假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありませんので、悪しからず!(笑)

心が叫びたがってるんだ。 ~発話・発声恐怖症のボッチ少女のリハビリ・青春群像・家族劇の良作!

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ~別離・喪失・齟齬・焦燥・後悔・煩悶の青春群像劇の傑作!
『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』 ~長井龍雪&岡田麿里でも「あの花」「ここさけ」とは似ても似つかぬ少年ギャング集団の成り上がり作品!
『さよならの朝に約束の花をかざろう』 ~名脚本家・岡田麿里が監督を務めるも、技巧的物語主体ではなく日常芝居主体の演出アニメであった!
『迷家-マヨイガ-』 ~水島努×岡田麿里が組んでも不人気に終わった同作を絶賛擁護する!
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[アニメ] ~全記事見出し一覧


 2019年10月11日(金)からアニメ映画『空の青さを知る人よ』が公開記念! とカコつけて……。
 『空の青さを知る人よ』の長井龍雪カントク&岡田麿里脚本コンビのアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』(15年)評をアップ!


心が叫びたがってるんだ。』 ~発話・発声恐怖症のボッチ少女のリハビリ・青春群像・家族劇の良作!

(15年・KOKOSAKE PROJECT)
(2015年9月19日(土)公開)


(文・久保達也)
(2015年9月24日脱稿)


 脚本の岡田磨里(おかだ・まり)によれば、本作は「まずミュージカルありき」から着想され、「いきなり感情を歌い出す」というミュージカルの特質性を活かすために、「歌だから感情を出せる子」=言葉を「封印」された小柄な黒髪オカッバの女子高生主人公・成瀬順(なるせ・じゅん)が生み出された、とのことである。


 順が通う揚羽高校――校章のモチーフはアゲハ蝶である(笑)――が主催する地域ふれあい交流会の演目として上演される劇中劇=順の想いをそのままミュージカルに仕立てた『青春の向こう脛(ずね)』こそが最大のクライマックスであり、それが最大限に盛り上がるよう、本作の物語は構築されている。
 本来自ら主役の少女を演じるはずであった順ではなく、代役の優等生でチアリーダー部部長の仁藤菜月(にとう・なつき)が舞台に立つ姿に、順の母・泉(いずみ)が嘆く。


「やっぱり、だめだったじゃない……」


「王子様と出会って、王子様を好きになって。
 少女のなかに「愛の言葉」がどんどん生まれていく。
 喋ることのできない少女は、それを伝えられなくはがゆく思う」


 「第7幕」にそう綴ったほど、実行委員をともに務めて、優しそうでも冷めた感じの音楽関係には詳しい男子高校生・坂上拓実(さかがみ・たくみ)は順にとって、いつしか「王子様」となっていた。
 その「王子様」が、よりによって交流会の前夜、菜月から順への想いを問われ、正直な気持ちを打ち明けたのを、順は聞いて絶望する。


 「王子様」を失ってしまったことで、もはや歌で感情を出す必要がなくなった順は、舞台を放り出して行方不明に。
 突然のアクシデント発生に、これまであまりまとまりがなかった生徒たちが、絶対にミュージカルを成功させようと、結束を固める姿。
 そして、責任を感じて必死に順を探し回る拓実の姿に、順の想いがこめられた「青春の向こう脛」の舞台をリンクさせた演出は最高潮に盛りあがる!
 やがて拓実は、「青春の向こう脛」の、すべてのはじまりとなったある場所に、順の姿を発見する……


 本作は深夜アニメの傑作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(11年・ANOHANA PROJECT・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191103/p1)を生み出した、監督・長井龍雪、脚本・岡田磨里、キャラクターデザイン・田中将賀の布陣によるものであり、原作として『あの花』の主人公たちが幼い頃に結集していた、「超平和バスターズ」の名が記されている。
 『あの花』の幼なじみの主人公たちは、「超平和バスターズ」を名乗っていた頃、メンバーの少女・メンマが川に転落死したのは、自身の言動や行動が原因だったのでは? という「罪悪感」にさいなまれながら日々を過ごしていたが、本作もまた然りなのである。


