假面特攻隊の一寸先は闇!読みにくいブログ(笑)

★★★特撮・アニメ・時代劇・サブカル思想をフォロー!(予定・汗)★★★ ~身辺雑記・小ネタ・ニュース速報の類いはありません

がっこうぐらし!・それが声優!・アクエリオンロゴス 〜2015年夏アニメ評

2015年夏アニメ中間評 ~『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』『六花の勇者』『おくさまが生徒会長!』『干物妹!うまるちゃん』『実は私は』『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』
2016年春アニメ序盤評 ~『キズナイーバー』『ハイスクールフリート』『甲鉄城のカバネリ』『少年メイド』『坂本ですが?』『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』『文豪ストレイドッグス』
2016年夏アニメ中間評 ~『ももくり』『この美術部には問題がある!』『チア男子!!』『初恋モンスター』『Rewrite』『ReLIFE』『orange』
拙ブログ・トップページ(最新10記事)
拙ブログ・全記事見出し一覧


[アニメ] 〜全記事見出し一覧


2015年夏アニメ評! 〜『がっこうぐらし!』『それが声優!』『アクエリオンロゴス

(文・T.SATO)
(2015年10月3日脱稿)

アクエリオンロゴス

(金曜24時 TOKYO MXほか)


「♪ ヤマイダレ、ダ〜リン、ダ〜リン。神託のカンムリィ〜〜〜〜〜(フォーッ!・掛け声)」。


 いやぁノリノリのカッコいい主題歌で、先に引用したイントロの歌詞&楽曲は、耳についてヘビーローテーションになりますナ。しかし、「病」の部首の「ヤマイダレ」とは(笑)。


 「カッコよさ」と「おバカさ」の同時両立をねらった人気合体ロボットアニメ『創聖のアクエリオン』(05年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20051021/p1)シリーズも早くも10周年! その第3作目である本作は、本稿執筆時点の今のトコロは前2作とは無関係のようだ。


 絵面からして、時代設定も舞台設定もよくわからない(筆者だけ?・汗)、文明退行後の終末世界ぽかった、陰鬱で古代・中世の石造りっぽい建造物群の印象が強い前2作とは異なっている。
 今回は舞台がモダンで喧噪に満ち満ちた現代で、東京は杉並区のJR中央線・阿佐ヶ谷駅周辺のご近所商店街!
 伏せ字も変名もあまりなく、店舗名や会社名がだいたいそのまま出てくる。
 阿佐ヶ谷は、パチンコ会社SANKYO傘下の我らが河森カントクが重役を務めるアニメ制作会社・サテライトの所在地だそーで、遠隔地へのロケハンの必要もナシ(笑)。
 キャラデザも、オープニングの人物カット群に象徴されるよーに、8等身でもポップでライトな描線もやわらかい印象。個人的にはけっこう好みのキャラデザだ。


 あとで知ったことだけど、コレまた実在・既存の、声優の卵たちを店員にそろえているとゆー、阿佐ヶ谷のアニメコラボカフェ・SHIROBACO(KOではない~笑)を、地球防衛組織のカモフラージュ基地にナゾらえる。往年の『秘密戦隊ゴレンジャー』(75年)か『太陽戦隊サンバルカン』(81年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20120206/p1)かヨ!
 イザとなるや、とゆーか毎週毎週、店員たちがオタクっぽいお客サンたち(笑)を追っ払い(そんな無体な!)、カフェは端末とモニターに満ち満ちたヒミツ基地の司令室と化す!


 そして、ふだんは店員を務めている青年・少年・少女たちは、声優の卵ではなく「創聖」ならぬ「創声力」とやらの持ち主で、6原色の戦闘機に搭乗して出撃!
 #1では戦闘機の出撃に際して、阿佐ヶ谷の駅前ロータリーの区画が封鎖されて変形! カッコいいけど、リアルに考えたらスッゲェー迷惑!(笑)
 そんな彼らは「創声力」を鍛えるために、ふだんは「創声部」を結成し、ときおり朗読劇をも披露する。……今、流行りの部活モノかよ!? しかも朗読劇の内容は「3匹の子豚 in 白鳥の湖」などと来たモンだ。


 しかも、SNS系のIT会社を隠れミノにした敵さんの団体もそーとーオカシい。
 形而上(けいじじょう)世界で「漢字」1文字1文字の理念・イデア(?)に対して注射器みたいなモノをブッ刺して破壊せんとすると、「漢字」そのものが苦悶しだす。「漢字」さんは生き物かヨ!?
 すると、現実世界でもその「漢字」にまつわるデタラメな怪事件が発生!
 ちなみに、形而上世界では「漢字」そのものが化け物となって、漢字の「読み」まんまの鳴き声(笑)をあげている。


 今までにターゲットにされた漢字は、「巻」とか「夢」とか「恋」とか「夏」とか「炎」などなど。
 しかしそれによって起きる怪事件も法則性がデタラメ。当初はその文字が差し示す「概念」が人類の知的・文化的蓄積から消失して、無かったことになる過程において、その「概念」が一時的に暴走して、大騒動! になるのかと思いきや。
 「巻き」寿司が動き出し、ネクタイが首に「巻き」付き、ソフトクリームが「巻いて」なくて(笑)、竜「巻」が発生する!
 「夏」の概念にお注射すると、現実世界で一時的には「夏」が暴走するのかと思いきや、飛び越えてイキナシ「真冬」となる!
 「炎」の概念にお注射したから、この世から「炎」が消失するのかと思いきや、ネット上での「炎上」が現実世界での物理的「炎上」に!


 ……落語かよ!? 整合性が取れてねーヨ!(笑)
 一瞬でもマジメに古代ギリシャの哲学者・プラトンイデアの世界だの、原始の漢字(甲骨文字など)の部首から古代中国人の呪術的な風俗を解読する白川静センセイの「漢字学」を連想して――『侍(さむらい)戦隊シンケンジャー』(09年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20090712/p1)や土6アニメ『天保異聞 妖奇士(てんぽういぶん あやかしあやし)』(06年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20070317/p1)でも同様のことをやってたよネ――、本作はバカっぽさの中にもハイブロウなものがあるのかも!? と深読みしよーと構えた筆者がバカでした。
 もう女児向けアニメ『プリキュア』シリーズ(04年~・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040406/p1)に毎週出てくるギャグ怪獣と変わらないよーな、「笑い」を取りに来るデタラメなコンセプト!(ホメてます!・笑)


