登場予定であることも、当時は隔月刊だった月刊マニア誌『スターログ(日本版)』(78~87年)などでも告知されてきた。よって、男がバルタン星人であることも、ヒカリ隊員をおびきだすつもりであることも容易に察しがつく。
 しかし、『ウルトラセブン』(67年)39〜40話『セブン暗殺計画(前後編)』の分身宇宙人ガッツ星人が豪力怪獣アロンを使って行なったように、あるいは『帰ってきたウルトラマン』(71年)37話『ウルトラマン夕陽(ゆうひ)に死す』の暗殺宇宙人ナックル星人が再生ベムスターや再生シーゴラスを使って行なったように、ウルトラマンジョーニアスの戦力を分析するために怪獣ミコノスを使用したのかと思ったら、単におびきだしフィルムを作るためだった。ある意味でアロンよりも可哀想な怪獣といえるかもしれない。まあ、どっちも可哀想か?


 科学警備隊のマスコットロボット・ピグでさえ探知できなかったために、ヒカリ隊員のUFO目撃が隊員たちにも信じられないというあたりは、直前のピグ主役編であった7話『攻撃指令 目標はピグ!!』(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090613/p1)で最新型ロボットではなくても実はピグの総合的な能力が探知能力も含めて優秀であることが描かれていただけに、より事の重大さを感じさせるのだ(脚本家が意識して執筆していたかは不明。おそらく前回の話を知らずに執筆しているのだろうが、結果的にエピソードの配列的にも説得力が増しているのだ)。


 おびきだしの方法が「マスコミを利用してウルトラマンの正体を公表してしまうのではないか?」とヒカリ隊員の不安を煽るものであるあたりも精神攻撃としては巧妙だ。フィルムはテレビ局で試写される。そこに科学警備隊の面々も同席することになるあたりはリアルだ。そして、そのフィルムには結局、ウルトラマンの秘密を示唆するものがなかったことで、肩透かしと安堵を同時に描写し、そして次のストーリー展開へと気を持たせるあたりもウマい。


 本作の世界観では日本のみならず描かれてはいなくても世界各地で怪獣が出現していること、世間の人々にウルトラマンの戦いを興味本意に見てはほしくないという科学警備隊の感情や、隊員目当ての罠なのでは? と推測して、ウルトラマンと怪獣ミコノスの戦いの場所であった山岳地の調査や登山者の調査(ふつうの人が撮影できる場所ではないため)を部下に命じるアキヤマキャップ(隊長)の有能な指揮者ぶりなど、ディティールがわりと細かく描かれているのも良い(調査の結果に説明不足の部分もあるのは残念だが)。


 果たして、謎の男を科学警備隊の専用車で山間部まで追跡したヒカリ隊員は、謎の洋館に閉じこめられてしまう。しかも、その洋館の中ではウルトラマンに変身できなかった!
 バルタン星人が採取した様々なエネルギーを使って仕掛けをこらした洋館でヒカリ隊員を殺そうとするあたりの描写は、鹿の首の剥製の絵がリアルタッチであったりして推理ミステリもの的な不気味さを感じさせる。


 ヒカリのピンチを隊員たちが救う。それも電気の盗難情報を基に洋館の場所を特定して、そして洋館を操作している装置を破壊したことで、ヒカリは脱出に成功! 科学警備隊の隊員たちにも勝機につながる有能な活躍を与えているあたりもよい。


 そのあとで、彼らは巨大化したバルタン星人にストップ光線(正式名称は不明……初代バルタンも使った能力)で動きを止められて失神してしまい、ヒカリがウルトラマンに変身して一人だけで戦う。激闘の末にウルトラマンはバルタン星人を必殺技・プラニウム光線で倒した。


 防衛隊の隊員たちの活躍を一度は描くも、やむをえず宇宙人の特殊能力で失神。その機も活かしてウルトラマンが心置きなく変身して活躍。
 正体を隠したスーパーヒーローと防衛軍の関係の諸相を描いている、隊員とヒーロー双方の活躍を同時に描いてみせる必要があるヒーロー活劇における、理想の作劇パターンのひとつといえるかもしれない。


 バルタン星人の特徴的な声が、録音スタジオが実写作品とは異なる関係で使われていないあたりが、この時代のラフな製作体制の限界で、声優による笑い声の演技で済まされている。幼児はともかく児童であれば、当時は旧作の再放送も頻繁にあったので、あの印象的なバルタン星人の声が使用されていないことで、微妙に違和感を抱いて残念に思ってしまったところだろう(編註:関東地方では本作放映の前年78年夏にも、平日夕方の帯番組枠でバルタン星人が幾度か登場する初代『ウルトラマン』(66年)が再放送されたばかりだった)。そこで手を抜かずに、せめて円谷プロ側からオリジナルの鳴き声の音声のダビング・テープを提供すべきだったとは思うのだ。
 ちなみに、本話のバルタン星人の声を演じたのは、名作テレビアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』(72年)のレギュラー敵幹部であるベルク・カッツェ役の神経質な甲高い声が印象に残ることで有名なベテラン声優・寺島幹夫(てらしま・みきお)だった。