 順は幼い頃、山の上にあったメルヘンチックなお城から父が出てくるのを目撃、それを泉に告げたことが原因となり、両親は離婚することになる。
 もちろん順に悪意があったわけではなく、幼い順がお城がラブホテルであったことを知る由もなく、ただ無邪気に「パパが王子様となった」と思いこんだだけであったのだ――車で出てきた父と浮気相手が、白馬に乗った王子様とお姫様に転じるという、現実と夢とのギャップを描いた演出はあまりに壮絶である――。


 だが、泉にはそれを誰にも口外するなと言われ、父には「全部おまえのせいだ」と捨てゼリフを吐かれたのを機に、順はおしゃべりを「封印」することとなったのである――泉が父の弁当に用意していた玉子焼きを、順の口につっこむ姿には戦慄をおぼえずにはいられない!――。


 拓実もまた、自身の進路をめぐっての対立が両親の離婚の遠因になったと考えており、自分の正直な想いを伝えるのを避けるのがいつしか当然になっていた。
 中学時代に一時拓実と交際していた菜月も、拓実が最もつらかった頃に助けてあげられなかったことを悔やんでいる。
 彼らとともに、担任の城嶋先生から強引に実行委員に指名された野球部の元エース・田崎大樹(たさき・だいき)も、自身の肘の故障によってチームが甲子園出場の夢を断たれたことを悔やみ、すっかりやさぐれた奴になってしまっていた。


順「言葉は人を傷つける」


 そんな「罪悪感」から、言葉を発すると腹痛を起こすまでになってしまった順が――あまたの(ひとり)ボッチアニメの主人公でも一応言葉を発するが、順は中盤くらいまで、本当に言葉を使わない! 唯一のコミュニケーションツールは、実にせわしなくキーを打つことで発せられる携帯のメールのみなのである!――、歌でなら想いを伝えられると考えるキッカケとなったのが、音楽準備室にあったアコーディオンを拝借して、拓実が口ずさんでいるのを聴いたこと。
 これは美少女ゲーム原作の深夜アニメの名作『WHITE ALBUM 2』(13年・PROJECT W.A.2・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191115/p1)や、アイドルアニメ『ラブライブ!』第1期(13年・2013プロジェクトラブライブ!https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160330/p1)の第1話同様、主人公のすべてが変わる契機として描くには、実にキャッチーな定番演出ではある。


 そして、言葉を「封印」した順ばかりではなく、言葉を持っているにもかかわらず、それをコミュニケーションツールとしてうまく機能させることができない、拓実・菜月・大樹らが繰り広げる、実に不器用な人間模様を交錯させて描かれる物語もまた、先述した作品を彷彿させるように思える。
 ただ、『あの花』や『ここさけ』がそれらと微妙に異なるのは、登場人物が「言いたいことは言わない」「言いたいのに言えない」と、遠慮がちな対人関係をとっているのは、彼らが皆「罪悪感」を背負っていることに起因しているためである。
 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』(13年・やはりこの製作委員会はまちがっている。・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20150403/p1)の主人公・比企谷八幡(ひきがや・はちまん)や、『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』(13年・ワタモテ製作委員会・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20151102/p1)の主人公・黒木智子(くろき・ともこ)なんかは、「罪悪感」なんぞ、ほんのかけらもなかったのだから(爆)。


 意外にも、個人的に最も共感してしまったのが、実はヤンキーチックな大樹だったりする。
 拓実らが交流会でミュージカルを演じることを提案するや、「しゃべんねえ奴がいて、できるわけねえだろ!」などと悪態をつく大樹だったが、それは野球部を弱体化させた自身を順と重ね合わせた、もどかしさの発露であったようにも思えるのだ。
 後輩の野球部員たちが大樹の陰口を言っていたことを明かした拓実に、大樹ではなく、親友でキャプテンの三嶋が「おまえに大ちゃんの何がわかるんだ!」と殴りかかろうとした描写もまた、大樹が後輩から信頼を得られないのもやむなしと、薄々感じていたことの証として機能しているのである。