 着崩した青いブレザーの高校の制服に身を包んだ長身の高校生男子の主人公もカッコ・オカシい(笑)。#1で唐突に登場して、ヒミツ基地の戦闘機を強奪してナゼだか知らないけど操縦もできる! 戦闘機群も巨大ロボットに強制合体させて、敵の「漢字」の巨大怪物も撃破!!
 もうリクツもナニもあったモンじゃない! #2ではヒミツ基地の防衛組織の警備員たちに拘禁されるも、平気で脱獄して再度大活躍し、その功績が認められ(認めるナ!)、#2の最後では仲間として迎え入れられる超展開。彼の氏素性はいまだ不明だろ! この作品の作劇自体もそーとーオカシい――いや、視聴者のツッコミを待っている誘い受けなのはわかりますヨ(笑)――。
 トドメは彼が毎回毎回何度も何度も自信満々に繰り出すキメ台詞。……「なぜならオレは、救世主だからだ!」(爆笑!)。
 いやぁヒーローもの的にはカッコいいすけどネ。リクツにも説明にもなってないヨ! 単なるヘンタイさん・誇大妄想狂だよネ。劇中でものっけからその旨でツッコミされてるし(汗)。


 敵の首領の背広姿のダンディなオジサン社長に正義側の組織をスパイしろ! と云われて、正義の味方に寝返ったフリをしている、戦闘しか知らず世間のことをまるで知らないので、ズッコケたボケを盛大に毎回カマしてくれる銀髪ショートのメインヒロイン。
 選挙演説台を載せたクルマをレンタルしている(爆)政治家志望のイケメン青年に、落語家志望のバンカラで気サクな三枚目青年。チャイドルの金髪ロリ幼女。
 彼らは全員、戦闘機に乗って巨大ロボットも操縦してみせる……が、ロリ幼女だけは明らかに労働基準法に違反してなくネ?(笑)


 極めつけは、女優志望なのに虚栄心皆無の性格よさげ。小鳥がさえずっているよーな可愛らしい小声だけれども吃音(きつおん=ドモリ)ぎみなので、「身の程をわきまえろ!」とも云いたくなる(汗)、ボリュームある黒髪セミロングの常に高校のミニスカ制服姿でいる太ましいサブヒロイン・心音(ここね)ちゃん!
 いやぁ健気ですねェ。いじらしいですねェ。癒されますねェ。肉感的ですねェ。筆者は大好物ですヨ! 食べてしまいたい!(笑) 性格がやさしすぎるから強気に迫ればイヤと云えなくて、お持ち帰りできそうな性的ファンタジーをも妄想させてくれる(……オイ・汗)。


 道で転んだお婆さんに手を差し伸べて助けるも、続く会話でうまく言葉が出てこずに、イチイチ「エッ? エッ?」と聞き返されて、意志疎通がうまくいかないことにプチ・パニックとなってますます言葉が出なくなり、ついにはスマホの画面を使っての筆談を始めてしまうとゆー!
 ……アアッッ! オマエはオレか!? フツーの人々が呼吸をするよーに自然にできること(日常会話・雑談など)が流暢にできず、それにストレスを感じて気後れしてしまう人種の苦悩をよくぞ描いてくれました!
 氏、氏にたくなってきた。……けど、ボクまだがんばるもん!(意味不明) 思えば筆者もブザマで恥辱にまみれて地ベタを這いずりまわりながら人生を生きてきました。だから、読者のみなさんも今後ともコラえて生きていきましょう!(笑)
 あー、かわいそ、かわいそ、かわいそ。……自分がかわいそ。とゆー、コレは弱者への慈悲心を視聴者へ訴えかけているよーで、実は自己憐憫の心に訴えかけている、実に高度もとい自堕落な、コミュニケーション弱者である我々オタどもをコロッと転がすための周到なキャラ設定&作劇なのである。
 まぁ筆者自身はこんな安っぽいテには転がされナイけどネ。……心音ちゃん、命!(笑)


 心音ちゃんを演じるのは、深夜アニメ『SHIROBAKO(シロバコ)』(14年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160103/p1)で、売れない声優志望のズカちゃんことしずかを演じて1億人の涙を振り絞った千菅春香(ちすが・はるか)ちゃん! エンディング主題歌の歌唱も担当し、中CMではご尊顔も披露する! いやぁお仕事が引き続いてあってホントによかった(現実と虚構を混同・汗)。


 でもなんか、この吃音・緘黙症(かんもくしょう)ぎみの設定には既視感もあるよーナ? ……今年、各映画館で散々予告編をやっていて、この9月に劇場公開されたばかりのアニメ映画『心が叫びたがってるんだ。』(15年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191104/p1)の黒髪と白い制服姿がまぶしい女子高生ヒロインと同じ設定やないけー! いやまぁアッチは小柄なスレンダー少女で身長&体型はまるでちがうけど(笑)。


 銀髪のそそっかしいメインヒロインが


「なぜアイツを常時、眼で追っている!?」


 と容赦なくハズかしいことを詰問するや(オマエもスパイ任務か!? の意・笑)、サブヒロインが


「わからない。気付いたら眼で追っちゃってて……。胸がドキドキして、頭がボーっとしちゃう……」


 とマジレスして、メインヒロインが


「病気か!?」


 と天然ボケに天然ボケを重ねていく一連に象徴されるよーな、人情や恋情の機微にあまりにも鈍感で幼くておバカすぎるラブコメ図式もサイコー!(笑)


 てなワケで、前2作よりも本作の方が、バカっぽさに拍車がかかっていて、個人的には気に入っていたりする。


 ただ、アクエリオンがヨロイ武者風のヒト型合体ロボットになること自体が本作ではマレで、「ココで笑ってください!」とばかりに「鳥」とか「虫」とか「ウサギ」型の色物ロボットにバリエーション合体して必殺ワザを繰り出しすぎるあたりだけはドーにも(汗)。
 タマの変化球ならばイイけれど、ソッチ系ばっかじゃねーか! 長い手脚をブルンブルンと振り回したり足を踏ん張ったりミエを切ったり武器を構えたり拳をギュッと握ってみせたりするヒト型でないと「力感」「ヒロイズム的な勇ましさ・カッコよさ」「敵をやっつけるカタルシス」には欠けてしまうよーに思うのだけれど。


 ……「カエル」型のアクエリオンが登場した時点で、もうナニを云ってもムダですかネ?(笑)
アクエリオン ロゴス ( AQUARION LOGOS ) クリアファイル ( 剣嵜 総 & 綺声神 心音 & 灰吹 陽 & 月銀 舞亜 )

アクエリオンロゴス Vol.1【 イベントチケット優先販売申込券付 】 [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】アクエリオンロゴス Vol.1 (全巻購入特典:「アニメ描き下ろしイラスト使用全巻収納BOX」引換シリアルコード付)【 イベントチケット優先販売申込券付 】 [Blu-ray]
アクエリオンロゴス Vol.1 [DVD]


それが声優!

(火曜23時 TOKYO MXほか)


 ようやっとデビューができたばかりで、まだ先行きも盤石ではないであろう(汗)、新人女性声優3人組のドタバタ悲喜劇を、シリアスにではなくマッタリとオブラートに包んで描くという深夜アニメ。


●ライトグレーのロングスカートである学校制服で身を包んだ、子役上がりで小柄かつ可愛らしい、黄緑色のボリュームもあるロングヘアで、オットリとしているけどシッカリしている、いかにも性格よさげな現役中学生声優がサードヒロイン!


