假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

ウルトラマン80 19話「はぐれ星爆破命令」

ファミリー劇場ウルトラマンエイティ』放映開始記念「全話評」連動連載!)


『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧

第19話『はぐれ星爆破命令』

惑星怪獣ガウス登場

(作・若槻文三 監督:野長瀬三摩地 特撮監督・高野宏一 放映日・80年8月6日)
(視聴率:関東8.5% 中部13.7% 関西13.4%)


(文・内山和正)
(1999年執筆)


 太陽系に接近する巨大で真っ赤な燃える星。
 そのはぐれ星はレッドローズと名付けられた。


 国際宇宙研究所のコンピューターが軌道を計算、それは地球と激突するコースを指し示していた。


 地球に激突してくる星という設定は、初代『ウルトラマン』(66年)25話「怪彗星ツイフォン」。
 ――厳密には東宝特撮映画に『妖星ゴラス』(62年)という前例がある。
 『ウルトラマンA(エース)』(72年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070430/p1
7話「怪獣対超獣対宇宙人」(脚本・市川森一 http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060618/p1)、8話「太陽の命 エースの命」(脚本・上原正三 http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060624/p1)の前後編でも妖星ゴランとしてリメイクされている――


 地球人に自分の暮らしていた星を破壊された生物が、核爆弾の影響で怪獣化し地球に復讐に来たという『ウルトラセブン』(67年)26話「超兵器R1号」のギエロン星獣編をも連想させるお話。


 調べてみたら両方の作品とも同じ若槻文三氏の脚本だった。


 とはいえ重く沈痛な作品だったように思う「超兵器R1号」に比べると社会派味はやや薄めでライトである。


 世界各国のすべての核ミサイルを発射して巨星レッドローズを破壊するローズ・プロジェクトが秘密裏に発動されることを、防衛組織・UGMのイトウチーフ(副隊長)は司令室で隊員たちに明かす。
 その最中に、長官室(本話に登場しないがナンゴウ長官のことだろう)に呼び出しされるイトウチーフ。


 何らかの非常事態を察知したマスコミに取材攻めにあってしまう、しかし作戦内容を明かすことができない(実は彼自身も作戦内容を知らない)立場のUGM広報班の太っちょ・セラの描写を挟んで、作戦室でのイトウチーフによるローズ・プロジェクトの説明がなされる。


 それは、レッドローズの現在地点と地球との中間地点であるポイント・UUV261(ツーシックスワン)で、レッドローズを撃破する。
 そのために手前のUUV248まで宇宙戦艦スペースマミーで進攻し、地上から射ち上げた核ミサイルを確実に命中させるために電波誘導しようというものだった。


 遠方であることと核爆発の影響で危険がともなうその任務には、各国のUGMの中から我らが極東エリアのUGMメンバーが当たることが上層部の会議で決定されたことも明かされる。


 イトウチーフの判断で、自身とハラダ・タジマの若手両隊員がスペースマミー搭乗に任命されるが……。



 巨星レッドローズや核ミサイル群のミニチュアとその宇宙航行、地球に飛来するイメージ映像の合成シーンなどは、やはり後代の作品であるだけに、往年の妖星ゴラス(ゴランに流用?)などよりもリアルな出来の特撮映像となっている。
 また本話の宇宙は漆黒ではなく、青みがかった色彩で演出されている。


 スペースマミーの前方奥への航行を艦底から捉えた映像も長尺でたっぷり見せるなど、映像的には見ごたえのあるものとなっている。


 一方で、任務から外された主人公・矢的猛(やまと・たけし)隊員が、スペースマミー出撃寸前の基地内でハラダ隊員に影から当て身をくらわし失神させて、代わりに搭乗したり、のちにそのことに医務室で気付いたハラダが憤慨するなど人間的な描写も忘れない。


 なお世界各国が協力して巨星を核ミサイルで粉砕するネタは、前年のSFパニック映画『メテオ』(79年)からの引用。



 本作の場合、放っておいては地球を消滅させてしまうはぐれ星を破壊する際、生物が存在しない(と地球人は信じていた)近くの四つの惑星もまきぞえをくって消滅してしまう……という状況であり、地球人にとってはやむを得ない行動だ。
 生物の存在を知らなかったこともあり、責任がないとはいえないとはいえ過失致死というべきもので、被害にあった側が復讐してくるのは当然としても、地球側を視聴者が全面的に批判はできないだろう。


 さらに殺されてしまうギエロン星獣と違い、滅びたガウス星から来た怪獣ガウスは命乞いをして、生存のための代用星へ80にテレポーテーション(瞬間移動)で運んでもらうのだから、一応口当たりの良いラストとなっている。


 宇宙人・ウルトラマン80であるがゆえにガウス星の生物の存在を知っているが、正体を隠すためにその事実を明かすことができない矢的猛の苦悩と矢的を演じる長谷川初範氏の表情演技が痛々しく心にせまる
 (イトウを演じる大門正明氏の、核ミサイル爆発寸前、ガウス星に生物反応が確認されても、もうどうしようもないあたりに関する苦衷の演技もよい味を出している)。


 その反面、80の超能力で最悪の事態になる以前に何かできたのではないかと少し疑問にも思う。


 もちろんドラマ的には矢的の苦悩・無力さに比重を置くために、ハラダの代わりにせっかくスペースマミーに搭乗したものの、有効な手立てを発揮することができない作劇としたものであろうが。



 防衛組織UGMのオオヤマキャップ(隊長)は、ローズ・プロジェクトに関する作戦会議で海外・パリへ行っている設定で不出演。


 UGM広報班のセラが密着取材のために、無断でスペースマミーに搭乗して、イトウチーフに叱責されるあたりもよい味を出しているし、本作第2クール以降の新キャラである両者を目立たせることに成功している。



◎作戦行動を急ぐため、通常のように一度は衛星軌道で周回してから外宇宙へと航行するのではなく、衛星軌道をすっ飛ばして外宇宙にスペースマミーを進攻させたからG(加速度)がキツかった……というあたりは科学的だ。
 が、レッドローズ接近の影響で、我らが太陽の熱エネルギーがレッドローズに吸収されていると設定されてしまうあたりは、あまり科学的・SF的ではないかもしれない。


(了)
(初出・特撮同人誌『仮面特攻隊2000年号』(99年12月26日発行)『ウルトラマン80』大特集・合評8「ウルトラマン80全話評」より分載抜粋)



編:『ヒーロー雑学もの知り大百科』(82年・ケイブンシャの文庫本サイズの子供向け豆百科)以来、明かされている通り、本話の放映日は8月6日の広島の原爆忌であり、それを考慮して「核爆弾」「核兵器」のセリフがカット(差し替えか?)されて放映されたそうだ。
 後年ソフト化されたものは、本来のバージョンであるそうだ。



『ウルトラマン80』全話評 〜全記事見出し一覧