 それにしても、これらはいかにも「青春群像劇」という香りがプンプンと漂っているが、


「わ~た~しは~、で~き~るよ~~」


と、順が突然歌いだしたことで、騒然としていた教室が静まりかえったり、実行委員たちが交流会の打ち合わせで入ったファミレスで、大樹の悪口を言う後輩部員たちと鉢合わせしたことから――大樹に対して後輩たちが腰を90度に曲げ、「すいやしぇんでしたぁ~!」と謝る、悪しき体育会系特有の姿があまりにリアル(爆)――、


順「簡単に消えろなんて言うな!!」


と絶叫したり、ミュージカルの主役を演じることに、順が無言でうつむきながらもシャッと手をあげて立候補したりする描写は――これはマジでかわいい!――、実にドラマチックであり、少女マンガ原作の深夜アニメ『好きっていいなよ。』(14年・好きなよ。製作委員会)のやはり地味でおとなしくて意志薄弱そうな女子高生主人公・橘めいに、イケメン男子の黒沢大和(くろさわ・やまと)や竹村海(たけむら・かい)らが惹かれたように、順の存在が拓実・菜月・大樹を次第に変えていく展開に説得力を与えている。


 また、故障した自転車の代わりに拓実が自身の自転車を提供しようとするや、「学校行くのに困るだろ」と、孫を思いやる拓実の祖父・八十八(やそはち)や、いたたまれずに交流会を中座しようとした泉に「もう少し観ていったら」といたわりの言葉をかける拓実の祖母・シンの姿は、全編緊張感が張りつめる本作の中では絶妙なクッションの役割を果たしており、絶対に人を傷つける言葉なんか使わないと思えるほどの、実に暖かみのある彼らの存在は、個人的にはとても魅力に感じられたものである。


 自身が企画したミュージカルが、クラスを結束させるほどの影響力を示すに至った順だが、そのキッカケを与えてくれたハズの「王子様」は、もう順の手には届かない……
 すでに廃業したラブホテルの一室にこもっていた順は、迎えに来た「王子様」に、自身の想いを崩壊させた拓実や菜月のことを、徹底的に罵倒する!


平塚先生「傷つけないなんてことはできないんだ。関われば傷つけるし、関わらないことで傷つけることもある。傷つけたと感じるのは、相手を大事に思うからこそだよ。どうでもいい相手には、傷つけたことにすら気づかない」


 これは『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』(15年・やはりこの製作委員会はまちがっている。続)における、比企谷のオールドミスの担任教師・平塚先生による、あまりに深い名セリフである。


 順が平塚先生に出会っていたなら、「傷つけた」という「罪悪感」にさいなまれることもなく、人を「傷つける」のが当然な言葉というものを、もっと早くに取り戻していたかもしれない――もっとも順の担任教師・城嶋先生もまた、一見音楽教師にありがちなロン毛で軽薄な雰囲気を漂わせながらも、生徒の自主性に任せて成り行きを暖かく見守る姿は理想的な教師像であり、あまたのボッチアニメに登場する無神経な教師たちとは格が違う(笑)――。


 順を傷つけてしまったという「罪悪感」から、拓実は順に自身を傷つける言葉を徹底的に浴びせさせるが、それも順を大事に想うからこその行為であったろう。
 そのことで、順は自身の言葉が家族を崩壊させたという「罪悪感」から、ようやく解放されることとなったのだ!


順「もうひとつだけ、言いたいことがあった」


 歌ではなく、「言葉」で遂にその想いを拓実に打ち明ける順!