●コリン星ならぬイチゴ星からやってきた! という「設定」を作って、テンション高めでその「設定」をブリブリと演じている、膝上まである長い白タイツ&苺イメージのミニスカのあいまにある狭~い絶対領域(笑)に素ハダの太モモも見せつけてくれる、ピンクのツインテール髪でいわゆる萌え萌えの可愛い子ブリっコしているサブヒロイン!


●そして、薄パープル髪のショートカットにメガネ。丈がとても長~いカーデガン、スネまである細みのロングスカート、短い上げ底ブーツの3点セットで、貧乳・痩身・胴長短足気味の貧相なボディラインをゴマカしているとおぼしき(失礼・汗)、少し地味めなメインヒロイン!


 ……オマエがメインヒロン・主人公かよ!? 見た目だけで云えば、3人グループの中ではサードヒロイン・ポジションのルックスじゃねーのか!?(汗)


 いや、別にイイんですけれどもネ。実にフツーに実際の日常生活においては最も常識人でもあろうし、仮に会話を交わしたとしても、対話相手を安心させてくれるイイ娘だろうとは思います。


 往年の美少女アニメの金字塔『涼宮ハルヒの憂鬱』(06年)における文芸部の部室の窓際で文庫本を読んでいる銀縁メガネのサブヒロイン・長門有希(ながと・ゆき)をも想起させるビジュアルだと云ってあげてもイイかもしれない!? ……いや、神秘性とか吸い込まれてしまいそうな魅力には大幅に欠如しているけど(爆)。


 しかしまぁ、性格は少し弱気だし、健気でイヤミなところもないけれども、男に対しての媚び媚びとした女子力や「華」には実に乏しい。繰り返しになるけど、フツーの美少女アニメだったならば、よくて3番手か4番手のヒロインじゃネ? 的なルックスなのだ。
 作り手たちも確信犯なのであろう。彼女ら3人が作品内で結成する新人女性声優3人組の歌唱ユニットの中でも、このコはセンターを務めてすらいないし!(笑)


 セカンドヒロインことイチゴ姫の方も、自身で作りこんだ「キャラ設定」でのふるまいは、ヘタをするとアザトくてハナに付いてしまうところだ。だけど、イマ半でソレがキマりきっていなかったり、元ネタの一部にしたとおぼしき00年代の某女性アイドルとも同様に、ドーしても「設定」の徹底にはムリが生じて破綻・失敗しているところも含めて、それが「笑い」としても機能しているのだ。


 しかし、実はイチゴ姫はビンボーな身の上であり、狭くてボロいアパートで実に質素な暮らしをしている。パートのオバサンたちばかりの工場の製造ラインで健気にアルバイトもしている苦労人(汗)な描写も挿入されているあたりで、リア充(リアルで充実)なイケてる系の御仁たちが大キライな我々オタク的には、そのギャップが実にポイントが高くなるのだ(笑)。


 サードヒロインである現役中学生声優はイイ子ではあっても、オトナしめでキャラ薄である。だが、シリーズ後半では彼女に主役編を設けさせて、メタ的ながらもキャラ薄それ自体を自覚させて、幼少時から子役だったがために皮肉にもフツーの女子中学生の演じ方がわからなくなっているのだという「困惑」をさせることで、その人物像を逆説的に肉付けしていく。
 加えて、裕福とはいわずとも生活には特に困っていない実家住まいのフツーの身で、声優とは名ばかりのバイト三昧の前2者とは対比の妙も出せているのだ。


 コレで彼女が大金持ちであり巨大な洋館に住まっていて、公的な天下国家のことや他人へのいたわりなどには毛頭関心がなくって、ファッション&スイーツなだけの嗜好で、同性の女性たちとも差別化することで上位に立って男どもの注目を浴びたがってもいたり、イイ男にイロ目を使うなどの私的快楽だけがアイデンティティーとなっているビッチ娘であったならば、我々オタの敵として認定されるけど(笑)、実家は実に素朴な和菓子屋である。


 ドコかで既視感がただよう設定なのだ。そう、アイドルアニメ『ラブライブ!』(13年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160330/p1)の元気系メインヒロインや、同じくアイドルアニメ『Wake Up,Girls!』(14年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150615/p1)のサブヒロインなどの実家も、ダサいとは云わないけどイケてる系とも云いがたい和菓子屋であったのだ。
 出自がリア充女性ご用達のファッション&洋風スイーツではないあたりで、この処置は元気なコミュニケーション強者でイケてる系キャラクターに行き過ぎかねないところを少々寸止め・中和してみせたり、作品のウラ側からも癒し系のキャラクター性を加味してもいるのだ。
 そう、性的弱者でもある我々オタク男子を安心させて、やさしくスポイル(笑)もしてくれる実に自堕落な、もとい高度なキャラクター設定でもあったのだ!?


 キャラクターデザインは、各話ごとの下請けアニメーターの技量が多少なりとも乏しかったとしても、それが露わに現われて過剰に見劣りすることもなさそうなシンプルな「描線」ともなっている。
 線が少なくても何気に高度なセンスを要するような「萌え曲線」「萌え描線」を最初から達成する気もないようなお手軽さだ(笑)――コレはコレで過剰に媚びずにサッパリとしていてイイけれど――。


 主題歌もメインキャラ3人の名前や性格&境遇設定を冒頭でベタでも歌詞化して「茨の道」だの「ドンと来い!」だの、後半で音階が転調してからはさらにイモっぽくなるB級・C級志向である!(笑)
 トドメには主演声優3人組のユニット名が「イヤホンズ」だと来たもんだ! 「ヘッドホンズ」とかではなく「イヤホンズ」! 耳穴に挿すイヤホンですよ! ナンというミミっちいユニット名。だけど、本作には実にふさわしく思えるのだ。
 「♪ アナタのお耳にプラグイン!」。まぁ、出オチ的なねらったネーミングであることもわかるけど(笑)。


 ……声優さんたちの苦労談というと、つい最近でも円盤売上も大ヒットを記録したアニメ業界モノの大人気深夜アニメにして大傑作『SHIROBAKO(シロバコ)』(14年・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160103/p1)にて、メインキャラのひとりである声優志望の「しずか」こと「ズカちゃん」で散々っぱらに描いていたばかりじゃねーのか!? と多くのアニオタが想起したであろうとは思われる。
 で、本作のテロップのシリーズ構成(メインライター)担当者を見てみれば、コレまた『SHIROBAKO』と同じく大ベテランの横手美智子センセイ! ……オイオイ。
 コレは損なタイミングで放映されてしまって、近過去の大傑作と過剰に比較にサラされてしまうであろう不運な巡り合わせの作品になってしまったよなぁ……などと思いきや。


 あにはからんや、意外と面白い! ユルくてヌルい作品だけれども面白い! グイグイと引き込まれるということもないのだけれども、それでも視聴がサクサクと進む! 『SHIROBAKO』とチョットだけカブりつつも全然テイストのちがう作品に仕上がってもいる!