 ラストシーンでの隊員たちの談笑で、作品としては禁忌・タブーであるハズのウルトラマンの正体談義となって、ヒカリ隊員にも話題がふられる。ヒカリはもちろん苦笑して沈黙してごまかすしかない。本話が意図していたことではないが、『ザ・ウルトラマン』という作品は第15話「君がウルトラマンだ」(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090808/p1)で、ヒカリ隊員がウルトラマンと合体している正体を明かせないことで起きるディスコミュニケーション劇と、それでも腐らずに正体を隠したまま誤解をされ続けても気高くあることを賞揚する。同話が契機となって、このテーマはシリーズ後半でも時折り反復されつつ、最終章4部作(http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100418/p1)で見事な決着を迎えることになるのだ。


 本話のラストシーンをその萌芽として見ることも可能だろう。


※:製作No.9『恐怖の人食い家』
 シナリオでは、ミコノスの別名は「おとり怪獣」名義。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊98年号』(97年12月28日発行)『ザ☆ウルトラマン』特集・合評③より分載抜粋)


[関連記事]

『ザ☆ウルトラマン』#15「君がウルトラマンだ」 〜超人に選ばれし者の条件・ウルトラ史に残すべき超名作!

d.hatena.ne.jp

『ザ☆ウルトラマン』最終回 #50「ウルトラの星へ!! 完結編 平和への勝利」 ~40年目の『ザ☆ウル』総括!

d.hatena.ne.jp


[関連記事] ~『ザ☆ウルトラマン』(79年)再評価・全話評!(主要記事)

『ザ☆ウルトラマン』再評価・全話評 〜序文!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090504/p1

『ザ☆ウルトラマン』#1「新しいヒーローの誕生!!」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090505/p1

『ザ☆ウルトラマン』#12「怪獣とピグだけの不思議な会話」 〜怪獣レクイエム・泣かせる超名編!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090719/p1

『ザ☆ウルトラマン』#15「君がウルトラマンだ」 〜超人に選ばれし者の条件・ウルトラ史に残すべき超名作!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090808/p1

『ザ☆ウルトラマン』#19「これがウルトラの星だ!! 第1部」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090913/p1

『ザ☆ウルトラマン』#20「これがウルトラの星だ!! 第2部」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090914/p1

『ザ☆ウルトラマン』#21「これがウルトラの星だ!! 第3部」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090920/p1

『ザ☆ウルトラマン』#27「怪獣島浮上!!」 〜レッドキングと怪獣軍団登場

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091102/p1

『ザ☆ウルトラマン』#28「新キャップが来た!!」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091108/p1

『ザ☆ウルトラマン』#31「ウルトラの女戦士」 〜ジョーの妹アミア!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091129/p1

『ザ☆ウルトラマン』#34「盗まれた怪獣収容星(前編)」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091220/p1

『ザ☆ウルトラマン』#35「盗まれた怪獣収容星(後編)」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091227/p1

『ザ☆ウルトラマン』#37「ウルトラの星U40の危機!! ウルトリアの謎?」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100118/p1

『ザ☆ウルトラマン』#38「ウルトラ大戦争!! 巨大戦闘艦ウルトリア出撃」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100123/p1

『ザ☆ウルトラマン』#39「ねらわれた巨大戦闘艦ウルトリア」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100124/p1

『ザ☆ウルトラマン』#46「よみがえれムツミ」 〜終章の序章・名作!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100320/p1

『ザ☆ウルトラマン』最終回 #47「ウルトラの星へ!! 第1部 女戦士の情報」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100328/p1

『ザ☆ウルトラマン』最終回 #48「ウルトラの星へ!! 第2部 前線基地撃滅」

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100404/p1

『ザ☆ウルトラマン』最終回 #49「ウルトラの星へ!! 第3部 U(ウルトラ)艦隊大激戦」 ~大幅加筆!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100411/p1

『ザ☆ウルトラマン』最終回 #50「ウルトラの星へ!! 完結編 平和への勝利」 ~40年目の『ザ☆ウル』総括!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100418/p1

『ザ☆ウルトラマン』総論 ~ザ☆ウルトラマンの時代・埋もれた大スケールSF名作! 第3次怪獣ブームの猛威! 70’s末の熱い夏!

 (関東・中部・関西の全話平均・クール平均視聴率も加筆!)
  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/19971117/p1


[関連記事] ~バルタン星人・登場編!

ザ・ウルトラマン』(79年)#8「ヒカリ隊員の秘密が盗まれた!?」 〜バルタン星人登場!

  (当該記事)

ウルトラマン80』(80年)#37「怖れていたバルタン星人の動物園作戦」 〜UGM&子役らの石堂節のセリフ漫才が炸裂!

d.hatena.ne.jp

ウルトラマン80』(80年)#45「バルタン星人の限りなきチャレンジ魂」 ~俗っぽい侵略の超合理性!

d.hatena.ne.jp

ウルトラマン超闘士激伝』(93年) ~オッサン世代でも唸った90年代児童向け漫画の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210131/p1

ウルトラマンマックス』(05年)#33~34「ようこそ地球へ!」バルタン星人前後編 〜終盤・最終回評

d.hatena.ne.jp

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(09年) 〜岡部副社長電撃辞任賛否!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20101224/p1



ヒカリ隊員の秘密が盗まれた!?

『ザ☆ウル』バルタン星人登場編評! ~バルタン星人が全ウルトラ怪獣大投票で3位記念!
#バルタン星人 #ザ・ウルトラマン #ザウルトラマン #ウルトラマンジョーニアス #ウルトラマン大投票 #全ウルトラマン大投票 #全ウルトラマン



『ザ☆ウルトラマン』全話評 〜全記事見出し一覧
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