拓実「ありがとう。でもオレ、好きな人がいるんだ」


 再び想いが打ち破られ、涙を流しながらも、それでも順が拓実とともに学校へと戻っていくのは、なんとも切ないものがある。
 だが、それは順の積もりに積もった心からの叫びを、拓実が真正面からすべて受けとめてくれた瞬間にこそ、拓実が順にとっての、本当の「王子様」となったためであるのだ、と筆者的には解釈したいのである。


順「わたしの声 消えたこと みんな喜んだ みんなわたしの言葉を 嫌ってるから」
泉「違う! 私そんなこと、望んでなんか……」


 体育館の客席中央を舞台に向かい、歌いながら進む順が、母・泉のそばを通りかかるこの場面だけは、筆者はどうしても、こみあげてくるものをこらえることができなかった……
 保険外交員をしているために留守がちな泉の代わりに、町内会費を払ってくれた順に、「近所に恥ずかしいから表へ出るな」と叱ったり、先述したファミレスの一件の後、病院に担ぎこまれた順を迎えに行った際も、「たかが腹痛くらいで」「もう疲れた」などと嘆いたりと、「被害者」意識の強さばかりが描かれることで、観客に「ひどい母親だ」と、本作での「悪」役としての印象が植えつけられた泉。
 だが、順をそんなふうにしてしまったのは当の自身であると、泉もまた、これまで「罪悪感」にさいなまれながら生きてきたであろうことは、この場面から充分すぎるほどくみとれようというものだ。
 泉もまた、順に対して言葉をコミュニケーションツールとして、うまく使いこなせなかったにすぎないのではなかろうか。
 先述した『ラブライブ!』第1期の金髪生徒会長・絢瀬絵里(あやせ・えり)もそうであったが、それまで「悪」役として描かれてきたキャラクターを悲劇のヒロインに一転させ、視聴者を一気に感情移入にもちこんで泣かせるという、あまりに卑怯な演出(笑)が、本作でもやはり用いられていたのである。


 城嶋先生が「ミュージカルは必ず奇跡が起きる」と語っていたように、泉と順の親子関係にも一条の光が照らされることとなった。
 だが、決してそればかりではない。
 筆者は金曜夜のレイトショー上映時に本作を鑑賞したが、それにしても、女性同士やカップル、年輩の夫婦といった、到底アニメファンには見えないような、一般層の観客があまりにも多かったのである。


 製作にフジテレビと電通がかんでいることから、事前の宣伝攻勢はすさまじいものがあったのだろうけど、これはやはり、「まずミュージカルありき」から生み出された作品であることが大きかったと思える。
 『オズの魔法使い』(39年)や『八十日間世界一周』(56年)など、随分と古い映画で用いられ、すでにスタンダードナンバーと化した名曲の数々が、要所要所に彩りを添えているのは、やはり一般層を惹きつける要素であると言えよう。
 これは作品の世界観をそのまま秋元康(あきもと・やすし)が作詞し、アイドルグループ・乃木坂46(のぎざかフォーティシックス)が歌唱した主題歌『今、話したい誰かがいる』にも同じことが言えるだろう――ただ、拓実が所属するDTM(デスク・トップ・ミュージック)研究会の部室で流れていた、青江三奈(あおえ・みな)の『伊勢佐木町(いせざきちょう)ブルース』(68年)は、いったい誰の趣味なんだ?(笑)――。
 我々のような人種にしか需要がないと思われていたボッチアニメを、一般層に注目されるほどの作品にまで昇華させたことに、これらはかなり貢献していると言えるのではなかろうか。


 また、順がボッチとなった発端が、言葉は悪いが俗世間じみており、従来のボッチアニメのような、クラスで疎外された経験を持つ者にしかその痛みが共感できないものではないことも大きいかと思える。
 順が殻に閉じこもっていることを「玉子の呪い」としているのは単純な発想であるようにも思えるが、近年人気となっているサンリオのキャラクター・ぐでたまは、そのものズバリ、玉子の殻から出るのを拒否している黄身(笑)をモチーフにしたものであり、これまた普遍的なものであるのだろう。


 そして、『あの花』同様に舞台となった、埼玉県秩父市の実在する光景を、実写と見まがうばかりの空気感までもが忠実に再現された街並みや建造物――唯一お城のようなラブホテルのみが明確な差別化として、いわゆるアニメ的な絵で描かれているのがまた秀逸である――、車や電車のあまりにリアルな3D-CGの動きは、アニメという映像表現に偏見をもっていたような一般層には驚きの声をもって迎えられたに相違ない。