 『SHIROBAKO』ほどの密度感、胃がイタくなるような切迫感はまるでない。ないのだけど、『SHIROBAKO』もかなりキワどいところ、アンハッピーエンド・絶望一歩手前のイヤ~ンな感じを散々に経由してからのハッピーエンドのシークエンスの連発(笑)で成立している作品であったので、ヒトによっては重たすぎたであろうし、ヤリすぎといえばヤリすぎな作品ではあったのだ。
 漫画・アニメの本義が、娯楽・気休めであるならば、本作のユルい在り方・作り方もまたまちがっているとは思われない!


 どころか、本作の初出は深夜アニメ放映の4年も前となる2011年末の冬コミ同人誌(!)なのだそうである。そーなると、『SHIROBAKO』の方こそが実質的な後追いだったのではなかろうか!?


 『SHIROBAKO』においては、主人公女性キャラには仕事上にて多々見舞われる艱難辛苦(かんなんしんく)に対する不平不満を、極力そのクチビル上ではナマでは語らせなかった。
 その代わりに主人公が所有する可愛らしいヌイグルミ2体に、トロトロと甘ったるい幼児言葉の対話調にて不平不満を代弁させていた。コレにより、論理的には云っていることは同一であったとしても、感覚的にはしごくやわらかく感じられてきて、彼女の怒りとやや強気な性格から来るキツさなどは遠景へと退いていって、彼女の悲痛や心身の疲労に対する同情・感情移入の方が強まってもくるのだ。
 製作スタッフたちもバカではないのだから、作品の看板となる萌えキャラたちの性格が過度にキツめだとは受け取られないように、声援もしたくなるアイドル性は残したかたちでの「萌えキャラ」として踏みとどまれるように、主人公女子の描写をヌイグルミとも込みで、さりげに印象コントロールもしていたのだとも私見をするのだ。


 本作にもヌイグルミを使った同様のシチュエーションが存在している。これは原作マンガにもある設定なのであろうか? アニメ版のオリジナル設定なのであろうか? 企画や脚本執筆のタイミングでは、このヌイグルミを用いた自問自答的な会話劇で登場人物たちの心情を仮託させる手法は、『SHIROBAKO』と本作とでドッチが先だったのであろうか? 横手美智子センセイ、教えてください!(笑)


 「相対的にはユルい」と書いてきたものの、それはひょっとすると実は失礼な物云いなのやもしれない。本作の原作者でもあられる、個人的にはパワフルなボイスの持ち主といった印象がある中堅女性声優・浅野真澄(あさの・まさみ)センセイ的には、声優業界内部の悲喜劇をしごくマジメに訴えているつもりなのかもしれないからだ!?


 だが、別に声優さんであろうが役者さんであろうが音楽家であろうが、日常生活に恒常的に最低限は必要なカタギの「実業」ではなく、世の中全体にプチ・ブルジョワ的な余剰があってはじめて成立する水モノ・人気商売でもある「虚業」の世界が不安定な雇用状況にあることは、大方の人間であれば人生途上のドコかで見聞きしてきたことでもあり、そのイミでは想定内の内容だったともいえるのだ。


 とはいえ、だから陳腐(ちんぷ)な内容にとどまっていて作品としてもダメなのだ! ということでもない。そういった「虚業」の世界で夢を追ってしまわざるをえない人間たちの心情を、外側から見た客観的な「ドキュメンタリー」形式などではなく、登場人物たちの内面を想像&フィクションも込みにて「物語」というフォーマットを採ったかたちで提示することで、単なる「知識」「情報」にはとどまらない「感情移入」をさせること。
 それによって、多少の「血肉」も感じさせられる「疑似体験」にまで昇華させたり、逆に疑似体験にまでは至らなかったとしても、この世の中にはそういった世界もあることを周知させて、そんな彼女らに対して観客も少々の「共感」「同情」をさせてはくれる装置ともなりうることもまた事実なのであった。
 「ジャーナリズム」ならぬ「フィクション」の効用のひとつとはまさにソレなのであろう。



 ただし、作品外のことになるけど、本作の原作者にしてアラフォー中堅女性声優・浅野真澄の人格イメージと、本作のイヤホンズの面々の弱々しいイメージがまったく重ならない。……いや、重ならなくってホントによかったとも思うけど(笑)。


 だってホラ、筆者のようなロートルにとって、浅野真澄といったら、『三国志』の登場人物たちの名前(汗)でなぜか生まれついてしまった肉感的な爆乳女子高生たちが格闘バトルを繰り広げる、今だに新作が継続している『一騎当千』シリーズ(03年~・http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040405/p1)の陽性ノーテンキなミニスカ女子高生主人公・孫策(そんさく)だったモノで。


 演技力や声量を要求されそうな、大向こうを敵にまわしてのキップのいい啖呵(たんか)も切れる堂々としたお芝居もコナせる彼女には、コッチが応援せずとも放っておいても踏んづけても踏んづけても、自力で世に出てきてしまいそうな実にタフでしぶとい生命力に満ちあふれた力強い自立した女性のイメージしかないのだ(笑)。


 今年2015年は女児向けアニメ『Go! プリンセスプリキュア』(15年)で、クールでお上品なお姉さまの生徒会長ことセカンドヒロイン・キュアマーメイドを演じている浅野だが、コチラもやはり実に頼りなさそうで可憐な一輪の野花のようなイヤホンズの3人のイメージとはまったく重ならない。
 あの浅野にイヤホンズの3人のような、か弱いド新人時代があっただなんて、筆者は毛頭信じない(オイ・笑)。


後日付記


 本作の終章では、ダンスでの「足の故障」といった『Wake Up,Girls!』終盤でも観たような展開ともなり、最終回は声優事務所・青二プロならぬ青空プロにおける若手声優に対する定期的な選抜にて事務所に残留ができるか否かが眼目となって、シビアな中での希望を謳う『SHIROBAKO』化したかたちで終了となった! といったところが筆者個人の印象である。
 いやまぁ、他の作品のタイトルを列挙して「似ている」などといった類いの文章で、その作品を語った気になってしまうのもドーかとは思うものの(汗)。もちろん、似ているからダメだというワケではなく、似ていても非なる展開ではあったワケである。


 ダンスでの足の故障に、『Wake Up,Girls!』をつい想起してしまうことも、筆者個人が腐っているからであって(汗)、冷静に考えてみればギョーカイ的には「あるある」ネタなのであろう。
 オッサンの繰り言で申し訳がないけど、70~80年代までのアイドルというものは、今思うと右手をマイクに左手でちょっとだけ手をヨコに伸ばしたり振ったりもしているだけの単なる「振り付け」であった。それに引き換え、90年代以降のアイドルは激しいキレッキレの「ダンス」を踊るかたちとなっていく。だから、今のアイドルの方が高度なテクニックを要求されて大変だろうとも思うのだ。


 本作のメインヒロインを演じている高橋李依(たかはし・りえ)の名前は本作のテロップで初めて認識したけど、2015年夏アニメでは『がっこうぐらし!』の追加メンバーのあの娘と、『乱歩奇譚 Game of Laplace(らんぽきたん ゲーム・オブ・ラプラス)』ではコバヤシくんと、主役級キャラのレギュラーを一挙に3本もゲットしている!
 エンディングのテロップを見なければ同一声優を演じているとは気付けないほどなので、つまりはキチンと演じ分けもできていることになるのだ。本作中でもメインヒロインが少年の声をマネてみせるシーンなどは、素人クサいボキャ貧の賛美で恐縮だけれど、実に達者だよなぁ~と感心しきりである。


がっこうぐらし!