 だが、なんと言っても大きかったのは、公開前後に『あの花』がCS放送・フジテレビTWO(ツー)で毎週水曜22時という、あの傑作を世間に知らしめるには絶好の条件下で再放送されたことに尽きるであろう。
 順と大樹が距離をとりながら、ふたりきりで一緒に帰路についたりとか、夕暮れの駅のホームで、電車を待つ菜月に大樹がコクってみたり……
 『ここさけ』は誰もが過去に経験した、「あの頃」ならではのドキドキものの、皆が共感することしきりの描写にあふれた、甘酸っぱい青春群像劇ではある。
 だが、ぶっちゃけ高校生たちがミュージカルをつくりあげるだけの、人気テレビシリーズの劇場版ではない、完全オリジナルアニメ映画の『ここさけ』が、公開4週目に入っても興行ランキング第9位にランクインしているほどのヒットを記録しているのは、『あの花』の再放送がなければ到底あり得なかったとしか思えないのである。
 私事で恐縮だが、同僚の25歳のスゲェ軽い女(笑)がこの再放送で『あの花』を知り、挿入された予告によって『ここさけ』を観たくてたまらないのに、彼氏が興味がないから観に行けない、とボヤいていたほどだったのである――だからと言って、この女と一緒に観に行く気はさらさらなかったが(爆)――。


 近年の深夜アニメには、アニメファンだけで独占するにはあまりにもったいないような、一般層にも受け入れられそうな作品が多いと、個人的にはとらえている。15年6月公開の劇場版(https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160709/p1)が大ヒットした『ラブライブ!』なんかは、その典型であるだろう。
 『ここさけ』を観た今だからこそ言えることであるが、『ラブライブ!』は「まず歌唱ライブありき」の発想から、歌だからこそ素直な感情を伝えられるキャラクターとして、先述した絢瀬絵里東條希(とうじょう・のぞみ)、西木野真姫(しにきの・まき)や小泉花陽(こいずみ・はなよ)といった、その外面と内面とが分裂したキャラクターが生み出されたのではないのかと思えるほどである。


 テレビ東京系列や独立UHFの局がない静岡県では、本誌で論じられているような深夜アニメは、地上波ではほとんどまともに放映されていないのが現状であり、『ラブライブ!』でさえも、映画公開前にTBS系列の静岡放送であわてて放映されたほどであったのだ。
 そんなアニメ後進地域に住む人々に対しても、そうした傑作をBSやCS放送で知らしめることで、その続編なら、あるいはそのスタッフの映画ならぜひ観てみたい、と思わせる今回のような営業戦略が、今後ますます発展することを期待せずにはいられない。


(了)
(初出・オールジャンル同人誌『DEATH-VOLT』VOL.72(15年10月4日発行))



心が叫びたがってるんだ。 期間限定スペシャルプライス版(期間限定通常版) [Blu-ray]
心が叫びたがってるんだ。 期間限定スペシャルプライス版(期間限定通常版) [Blu-ray])

心が叫びたがってるんだ。 [DVD]
#アニメ感想 #ここさけ #心が叫びたがってるんだ #長井龍雪 #岡田麿里


[関連記事] ~長井龍雪カントク&岡田麿里脚本作品!

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ~別離・喪失・齟齬・焦燥・後悔・煩悶の青春群像劇の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191103/p1

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』 ~長井龍雪岡田麿里でも「あの花」「ここさけ」とは似ても似つかぬ少年ギャング集団の成り上がり作品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191105/p1


[関連記事] ~脚本家・岡田麿里がアニメ監督にも挑戦!

さよならの朝に約束の花をかざろう』 ~名脚本家・岡田麿里が監督を務めるも、技巧的物語主体ではなく日常芝居主体の演出アニメであった!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191106/p1


[関連記事] ~水島努カントク&岡田麿里脚本作品!

迷家マヨイガ-』 ~現実世界からの脱走兵30人! 水島努×岡田麿里が組んでも不人気に終わった同作を絶賛擁護する!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190630/p1


[関連記事] ~コミュニケーション弱者・ボッチ問題評

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』 ~連載8年目にして人気再燃の理由を探る!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190606/p1

惡の華』前日談「惡の蕾」ドラマCD ~深夜アニメ版の声優が演じるも、原作者が手掛けた前日談の逸品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191006/p1

たまこラブストーリー』 ~親密な商店街にオタの居場所はあるか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160514/p1

げんしけん』&『ヨイコノミライ』 ~2大ヌルオタサークル漫画を読む!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20071021/p1

げんしけん二代目』 ~非モテの虚構への耽溺! 非コミュのオタはいかに生くべきか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160623/p1

トクサツガガガ』(TVドラマ版)総括 ~隠れ特オタ女子の生態! 40年後の「怪獣倶楽部~空想特撮青春記~」か!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190530/p1

『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』に想う オタク第1世代よりも下の世代のオタはいかに生くべきか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20170628/p1

電車男』映画版を毒男たちが観る!(笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070617/p1

Nippon2007(第65回世界SF大会&第46回日本SF大会)に見る外人オタらの同じ匂い

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20080302/p1

[関連記事] ~アニメ映画評

『映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて』(19年) ~言葉が通じない相手との相互理解・華麗なバトル・歌と音楽とダンスの感動の一編!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191108/p1

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』(18年) ~時が見え、死者と交流、隕石落下を防ぎ、保守的家族像を賞揚の果てに消失したニュータイプ論を改めて辻褄合わせ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20181209/p1

GODZILLAゴジラ) 星を喰う者』(18年) ~「終焉の必然」と「生への執着」を高次元を媒介に是々非々で天秤にかける!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20181123/p1

『劇場版マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ』(18年) ~昨今のアイドルアニメを真正面から内破すべきだった!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190504/p1

『映画 中二病でも恋がしたい! ―Take On Me―』(18年) ~眼帯少女も高1なら可愛いけど高3だとヤバいかも…に迫る逸品

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190904/p1

夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』(共に17年) ~鬼才・湯浅政明カントクのイマ半と大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190621/p1

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章~第三章』(17年・TVアニメ先行上映) ~戦争モノの本質とは!? 愛をも相対視する40年後のリメイク!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20181208/p1

『劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―』(17年) ~大人気の本作にノレない私的理由を記しつつ大ヒットのワケを分析!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190922/p1

『映画 聲(こえ)の形』(16年) ~希死念慮・感動ポルノ・レイプファンタジー寸前!? 大意欲作だが不満もあり

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190901/p1

ガールズ&パンツァー 劇場版』(15年) ~爽快活劇の続編映画に相応しい物量戦&よそ行き映画の違和感回避策とは!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190623/p1

ラブライブ! The School Idol Movie』(15年) ~世紀の傑作!? それとも駄作!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160709/p1

這いよれ!ニャル子さんF(ファイナルカウントダウン)』(15年・OVA先行公開)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20150602/p1

『天才バカヴォン ~蘇るフランダースの犬~』(15年)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20150706/p1

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(ジ・オリジン)』(15年・OVA先行公開) ~ニュータイプレビル将軍も相対化! 安彦良和の枯淡の境地!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190707/p1

機動戦士ガンダムUCユニコーン) episode7 虹の彼方に』(14年・OVA劇場先行公開)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160904/p1

たまこラブストーリー』(14年) ~親密な商店街にオタの居場所はあるか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20160514/p1

宇宙戦艦ヤマト 復活篇』(09年) ~肯定評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20091011/p1

サマーウォーズ』(09年) ~話題作だがイマイチでは?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20091011/p1

鉄人28号 白昼の残月』『河童のクゥと夏休み』『ミヨリの森』 ~2007年アニメ映画評

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20071014/p1

『劇場版 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム ―星を継ぐ者―』(05年) ~映画『Z』賛美・TV『Z』批判!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20060325/p1

劇場版『エスカフローネ』(00年) ~いまさら「まったり」生きられない君へ……

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/19990912/p1

マクロスプラス MOVIE EDITION』(95年)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/19990904/p1

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』(84年) ~シリーズ概観&アニメ趣味が急速にダサいとされる80年代中盤の端境期

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/19990901/p1