(木曜23時30分 TOKYO MXほか)


 #1以降に関しても、ネタバレ禁止的な意表外の展開が少々あるので、それについてはマナーとして明かさないよーにするけど、話題になった例の#1に関しては、もう本放映も終了した時期だし、ネタバレしてもイイよね!?
 「学校生活部」という部活で、女子高生たちが学校で生活している! とゆー「部活モノ」であり、00年代末期以降はいわゆる「日常系」「空気系」と呼称されるよーになったジャンルの深夜アニメ。
 と思わせておいて、#1ラストで実は「ゾンビもの」であり、学校での生活は余儀なくされていたモノだったのだ! とゆーことが判明し、アニオタ間で話題を呼んだ作品。


 なのだが、リアル系ではなく等身低めのマルっこい美少女キャラたち数名のホントに何気ない、起承転結のメリハリもほとんどないグダグダして脱力した日常を描く、いわゆる「萌え4コマ」転じて、00年代末期以降は「日常系」「空気系」と呼称されるよーになったこのジャンル。
 コレも純粋な「作劇の妙」でのサプライズとゆーより、まずは「日常系」「空気系」モノの絵柄や作風にフリーライドして、ソコから途中で降りることでのギャップ・落差をもって、サプライズを倍増させているトコロがあるので、少しズルいよーな気はする(笑)。


 学校の校舎で制服姿の女子高生たちが起居を共にし、時折り校外に生活必需品を求めて繰り出して、さらにはソコに人間ドラマもカラめて……といった基本設定にも既視感がある。
 昨年の金曜深夜にテレビ東京系で放映されていたアイドルユニット・AKB48(エーケービー・フォーティエイト)の二軍メンツによる深夜ドラマの佳作『セーラーゾンビ』(14年)じゃねーか!?
 まぁ隣接ジャンルの2.5次元でさえも敵視するセクショナリズムの方々も多いよーなので、アニオタのみなさんの視野にそもそも『セーラーゾンビ』とか、アニメ版直前季放映の実写版『ワカコ酒』(15年・コレも佳作)が入っていなかったのも、ワカります(笑)。


 それでは、本作は「ゾンビもの」として論じるべきなのか? とゆーと、コレがまたそーでもナイ。
 怪獣もとい、ゾンビをメインの存在にしよー、怖く見せよー、ショッキング演出・ホラー演出をいかに凝ろーとか、あるいはジャンルやシリーズの爛熟の果てに「ゾンビもの」の歌舞伎的様式美を究めよーとか、その逆にゾンビ・ジャンルの陳腐化(ちんぷか)したお約束に自覚的になって、ジャンルやシリーズのお約束それ自体をメタ的にギャグとするよーな作品にもなっていない――なっていないからダメだとゆーのでもなく――。


 実際にはゾンビとの闘争それ自体は描かれないエピソードの方が多い。むしろ、ゾンビ自体は背景・舞台装置にすぎない。
 世界中がゾンビで蔓延した理由や、部員たちや途中参加メンバーが今のような境遇に至ってしまった過去の経緯を、作品内の時系列をイジった回想形式で1本まるまる費やしたりもする。
 校舎の屋上のプールとゆーか貯水池で、水着姿になって清掃したりハシャいだり、教室で教科書を使ってお勉強をしたり、古文の『方丈記』を起点に宛てのないお手紙を書いたり、学校生活部の4人での起居・食事・就寝光景を描いていくのが本作のメインであったりする――その伝では広いイミでの「日常系」ではあった――。


 このかぎりでは本作は、「ゾンビもの」の本質・中核であるともいえる、ゾンビとの闘争、ゾンビからの逃走や、戦闘時の感情の高揚に、ゾンビを正当防衛としてやっつけるカタルシス、サバイバルのためのスリル&サスペンスが、作品の主目的になっているワケではなかった。
 ドチラかとゆーと、極限状況に追い込まれた密室内の登場人物たちによる、ロリ少女・戦闘系・お姉さん系・ボーイッシュ少女の性格類型ごとに想定されうるよーなリアクションや心情の相違、その落差の心的水流を元にして水車・エンジンを起動させるよーな状況劇の方が主眼となっている。
 コレは優劣ではなく云うのだが、そのかぎりでは「ゾンビもの」とゆーよりかは「人間ドラマ」になっている。


 ピンクのショートカットで、学校生活部員の中では一番小柄で非力で幼女のよーな天真爛漫のドジっ娘でも、実は最年長の高校3年生である幼女キャラのメインヒロイン。
 我々弱いオタク男子の劣等感を刺激したり侵害してこないよーな見てくれ・ルックス・性格で、オタク男子のゆがんだ庇護欲(笑)&萌え感情を惹起する。そんな彼女を演じるのは、ここ1〜2年で急速にこのテの幼女的キャラを演じる第一人者としてノシてきた水瀬いのり嬢。


 そんな白痴的なメインヒロインの性格設定を逆手に取って、彼女が実はもうすでに、このおぞましき現実を受け入れられなくて、精神が半ば壊れており、ありもしない幻想――ゾンビに犯される前の変わらぬ「日常」として目の前の世界を翻訳し直した世界――を見続けていることがシリーズ序盤で徐々に判明していく。
 ソコが本作のヒネリでありキモのひとつであり特色でもありタテ糸でもある。
 「現実逃避」を一概には否定せず、一時的な迂回路としてはアリだと周囲の部員たちも許容して、彼女の罪のないオカシな言動に癒されたり、長い目での改善を見守っていくあたりも――それは決して平等で対等な自立したオトナの近代的個人同士のやりとりではナイとは思うものの、完全に平等で対等な個人もまたアリエなくて、そこには経験値や人間力の優劣・器の大小・品性の差なども残念ながらあることを思えば――2010年代においては妥当な、実にクレバーで多面的な、補い合い助け合う人間関係の表現であったとは思う。


 批評・感想オタク界隈の一部でささやかれる、「大傑作」「さすがニトロプラス原作」などの大絶賛に接すると、さすがにそれは過大評価されすぎだろ! とは思うものの、程々に良くできた「佳品」に仕上がってはいると思う。
 とキレイにシメて、筆を置こうと思ったが。円盤(ブルーレイ&DVD)の売上は意外にも爆死したよーだ。……スイマセン、感情論ですけど、ちょっとザマぁ見ろと思わないでもナイです(汗)。
 でもアレだけそのテの界隈では話題になったのに! そのテの界隈もアテやバロメーターには必ずしもならないモノだナ。ノイジーマイノリティーサイレントマジョリティー問題がココにも!
 いやまぁだからって、売上厨のよーに「売上」が絶対の尺度・葵の印籠だ! などとはツユほども思ってはいないけど。作品数が増えた現在、仕方がナイとも思うけど、作品評価が分析ではなくって、競馬の勝ち馬予想のよーになり、作品の内実解題ではなく、勝ち馬に乗れ・長いものには巻かれろ、オレは前からこの作品に眼を付けていたとかの類い(笑)の、自分を高く見せよーとか寄らば大樹の陰な風潮の蔓延にはプチ不快な思いもいだいている。
 とはいえ、作品の内実・優劣を批評的に解題する「評論」の類いも、多分に個人の主観・価値観・美意識に左右される、ある程度は相対的なモノであることを思えば、多数のプレイヤーによる「評論」と「売上」を総合的に突き合わせることで、またよりよく見えてくるであろー、その作品の複雑に入り組んだ多面的な「実相」もあるハズで、「売上」のことも無視はできない。


後日付記

 文中でもふれた通り、ピンクヘアのメインヒロインを演じるのは水瀬いのり嬢。
 ゾンビものの歌舞伎的様式美でシャベル(笑)で戦う戦闘系女子高生は、昨2014年に『月刊少女野崎くん』のピンク髪に巨大リボンの可愛いらしい娘々したメインヒロイン役で鮮烈な印象を残した小澤亜李(おざわ・あり)嬢。
 ボーイッシュな途中追加メンバーは、先にもふれた『それが声優!』で主演を務めた高橋李依嬢。
 んで、我々(?)特撮オタク的には、「学校生活部」の部長の女子高生役を演じたのが、『海賊戦隊ゴーカイジャー』(11年・https://katoku99.hatenablog.com/entry/20111107/p1)で快活でキップのいいゴーカイイエローを演じた市道真央ことM・A・O(マオ)嬢であったことにドーしても注目。
 こんな母性的・お姉さん的なお声も出せるのかと感嘆。全然気づかなかったワ(汗)。昨2014年あたりからチョクチョク名前を見かけて、それでもそんなに声優業界も甘くはねェだろと思っていたのだが、途切れずにレギュラーをゲットできていて敬服。
 中CMでの本作主題歌CMでは、旬の若手女性声優が勢ぞろいして4人のご尊顔も披露してくれるが、M・A・O嬢だけはゴーカイイエローの変身前の姿のままなので我々的にはすぐにわかります(笑)。
 本作の円盤第1巻の売上は集計ミスだったそーで、実際には1600枚ではなく3000枚だった模様。その意味では爆死ではなく並の売上だったことにはなるが……。ヒットの部類ではナイですよネ(汗)。
TVアニメ(がっこうぐらし!)キャラクターソングアルバム

【Amazon.co.jp限定】がっこうぐらし!第1巻 (全巻購入特典:「描きおろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付)(初回限定版)[Blu-ray]
がっこうぐらし!第1巻 (初回限定版) [DVD]
【Amazon.co.jp限定】がっこうぐらし!第1巻 (全巻購入特典:「描きおろし全巻収納BOX」引換シリアルコード付)(初回限定版)[DVD]


(了)
(初出・オールジャンル同人誌『DEATH−VOLT』VOL.72(15年10月4日発行))


[関連記事]

がっこうぐらし!』(実写版)(19年) ~ニトロプラス原作×秋元康系アイドル! 低予算でも良作誕生!

katoku99.hatenablog.com

それが声優!』『ガーリッシュ ナンバー』 ~新人女性声優たちを描くも、地味女子・ワガママ女子を主役に据えた2大美少女アニメ評!

katoku99.hatenablog.com(『それが声優!』評は当該記事と同一内容)


[関連記事] ~TVアニメ評!

2020~21年5大アイドルアニメ評! 『IDOLY PRIDE(アイドリープライド)』『ゲキドル』・『22/7』『推しが武道館いってくれたら死ぬ』・『おちこぼれフルーツタルト』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20220410/p1

2021~18年アニメ評! 『からかい上手の高木さん』『上野さんは不器用』『宇崎ちゃんは遊びたい!』『イジらないで、長瀞さん』 ~女子の方からカマってくれる、高木さん系アニメ4本評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210516/p1

2021~19年アニメ評! 『五等分の花嫁』(1&2期) ~ベタでも高みに到達。告白された男子側でなく女子側の恋情で胸キュンさせる

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20220329/p1

2020年秋アニメ評! 『ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』(1期) ~チームでなく個人。百合性など先行作との差別化にも成功!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20220403/p1

2020年夏アニメ評! 『宇崎ちゃんは遊びたい!』 ~オタクvsフェミニズム論争史を炎上作品のアニメ化から俯瞰する!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200802/p1

2020年春アニメ評! 『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~』『啄木鳥探偵處』『文豪ストレイドッグス』 ~文豪イケメン化作品でも侮れない3大文豪アニメ評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20220213/p1

2020年冬アニメ評! 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』 ~『まどマギ』が「特撮」から受けた影響&与えた影響!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200329/p1

2020年冬アニメ評! 『異種族レビュアーズ』 ~異世界性風俗を描いたアニメで、性風俗の是非を考える!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200327/p1

2020年冬アニメ評! 『映像研には手を出すな!』 ~イマイチ! 生産型オタサークルを描くも不発に思える私的理由

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200325/p1

2020~18年アニメ評! 『22/7』『推しが武道館いってくれたら死ぬ』『音楽少女』『Re:ステージ! ドリームデイズ♪』 ~アイドルアニメの変化球・テーマ的多様化!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200621/p1

2020~19年アニメ評! 『ダンベル何キロ持てる?』『推しが武道館いってくれたら死ぬ』 ~ファイルーズあい主演のアニメ2本評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210418/p1

2020~13年アニメ評! 『はたらく魔王さま!』『魔王学院の不適合者~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~』『まおゆう魔王勇者』『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』『百錬の覇王と聖約の戦乙女(ヴァルキュリア)』 ~変化球の「魔王」が主役の作品群まで定着&多様化!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201206/p1


2019年秋アニメ評! 『アズールレーン』 ~中国版『艦これ』を楽しむ日本人オタクに一喜一憂!?(はしないけど序盤は良作だと思う・笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191027/p1

2019年秋アニメ評! 『慎重勇者~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~』『超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!』『本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません』『私、能力は平均値でって言ったよね!』『旗揚!けものみち』 ~2019秋アニメ・異世界転移モノの奇抜作が大漁!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191030/p1

2019年夏アニメ評! 『Dr.STONE』『手品先輩』『彼方のアストラ』『かつて神だった獣たちへ』『炎炎ノ消防隊』『荒ぶる季節の乙女どもよ。』 ~2019年夏の漫画原作アニメ6本から世相を透かし見る!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210411/p1

2019年春夏アニメ評! 『ノブナガ先生の幼な妻』『胡蝶綺 ~若き信長~』 ~信長の正妻・濃姫が登場するアニメ2本他『織田シナモン信長』『超可動ガール1/6』『女子かう生』

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210404/p1

2019年冬アニメ評! 『五等分の花嫁』『ドメスティックな彼女』 ~陰陽対極の恋愛劇! 少年マガジン連載漫画の同季アニメ化!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201018/p1

2019年冬アニメ評! 『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』 ~往時は人間味に欠ける脇役だった学級委員や優等生キャラの地位向上!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190912/p1

2019年冬アニメ評! 『スター☆トゥインクルプリキュア』 ~日本人・ハーフ・宇宙人の混成プリキュアvs妖怪型異星人軍団! 敵も味方も亡国遺民の相互理解のカギは宇宙編ではなく日常編!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191107/p1

2019~17年アニメ評! 『異世界かるてっと』 ~インター・ユニバースの原典『幼女戦記』『映画 この素晴らしい世界に祝福を!-紅伝説-』『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』『盾の勇者の成り上がり』『劇場版 幼女戦記』評 ~グローバリズムよりもインターナショナリズムであるべきだ!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210912/p1

2019~16年アニメ評! 『ブレイブウィッチーズ』『ガーリー・エアフォース』『荒野のコトブキ飛行隊』『終末のイゼッタ』 ~美少女×戦闘機×銃器のアニメ四者四様!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201101/p1

2019~15年アニメ評! 『純潔のマリア』『リヴィジョンズ』『ID-O』『コードギアス 復活のルルーシュ』 ~谷口悟朗監督作品アニメ4本評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210502/p1

2019~13年アニメ評! 『せいぜいがんばれ! 魔法少女くるみ』『魔法少女 俺』『魔法少女特殊戦あすか』『魔法少女サイト』『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』……『まちカドまぞく』 ~爛熟・多様化・変化球、看板だけ「魔法少女」でも良作の数々!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201122/p1


2018~19年アニメ評! 『女子高生の無駄づかい』『ちおちゃんの通学路』 ~カースト「中の下」の非・美少女が主役となれる時代!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200301/p1

2018~19年アニメ評! 『7SEEDS』『A.I.C.O. Incarnation』 ~NETFLIXお下がりアニメ2本評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210509/p1

2018年秋アニメ評! 『SSSS.GRIDMAN』前半評 ~リアルというよりナチュラル! 脚本より演出主導の作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181125/p1

2018年秋アニメ評! 『SSSS.GRIDMAN』総括 ~稚気ある玩具販促番組的なシリーズ構成! 高次な青春群像・ぼっちアニメでもある大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190529/p1

2018年秋アニメ評! 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』#1~10(第一章~第三章) ~戦争モノの本質とは!? 愛をも相対視する40年後のリメイク!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20181208/p1

2018年秋アニメ評! 『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』 ~ぼっちラブコメだけど、テレ隠しに乾いたSFテイストをブレンド

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190706/p1

2018年秋アニメ評! 『ゴブリンスレイヤー』 ~レイプに売春まで!? 周縁のまつろわぬ民は常に憐れで正義なのか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200209/p1

2018年夏アニメ評! 『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』 ~声優がミュージカルも熱演するけど傑作か!? 賛否合評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190728/p1

2018年春アニメ評! 『ヲタクに恋は難しい』 ~こんなのオタじゃない!? リア充オタの出現。オタの変質と解体(笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200216/p1

2018年3大百合アニメ評! 『あさがおと加瀬さん。』『やがて君になる』『citrus(シトラス)』 ~細分化する百合とは何ぞや!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191208/p1


2017~18年アニメ評! 『魔法使いの嫁』『色づく世界の明日から』 ~魔法使い少女にコミュ力弱者のボッチ風味を加味した良作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201129/p1

2017~18年アニメ評! 『異世界食堂』『異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~』『かくりよの宿飯』 ~西欧風異世界×現代日本の食 その接合は成功しているか!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20211205/p1

2017年秋アニメ評! 『結城友奈は勇者である-鷲尾須美の章-』 ~世評はともかく、コレ見よがしの段取りチックな鬱展開だと私見(汗)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190926/p1

2017年夏秋アニメ評! 『はじめてのギャル』『僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件』 ~オタの敵・ギャルやビッチのオタ向け作品での料理方法!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201220/p1

2017年夏アニメ評! 『地獄少女 宵伽(よいのとぎ)』 ~SNSイジメの#1から、イジメ問題の理知的解決策を参照する

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191201/p1

2017年春アニメ評! 『冴えない彼女の育てかた♭(フラット)』 ~低劣な萌えアニメに見えて、オタの創作欲求の業を美少女たちに代入した生産型オタサークルを描く大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191122/p1

2017年春アニメ評! 『正解するカド KADO: The Right Answer』 ~40次元の超知性体が3次元に干渉する本格SFアニメ。高次元を材としたアニメが本作前後に4作も!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190929/p1

2017年春アニメ評! 『ID-0(アイ・ディー・ゼロ)』 ~谷口悟朗×黒田洋介×サンジゲン! 円盤売上爆死でも、宇宙SF・巨大ロボットアニメの良作だと私見

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190924/p1

2017年春アニメ評! 『ゼロから始める魔法の書』 ~ロリ娘・白虎獣人・黒幕悪役が、人間×魔女×獣人の三つ巴の異世界抗争を高踏禅問答で解決する傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191128/p1

2017年冬アニメ評! 『幼女戦記』 ~異世界近代での旧独vs連合国! 新自由主義者魔法少女vs信仰を強制する造物主!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190304/p1

2017年冬アニメ評! 『BanG Dream!バンドリ!)』 ~「こんなのロックじゃない!」から30数年。和製「可愛いロック」の勝利!(笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190915/p1


2016~18年アニメ評! 『怪獣娘ウルトラ怪獣擬人化計画~』1期&2期、映画『怪獣娘(黒)~ウルトラ怪獣擬人化計画~』評!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20210919/p1

2016~18年アニメ評! 『チア男子!!』『アニマエール』『風が強く吹いている』 ~チア男女やマラソン部を描いたアニメの相似と相違!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190603/p1

2016~17年アニメ評! 『くまみこ』『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』『ネト充のススメ』 ~コミュ症女子を描いた3作品の成否は!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20201213/p1

2016年夏アニメ評! 『ラブライブ!サンシャイン!!』 & 後日談映画『ラブライブ!サンシャイン!! Over the Rainbow』(19年) ~沼津活況報告 & 元祖に負けじの良作と私見

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200628/p1

2016年夏アニメ中間評! 『ももくり』『この美術部には問題がある!』『チア男子!!』『初恋モンスター』『Rewrite』『ReLIFE』『orange』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160903/p1

2016年春アニメ評! 『迷家マヨイガ-』 ~現実世界からの脱走兵30人! 水島努×岡田麿里が組んでも不人気に終わった同作を絶賛擁護する!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190630/p1

2016年春アニメ評! 『マクロスΔ(デルタ)』&『劇場版マクロスΔ 激情のワルキューレ』(18年) ~昨今のアイドルアニメを真正面から内破すべきだった!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190504/p1


2015年秋アニメ評! 『ワンパンマン』 ~ヒーロー大集合世界における最強ヒーローの倦怠・無欲・メタ正義・人格力!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190303/p1

2015年秋アニメ評! 『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』 往年の国産ヒーローのアレンジ存在たちが番組を越境して共闘するメタ・ヒーロー作品だけれども…

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190302/p1

2015年秋アニメ評! 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』 ~長井龍雪岡田麿里でも「あの花」「ここさけ」とは似ても似つかぬ少年ギャング集団の成り上がり作品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191105/p1

2015~16年アニメ評! 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』1期&2期  ~ネトウヨ作品か!? 左右双方に喧嘩か!? 異世界・異文化との外交・民政!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20211010/p1

2015年夏アニメ中間評! 『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』『六花の勇者』『おくさまが生徒会長!』『干物妹!うまるちゃん』『実は私は』『下ネタという概念が存在しない退屈な世界

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150901/p1

2015年春アニメ評! 『響け!ユーフォニアム』 ~良作だけれど手放しの傑作だとも云えない!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160504/p1

2015年冬アニメ評! 『SHIROBAKO』(後半第2クール) ~アニメ制作をめぐる大群像劇が感涙の着地!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160103/p1


2014年秋アニメ評! 『SHIROBAKO』(前半第1クール) ~アニメ制作の舞台裏を描く大傑作爆誕

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20151202/p1

2014年秋アニメ評! 『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)』 ~ガンダムSEEDの福田監督が放つ逆「アナ雪」! 女囚部隊に没落した元・王女が主役のロボットアニメの悪趣味快作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191222/p1

2014年秋アニメ評! 『ガンダム Gのレコンギスタ』 ~富野監督降臨。持続可能な中世的停滞を選択した遠未来。しかしその作劇的な出来栄えは?(富野信者は目を覚ませ・汗)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191215/p1

2014年春アニメ評! 『ラブライブ!』(第2期)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160401/p1


2013年秋アニメ評! 『WHITE ALBUM 2』 ~「冴えカノ」原作者が自ら手懸けた悲恋物語の埋もれた大傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191115/p1

2013年秋アニメ評! 『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』 ~低劣な軍艦擬人化アニメに見えて、テーマ&萌えも両立した爽快活劇の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190922/p1

2013年秋アニメ評! 『サムライフラメンコ』 ~ご町内⇒単身⇒戦隊⇒新旧ヒーロー大集合へとインフレ! ヒーロー&正義とは何か? を問うメタ・ヒーロー作品!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20190301/p1

2013年夏アニメ評! 『げんしけん二代目』 ~非モテの虚構への耽溺! 非コミュのオタはいかに生くべきか!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160623/p1

2013年春アニメ評! 『這いよれ!ニャル子さんW(ダブル)』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150601/p1

2013年春アニメ評! 『惡の華』前日談「惡の蕾」ドラマCD ~深夜アニメ版の声優が演じるも、原作者が手掛けた前日談の逸品!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191006/p1

2013年冬アニメ評! 『まおゆう魔王勇者』『AMNESIA(アムネシア)』『ささみさん@がんばらない』 ~異世界を近代化する爆乳魔王に、近代自体も相対化してほしい(笑)

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20200126/p1

2013年冬アニメ評! 『ラブライブ!』(第1期)

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20160330/p1


2013~14年3大アイドルアニメ評! 『ラブライブ!』『Wake Up,Girls!』『アイドルマスター

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20150615/p1

2012年秋アニメ評! 『ガールズ&パンツァー』 ~爽快活劇に至るためのお膳立てとしての設定&ドラマとは!?

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20190622/p1

2011年春アニメ評! 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』 ~別離・喪失・齟齬・焦燥・後悔・煩悶の青春群像劇の傑作!

  https://katoku99.hatenablog.com/entry/20191103/p1

2011年冬アニメ評! 『魔法少女まどか☆マギカ』最終回「わたしの、最高の友達」 ~&『フリージング』『放浪息子』『フラクタル

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20120527/p1

2008年秋アニメ評! 『鉄(くろがね)のラインバレル』 ~正義が大好きキャラ総登場ロボアニメ・最終回!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20090322/p1

2008年春アニメ評! 『コードギアス 反逆のルルーシュR2』 ~総括 大英帝国占領下の日本独立!? 親米保守vs反米保守!?

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20081005/p1

2008年春アニメ評! 『マクロスF(フロンティア)』(08年)#1「クロース・エンカウンター」 ~先行放映版とも比較!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080930/p1

2008年春アニメ評! 『マクロスF(フロンティア)』最終回評! ~キワどい最終回を擁護!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20091122/p1

2008年冬アニメ評! 『墓場鬼太郎

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080615/p1


2007年秋アニメ評! 『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』 ~第1期・第2期・劇場版・総括!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20100920/p1

2007年秋アニメ評! 『GR ジャイアントロボ』 ~現代風リメイク深夜アニメだが、オタク第1世代の東映特撮版への郷愁も喚起!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20080323/p1

2007年春アニメ評! 『ゲゲゲの鬼太郎』2007年版

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070715/p1


2006年秋アニメ評! 『天保異聞 妖奇士(てんぽういぶん あやかしあやし)』 ~幕末目前の外れ者集団による妖怪退治! 頭デッカチな作りだがキライになれない…

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20070317/p1

2006年夏アニメ評! 『N・H・Kにようこそ!』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20061119/p1


2005年秋アニメ評! 『BLOOD+(ブラッド・プラス)』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20051025/p1

2005年春アニメ評! 『英国戀(こい)物語エマ』

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20051022/p1

2005年春アニメ評! 『創聖のアクエリオン』 ~序盤寸評

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20051021/p1


2004年秋アニメ評! 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY(シード・デスティニー)』 ~完結! 肯定評!!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20060324/p1

2004年春アニメ評! 『鉄人28号』『花右京メイド隊』『美鳥の日々(みどりのひび)』『恋風(こいかぜ)』『天上天下

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040407/p1

2004年冬アニメ評! 『超変身コス∞プレイヤー』『ヒットをねらえ!』『LOVE♡LOVE?』『バーンアップ・スクランブル』『超重神グラヴィオン ツヴァイ』『みさきクロニクル ~ダイバージェンス・イヴ~』『光と水のダフネ』『MEZZO~メゾ~』『マリア様がみてる』『ふたりはプリキュア

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040406/p1


2003年秋アニメ評! 『カレイドスター 新たなる翼』 ~女児向け・美少女アニメから真のアニメ評論を遠望! 作家性か?映画か?アニメか? 絵柄・スポ根・複数監督制!

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040408/p1

2003年春アニメ評! 『妄想科学シリーズ ワンダバスタイル』『成恵(なるえ)の世界』『宇宙のステルヴィア』『ASTRO BOY 鉄腕アトム

  http://d.hatena.ne.jp/katoku99/20040403/p1